呉 準席 (オ ジュンソク)

Jun-Seok Oh

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

プラズマプロセス工学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • プラズマ計測を基づいた低温大気圧プラズマを用いた材料プロセス、バイオ、農業、医療に関する研究。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

プラズマバイオ, プラズマ医療, プラズマ診断, 低温大気圧プラズマ, 材料プロセス

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 低温大気圧プラズマを用いた骨再生促進技術の開発と整形外科領域への展開

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2019年04月
    -
    現在

  • プラズマと液体の界面反応場を利用した機能性複合材料薄膜の合成

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2019年04月
    -
    現在

  • プラズマ処理水中の活性種を定量的かつその場測定を行う為の真空紫外吸収分光法の開発

    (個人研究) 研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月

    研究課題キーワード:  真空紫外吸収分光 / プラズマ処理水 / リアルタイム測定

  • 高圧水中放電プラズマ分光による深海中レアメタルイオンのその場分析

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2014年04月
    -
    2016年03月

    研究課題キーワード:  レアメタル / 液中プラズマ / 発光分光法 / マイクロ放電 / マイクロプラズマ / 海水 / 水中放電 / 発光分光スペクトル

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • プラズマ・核融合学会

  • 日本MRS

  • 日本応用物理学会

  • 英国物理学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2019年05月
    -
    現在

    プラズマコスメティックスコンソーシアム   委員

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • Most Cited Paper Award

    Investigating the effect of additional gases in an atmospheric-pressure helium plasma jet using ambient mass spectrometry

    2019年07月19日   ICPR-10

    受賞者:呉準席・大阪市立大学,古田寛・高知工科大学,八田章光・高知工科大学,ブレドリージェイムス・リバプール大学

  • Best Presentation Award

    Simaltaneous achievement of bactericidal efficacy and plant-growth in neutral pH range using radical-activated benzoic compounds

    2019年03月17日   ISPlasma2019/IC-PLANTS019

    受賞者:Naoyuki Iwata, Gamaleev Vladislav, Jun-Seok Oh, Hiroshi Hashizume, Takayuki Ohta, Kenji Ishikawa, Masaru Hori, Masafumi Ito

  • 第28回日本MRS年次大会 奨励賞

    Novel Sterilization Method with Plant-Growth Promotion in a Neutral pH Region through Oxygen-Radical-Treated Solutions Including Organic Compounds

    2018年12月18日   日本MRS

    受賞者:N. Iwata, M. Okabe, V. Gamaleev, J.-S. Oh, H. Hashizume, K. Ishikawa, M. Hori, M. Ito

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   電子情報系専攻   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2003年10月
    -
    2006年09月

    京都大学  工学研究科  博士課程後期

  • 2001年03月
    -
    2003年02月

    光雲大学(Kwangwoon University)  大学院  電子物理  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1994年03月
    -
    2001年02月

    光雲大学(Kwangwoon University)  理学部  電子物理

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Oxidation processes of NO for production of reactive nitrogen species in plasma activated water

    K. Tachibana, J.-S. Oh, T. Nakamura

    Journal of Physics D: Applied Physics  2020年06月  [査読有り]

    DOI

  • Atomic oxygen radical‐induced intracellular oxidization of mould spore cells

    Y. Tanaka, J.-S. Oh, H. Hashizume, T. Ohta, M. Kato, M. Hori, M. Ito

    Plasma Processes and Polymers  2020年06月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

  • Microplasma discharge in deionized water and artificial seawater 

    Akimitsu Hatta, Vladislav Gamaleev, Jun-Seok Oh, Hiroshi Furuta

    International Journal of Plasma Environmental Science and Technology  13 ( 1 ) 1 - 6 2019年12月  [査読有り]

     概要を見る

    Microplasma discharges in deionized water and artificial seawater were investigated using pin-to-plate electrodes with a gap of a several tens of microns. By using a pulse voltage source, microdischarge was operated in deionized water and diluted artificial seawater and compared with discharge in ambient air. To operate the microdischarge in undiluted artificial seawater, a pulse current source (impulse generator) was used to supply the breakdown voltage with sufficient current. Even in seawater with an electrical conductivity of 45 mS/cm, microplasma discharges were reproducibly ignited at applied voltages below 1 kV. In the optical emission spectrum for the microplasma in artificial seawater, the main components of Na, Mg, Ca, K, S, H, and O were observed as distinguishable isolated lines, including lines for Pd, Ag and Fe from the electrodes.

