FUJITA Hisakazu

写真a

Search Institutional Repository


Title

Associate Professor

Laboratory location

Abeno Campus

Degree 【 display / non-display

  • Hokkaido University -  Ph. D.

Research Areas 【 display / non-display

General medical chemistry, Pathological medical chemistry

Research subject summary 【 display / non-display

  • Research on the mechanisms of cancer cell growth or metastasis by the methods of biochemistry, molecular biology and cellular biology.

Research Interests 【 display / non-display

Tumor microenvironment, Tumor endothelial cells, cancer metastasis

Research Career 【 display / non-display

  • Elucidaton of signal transduction by leukcyte-EC interaction

    (Collaboration in Organization) Project Year :

    2008.04
    -
    2010.04

    Keyword in research subject:  neutrophil, endothelial cell, small G proteins

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Nursing   Nursing Course   Associate Professor  

Career 【 display / non-display

  • 2003.04
    -
    2006.03

    Institute of National Cardiovascular Center  

  • 1991.04
    -
    1992.06

    Rockefeller University   Laboratory of Biochemistry and Molecular Biology   Postdoctoral Research Fellow

Graduate School 【 display / non-display

  • 1986.04
    -
    1990.03

    Hokkaido University  Graduate School, Division of Medicine 

  • 1984.04
    -
    1986.03

    Hokkaido University  Graduate School, Division of Natural Science 

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    1984

    Hokkaido University   Faculty of Science  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Prediction of lymph node metastasis by tumor-infiltrating lymphocytes in T1 breast cancer

    Takada Koji, Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Goto Wataru, Kouhashi Rika, Yabumoto Akimichi, Morisaki Tamami, Shibutani Masatsune, Takashima Tsutomu, Fujita Hisakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC CANCER  20 ( 1 ) 598 2020.06  [Refereed]

     View Summary

    背景:リンパ節転移は、腫瘍浸潤性リンパ球(TIL)密度が低い早期乳癌で発生する可能性が高くなる。したがって、手術を受けているcT1乳がん患者のTILとリンパ節転移の相関関係、およびcT1N0M0乳がんのセンチネルリンパ節転移(SLNM)の予測におけるTILの有用性を調査した。
    方法:cT1の術前診断後、第一選択治療として手術を受けた332人の乳がん患者を調査した。腋窩クリアランスの指標としてのSLNMの陽性診断は、センチネルリンパ節(SLN)での大転移(大転移:腫瘍直径> 2 mm)と定義された。治療前の原発腫瘍生検標本におけるTILとしての腫瘍周囲間質に浸潤するリンパ球の半定量的評価が行われた。
    結果: SLN生検(SLNB)では、中央値2(範囲、1-8)SLNが病理学的に評価された。SLNMの60例(19.4%)(マクロ転移:46、微小転移:16)が観察された。転移は、直径が10 mm以上の乳癌の方が、直径が10 mm以下の乳癌よりも有意に高かった(p = 0.016)。転移はリンパ管浸潤と有意に関連していた(p <0.001)。これら2つの臨床病理学的因子は、cN0と診断された患者でもSLNMと相関していた(腫瘍サイズ; p = 0.017、リンパ管浸潤; p = 0.002)。SLNM予測因子の多変量解析により、独立した因子としてリンパ管浸潤(p = 0.008、オッズ比[OR] = 2.522)およびTIL(p <0.001、OR = 0.137)が明らかになった。
    結論: 我々の結果は、cT1乳癌におけるリンパ節転移と腫瘍免疫微小環境の相関を示唆している。TIL密度は、術前画像でリンパ節転移のない乳癌のSLNMの予測因子である可能性がある。

    DOI PubMed

  • Factors predictive of invasive ductal carcinoma in cases preoperatively diagnosed as ductal carcinoma in situ

    Takada Koji, Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Goto Wataru, Morisaki Tamami, Takahashi Katsuyuki, Fujita Hisakazu, Takashima Tsutomu, Tomita Shuhei, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC CANCER  20 ( 1 ) 513 2020.06  [Refereed]

     View Summary

    背景:浸潤は、コア針生検(CNB)や真空補助生検(VAB)などの組織学的検査によって非浸潤性乳管癌(DCIS)と診断された症例の術後病理検査中にしばしば見られる。メタアナリシスでは、浸潤性乳管癌(IDC)の25.9%が術前にCNBによりDCISと診断されていると報告されている。侵襲の危険因子は術後検査によって研究されてきたが、血液検査から術前に得ることができる因子は発見されていない。この研究では、術前の生検によってDCISと診断された患者の術前の血液検査に基づいて、浸潤の予測因子を調査した。
    方法:この研究では、術前生検によりDCISと診断された118人の患者が含まれた。16ゲージCNBまたはVABを用いて生検を実施した。診断時に末梢血を採取した。この研究では、絶対血小板数、絶対リンパ球数、乳酸脱水素酵素、癌胎児性抗原、および癌抗原15-3(CA15-3)を評価した。血小板リンパ球比率(PLR)は、絶対血小板数を絶対リンパ球数で割ることによって計算され、患者は高PLR(≥160.0)と低PLR(<160.0)のグループに分類された。
    結果:浸潤は、病理学的に高悪性度の症例の方が、病理学的に非悪性度の症例よりも手術後に頻繁に発見された(p = 0.015)。PLRの中央値は138.9で、48人の患者(40.7%)が高PLRグループに分類された。高PLRグループは低PLRグループ(p = 0.018)よりも術後の病理によって侵襲が検出される可能性が有意に高かった。術後病理における浸潤を予測する因子の多変量解析では、高いPLR(p = 0.006、オッズ比[OR] = 3.526)および生検法(VAB対CNB、p = 0.001、OR = 0.201)が独立したリスク因子であった。
    結論:PLRは、術前生検によってDCISと診断された患者の術後病理における浸潤の予測因子である可能性がある。

