石山 央樹 (イシヤマ ヒロキ)

ISHIYAMA Hiroki

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

建築構造・材料, 都市計画・建築計画, 木質科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

建築構法, 木質材料, 木質構造, 耐久性

研究歴 【 表示 / 非表示

  • ネパールの住宅相続にかかる構工法の研究

      研究期間:

    2018年08月
    -
    現在

  • 竹筋土構造の開発研究

    (個人研究) 研究期間:

    2016年04月
    -
    現在

  • 潮干に関する研究

    (国内共同研究) 研究期間:

    2016年04月
    -
    現在

  • 外装木材の色変化に関する研究

      研究期間:

    2016年04月
    -
    現在

  • 雨に強い木造ディテール

    (個人研究) 研究期間:

    2012年04月
    -
    現在

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 建築学会

  • 木材保存協会

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   都市系専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

      中部大学   准教授

  • 2012年04月
    -
    2016年03月

      中部大学   講師

  • 2000年04月
    -
    2012年03月

      住友林業   主任研究員

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年10月
    -
    2009年09月

    東京大学  工学系研究科  建築学  博士課程

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    東京大学  工学系研究科  建築学  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    東京大学  工学部  建築学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ボルトを用いない角形鋼管の仕口接合部の基礎的検討

    牧野 正樹, 石山 央樹

    日本建築学会 東海支部研究報告集  2019年02月

  • 外装木材の色変化に関する研究:暴露開始月による影響

    宇佐美 佳那, 石山 央樹

    日本建築学会 東海支部研究報告集  2019年02月

  • 近代木造建築における筋かいと木ずり漆喰を併用した耐力壁の破壊特性と耐力発現機構に関する一考察

    瀧野敦夫, 下川千晴, 石山央樹, 中野隆之介

    日本建築学会構造系論文集  83 ( 752 ) 1477 - 1485 2018年10月  [査読有り]

  • Development of Structural Materials Composed of Bamboo and Soil

    Daichi Harasaki, Hiroki Ishiyama

    2018 World Conference on Timber Engineering  2018年08月  [査読有り]

  • Corrosion Verification Experiment of the Nail Driven into CLT

    Masaki Makino, Ryo Tanaka, Hiroki Ishiyama

    2018 World Conference on Timber Engineering  2018年08月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 保存処理木材に接する各種表面処理鋼板の暴露試験 その6 高湿環境下における暴露試験

    石山 央樹, 森 拓郎

    日本建築学会学術講演梗概集  2018年09月

  • 外装木材の経年変化のDBの構築

    宇佐美 佳那, 石山 央樹

    日本建築学会学術講演梗概集  2018年09月

  • 潮干(スーカン)に関する研究 その1 文献調査

    田中 謙次, 西村 壽晃, 石山 央樹

    日本建築学会学術講演梗概集  2018年09月

  • 潮干(スーカン)に関する研究 その2 シロアリ食害実験

    西村 壽晃, 石山 央樹

    日本建築学会学術講演梗概集  2018年09月

  • 木造軸組構法で使用可能なめっき鉄丸くぎ(NZくぎ)の耐力

    石山央樹

    建築技術  2018年07月  [依頼有り]

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 高湿環境下における保存処理木材に接する金物類の腐食評価

    石山央樹,森拓郎

    第394回生存圏シンポジウム 平成30年度DOL/LSF全国・国際共同利用研究成果報告会  2019年03月 

  • 木造建築用金物と耐久性

    石山央樹  [招待有り]

    コシイプレザービング会  2018年10月 

その他研究活動(Works) 【 表示 / 非表示

  • 常滑二段窯休憩所構造設計協力

    建築作品 

    2018年07月
    -
    2018年10月

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 木部材接合構造 [特許]

    特願 特願2012-071034  特開 特開2013-204228 

    発明(考案)者名: 今井 淳一, 石山 央樹, 中島 裕貴

    J-GLOBAL

  • 木部材接合構造 [特許]

    特願 特願2012-071034  特開 特開2013-204228  特許 特許第5957257号

    発明(考案)者名: 今井 淳一, 石山 央樹, 中島 裕貴

    J-GLOBAL

  • 木質部材 [特許]

    特願 特願2012-055113  特開 特開2013-189763 

    発明(考案)者名: 中島 裕貴, 今井 淳一, 石山 央樹

    J-GLOBAL

  • 木質部材 [特許]

    特願 特願2012-055113  特開 特開2013-189763  特許 特許第5953075号

    発明(考案)者名: 中島 裕貴, 今井 淳一, 石山 央樹

    J-GLOBAL

  • 木造建築構造躯体 [特許]

    特願 特願2012-055054  特開 特開2013-189762 

    発明(考案)者名: 今井 淳一, 石山 央樹, 中島 裕貴

    J-GLOBAL

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 圧縮木材の変位回復を活用した接合部および面格子壁の開発と経年劣化の評価