    DOI

  • How membrane lipids influence plasma delivery of reactive oxygen species into cells and subsequent DNA damage: An experimental and computational study

    Jonas Van der Paal, Sung-Ha Hong, Maksudbek Yusupov, Nishta Gaur, Jun-Seok Oh, Robert Short, Endre Szili, Annemie Bogaerts

    Physical Chemistry Chemical Physics  21   19327 - 19341 2019年08月  [査読有り]

    DOI

  • Development of an Ambient Air Flow Rotating Arc Jet for Low-Temperature Treatment

    V. Gamaleev, N. Iwata, J.-S. Oh, M. Hiramatsu, M. Ito

    IEEE Access  7   93100 - 93107 2019年07月  [査読有り]

     概要を見る

    For low-temperature atmospheric pressure plasma treatment applications, we developed a novel rotating arc jet operated using various gases, including ambient air. We demonstrate the operation of plasma via the injection of various gas mixtures and tune operation parameters to achieve a low-temperature gas output from the arc jet. The rotating arc jet has an efficiency two orders of magnitude higher in the generation of reactive oxygen and nitrogen species than commercially available conventional nonequilibrium atmospheric pressure plasma jets operated with He or Ar gases. The high concentration of reactive species and use of ambient air as a process gas is promising for biomedical and agriculture applications. This work is a step toward the commercial use of plasma jets operated with ambient air.

    DOI

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Development of atmospheric-pressure plasma reactor: Discharge characteristics

    Soshi Imai, Yusuke Sasaki, Tatsuru Shirafuji, JunSeok Oh

    第80回応用物理学会秋季学術講演会  2019年09月 

  • 酸素ラジカル照射トリプトファン含有リン酸緩衝液溶液中の大腸菌殺菌効果

    岩田 直幸、ガマリェエフ ウラディスラフ、橋爪 博司、呉 準席、太田 貴之、石川 健治、堀 勝、伊藤 昌文

    第80回応用物理学会秋季学術講演会  2019年09月 

  • ガラスプレート越しのプラズマ弾丸の伝搬

    白藤 立、呉 準席、的場 諒、濱本 悠希、洲鎌 亮、折田 久美、豊田 宏光

    第80回応用物理学会秋季学術講演会  2019年09月 

  • International Study of the Longer-lived Chemistry of Plasma Activated Water

    Jun-Seok OH, Endre J. SZILI, Robert D. SHORT, Akimitsu HATTA, Mineo HIRAMATSU, Masafumi ITO  [招待有り]

    12th Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering  2019年09月 

  • Effective Treatment of Water by Low-Current Arc in Ambient Air

    Vladislav GAMALEEV, Naoyuki IWATA, Jun-Seok OH, Mineo HIRAMATSU, Masafumi ITO

    12th Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering  2019年09月 

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 酸素ラジカル活性化水溶液とその製造方法および農作物の生産方法 [特許]

    特願 2018-16054 

    発明(考案)者名: 伊藤 昌文, 呉 準席, 岩田 直幸, 堀 勝, 橋爪 博司

  • カーボンナノ粒子の製造方法 [特許]

    特願 2018-158138 

    発明(考案)者名: 古閑 一憲, 白谷 正治, 黄 成和, 米澤 健, 太田 裕己, 高橋希世美, 中谷 達行, 呉 準席, 伊藤 昌文

  • プラズマ処理装置及びプラズマ処理方法 [特許]

    特願 2017-56383  特開 2018-160353 

    発明(考案)者名: 呉 準席, 伊藤 昌文, 早川 壮則, 芹澤 和泉

  • プラズマ発生装置及びプラズマ発生方法 [特許]

    特願 2017-56382  特開 2018-160352 

    発明(考案)者名: 呉 準席, 伊藤 昌文, 早川 壮則, 芹澤 和泉

  • 生育性に優れた培養容器およびその製造方法 [特許]

    特願 2016-257871 

    発明(考案)者名: 福原秀雄, 呉 準席, 八田 章光, 井上 啓二

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • プラズマと液体の界面反応場を利用した機能性複合材料薄膜の合成

    研究課題/領域番号:14030  基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月
     

  • 低温大気圧プラズマを用いた骨再生促進技術の開発と整形外科領域への展開

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

  • プラズマ処理水中の活性種を定量的かつその場測定を行う為の真空紫外吸収分光法の開発

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 高圧水中放電プラズマ分光による深海中レアメタルイオンのその場分析

    挑戦的萌芽研究 分担者・その他

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • ディジタル電子回路学

    (2018年度)大学 専門科目

  • 卒業研究

    (2018年度)大学 専門科目

  • プラズマメディシン特論

    (2018年度)大学院 専門科目

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 活動期間:

    2019年05月
     
     

    活動内容:Plasma Cosmetic Consortiumのメンバーとして国際会議(International Meeting on Plasma Cosmetic Science)を発足させた.

    France