山本 学 (ヤマモト マナブ)

YAMAMOTO Manabu

写真a

機関リポジトリを検索

職名

講師

研究室所在地

阿倍野キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  医学博士

研究分野 【 表示 / 非表示

眼科学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 加齢黄斑変性の病態解明と治療
    選択的網膜色素上皮レーザー治療

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 網膜硝子体疾患と手術治療

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本レーザー医学会

  • 日本医療マネジメント学会

  • 日本白内障屈折矯正手術学会

  • 日本眼光学学会

  • 日本眼循環学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    現在

    日本レーザー医学会   評議委員

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 第117回日本眼科学会総会学術奨励賞

    2013年11月  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   医学研究科   臨床医科学専攻   講師  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    現在

      大阪市立大学大学院   医学研究科視覚病態学   講師

  • 2008年07月
    -
    2012年03月

      大阪市立大学医学部附属病院   眼科   病院講師

  • 2008年04月
    -
    2008年06月

      大阪市立大学医学部附属病院   眼科   後期研究医

  • 2003年05月
    -
    2004年03月

      医療法人藤田眼科   勤務医

  • 2002年05月
    -
    2003年04月

      大阪市立大学医学部附属病院   眼科   研修医

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    大阪市立大学  医学研究科  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2002年03月

    大阪市立大学  医学部 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Factors affecting resolution of subretinal fluid after selective retina therapy for central serous chorioretinopathy.

    Kyo A, Yamamoto M, Hirayama K, Kohno T, Theisen-Kunde D, Brinkmann R, Miura Y, Honda S.

    Scientific Reports  2021年04月  [査読有り]

  • One-Year Results of a Treat-and-Extend Regimen of Intravitreal Aflibercept for Polypoidal Choroidal Vasculopathy.

    Tamachi T, Kohno T, Yamamoto M, Hirayama K, Kyo A, Ueda N, Hirabayashi M, Shiraki K, Honda S.

    Ophthalmology and Therapy  2020年12月  [査読有り]

  • Selective retina therapy (SRT) for macular serous retinal detachment associated with tilted disc syndrome.

    Hirayama K, Yamamoto M, Kohno T, Kyo A, Theisen-Kunde D, Brinkmann R, Miura Y, Honda S.

    Graefe's Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology  2020年09月  [査読有り]

  • Selective retina therapy for subretinal fluid associated with choroidal nevus.

    Yamamoto M, Miura Y, Kyo A, Hirayama K, Kohno T, Theisen-Kunde D, Brinkmann R, Honda S.

    American Journal of Ophthalmology Case Reports  2020年06月  [査読有り]

  • Predictive factors of outcome of selective retina therapy for diabetic macular edema.

    Yamamoto M, Miura Y, Hirayama K, Kohno T, Kabata D, Theisen-Kunde D, Brinkmann R, Honda S.

    International Ophthalmology  2020年01月  [査読有り]

全件表示 >>