ISHII Shinichi

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Sugimoto Campus

Degree 【 display / non-display

  •  -  Master of Business Administration

Research Areas 【 display / non-display

BUSINESS ADMINISTRATION

Research Career 【 display / non-display

  • Study on Strategic Alliances

    (Individual) Project Year :

    1994.04
    -
    Today

    Keyword in research subject:  strategic alliance

  • Study on Investment Strategy and Learning at International Joint Ventures -Empirical Study on Trojan Horse Hypothesis in the Theory of Core-Competence

    (International Collaboration) Project Year :

    2000.04
    -
    Today

    Keyword in research subject:  International Joint Venture, Investment Strategy, Learning

  • Study on New Product Development Management

    (International Collaboration) Project Year :

    1994.04
    -
    Today

    Keyword in research subject:  Management, New Product Development

  • A Study on Joint Venture Financing System and Management

    (Individual) Project Year :

    1994.04
    -
    Today

    Keyword in research subject:  Joint Venture Financing, Classified Stock, LLP (Limited Liability Conany)

Association Memberships 【 display / non-display

  • Japan Academy of Business Administration

  • Academy of International Business

  • European International Business Academy

  • The Academy of Organizational Science

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2016.09
    -
    2019.09

    Japan Academy of Business Administration  

  • 2011.09
    -
    2013.09

    Japan Academy of Business Administration  

  • 2010
    -
    2016

    Japan Academy of Business Administration  

  • 2007
    -
    2010

    Japan Academy of Business Administration  

  • 2005
    -
    2010

    Japan Academy of Business Administration  

display all >>

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Business   Global Business Course   Professor  

Graduate School 【 display / non-display

  • 1996.04
    -
    1999.03

    Kobe University  Graduate School, Division of Administration 

  • 1994.04
    -
    1996.03

    Kobe University  Graduate School, Division of Administration 

Graduating School 【 display / non-display

  • 1989.04
    -
    1994.03

    Okayama University   Faculty of Economics  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • The significance and issues of international replication research

    Shinichi Ishii

    The Business Review  71 ( 2 ) 1 - 15 2020.08

    DOI

  • Localization of product development and human resource management at foreign subsidiaries: A case study of Toyota’s R&D center in the U.S.

    Shinichi Ishii

    Journal of Business Management  38   64 - 75 2017.04  [Refereed]

  • A comparative analysis of Japanese automotive component suppliers’ ownership of foreign affiliates in the U.S.

    Tingting Jiang, Shinichi Ishii

    大阪市立大学経営学会『経営研究』  67 ( 4 ) 93 - 110 2017.02

     View Summary

    Hennart(2009)のバンドリング・モデルにもとづいて、日本自動車部品企業の海外子会社への出資戦略を分析した。分析にあたりサプライチェーンマネジメントと海外直接投資にかんする先行研究を概観し、バンドリング・モデルに基づく分析枠組みを提示した。続いて1975年~2013年のタイヤ、ランプ、シート分野の日本自動車部品企業の米国子会社への出資動向を分析し、タイヤ分野で完全子会社を選択する傾向やランプ・シート分野で合弁を選択する傾向等の特徴を解明した。(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)

  • A longitudinal study of international business evolution of Japanese automobile manufacturers: Focusing on export and local production from 1960s to 2000s

    Shinichi Ishii

    Osaka City University The Business Review  63 ( 4 ) 45 - 62 2013.02

  • An evolution of the product development research

    Shinichi Ishii

    Osaka City Uniersity The Business Review  63 ( 3 ) 1 - 17 2012.11

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • Japanese business sysytem

    (Part: Contributor )

    2016.11

  • R&D management across borders

    (Part: Single Work )

    2013.12

    CiNii

  • Industrial innovation in Japan

    Takuji Hara, Norio Kanbayashi, Noboru Matsushima, Shinichi Ishii他 (Part: Contributor )

    Routledge  2008.03

     View Summary

    自動車産業の新製品開発で近年増加傾向にある、自動車企業間で実施される共同開発の事例分析をおこなった。これにより、新製品開発研究および戦略提携研究における理論的示唆を得ること研究の目的である。競合企業間の知識共有のジレンマの解消に向けた非共有情報を限定やプロジェクトリーダーを介した非共有情報の組織間開示、一方のパートナーの開発プロセスの共同開発における採用(双方のプロセスの融合ではない)等の発見事実が得られた。

  • Strategy and Organization of Corporate Alliance

    (Part: Single Work )

    2003.12

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • Local product development at Kuozui Motors in Taiwan

    ( 201901 ) 1 - 18 2019.01

  • Entry mode choices of Japanese automotive component suppliers in North America

    Tingting Jiang, Shinichi Ishii, Jean-François Hennart

    Paper presented at 43rd Annual Conference of European International Business Academy, School of Management of Politecnico di Milano    1 - 25 2017.12  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    日本自動車部品企業の北米市場への参入形態について、現地子会社における出資形態(完全子会社または合弁)および設立形態(新規設立または買収)の観点から分析をおこなった。分析にあたってHennart(2009)にもとづく理論枠組みおよびデータ分析のための操作仮説を提示し、1972年~2015年の北米市場における日系自動車部品企業の子会社のデータを用いて、実証分析をおこなった。主な分析結果としては、現地の事業経験が少ない段階や、現地顧客を獲得する場合に、合弁出資および買収の形態が選ばれる傾向が見られた。(全25頁、proceedingsにはabstractのみ掲載)
    (共同研究につき本人担当部分抽出不可能)

