東 雅之 (アズマ マサユキ)

AZUMA Masayuki

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

ホームページ

http://www.bioa.eng.osaka-cu.ac.jp/bie/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(農学)

研究分野 【 表示 / 非表示

生物・生体工学, 応用微生物学, ケミカルバイオロジー

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 微生物と細胞表層をキーワードとした細胞の新しい機能の発掘と合成生物工学的手法による新機能細胞の構築、それら有用細胞の工学的な応用からの医薬、環境・エネルギー、食品分野への展開

研究キーワード 【 表示 / 非表示

微生物, 細胞表層, 発酵, 細胞工学, 微生物燃料電池, 酵母, 金属吸着剤

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 酵母の細胞表層解析と細胞表層変異株の応用

      研究期間:

    1994年
    -
    現在

  • 微生物が生産する有用酵素に関する研究

    (国内共同研究) 研究期間:

    1985年
    -
    現在

    研究課題キーワード:  酵素、微生物

  • 微生物が生産する生理活性物質に関する研究

    (国内共同研究) 研究期間:

    1987年
    -
    現在

    研究課題キーワード:  生理活性物質、微生物

  • 微生物燃料電池に関する研究

      研究期間:

    2008年
    -
    現在

  • 微生物由来のバイオサーファクタント の開発

      研究期間:

    2010年
    -
    現在

全件表示 >>

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 細胞遺伝子工学、細胞工学、産業微生物学、展開バイオ工学、細胞利用工学特論

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物工学会

  • 日本農芸化学会

  • 化学工学会

  • 近畿化学協会

  • バイオインダストリー協会

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • Journal of Chemical Engineering of Japan Editor's Choice賞

    2018年05月  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   化学生物系専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   工学研究科   教授

  • 1999年04月
    -
    2007年03月

      大阪市立大学   工学部(工学研究科)   助教授

  • 1996年04月
    -
    1999年03月

      大阪市立大学   工学部   助手

  • 1987年
    -
    1996年

      住友林業(株)   開発企画部 筑波研究所   -研究員 主任研究員

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    大阪大学  工学研究科  醗酵工学  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年

    大阪大学  工学部  醗酵工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cell surface changes that advance the application of using yeast as a food emulsifier.

    Nerome S, Onishi M, Saito D, Mizobuchi A, Ando T, Daira Y, Matsumoto A, Ojima Y, Azuma M.

    Food Chem.  315   126264 2020年01月  [査読有り]

  • Construction of hypervesiculation Escherichia coli strains and application for secretory protein production

    Yoshihiro Ojima, Tomomi Sawabe, Katsuya Konami, Masayuki Azuma

    Biotechnol. Bioeng.  2019年12月  [査読有り]

  • Knockout of pgdS and ggt gene changes poly-γ-glutamic acid production in Bacillus licheniformis RK14-46Y.

    Ojima, J. Kobayashi, T. Doi, M. Azuma.

    Journal of Biotechnology  2019年10月  [査読有り]

  • Promoted performance of microbial fuel cells using Escherichia coli cells with multiple-knockout of central metabolism genes.

    Y. Ojima, T. Kawaguchi, S. Fukui, R. Kikuchi, K. Terao, D. Koma, T. Ohmoto, M. Azuma

    Bioproc. Biosyst. Eng.   2019年10月  [査読有り]

  • Simultaneous Control of Crystal Habit and Particle Size of Ecabet Sodium Hydrate with Rapid Cooling Crystallization and Temperature Cycling.

    M. Kishida, K. Igarashi, M. Azuma, H. Ooshima

    J. Chem. Eng. Jpn.  52 ( 5 ) 455 - 464 2019年05月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Catalyst Development of Microbial Fuel Cells for Renewable-Energy Production

    M. Azuma, Y. Ojima (担当: 共著 )

    Current Topics in Biochemical Engineering (Book), IntechOpen  2018年11月

  • 微生物電池による廃水処理システム最前線. 渡邊一哉監修 第1編 2-1「微生物燃料電池向け酵母の開発」

    東雅之 他 (担当: 分担執筆 )

    NTS出版  2013年

  • ナノ機能性分子の利用に適した反応場の構築とその安定化

    東雅之 他 (担当: 分担執筆 )

    ナノバイオテクノロジーの最前線(シーエムシー出版)  2003年

  • バイオ触媒

    東雅之 他 (担当: 分担執筆 )

