林 厳 (ハヤシ ゲン)

HAYASHI Gen

写真a

機関リポジトリを検索

職名

助教

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(工学)

  • 京都大学 -  修士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

構造工学・地震工学・維持管理工学, 複合材料・表界面工学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • (1)「土木構造用FRP部材の信頼性評価」,「FRP橋梁の橋梁応答評価および使用性の検討」
    橋梁に用いられる構造材料として,鋼やコンクリート,繊維強化ポリマー(以下,FRP),アルミニウム等がある.これまでには,主として,施工性・維持管理性に優れる橋梁を実現するため,軽量・高強度・高耐候性に優れるFRPに関する研究を進めてきた.FRPは,2種類以上の素材から構成される複合材料であり,材料物性値にばらつきを有することから,合理的な設計を行うためには,そのばらつきを定量的に評価する必要がある.そこで,土木構造用GFRP部材から切り出して製作した試験片を用いて,材料試験を実施して,FRP材の材料物性値のばらつきを統計的に評価する.
    また,優れた材料特性を持つFRPを土木構造物に適用することにより,ライフサイクルコストに有意な構造物が期待できる.一方,前述したように,FRPは,金属材料に比べて,材料物性値がばらつくため,それらがFRPで構成される構造部材や橋梁の応答性能にどのような影響を及ぼすかを検討する必要がある.特に,FRP橋梁の動的応答性能は,報告されている研究も少なく,設計指針においても,減衰定数の推奨値が提案されていない状況であり,供用中の橋梁に対して現地計測を実施し,構造解析モデルを用いて振動使用性などの動的応答性能の検討を行う.

    (2)「鋼・PC橋梁の橋梁性能評価の現地載荷実験および振動モニタリング」
    我が国の橋梁のおよそ半数が高度経済成長期に建設されたものであり,橋梁の老朽化・劣化の進展に対する維持管理が大きな課題となっている.その中で,簡易的かつ迅速な橋梁の維持管理手法の一つである振動ヘルスモニタリングに着目し,その有効性について実橋梁を用いた損傷実験や構造解析を通して検討を行う.現地実験では,鋼橋やPC橋に対して,模擬き裂を導入,耐荷力実験を実施し,各損傷度における振動特性の変化を明らかにする.また,現地モニタリングによる観測情報と数値シミュレーションを組み合わせ,客観的かつ容易に実応答に基づいてFEモデルの再現性を高めるデータ同化手法を用いて構造解析モデルを構築する.さらには,これらの構造解析モデルを用いて,支承部性状の変化や,損傷度をFEモデル上で再現することにより,損傷による振動数の変化のメカニズムを解明する.FRP歩道橋,鋼橋,PC橋等の実橋梁に対して,静的・動的載荷実験を実施し,橋梁の応答性能について検討を行う.

研究キーワード 【 表示 / 非表示

複合材料,橋梁工学,維持管理,モニタリング

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   都市系専攻   助教