高田 倫子 (タカタ ミチコ)

TAKATA Michiko

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(法学)

研究分野 【 表示 / 非表示

公法学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 公法学の方法論に関心を持っており、行政による法の解釈・適用の方法論に関し、行政裁量を題材として日独比較研究を行ってきた。近年では、法の解釈・適用における裁判所と行政の区別・限界付けにも興味を持っており、権力分立において行政-司法関係をどのように構成すべきかについても研究を進めている。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

公法学の方法論

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 権力分立における行政-司法関係の再定義

    (個人研究) 研究期間:

    2017年
    -
    現在

    研究課題キーワード:  権力分立、行政権の裁判的統制、司法的法形成

  • 行政による法の解釈・適用の方法論

    (個人研究) 研究期間:

    2005年
    -
    現在

    研究課題キーワード:  法律による行政の原理、行政裁量

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本公法学会

  • 日独法学会

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   法学研究科   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院法学研究科   准教授

  • 2018年10月
    -
    2019年09月

      ブツェリウス・ロースクール   客員研究員(フンボルト財団奨学生)

  • 2014年04月
    -
    2018年03月

      中京大学   法学部   准教授

  • 2013年06月
    -
    2014年03月

      大阪大学   大学院法学研究科   助教

  • 2013年04月
    -
    2013年05月

      日本学術振興会   特別研究員(PD)

全件表示 >>

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2013年03月

    大阪大学  大学院法学研究科  博士後期課程  博士課程

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    大阪大学  大学院法学研究科  博士前期課程  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    大阪大学  法学部 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ドイツにおける法段階説の受容と展開−『裁判官による法形成』を巡る議論の一断面−

    高田 倫子

    中京法学  51 ( 4 ) 109 - 142 2017年03月

  • 行政による法の適用の再構成(2・完)−ドイツにおける規整裁量をめぐる論争を手がかりに−

    高田 倫子

    中京法学  50 ( 3・4 ) 273 - 304 2016年03月

  • 行政による法の適用の再構成(1)−ドイツにおける規整裁量をめぐる論争を手がかりに−

    高田 倫子

    中京法学  50 ( 2 ) 63 - 114 2015年12月

  • ドイツ行政裁量論における憲法の構造理解とその変遷(3・完)−行政に対する司法の地位に関する一考察−

    高田 倫子

    阪大法学  62 ( 6 ) 1783 - 1803 2013年03月  [査読有り]

  • ドイツ行政裁量論における憲法の構造理解とその変遷(2)−行政に対する司法の地位に関する一考察−

    高田 倫子

    阪大法学  62 ( 5 ) 1443 - 1465 2013年01月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ケースで学ぶ法学ナビ

    大林啓吾・手塚崇聡編 (担当: 単著 )

    みらい  2018年09月

  • 大学生のための憲法

    君塚正臣編 (担当: 分担執筆 )

    法律文化社  2018年04月

  • スタディ憲法

    曽我部真裕・横山真紀編 (担当: 分担執筆 )

    法律文化社  2018年04月

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 内閣と行政各部

    高田 倫子

    山本龍彦=横大道聡編著『憲法学の現在地ー判例・学説から探求する現代的論点』(日本評論社)    362 - 373 2020年12月  [依頼有り]

  • Neuere Entwicklungen der japanischen Rechtsprechung zum Verwaltungsermessen. Kritische Überlegungen zum „fachlich-technischen Ermessen“

    Michiko TAKATA

    Zeitschrift für japanisches Recht  25 ( 49 ) 223 - 241 2020年06月  [査読有り]

  • 営業税と一般的平等原則ー営業税法2条1項2文および所得税法15条3項1号の合憲性ー

    高田 倫子

    ドイツ憲法判例研究会編『ドイツの憲法判例IV』    103 - 106 2018年10月  [査読有り]

  • 入れ墨の施術者に医師免許を求めることが合憲とされた事例

    高田 倫子

    新・判例解説Watch  ( 23 ) 19 - 22 2018年10月  [査読有り]

  • 期限付きの支配(Herrschaft auf Zeit)としての民主制

    トーマス・ヴュルテンベルガー(高田倫子訳)

    工藤達朗=西原博史=鈴木秀美=小山剛=毛利透=三宅雄彦=斎藤一久編『戸波江二先生古稀記念 憲法学の創造的展開 下巻』(信山社)    265 - 282 2017年12月  [依頼有り]

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Zur “Rahmentheorie” Kelsens. Bedeutung der Reinen Rechtslehre für heutige Diskussionen um die richterliche Rechtserzeugung

    Michiko TAKATA

    Kelsen-Atelier für Nachwuchswissenschaftler  2020年02月 

  • Neuere Entwicklungen der japanischen Rechtsprechung zum Verwaltungsermessen. Kritische Überlegungen zum "fachlich-technischen Ermessen"

    Michiko TAKATA

    Summer School Universität Augsburg "Einführung in das japanische Recht"  2019年05月 

  • 入れ墨の施術者に医師免許が求められた事例をめぐって―憲法上の争点の検討ー

    高田 倫子

    大阪市立大学刑事法研究会  2018年07月 

  • 行政権の裁判的統制―行政と司法の対等性に根差した理論構築に向けて―

    高田 倫子

    中部憲法判例研究会  2017年11月 

  • Die grundrechtliche Kontrolle der Verwaltung und Grundrechtsschutz in Japan

    Michiko TAKATA  [招待有り]

    Internationales Symposium zum Gedenken an den 70. Jahrestag des Inkrafttretens der japanischen Verfassung: „Menschenrechte in Europa und Asien“   2017年03月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 権力分立の変容に即した行政-司法関係の再定義:司法的法形成の現代的意義の追究

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

  • 行政による法の適用の再構成―ドイツにおける動態的・創造的理論の検討

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

  • 行政裁量論の憲法的考察-電気通信法をめぐるドイツの最近の議論動向を中心に-

    特別研究員奨励費 代表者

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2013年03月
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 専門演習

    (2019年度)大学 専門科目

  • 行政法第1部

    (2019年度)大学 専門科目

  • 基礎演習

    (2018年度)大学 専門科目