    DOI PubMed

  • The effect of smoking on biological change of recurrent breast cancer

    Takada Koji, Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Goto Wataru, Kouhashi Rika, Yabumoto Akimichi, Morisaki Tamami, Fujita Hisakazu, Shibutani Masatsune, Takashima Tsutomu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    JOURNAL OF TRANSLATIONAL MEDICINE  18 ( 1 ) 153 2020.04  [Refereed]

     View Summary

    バックグラウンド:乳がん患者の治療法の選択は、がんのサブタイプに大きく依存する。ただし、このプロセスは再発時の腫瘍生物学の変化によって複雑になる。喫煙は乳がんの危険因子として確認されている。乳腺組織に対する血液循環を介して送達されるタバコ成分の直接的な影響とその後のDNA損傷は、喫煙と乳がんの発癌との関連を説明するために提案されている。この仮定は、増殖能と悪性形質転換の増加によって示されるように、関連するDNA損傷が乳癌細胞をさらに変化させることを示す組織培養と動物研究の両方によってサポートされている。この研究では、エストロゲン受容体(ER)、プロゲステロン受容体(PgR)およびヒト上皮細胞増殖因子受容体2(HER2)の再発時の各受容体の発現変化と喫煙と再発後の予後との関係を調査することを目的とした。
    方法: このレトロスペクティブ研究には、手術後に再発した原発性乳癌患者989人と、2007年12月から2018年3月に再生生検または外科手術を受けた50人の患者が含まれていた。 原発巣および再発時の採取検体でのER、PgRおよびHER2の発現を組織免疫染色法で評価し、その発現パターンと喫煙歴(パックイヤー)との相関を調べた。
    結果:再発腫瘍でERを評価したところ、それぞれ3人(6.0%)および1人(2.0%)で陰性および陽性の変換が認められた。PgRを評価したところ、15例(30.0%)で負の変換が認められた。HER2を評価したところ、6人の患者(12.0%)で正の変換が認められた。その結果、再発性腫瘍の患者5人(10.0%)で内因性サブタイプの変化を観察した。ほとんどの臨床的要因は喫煙と相関していなかったが、再発時のHER2の正の変換は、非喫煙者よりも喫煙者の間で有意に高頻度であった(p = 0.024)。
    結論:乳がん再発中の生物学的変化は、再発後の治療に影響を与えるため、慎重に臨床的に検討する必要がある。我々の結果は、喫煙が再発乳房腫瘍のHER2発現の増加を引き起こす可能性があることを示唆している。

    DOI PubMed

  • Prediction of Sentinel Lymph Node Metastasis Using the Platelet-to-lymphocyte Ratio in T1 Breast Cancer

    Takada Koji, Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Goto Wataru, Kouhashi Rika, Yabumoto Akimichi, Morisaki Tamami, Shibutani Masatsune, Takashima Tsutomu, Fujita Hisakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH  40 ( 4 ) 2343 - 2349 2020.04  [Refereed]

     View Summary

    背景/目的:ホストの全身性炎症反応は、癌の進行と化学療法の抗腫瘍効果に影響を与えると考えられている。メタ分析は、末梢血血小板対リンパ球比(PLR)がこの効果の予後指標であることを報告している。したがって、術前画像診断によりcT1N0M0乳がんと診断された患者のセンチネルリンパ節転移(SLNM)に応じて、PLRが異なる可能性があると仮定した。この研究では、cT1N0M0乳がんと診断された患者のSLNMを予測する術前PLRの能力を調査した。
    患者と方法:この研究には、術前画像診断により診断されたcT1N0M0乳がんの475人の患者が含まれていた。末梢血は診断時、すなわち手術前に採取した。PLRは、血小板数の絶対値をリンパ球の絶対数で割ることにより、術前の血液検査から計算された。
    結果:腫瘍の直径が10 mmより大きい場合、SLNMの確率は有意に高かった(p = 0.002)。SLNMの発生率は、高(術前)PLRグループで有意に高かった(p = 0.031)。多変量解析により、高いPLR [低いPLRと比較して、p = 0.021、オッズ比(OR)= 1.815、95%信頼区間(CI)= 1.093-3.090]と大きな腫瘍サイズ(小さな腫瘍サイズと比較してp = 0.001)が明らかになった、OR = 2.688、95%CI = 1.524-4.997)は、SLNMに影響する独立した要因であった。
    結論:PLRはcT1N0M0乳癌におけるSLNMの予測因子として機能する可能性がある。

