遠藤 智司 (エンドウ サトシ)

ENDO Satoshi

写真a

機関リポジトリ

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

ホームページ

https://sites.google.com/site/envchemendo/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • テュービンゲン大学 -  博士(自然科学)

  • テュービンゲン大学 -  修士

研究分野 【 表示 / 非表示

環境化学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 主要な研究課題は有機環境汚染物質の分析方法開発や環境動態・分布・影響の評価である。現在はパッシブサンプリング法による汚染物質の分析・影響評価法の検討や様々な有機汚染物質の吸着特性の解明を主要なテーマとしている。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

環境有機化学, 分析化学, 物理化学, 環境毒性学

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • SETAC (Society of Environmental Toxicology and Chemistry)

  • 日本水環境学会

  • 日本環境化学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2016年
    -
    現在

    アメリカ化学会誌Environmental Science & Technology   編集顧問委員

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 最優秀発表賞、International Scientific Conference: Chemodynamics and Biointerfaces (Switzerland)

    2011年10月  

  • レビュア賞、Environmental Science & Technology, American Chemical Society(アメリカ化学会誌)

    2010年04月  

  • 博士論文賞、テュービンゲン大学

    2009年06月  

  • 博士論文賞、ドイツ化学会、水環境部門

    2009年05月  

  • 年間奨学金、DAADドイツ学術交流会

    2003年04月  

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   都市系専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年
    -
    2018年

      大阪市立大学   都市研究プラザ   テニュアトラック特任准教授

  • 2009年
    -
    2014年

      UFZ Helmholtz Centre for Environmental Research   Researcher

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2008年

    テュービンゲン大学  応用地学研究センター(Center for Applied Geoscience)  博士課程

  •  
    -
    2005年

    テュービンゲン大学  応用環境地学  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年

    東京農工大学  農学部  環境資源科学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Characterizing Sorption and Permeation Properties of Membrane Filters Used for Aquatic Integrative Passive Samplers

    Endo Satoshi, Matsuura Yunosuke

    ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY  52 ( 4 ) 2118 - 2125 2018年02月  [査読有り]

    DOI

  • Comparing polyethylene and polyoxymethylene passive samplers for measuring sediment porewater concentrations of polychlorinated biphenyls: Mutual validation and possible correction by polymer-polymer partition experiment

    Endo Satoshi, Yabuld Yoshinori, Tanaka Shuhei

    CHEMOSPHERE  184   358 - 365 2017年10月  [査読有り]

    DOI

  • Spatial Distribution and Temporal Trend of Anthropogenic Organic Compounds Derived from the 2011 East Japan Earthquake

    Mizukawa Kaoruko, Hirai Yasuko, Sakakibara Hiroyuki, Endo Satoshi, Okuda Keiji, Takada Hideshige, Murakami-Sugihara Naoko, Shirai Kotaro, Ogawa Hiroshi

    ARCHIVES OF ENVIRONMENTAL CONTAMINATION AND TOXICOLOGY  73 ( 2 ) 185 - 195 2017年08月  [査読有り]

    DOI

  • 3D-QSAR predictions for bovine serum albumin-water partition coefficients of organic anions using quantum mechanically based descriptors

    Linden Lukas, Goss Kai-Uwe, Endo Satoshi

    ENVIRONMENTAL SCIENCE-PROCESSES & IMPACTS  19 ( 3 ) 261 - 269 2017年03月  [査読有り]

    DOI

  • 3D-QSAR predictions for alpha-cyclodextrin binding constants using quantum mechanically based descriptors

    Linden Lukas, Goss Kai-Uwe, Endo Satoshi

    CHEMOSPHERE  169   693 - 699 2017年02月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 水相パッシブサンプラーの サンプリングレート予測に関する研究

    遠藤智司、松浦雄之介

    第20回日本水環境学会シンポジウム  2017年09月 

  • 大阪湾沿岸及び埋立処分場底質における疎水性有機汚染物質の有機炭素/水分配係数(Koc)

    遠藤智司、吉村充基、矢吹芳教

    第26回環境化学討論会  2017年06月 

  • Toward the prediction of sampling rates: Sorption and permeation properties of membrane filters used for aquatic passive samplers.

    Endo, S.; Matsuura, Y.

    SETAC Europe  2017年03月 

  • Biopartitioning and pp-LFER

    Endo, S.  [招待有り]

    LSERD Workshop  2016年11月 

  • パッシブサンプリングによる水環境汚染評価法の確立に向けて

    遠藤智司  [招待有り]

    第19回日本水環境学会シンポジウム  2016年09月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高親水性化学物質対応の新規パッシブサンプラーの構築とキャリブレーションの簡略化

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

  • イオン交換樹脂を用いたイオン性有機汚染物質の吸着性の評価

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

  • マイクロプラスチックを介した魚介類への化学物質曝露のモデル化と将来予測

    挑戦的萌芽研究 分担者・その他

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

  • 循環資材における環境安全性のばらつきの定量化とリスク管理手法の提案

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2017年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • パッシブサンプラーを用いた廃棄物埋立処分場及びその周辺における微量有機汚染物質の測定

    制度名:  廃棄物・海域水環境保全係る調査研究費助成 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2017年03月

  • 親水性有機汚染物質の水相パッシブサンプラーの開発

    制度名:  国内研究助成 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2016年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 都市学実験

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

  • 環境計測学

    (2018年度)大学 共通(教育)科目