JEON Hong Gyu

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Sugimoto Campus

Mail Address

E-mail address

Degree 【 display / non-display

  • The University of Tokyo -  Ph. D.

Research Areas 【 display / non-display

Urban Studies in Asian Cities, Social Development, Welfare Policy, Housing Wellfare Studies

Research Career 【 display / non-display

  • Asian Urban Studies

    (International Collaboration)

    Keyword in research subject:  Inclusive City, Comunity Development, Housing Well-being

  • Housing Studies

    (Collaboration in Japan)

    Keyword in research subject:  Housing Support

Association Memberships 【 display / non-display

  • Japan Association for Social Policy Studies

  • Academy of Housing for Life and Well-Being, Japan

  • Society for the Study of Poverty

  • Research Society on Inclusive Urban Policy

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2010
    -
    Today

    Academy of Housing for Life and Well-Being, Japan  

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Urban Research Plaza   Professor  

  • Osaka City University   Graduate School for Creative Cities   Urban Policy Course   Professor  

Career 【 display / non-display

  • 2014.04
     
     

    Osaka City University  

  • 2008.10
     
     

    Osaka City University  

  • 1996
    -
    1998

    Korea Center for City&Environment Research  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    2005

    The University of Tokyo  Graduate School, Division of Engineering  Department of Urban Engineering 

 

Published Papers 【 display / non-display

  • The New Mode of Urban Renewal for the Former Outcaste Minority People and Areas in Japan

    Cities  Vol.27 ( Supplement1 ) 25 - 34 2010

  • Migrant Support and Disaster Welfare

    JEON Hong Gyu

    The 9th East Asian Inculusive Cities Network(EA-ICN) Workshop Hand book   9   212 - 216 2019.09

     View Summary

    The purpose of this paper is to examine the support of migrants in response
    to disasters from the perspective of “disaster welfare”. Therefore, I will
    report the results of field surveys related to support for disaster-related
    foreign residents in Japan.

  • The Role of Social Developmental Community Work for Livelihood Support in a Multi-Cultural Context: Focusing on Foreign Residents in Wongok-Dong, South Korea

    JEON Hong Gyu

      166 - 169 2018.07

  • 台湾における都市原住民の居住実態と居住支援策に関する考察:スクォッター居住地と移転先としての原住民公営住宅居住者への調査を踏まえて

    蕭 〓偉, 全 泓奎, 城所 哲夫

    公益社団法人 日本都市計画学会 都市計画論文集  51 ( 2 ) 145 - 152 2016  [Refereed]

     View Summary

    台湾では、人口の約2%を占める約539,000人の原住民が、多種多様の伝統的文化及び生活領域を持って生活している。しかし差別や偏見により原住民は社会的、経済的ともに地位が低く、特にそのうち都会への出稼ぎ等の理由で非原住民族地区に移住した原住民人口は約251,300人の多くは、従来の生活習慣や低収入等の原因により長期間に渡り河川敷に原始的な住環境を自力造営しスクォッターを形成し、行政による強制撤去の対象とされてきた。原住民の住環境を改善すべく、国の部署である原住民委員会(CIP)は、近年「原住民住宅改善計画」や「住宅法」に基づき積極的に原住民に対する居住支援を行い、様々な取り組みを展開してきた。本研究ではまず原住民の居住の現状、居住支援に関する枠組みを把握した上で、実例の調査を通してその評価も行い、今後の原住民への居住支援に対し提言を試みた。

    DOI CiNii

  • 同和対策関連事業失効後の旧同和地区における自立に向けたまちづくりの現状と課題に関する考察:大阪市の3地区における社会福祉事業を中心とする地域福祉諸機能の提供に着目して

    蕭 〓偉, 城所 哲夫, 瀬田 史彦, 全 泓奎

    公益社団法人 日本都市計画学会 都市計画論文集  51 ( 3 ) 245 - 252 2016  [Refereed]

     View Summary

    旧同和地区では、同和対策関連事業の施行により、独自な福祉機能と施策が実施されてきた。2002年特別措置法の失効に伴い財源の停止、同和対策関連事業も終焉を迎えた。地域主体の自主的な供給等課題が浮き彫りになり、各地区それぞれの自助努力が問われている。今日大阪の旧同和地区においては、「社会福祉事業」を中心とする自立に向けたまちづくりヶ取り組まれている。大阪市12地区の中において、3地区の活発な活動実態が認められ、同市においての重要性が高いと言える。3地区の考察を通して把握される特徴や課題は、今後他地域において自立に向けたまちづくりのための参考となり得る。本稿の研究目的を下記の通りに要約する:(1)地域福祉諸機能に関する分析:まず3地区においての過去の地域福祉諸機能を把握する。更に各「地域団体とその機能」の現状、並びに「社会福祉事業」に焦点を当てその実態を把握しながら、地域横断の比較分析、評価を試みる。(2)地域福祉諸施設に関する分析:過去に同和対策関連事業によって整備された「地域福祉諸施設」(表-1)の現状を把握し、地域横断の分析を行う。

