多根 正和 (タネ マサカズ)

TANE Masakazu

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

ホームページ

https://researchmap.jp/read0121157

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

構造・機能材料

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 構造・機能材料の力学および相転移現象

研究キーワード 【 表示 / 非表示

マイクロメカニックス, 統計ゆらぎ, 結晶弾性論, 相転移, 力学特性, オメガ変態(無拡散等温オメガ変態), チタン合金, 単結晶

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • 日本金属学会

  • 日本鉄鋼協会

  • 軽金属学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    現在

    日本金属学会   講演大会委員会委員

  • 2016年04月
    -
    現在

    日本金属学会 会誌・欧文誌編集委員会   委員

  • 2015年04月
    -
    2017年04月

    日本金属学会 会報編集委員会   委員

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    文部科学省 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター   専門調査員

  • 2011年10月
    -
    2020年03月

    日本学術振興会 加工プロセスによる材料新機能発現 第176委員会   委員

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • Acta Materialia and Scripta Materialia Outstanding Reviewer award

    2021年02月  

    受賞者:Masakazu Tane

  • 第78回 日本金属学会功績賞

    2020年03月   日本金属学会

    受賞者:多根 正和

  • 大阪大学賞(若手教員部門)

    2017年11月   大阪大学

    受賞者:多根 正和

  • 第38回 本多記念研究奨励賞

    2017年05月   公益財団法人 本多記念会

    受賞者:多根 正和

  • 第13回 村上奨励賞

    2016年09月   日本金属学会

    受賞者:多根 正和

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   機械物理系専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院工学研究科   教授

  • 2019年10月
    -
    現在

      国立研究開発法人科学技術振興機構   戦略的創造研究推進事業個人研究   さきがけ研究者 (兼任)

  • 2021年06月
    -
    現在

      大阪大学 産業科学研究所    招へい教授

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

      東北大学   金属材料研究所   客員准教授

  • 2010年04月
    -
    2021年03月

      大阪大学   産業科学研究所   准教授

全件表示 >>

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

    大阪大学  基礎工学研究科  博士課程後期

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    大阪大学  基礎工学研究科  博士課程前期

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    大阪大学  基礎工学部 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Elastic isotropy originating from heterogeneous interlayer elastic deformation in a Ti3SiC2 MAX phase with a nanolayered crystal structure

    Ruxia Liu, Masakazu Tane, Hajime Kimizuka, Yuji Shirakami, Ken-ichi Ikeda, Seiji Miura, Koji Morita, Tohru S. Suzuki, Yoshio Sakka, Lianmeng Zhang, Tohru Sekino

    Elsevier BV Journal of the European Ceramic Society  41 ( 4 ) 2278 - 2289 2021年04月  [査読有り]

    DOI

  • Evolution of microstructure and variations in mechanical properties accompanied with diffusionless isothermal ω transformation in β-titanium alloys

    Norihiko L. Okamoto, Shuhei Kasatani, Martin Luckabauer, Robert Enzinger, Satoshi Tsutsui, Masakazu Tane, Tetsu Ichitsubo

    American Physical Society (APS) Physical Review Materials  4 ( 12 )  2020年12月  [査読有り]

    DOI

  • Effects of solute oxygen on kinetics of diffusionless isothermal ω transformation in β-titanium alloys

    Norihiko L. Okamoto, Shuhei Kasatani, Martin Luckabauer, Masakazu Tane, Tetsu Ichitsubo

    Elsevier BV Scripta Materialia  188   88 - 91 2020年11月  [査読有り]

    DOI

  • Nanocomposite microstructures dominating anisotropic elastic modulus in carbon fibers (vol 166, pg 75, 2019)

    Tane Masakazu, Okuda Haruki, Tanaka Fumihiko

    ACTA MATERIALIA  172   200 - 201 2019年06月  [査読有り]

    DOI

  • Diffusionless isothermal omega transformation in titanium alloys driven by quenched-in compositional fluctuations

    Masakazu Tane, Hiroki Nishiyama, Akihiro Umeda, Norihiko L. Okamoto, Koji Inoue, Martin Luckabauer, Yasuyoshi Nagai, Tohru Sekino, Takayoshi Nakano, Tetsu Ichitsubo

