KONO Ayumi

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Abeno Campus

Research Areas 【 display / non-display

community&home health nursing

Research subject summary 【 display / non-display

  • Frailty of older adults, Prevention of frailty, Preventive home visits for older adults living in communities, Age-friendly community

Research Interests 【 display / non-display

frailty, comprehensive geriatric assessment, age-friendly community

Research Career 【 display / non-display

  • Process of functional decline to death and health & long-term care utilization among frail older adults living in community

    (Collaboration in Organization) Project Year :

    2017.07
    -
    Today

  • Age-friendly community to prevent frailty of older adults

    (Individual) Project Year :

    2014.04
    -
    Today

  • Development of fellowship for clinical study among health care profession

    (Collaboration in Japan) Project Year :

    2006.04
    -
    2008.03

    Keyword in research subject:  clinical study, fellowship

  • Effects of preventive home visits for frail older adults living in community

    (Collaboration in Japan) Project Year :

    2000.04
    -
    Today

  • Evaluation of community-based health care program for elders living alone at rural area and urban area

    (Collaboration in Japan)

    Keyword in research subject:  elders living alone, urban, rural

Association Memberships 【 display / non-display

  • Japan Academy of Community Health Nursing

  • the Gerontological Society of America

  • Japan Society of Public Health

  • Japan Academy of Home Care

  • Japan Academy of Nursing Society

display all >>

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2015.07
    -
    Today

    Japan Academy of Community Health Nursing  

  • 2010.08
    -
    2012.07

    Japan Academy of Community Health Nursing  

  • 2010.08
    -
    2012.07

    Japan Academy of Community Health Nursing  

  • 2009.08
    -
    2019.07

    Japan Academy of Community Health Nursing  

  • 2009.08
    -
    2012.07

    Japan Academy of Community Health Nursing  

display all >>

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Nursing   Nursing Course   Professor  

Career 【 display / non-display

  • 2006
     
     

    Osaka City University  

  • 2005
    -
    2006

    Osaka Prefecture University, School of Nursing  

  • 1999
    -
    2002

    Tokyo Medical and Dental University, Graduate School of Nursing  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1999

    The University of Tokyo  Graduate School, Division of Medical Sciences  health science and nursing 

Graduating School 【 display / non-display

  •  
     
     

    Chiba University   Faculty of Nursing  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Effects of an advance care planning educational programme intervention on the end-of-life care attitudes of multidisciplinary practitioners at an acute hospital: A pre- and post-study

    Hamayoshi Miho, Goto Sayoko, Matsuoka Chiyo, Kono Ayumi, Miwa Kyoko, Tanizawa Kumi, Evans Catherine, Ikenaga Masayuki

    PALLIATIVE MEDICINE  33 ( 9 ) 1158 - 1165 2019.10  [Refereed]

    DOI PubMed

  • 看護系大学生の訪問看護への進路志向に関する要因

    大和 章浩, 金谷 志子, 田中 陽子, 河野 あゆみ

    (一社)日本在宅ケア学会 日本在宅ケア学会誌  23 ( 1 ) 97 - 105 2019.09  [Refereed]

     View Summary

    目的:本研究は看護系大学の4年生の学生を対象とした訪問看護への進路志向と訪問看護への関心やイメージ、実習体験との関連を明らかにすることを目的とした。研究方法:看護系大学4年生の377人に無記名自記式質問紙調査を実施した。調査項目は、研究対象者の概要、訪問看護への進路志向、訪問看護実習の体験、訪問看護に対するイメージ、就職活動の状況である。分析は、訪問看護の就職希望の有無を従属変数とした多重ロジスティック回帰分析を実施した。結果:回答者数は324人、有効回答数314人(有効回答率83.3%)であった。多重ロジスティック回帰分析の結果、訪問看護への進路志向に影響する要因は、実習前の訪問看護への関心(OR=2.7、95%CI:1.37〜5.28)、実習後の訪問看護への関心(OR=16.9、95%CI:8.30〜34.49)であった。考察:看護系大学4年生の訪問看護への進路志向には訪問看護実習前の訪問看護への関心の高さと実習後の訪問看護への関心の高まりが関連していた。(著者抄録)

  • 前期高齢者における正常体重肥満とメタボリックシンドロームリスクの関連

    藤田 倶子, 河野 あゆみ

    (一社)日本地域看護学会 日本地域看護学会誌  22 ( 2 ) 50 - 58 2019.08  [Refereed]

