徳永 元 (トクナガ ハジメ)

TOKUNAGA Hajime

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(法学)

研究分野 【 表示 / 非表示

刑事法学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 「責任なければ刑罰なし」とする責任主義の意義・根拠を検討するとともに、「適法行為の期待可能性論」の観点から、刑法学における犯罪概念の一部門としての責任論を分析する。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

刑事責任論, 責任主義, 適法行為の期待可能性論

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 責任主義における期待可能性論の意義について

    (個人研究) 研究期間:

    2011年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  適法行為の期待可能性論、責任主義、刑事責任論

  • フランスにおける責任能力制度の研究

    (個人研究) 研究期間:

    2017年04月
    -
    2021年03月

    研究課題キーワード:  フランス刑法、責任能力

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本刑法学会

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   法学研究科   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

      九州大学   法学研究科   助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

    九州大学  法学府  法政理論  博士課程後期

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    九州大学  法学府  法政理論  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    九州大学  法学部 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 高齢犯罪者・受刑者と刑法解釈学

    徳永元

    日本評論社、『再犯防止から社会参加へ――ヴァルネラビリティから捉える高齢者犯罪』    67 - 94 2021年01月

  • 過剰防衛における責任減少に関する比較法的考察(六・完)

    徳永元

    大阪市立大学法学会、法学雑誌  67 ( 3 ) 1 - 36 2021年01月

  • 過剰防衛における責任減少に関する比較法的考察(五)

    徳永元

    大阪市立大学法学会、法学雑誌  67 ( 1/2 ) 1 - 41 2020年10月

  • 過剰防衛における責任減少に関する比較法的考察(四)

    徳永元

    大阪市立大学法学会、法学雑誌  66 ( 3/4 ) 1 - 37 2020年08月

  • 過剰防衛における責任減少に関する比較法的考察(三)

    徳永元

    大阪市立大学法学会、法学雑誌  66 ( 1/2 ) 1 - 40 2020年03月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 職務行為の適法性の判断基準 最高裁昭和41年4月14日第一小法廷決定

    徳永元

    有斐閣、刑法判例百選Ⅱ各論[第8版]    228 - 229 2020年11月  [依頼有り]

  • フランス刑事施設等参観記録

    井上宜裕,金澤真理,寺嶋文哉,徳永元,安田恵美

    國學院大学法学会、國學院法学  57 ( 3 ) 35 - 59 2019年12月

  • A・エーザー=W・ペロン編『ヨーロッパにおける刑事責任および刑事制裁の構造比較――比較刑法理論への寄与』(6)

    刑法読書会(松宮孝明,安達光治共編、中村悠人,徳永元訳)

    立命館大学法学会、立命館法学  ( 379 ) 353 - 397 2018年10月

  • 一八九三年フランス刑法典改正委員会草案

    徳永元

    九州大学法政学会、法政研究  84 ( 4 ) 85 - 108 2018年03月

  • 刑事判例研究「警察官に対する、勾留中の被疑者との口裏合わせに基づいた参考人の虚偽供述が、刑法第一〇三条の『隠避させた』に当たるとした事例」

    徳永元

    九大法学会、九大法学  ( 116 ) 1 - 39 2018年03月

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • フランスにおける限定責任能力論の展開

    徳永元

    日本刑法学会九州部会123回例会  2018年09月 

  • 過剰防衛における防衛行為の個数について

    徳永元

    日本刑法学会九州部会117回例会  2015年04月 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • フランスにおける責任能力制度の研究――限定責任能力をめぐる展開を素材として

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 殺人犯罪における文化的・宗教的動機の考慮

    制度名:  平成30年度公益財団法人上廣倫理財団研究助成 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2019年02月
    -
    2020年01月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 研究者の世界へ

    (2020年度)大学 共通(教育)科目

  • 専門演習(刑法)

    (2020年度)大学 専門科目

  • 基礎演習

    (2020年度)大学 専門科目

  • 刑法第1部

    (2020年度)大学 専門科目

  • 基礎演習

    (2019年度)大学 専門科目

全件表示 >>