    化学便覧 応用化学6版 (丸善)  2002年

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 細胞から電子を奪う微生物燃料電池に適した触媒の開発

    東雅之

    化学工学会 Newsletter  39   11 - 14 2015年

  • 微生物を触媒にしたバイオ燃料電池 — 生命が生み出す電気エネルギー

    東雅之

    生産と技術(生産技術振興協会)  65 ( 4 ) 81 - 83 2013年

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ダウンストリームプロセスを効率化する酵母変異株の構築

    奥村一仁, 尾島由紘, 東雅之

    化学工学会姫路大会2019  2019年12月 

  • リン酸基修飾酵母を活用した低環境負荷型有価金属回収システムの創出

    東 雅之  [招待有り]

    関西スマートセルフォーラム2019第2回セミナー  2019年12月 

  • 大腸菌外膜小胞の分泌促進メカニズムの解析

    澤邊朋美、尾島由紘、田原悠平、宮田真人、東雅之

    膜シンポジウム2019  2019年11月 

  • 乳化を引き起こす酵母細胞表層タンパク質の同定と解析

    上田茉奈, 齋藤大輝, 尾島由紘, 東雅之

    膜シンポジウム2019  2019年11月 

  • 外膜小胞に誘発される大腸菌フロックのグリセロールによる形成促進機構の解析

    本間裕章, 尾島由紘, 東雅之

    膜シンポジウム2019  2019年11月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • バイオ燃料電池に有益な機能を高度に集約した燃料電池用スーパー大腸菌の開発

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 大腸菌への機能集約によるバイオ燃料電池に最適な微生物触媒の開発

    研究課題/領域番号:26420797  基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

  • 鮮類(ケヘチマゴケ)を用いる有毒重金属イオンの除去

    研究課題/領域番号:10875165  萌芽的研究 分担者・その他

    研究期間:

    1998年
    -
    1999年
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 産業微生物学

    (2019年度)大学 専門科目

  • 産業微生物学

    (2018年度)大学 専門科目

  • 産業微生物学

    (2017年度)大学 専門科目

  • 細胞遺伝子工学

    (2019年度)大学 専門科目

  • 細胞遺伝子工学

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 課外活動

    (2019年度)

     概要を見る

    展開バイオ工学において非常勤教員と工場・研究所見学を企画/引率(3件)

  • FD活動への貢献

    (2019年度)

     概要を見る

    全学、学科/専攻のFD集会に参加、議論

  • 国際化への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    「大阪市立大学はばたけ夢基金」による学生の海外留学・海外渡航の書類審査に協力

  • 課外活動

    (2018年度)

     概要を見る

    展開バイオ工学において非常勤教員と工場・研究所見学を企画/引率(2件)

  • FD活動への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    全学、学科/専攻のFD集会に参加、議論

 

提供可能講座 【 表示 / 非表示

  • 微生物応用/発酵/細胞工学/生化学に関する内容

    形態:公開講座, 出前授業

    対象:小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, メディア

    内容:酵母を中心とした応用微生物、微生物による発酵生産、細胞工学や合成生物学的手法による有用細胞の構築、自然界からの有用微生物の探索、微生物燃料電池、基本的な生化学

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 酵母由来の乳化物質の応用

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演, 共同研究, 受託研究, 技術相談, 講演

    交流可能な時期・期間:2017年から可能

    キーワード:酵母 細胞表層 乳化

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:新規な生理活性物質の探索や有用酵素の生産を行う。

    中核となる知識・技術・情報等:遺伝子、培養、微生物、酵素

    予測される波及効果:環境にやさしい生産技術、有用物質の発見

    交流可能な研究テーマに関する詳細:微生物にまつわる話しなら何でもOK

    従来の研究との優位性、特徴:遺伝情報を最大限に活用

    交流のコメント:特になし

  • 微生物を用いた発酵生産

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演

  • 微生物燃料電池に関する研究

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演

  • 抗真菌剤の開発

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演

  • 酵母を用いた有用金属回収、有害重金属除去技術の開発

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2019年度

     詳細を見る

    外国人留学生受入数
    1名
  • 外国人受入年度:2018年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    0名
    外国人留学生受入数
    0名
  • 外国人受入年度:2017年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    0名
    外国人留学生受入数
    0名
  • 外国人受入年度:2016年度

     詳細を見る

    外国人留学生受入数
    1名

    中国

  • 外国人受入年度:2015年度

     詳細を見る

    外国人留学生受入数
    1名

    China

全件表示 >>