    研究課題/領域番号:16K06604  基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    分担者・その他:若島 嘉朗, 石山 央樹, 長谷川 益夫

     概要を見る

    本研究は研究段階を4ステージに分割し実施する。第1ステージでは、圧縮木材単体の形状復元挙動に関する研究、第2ステージは圧縮木材を用いた面格子壁の一部分を取り出した実験的研究、第3ステージは、実大の面格子壁の実験および力学的モデルの構築、第4ステージは、圧縮木材および面格子壁の耐久性評価とする。
    平成29年度は、第2ステージ、第4ステージを中心に、その他のステージの研究も実施した。具体的な研究課題は、(1)圧縮木材を用いた接合部の最適化検討、(2)圧縮木材を用いた面格子壁の耐震性能評価、(3)圧縮木材および圧縮木材を用いた接合部の耐久性能検証とした。第2ステージにあたる研究課題(1)では、前年度の研究成果より圧縮木材のせいを低くすることで大変形時の挙動が改善されることが確認されたため、本年度の圧縮木材のせいを低くすることと併せ、接合部に挿入する圧縮木材の圧縮温度・圧縮率などを変更した試験体を作成した。研究課題(2)では、研究課題(1)で作成した面格子壁の静的載荷実験を要素試験体で実施した。要素実験結果は、計算値より初期剛性が低い結果となり、接合部に挿入する圧縮木材の最適化に関する研究を継続する必要があることが確認された。第4ステージにあたる研究課題(3)では、耐久性能検証試験地として選定した沖縄県与那国島において既往の木材暴露試験データなどを収集・分析を行った。その他、第3ステージの力学的モデルの構築に向けた研究を開始した。
    本研究課題は平成29年度研究計画をほぼ満足する結果となり、研究の進捗状況は概ね順調であるといえる。
    その理由として、平成29年度は、第2ステージ、第4ステージを中心に、具体的な研究課題を、(1)圧縮木材を用いた接合部の最適化検討、(2)圧縮木材を用いた面格子壁の耐震性能評価と設定した。研究成果は研究課題(2)で実施した静的載荷実験で思うような成果が得られなかったことから、「概ね順調」という評価とした。
    平成30年度は、2年目の研究成果を基に所属機関が有する試験機材等を活用して試作・試験・評価の工程を継続し、圧縮木材の変位回復を活用した接合部および面格子壁の力学的モデル構築を検討する。

  • 錆を積極的に利用した木材釘接合部の耐力向上技術の開発

    研究課題/領域番号:26820237  若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    分担者・その他:中島 正夫, 森 拓郎

     概要を見る

    木材の乾燥処理条件が釘の発錆状況におよぼす影響を実験的に確認した。乾燥処理条件は高温、中温、低温、天然乾燥とし、一定期間静置後、打ち込んだ釘の腐食減量とせん断耐力を確認した。静置条件は常温常湿、高温高湿、常温高湿とした。
    乾燥処理条件によらず、釘の発錆は心材に打ち込まれたものよりも辺材に打ち込まれたものの方が著しかった。また、釘の発錆は人工乾燥材に打ち込まれたものよりも天然乾燥材や生材に打ち込まれたものの方が著しかった。人工乾燥材の中では中温乾燥材に打ち込まれたものの発錆が著しかった。釘のせん断性能は釘の重量残存率約95~80%で最も高く、それ以上発錆が進行すると徐々に低下する傾向がみられた。

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 木造建築物における各部位劣化時の建物構造性能の定量評価

    制度名:  若手継続グラント (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月

  • 建築構法に関する研究

    制度名:  寄付金 (教育研究奨励寄附)  代表者

    研究期間:

    2018年04月
     
     

  • 潮干に関する研究

    制度名:  調査研究助成 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2016年12月
    -
    2017年12月

  • 雨水に対して耐久性の高い木造ディテールの評価

    制度名:  研究助成 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月

  • 発錆および生物劣化に着目した木造建築物接合部の長期構造性能に関する研究

    制度名:  自然科学系 研究奨励 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2015年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • システムビルディング論

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 測量学Ⅰ実習及び製図

    (2018年度)大学 専門科目

  • 建築構法特別演習

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 建築構法

    (2018年度)大学 専門科目

  • 建築コンピュータグラフィックス

    (2018年度)大学 専門科目

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • クラス担任

    (2018年度)

     概要を見る

    1回生相談員

  • 国際化への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    ネパールワークショップ

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会近畿支部木造研究会

    役割:講師

     対象:大学生, 大学院生, 研究者, 社会人・一般 

    2019年03月
     
     

     概要を見る

    伝統的技術を定量評価する

  • 住宅ストック維持向上促進事業

    役割:調査担当

     対象:企業 

    2018年11月
    -
    2019年02月