MIZUUCHI Toshio

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Sugimoto Campus

Mail Address

E-mail address

Research Areas 【 display / non-display

y Human geography, Sociology, Town planning/Architectural planning

Research Career 【 display / non-display

  • urban social geography

     

    Keyword in research subject:  urban study, urban history, urban planning

  • Studies on geogrpahical thought

    (Collaboration in Japan)

    Keyword in research subject:  geographical thought, geopolitics, political geography

Association Memberships 【 display / non-display

  • Human Gographical Society in Japan

  • Ths Association of Japanese Geographers

  • The association of urban planners

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 1998
    -
    Today

    Human Gographical Society in Japan  

  • 1996
    -
    2000

    Human Gographical Society in Japan  

  • 1993
    -
    1995

    Ths Association of Japanese Geographers  

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Urban Research Plaza   Professor  

  • Osaka City University   Graduate School of Literature and Human Sciences   Human Behavioral Sciences Course   Professor  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1985

    Kyoto University  Graduate School, Division of Letters 

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    1982

    Kyoto University   Faculty of Literature  

  •  
    -
    1980

    Kyoto University   Faculty of Science  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Innovations in Gearing the Housing Market to Welfare Recipients in Osaka's Inner City: A Resilient Strategy?

    Kiener Johannes, Kornatowski Geerhardt, Mizuuchi Toshio

    HOUSING THEORY & SOCIETY  35 ( 4 ) 410 - 431 2018  [Refereed]

    DOI

  • ホームレス支援の関係性の継続と崩壊―入所施設のアフターケアでのアクションリサーチおよび支援関係の理論的考究―

    堀江 尚子, 渥美 公秀, 水内 俊雄

    日本グループ・ダイナミックス学会 実験社会心理学研究  55 ( 1 ) 1 - 17 2015  [Refereed]

     View Summary

    本研究は,ホームレスに対する支援のための入所施設において,継続的な支援の関係の構築を目指したアクションリサーチであり,支援の関係性の継続と崩壊という現象を理論的に考究するものである。近年,急増したホームレスの人々が抱える問題は多様である。なかでも対人関係に問題を抱える人は少なくない。ホームレスの支援活動では,当事者と支援者の関係性の継続が重要である。関係性の継続には,関係の本来の様態である非対称が非対等に陥らないことが要請され,そのためには偶有性を喚起・維持する方略に希望がある。本研究はこの方略を組み込んだアクションリサーチである。具体的には,ホームレスを多く引き受ける生活保護施設Yが開催するコミュニティ・カフェに注目し,その施設の退所者と地域の人々の協働の農作業プロジェクトを実践した。偶有性の概念を媒介にして戦略的な実践によって継続的な関係が構築された。支援関係の継続と崩壊について理論的考究を行い,労働倫理を強く持つ人々は支援を受ける当事者になることが困難であることを指摘した。

    DOI CiNii

  • 脱ホームレス支援からみたアジアンハウジングの最先端

    水内 俊雄

    一般社団法人日本建築学会 建築雑誌  128 ( 1648 ) 11 - 13 2013.08  [Refereed]

    CiNii

  • 大阪市西成区北部におけるゲストハウス外国人宿泊者の日常生活に関する実証的研究

    キーナー ヨハネス, 水内 俊雄, コルナトウスキ ヒェラルド, 冨永 哲雄, 高田 ちえこ

    人文地理学会 人文地理学会大会 研究発表要旨  2013 ( 0 ) 84 - 85 2013  [Refereed]

     View Summary

    30名ほどのゲストハウス宿泊者を対象とした聞き取り調査の結果から、特にワーキングホリデーで来ている宿泊者の来日経由パターン、ゲストハウス生活、就労へのアクセス、ゲストハウス近隣に対するイメージを明らかにする。

    DOI CiNii

  • ヴァルネラブルな人々への支援ともうひとつのインナーシティ再生

    水内 俊雄

    日本都市計画学会 都市計画  60 ( 4 ) 35 - 38 2011.08  [Refereed]

    CiNii

display all >>

Books etc 【 display / non-display

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 福祉の現場から 脱ホームレス支援が生み出す居住支援のかたちとユニークな地域再成の実践

    水内 俊雄

    (株)北隆館 地域ケアリング  20 ( 2 ) 56 - 59 2018.02  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    脱ホームレス支援の深化は、炊き出しや夜回りに代表されるアウトリーチ活動から、中間住宅を支援の拠点とし、地域のアパート生活に継続する居住支援の新しいかたちを生み出した。このかたちが住宅セーフティネットの仕組み作りに役立つ参照知となっている。またこの居住支援をベースに、地域における不動産業による住宅ビジネスが成立し、居住のリノベーションを通じたユニークな地域再成が生まれており、その実践を紹介する。(著者抄録)

 

Theme of Possible Research Exchange 【 display / non-display

  • urban rejuvenation project

    Request for collaborative research : The private sector, such as other institutions

    Type of research exchange : Consignment study, Collaborative research