    DOI PubMed

  • The Effects of Eribulin on Breast Cancer Microenvironment Identified Using Eribulin-resistant Breast Cancer Cell Lines

    Goto Wataru, Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Takada Koji, Takahashi Katsuyuki, Fujita Hisakazu, Takashima Tsutomu, Shibutani Masatsune, Amano Ryosuke, Tomita Shuhei, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH  39 ( 8 ) 4031 - 4041 2019.08  [Refereed]

     View Summary

    背景/目的:エリブリンは現在、臨床現場で進行性および転移性乳がんの治療に使用されている。ただし、その効果は多くの場合、抵抗獲得によって阻害される。したがって、本研究は2つのエリブリン耐性乳がん細胞株を確立し、これらを使用して、エリブリン耐性獲得の根底にあるメカニズムを解析した。
    材料と方法:エリブリン耐性乳癌細胞株は、MDA-MB-231およびMCF-7細胞をエリブリンの濃度を増加させて培養することによって樹立した。
    結果:エリブリン耐性細胞は、エリブリンや他のいくつかの抗癌剤に対する耐性を獲得した。エリブリン処理後、エリブリン耐性細胞株は、形態学的変化、上皮カドヘリンの発現の増加、細胞周期分布の有意な変化を示さなかった。対照的に、プログラムされた死リガンド1の発現レベルは、MCF-7細胞と比較してMCF-7 /エリブリン耐性で増加した。
    結論:本研究で樹立したエリブリン耐性細胞株は、さまざまな抗癌剤に対する交差耐性を獲得し、微小管機能および上皮間葉移行(EMT)に対するエリブリン誘発効果に対する耐性を示した。

    DOI PubMed

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • Biological Effects of Calpain Inhibitors on Human Phagocyte Functions.

    S. Kitagawa, T. Kato, M. Kitagawa, M. Aomatsu, and H. Fujita (Part: Joint Work )

    Nova Science Publishers  2013.01

  • Tumor Suppressive Function of Gelsolin.

    N. Kuzumaki, H. Fujita, M. Tanaka, N. Sakai, M. Ohtsu (Part: Single Work )

    R.G. Landes Co.  1998

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • The establishment of an innovative method for isolation of tumor endothelial cells (TECs) supporting the growth of tumor and the application to cancer therapy

    Project/Area Number : 19K09054  Grant-in-Aid for Scientific Research(C) Representative

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

  • Clinical validation of microenvironmental control related to malignant trait acquisition of triple negative breast cancer

    Project/Area Number : 17K10559  Grant-in-Aid for Scientific Research(C) Representative

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

  • Establishment of a new human reporter cells which can monitor the expression of somatic cell initialization factor and its application for elucidating the molecular mechanism of cell reprogramming

    Project/Area Number : 23659115  Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research Representative

    Project Year :

    2011.04
    -
    2015.03
     

     View Summary

    A homeobox transcription factor, Nanog, is one of the genes which support the self-renewal and pluripotency of embryonic stem (ES) cells. Nanog can reprogram human somatic cells to pluripotent stem cells in combination with OCT4, SOX2, and LIN28. Molecular mechanism(s) of the regulation of Nanog expression is important for understanding of reprogramming process. We sought to establish the reporter cell line, which can monitor the somatic cell initialization factor expression for elucidating the molecular mechanism(s) of cell reprogramming. In addition, stem cell pluripotency and differentiation are regulated by the signal transduction pathways involeved in G protein coupled receptors (GPCRs). Therefore, we investigate ligand binding mode of the representative GPCRs, human formylpeptide receptor (hFPR) and formylpeptide receptor-like 1 (hFPRL1) by three-dimensional homology modeling of receptors and ligand docking simulation.

  • Analysis of bi-directional signal transduction elicited by adhesion between leukocyte and endothelial cells

    Project/Area Number : 20590214  Grant-in-Aid for Scientific Research(C) Representative

    Project Year :

    2008
    -
    2010
     

    Partaker : KATO Takayuki, KITAGAWA Seiichi

     View Summary

    1)We found the molecular interaction between JAML (Junctional adhesion molecule-like) and ESAM (Endothelial cell-selective adhesion molecule). 2) Potent calpain inhibitors stimulate cell functions via activation of human formyl peptide receptor and human formyl peptide receptor-like 1.

  • G protein-regulated trafficking analyzed by bio-imaging

    Project/Area Number : 17079009  Grant-in-Aid for Scientific Research on Priority Areas Representative

    Project Year :

    2005
    -
    2009
     

    Partaker : FUKUHARA Shigetomo, MASUDA Michitaka, FUJITA Hisakazu, KAWAHARA Atsuo, MIURA Kouichi

display all >>

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • Genetics

    (2019) University, Special course

  • Biochemistry

    (2019) University, Special course

  • Reading

    (2019) University, Special course

  • English for Nurse

    (2019) University, Special course

  • Genetics

    (2018) University, Special course

display all >>

Other educational activity and Special note 【 display / non-display

  • Contribution to internationalization

    (2018)

  • Contribution to internationalization

    (2017)