    DOI CiNii

display all >>

Books etc 【 display / non-display

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 同和対策関連事業失効後の旧同和地区における自立に向けたまちづくりの現状と課題に関する考察

    蕭 〓偉, 城所 哲夫, 瀬田 史彦, 全 泓奎

    公益社団法人 日本都市計画学会 都市計画論文集  51 ( 3 ) 245 - 252 2016  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    旧同和地区では、同和対策関連事業の施行により、独自な福祉機能と施策が実施されてきた。2002年特別措置法の失効に伴い財源の停止、同和対策関連事業も終焉を迎えた。地域主体の自主的な供給等課題が浮き彫りになり、各地区それぞれの自助努力が問われている。今日大阪の旧同和地区においては、「社会福祉事業」を中心とする自立に向けたまちづくりヶ取り組まれている。大阪市12地区の中において、3地区の活発な活動実態が認められ、同市においての重要性が高いと言える。3地区の考察を通して把握される特徴や課題は、今後他地域において自立に向けたまちづくりのための参考となり得る。本稿の研究目的を下記の通りに要約する:(1)地域福祉諸機能に関する分析:まず3地区においての過去の地域福祉諸機能を把握する。更に各「地域団体とその機能」の現状、並びに「社会福祉事業」に焦点を当てその実態を把握しながら、地域横断の比較分析、評価を試みる。(2)地域福祉諸施設に関する分析:過去に同和対策関連事業によって整備された「地域福祉諸施設」(表-1)の現状を把握し、地域横断の分析を行う。

    CiNii

  • 台湾における都市原住民の居住実態と居住支援策に関する考察

    蕭 〓偉, 全 泓奎, 城所 哲夫

    公益社団法人 日本都市計画学会 都市計画論文集  51 ( 2 ) 145 - 152 2016  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    台湾では、人口の約2%を占める約539,000人の原住民が、多種多様の伝統的文化及び生活領域を持って生活している。しかし差別や偏見により原住民は社会的、経済的ともに地位が低く、特にそのうち都会への出稼ぎ等の理由で非原住民族地区に移住した原住民人口は約251,300人の多くは、従来の生活習慣や低収入等の原因により長期間に渡り河川敷に原始的な住環境を自力造営しスクォッターを形成し、行政による強制撤去の対象とされてきた。原住民の住環境を改善すべく、国の部署である原住民委員会(CIP)は、近年「原住民住宅改善計画」や「住宅法」に基づき積極的に原住民に対する居住支援を行い、様々な取り組みを展開してきた。本研究ではまず原住民の居住の現状、居住支援に関する枠組みを把握した上で、実例の調査を通してその評価も行い、今後の原住民への居住支援に対し提言を試みた。

    CiNii

  • エスニックミュージアムづくりを通じた多文化共生型コミュニティの創生と地域再生に関する研究

    全 泓奎, 川本 綾, 中西 雄二

    ユニベール財団 豊かな高齢社会の探求 調査研究報告書  ( 22 ) 1 - 21,巻頭1p 2014.07  [Refereed]  [Invited]

    CiNii

  • 台北における狭小廉価住宅居住者の 生活支援の系譜と現状

    中山 徹, 全 泓奎, 山田 理絵子

    明石書店 ホームレスと社会  7   101 - 106 2012.12  [Refereed]  [Invited]

    CiNii

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • Approaching the Revitalization of Socially Disadvantaged Areas in Osaka City through Regional Cooperation

     [Invited]

    2018.05 

Other external funds procured 【 display / non-display

  • Establishing a Platform for the East Asian Inclusive City Network: From divided to inclusive cities

    Project Year :

    2017.11
    -
    2019.10

     View Summary

    This research seeks to identify the impact of area/neighborhood effects on socially disadvantaged communities in 4 East Asian cities (including Japan) and, in response, to frame an action research based on problem-solving. To this end, it will bring together a group of researchers, professionals and public officials to address theoretical as well as pragmatic issues. Its strength lies in the pragmatic use of the results obtained through this international joint-effort for policy and practice purposes, and to create a common platform for mutual exchange of ideas. Methodology will include international-joint surveys, international workshops to promote mutual exchange, international symposiums to sum up all findings and to publish both on theory and practice towards society at large.

 

Foreigner acceptance 【 display / non-display

  • Academic year : 2015

     View Details

    Number of foreigners accepted
    5
    Number of International Students
    4