    AMER PHYSICAL SOC PHYSICAL REVIEW MATERIALS  3 ( 4 ) 043604 2019年04月  [査読有り]

     概要を見る

    In titanium alloys, the omega(hexagonal)-phase transformation has been categorized as either a diffusion-mediated isothermal transformation or an athermal transformation that occurs spontaneously via a diffusionless mechanism. Here we report a diffusionless isothermal omega transformation that can occur even above the omega transformation temperature. In body-centered cubic beta-titanium alloyed with beta-stabilizing elements, there are locally unstable regions having fewer beta-stabilizing elements owing to quenched-in compositional fluctuations that are inevitably present in thermal equilibrium. In these locally unstable regions, diffusionless isothermal omega transformation occurs even when the entire beta region is stable on average so that athermal omega transformation cannot occur. This anomalous, localized transformation originates from the fluctuation-driven localized softening of 2/3[111](beta) longitudinal phonon, which cannot be suppressed by the stabilization of beta phase on average. In the diffusionless isothermal and athermal omega transformations, the transformation rate is dominated by two activation processes: a dynamical collapse of {111}(beta) pairs, caused by the phonon softening, and a nucleation process. In the diffusionless isothermal transformation, the omega-phase nucleation, resulting from the localized phonon softening, requires relatively high activation energy owing to the coherent beta/omega interface. Thus, the transformation occurs at slower rates than the athermal transformation, which occurs by the widely spread phonon softening. Consequently, the nucleation probability reflecting the beta/omega interface energy is the rate-determining process in the diffusionless omega transformations.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • バイオマテリアル研究の最前線

    多根 正和 (担当: 単著 )

    日本金属学会  2014年12月

  • マクロおよびナノポーラス金属の開発最前線

    多根 正和 (担当: 単著 )

    シーエムシー出版  2011年07月

  • Cellular and Porous Materials: Thermal Properties Simulation and Prediction, edited by Andreas Ochsner, Graeme E. Murch, Marcelo J. S. de Lemos

    T. Ogushi, H. Chiba, M. Tane, H. Nakajima (担当: 単著 )

    WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA  2008年04月

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • チタンおよびチタン合金の弾性特性

    多根正和

    軽金属  2018年05月  [査読有り]

  • 結晶配向性を有する多結晶体の弾性率から単結晶弾性率を決定する方法の構築

    多根 正和

    まてりあ  2017年09月  [査読有り]

    DOI

  • 一方向性気孔を有するポーラス純鉄および炭素鋼の衝撃エネルギー吸収特性

    多根 正和, 宋榮換, 中嶋英雄

    金属  2016年06月  [査読有り]

  • OS0101 LPSO相の塑性変形にて形成する変形帯の特徴

    萩原 幸司, 本浪 雅史, 山崎 倫昭, 岡本 拓也, 伊津野 仁史, 多根 正和, 中野 貴由, 河村 能人

    一般社団法人 日本機械学会 M&M材料力学カンファレンス  2014 ( 0 ) _OS0101 - 1_-_OS0101-2_ 2014年  [査読有り]

     概要を見る

    Formation of curious deformation bands has been reported as one of the deformation mechanisms occurring in a Mg-based long period stacking ordered (LPSO) phase. The origin of the deformation band is still unknown, and the possibility of the deformation kink band and/or the deformation twin has been discussed. To clarify this, the crystallographic nature of deformation bands formed in the LPSO phase was examined by scanning electron microscope-electron backscatter diffraction (SEM-EBSD) pattern analysis. The deformation band in the LPSO phase was found to show three arbitrariness on its crystallographic nature: an ambiguous crystal rotation axis that varied on the [0001] zone axis from band to band; an arbitral crystal rotation angle that was not fixed and showed relatively wide distributions; and a variation in crystal rotation angle depending on the position even within a deformation band boundary itself. These features were coincident with those observed in the deformation bands formed in Zn polycrystals, suggesting that the formed deformation bands in LPSO phase crystals are mainly deformation kink bands.