     View Summary

    目的:前期高齢者の正常体重肥満とメタボリックシンドロームリスクの関連を明らかにする。方法:前期高齢者の男性197人、女性203人に身体組成、BMIを測定し、生活習慣、メタボリックシンドロームリスクを調査した。骨格筋指数(Skeletal Muscle Index;SMI)を男性7.0kg/m2、女性5.7kg/m2以下、体脂肪率を男性25%、女性30%以上で2群にし、正常体重肥満者と正常体重非肥満者の比較をχ2検定、t検定、Mann-Whitney U検定にて行った。結果:正常BMI群のうち、正常体重肥満群は男性56人(38.9%)、女性84人(58.3%)、サルコペニア肥満群は男性27人(18.8%)、女性32人(22.2%)であった。正常体重肥満群の男性は低SMI群(23.9%対48.2%、p=0.004)、女性は身体活動量が10Mets・時未満群(7.0%対21.0%、p=0.030)の割合が高く、メタボリックシンドロームリスク数の平均(SD)は、男性は(0.9(0.8)個対1.4(1.0)個、p=0.007)、女性は(0.3(0.5)個対0.8(0.8)個、p<0.001)と多かった。考察:男女ともに前期高齢者の正常体重肥満者にサルコペニア肥満が分布し、メタボリックシンドロームリスクと関連しており、正常体重群では身体組成を評価した保健指導が必要であることが示唆された。(著者抄録)

  • 男性高齢者における地域サロンへの参加と地域ネットワークの関連

    前川 海, 河野 あゆみ, 池田 直隆, 村尾 空見子, 佐々木 志奈

    (株)医学書院 保健師ジャーナル  75 ( 6 ) 506 - 512 2019.06  [Refereed]

  • 腎移植患者の健康習慣と服薬アドヒアランスおよび腎機能とQOLの関連

    池田 直隆, 河野 あゆみ

    (公社)日本看護科学学会 日本看護科学会誌  38   365 - 373 2018.12  [Refereed]

     View Summary

    目的:腎移植患者の健康習慣、服薬アドヒアランスおよび腎機能とQOLの関連について検討すること。方法:腎移植患者238名を対象とし、自記式質問紙調査では、健康関連QOLを評価するためにSF-36v2、健康習慣を評価するために6つの健康習慣、服薬アドヒアランスを評価するために日本語版MMAS-8を測定した。電子カルテデータの収集は、分析対象者の基本属性、腎機能(eGFR値)を把握した。結果:分析対象者142名のうち、健康習慣が良好である群と服薬アドヒアランスの高い群は、精神的QOLが高かった。混合効果モデルの結果、精神的QOLが高いことを有意に説明した要因は、良好な健康習慣、年齢、高い服薬アドヒアランス、肥満度であった。結論:腎移植患者のQOL向上のために、良好な健康習慣と適切な服薬継続が実践・継続できるよう長期的な支援体制を構築する必要性が示唆された。(著者抄録)

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • 在宅看護論

    河野 あゆみ (Part: Single Work )

    メヂカルフレンド社  2019

    CiNii

  • 強みと弱みからみた在宅看護過程+総合的機能関連図

    河野 あゆみ, 草場 鉄周 (Part: Single Work )

    医学書院  2018

    CiNii

  • 在宅看護論

    河野 あゆみ, 永田 智子, 牛久保 美津子, 福井 小紀子, 高砂 裕子, 上野 まり (Part: Single Work )

    放送大学教育振興会  2017

  • 在宅看護論

    河野 あゆみ (Part: Single Work )

    メヂカルフレンド社  2016

  • 在宅看護論

    福島 道子, 河野 あゆみ (Part: Single Work )

    放送大学教育振興会  2011

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

display all >>

 

Other educational activity and Special note 【 display / non-display

  • Contribution to FD activities

    (2011)

Educational activity record 【 display / non-display

  • Academic year : 2011

     View Details

    Number of instructed the graduation thesis
    2
    Number of graduation thesis reviews
    2
    Number of instructed the Master course
    4
    Number of instructed the Doctoral course
    3
    Number of master's thesis reviews (chief)
    1
    Number of master's thesis reviews (vice-chief)
    1
    Number of doctoral thesis reviews (chief)
    2
    Number of doctoral thesis reviews (vice-chief)
    0