豊田 純一 (トヨタ ジュンイチ)

TOYOTA Junichi

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • マンチェスター大学 -  博士

  • ダブリン大学・トリニティー校 -  修士

研究分野 【 表示 / 非表示

認知科学、歴史言語学、文化人類学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

認知科学、歴史言語学、文化人類学

研究歴 【 表示 / 非表示

  • Centre for cognitive semiotics

    (国際共同研究) 研究期間:

    2010年01月
    -
    2011年12月

  • English grammar: origin of peculiarities

    (個人研究) 研究期間:

    2006年01月
    -
    2009年12月

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   文学研究科   言語文化学専攻   教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年

    University of Manchester  Dept of English and American Studies  博士課程

  •  
    -
    1999年

    University of Dublin, Trinity College  Centre for Lang. and Comm. Studies  修士課程

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Disagreement of feminine gender: historical perspectives.

    Text and Talk  32   63 - 82 2012年

  • Dialect mixing as a language contact in the history of English.

    Theories and Practice: Proceedings of the third international conference on Anglophone Studies. Zlín, Tomas Bata University    95 - 110 2012年

  • On binary features in evolution of human language.

    Theoria et Historia Scientiarum – ways to protolanguage    101-115. 2012年

  • Fossilisation of Passive in English: analysis of passive verbs.

    English Studies  90   476 - 497 2009年

  • On the evolutionary history of ‘yes’ and ‘no’.

    Studies in Language and cognition. Newcastle upon Tyne: Cambridge Scholar Publishing    485 - 498 2009年

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Vision beyond visual perception.

    豊田 純一 (担当: 単著 )

    Newcastle upon Tyne: Cambridge Scholars Publishing.  2017年

  • Sense of Emptiness: an interdisciplinary perspective.

    Pernilla Hallonsten and Marina Shchepetunina (担当: 共著 )

    Newcastle upon Tyne: Cambridge Scholars Publishing.  2012年

  • The grammatical voice in Japanese: a typological perspective.

    (担当: 単著 )

    Newcastle upon Tyne: Cambridge Scholars Publishing.  2011年

  • Kaleidoscopic grammar: investigation into mystery of binary features.

    (担当: 単著 )

    Newcastle upon Tyne: Cambridge Scholars Publishing.  2009年

  • Diachronic changes in the English passive.

    (担当: 単著 )

    Basingstoke: Palgrave.  2008年

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Get-passiveの派生元の再考:言語接触をもとに

    豊田 純一

    ことばの科学会  2019年11月 

  • The origin of the get-passive revisited

    豊田 純一

    第37回日本英語学会秋季大会  2019年11月 

  • Impact of fundamental linguistic differences on language learning: focusing on the English grammar.

    豊田 純一

    日本機能言語学会第27回秋季大会  2019年10月 

  • 55. ‘Socio-cultural history released in linguistic orientation and its application to teaching and learning

    豊田 純一

    6th International Language Management Symposium: Re-exploring the Management of Intercultural Interactions at the Macro and Micro Levels, Ritsumeikan University, Kyoto  2019年09月 

  • Diachronic changes in expressions of perception in the English grammar

    豊田 純一

    English Linguistic Society of Japan 12th Spring Forum, University of the Sacred Heart, Tokyo  2019年05月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Origin of the get-passive through replication, involving English dialects and other Germanic languages

    研究課題/領域番号:20K00666  基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2025年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Historical development of cognition and semiosis, Cognitive-semiotic typology

    制度名:  Centre for Cognitive Semiotics (共同研究)  分担者・その他

    研究期間:

    2010年01月
    -
    2011年12月

  • English grammar: origin of peculiarities

    制度名:  Forskarassistent stipendium 代表者

    研究期間:

    2006年01月
    -
    2009年12月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • College English I

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

  • College English II

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

  • College English V

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

  • 言語文化概論 I

    (2018年度)大学 専門科目

  • 言語文化概論 II

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>