    DOI CiNii

  • アモルファス酸化物の構造変化および結晶化に伴うナノポーラス化

    仲村 龍介, 石丸 学, 平田 秋彦, 佐藤 和久, 多根 正和, 君塚 肇, 今野 豊彦, 中嶋 英雄

    まてりあ  2012年03月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「統計力学的な合金組成ゆらぎの制御」による生体用合金の新規低弾性率化手法の構築

    研究課題/領域番号:21H01653  基盤研究(B) 代表者

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2024年03月
     

  • 構造・組織型ミルフィーユ材料における弾性不均質性とそれに起因した応力・ひずみ分配

    研究課題/領域番号:21H00101  新学術領域研究(研究領域提案型) 代表者

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2023年03月
     

  • Ti合金における変形誘起相変態に起因した弾性率軟化現象の解明と生体材料への応用

    研究課題/領域番号:19K22059  挑戦的研究(萌芽) 代表者

    研究期間:

    2019年06月
    -
    2022年03月
     

     概要を見る

    骨折用プレート等の生体インプラント(埋入用)材料の応用において、チタン合金等の生体インプラント用材料の低ヤング率化が求められている。最近、低ヤング率化を実現したβ型チタン合金において、その弾性率が塑性変形およびそれに伴うオメガ変態(変形誘起オメガ変態)によって低下する可能性が明らかとなった。そこで、本研究では変形誘起オメガ変態に関連した弾性率軟化のメカニズムを明らかにし、新規な変形誘起オメガ変態理論を構築することで、塑性変形およびそれに伴うオメガ変態を考慮したチタン合金の低弾性率化のための新たな材料設計指針を構築する。

  • ミルフィーユ構造における硬質・軟質層の原子結合状態を反映した弾性不均質性の解明

    研究課題/領域番号:19H05128  新学術領域研究(研究領域提案型) 代表者

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2021年03月
     

     概要を見る

    研究対象であるミルフィーユ構造は、強い原子間結合からなる硬質層と弱い結合からなる軟質層で構成された層状構造である。ここで、材料の弾性率は、原子間ポテンシャルの2 階微分に相当することから、ミルフィーユ構造を有する材料には、硬質・軟質層間の原子間結合の不均質性に起因した弾性不均質性が発現すると考えられる。本研究では、ミルフィーユ構造における層状構造および原子結合状態の不均質性を特徴づける硬質・軟質層の弾性特性、すなわち弾性不均質性を解析可能な手法を構築する。さらに、構築した手法によりミルフィーユ構造を有する材料に対して硬質・軟質層間の弾性率比、すなわち弾性不均質性を明らかにする。

  • bcc系Ti合金において発現する“室温時効に伴う”特異な相変態および力学特性変化

    研究課題/領域番号:17H03414  基盤研究(B) 代表者

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    室温時効に伴う弾性率増加を引き起こすDiffuse ω構造の形成が、室温近傍での時効によって無拡散で等温的に変態が生じる無拡散等温ω変態と名付けた新たな相転移によって引き起こされていることを明らかにした。さらに、無拡散等温ω変態の相転移速度が相転移の素過程に対応する動的な原子面のつぶれとω相の核生成に起因した2種類の熱活性化過程に支配されていることを明らかにした。加えて、無拡散等温ω変態は室温近傍で凍結された凍結合金組成ゆらぎによって引き起こされる局所的な相転移であることを解明した。
    従来から知られている拡散型の等温(熱的)ω変態および無拡散の非熱的(非等温)ω変態とは異なり、室温近傍での時効によって無拡散で時々刻々と変態が乗じる「無拡散等温ω変態」と名付けた新たな相転移を発見した。さらに、無拡散等温ω変態は、熱ゆらぎによって生じる統計的な合金組成のゆらぎが室温で凍結された凍結合金組成ゆらぎによって引き起こされる特異な相転移であることも明らかにした。加えて、無拡散等温ω変態の変態速度における熱活性化過程の詳細を明らかにした。すなわち、本研究成果の最も重要な学術的意義は、新たな相転移を発見し、その相転移のメカニズム(相転移の熱力学と速度論)を解明したことである。

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ゆらぎ誘起原子シャッフリングの格子動力学と変形挙動との相関

    制度名:  戦略的創造研究推進事業(さきがけ) (受託研究)  代表者

    研究期間:

    2019年10月
    -
    2023年03月

    多根 正和