  • A Case Study of Localization of Management at Kuozui Motors in Taiwan

    Shinichi Ishii, Cho Ijun

    ( 2017204 ) 1 - 17 2017.11

  • International business expansion of Japanese automobile component suppliers: Entry mode analysis

    Tingting Jiang, Yichun Zhao, Shinichi Ishii

    Paper presented at the 12th world congress of IFSAM (International Federation of Scholarly Associations of Management), Meiji University    1 - 12 2014.09  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    海外子会社への出資戦略の観点から、日本自動車部品企業のグローバルビジネス展開を分析するための理論的枠組みを提示し、パイロットスタディとしてデータ分析をおこなった。まず、自動車産業のサプライチェーンマネジメントと多国籍企業の海外直接投資にかんする先行研究を検討し、海外子会社への出資形態を分析する枠組みを提示した。これに基づいて操作仮説を提示し、自動車用タイヤと自動車ランプの分野を対象としたデータ分析の結果を示した。(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)

  • Research in The Netherlands

    Organizational science  45 ( 4 ) 102 - 103 2012.06

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • Management Research while Interacting with Business People: Experiences of a Japanese Academic Management Scholar

    Shinichi Ishii  [Invited]

    International Business Workshop(RIEBセミナー共催)  (神戸大学)  2019.06  神戸大学経済経営研究所

     View Summary

    ビジネス経営に関する日本の学術研究を取り巻く環境は、近年大きく変化している。伝統的な領域で長年研究をしてきた日本の経営学研究者も、学生への教育や自身の研究において新たなルールに対応していると考えられる。本発表では、日本の経営学者に関わる変化の段階について、管理者等のビジネス実践者側からの視点(たとえば、経営学分野の研究者との協力に関するモチベーション)から検討する。

  • Product development management at foreing subsidiaries: U.S. Toyota's product development collaborating with its Japanese headquarter

    Shinichi Ishii

    Annual conference of the academic association for organization science  (Komazawa University)  2019.06  The academic association for organization science

  • Integration at offshore new product development: A case of Toyota

    石井真一

    Paper Development Workshop, The Academic Association for Organizational Science and Asia Academy of Management  (駒沢大学)  2019.05  The Academic Association for Organizational Science and Asia Academy of Management

     View Summary

    本研究では、経時的な海外拠点いおける新製品開発プロジェクトの進化を分析した。親会社ー子会社間の連携の必要性は、海外プロジェクトの開発機能(開発タスクおよび製品企画)および人材の現地化と深くかかわっている。とくに本研究では、グローバル統合の鍵となる本国派遣者を通じた、組織構造や人的ネットワークに焦点を当てて、トヨタ自動車の米国開発プロジェクトに関する事例分析をおこなった。

  • Global Linking Beyond Lean: A Case of New Product Development at Toyota Technical Center in the US

    石井真一  [Invited]

    International Business Workshop (Jointly supported by Kanematsu Seminar)  (神戸大学)  2019.01  神戸大学経済経営研究所

     View Summary

    本研究では、どのように日本の自動車組立メーカーが、海外子会社の現地化を進める過程で、新製品開発に関するグローバルリンクを形成するかを分析した。事例は、トヨタ自動車が1990年代以降に米国開発拠点で実施した現地開発をとりあげ、そこでの日本本社との協働について分析した。約340名以上のインタビュイーへの聞き取り調査のデータから得た、海外子会社が主導するグローバルな新製品開発の連携に関するメカニズム・促進要因に関する、いくつかの発見事実について検討した。

  • Entry mode choices of Japanese automotive component suppliers in North America

    Tingting Jiang, Shinichi Ishii, Jean-François Hennart

    43rd Annual Conference of European International Business Academy  (School of Management, Politecnico di Milano)  2017.12  European International Business Academy

     View Summary

    本研究では、多国籍企業の海外進出における事業形態の選択について、出資形態(完全子会社または合弁)と設立形態(新規または買収)の観点から実証分析をおこなった。データは日本自動車部品企業の北米市場における生産子会社に関するものを、公表データをもとに収集した。まず、取引コスト論に依拠したバンドリングモデルを援用し、自動車部品企業の開発・生産活動および顧客との取引関係の特徴も踏まえた操作仮説を提示し、上記データを用いて検証した。その結果、日本企業は北米市場への参入の初期段階および日系以外の顧客との取引をおこなう際は、合弁の出資モードを選択する傾向があることが分かった。また、日系以外の顧客との取引をおこなう際は、買収の設立モードを選択する傾向があることも分かった。以上の分析から、日本自動車部品企業は海外参入の際に、現地補完資源を効果的に獲得する出資・設立形態を選択しており、バンドリングモデルは支持されることが示唆された。

display all >>

 

Charge of on-campus class subject 【 display / non-display

  • International Strategic Alliance

    (2020) University, Special course

  • International Management

    (2019) University, Special course

  • Seminar 4

    (2017) University, General education courses

  • Seminar 3

    (2017) University, Special course

  • Introduction to International Business

    (2017) University, Special course

display all >>

Other educational activity and Special note 【 display / non-display

  • Contribution to FD activities

    (2020)

  • Contribution to FD activities

    (2019)

  • Contribution to FD activities

    (2018)

  • Contribution to FD activities

    (2017)

 

Social Contribution 【 display / non-display

  • The Association for Overseas Technical Cooperation and Sustainable Partnerships

    Role : Lecturer

     Audience : General, Company, Governmental agency 

    2018.02
     
     

    Sponsor, Organizer, Publisher : The Association for Overseas Technical Cooperation and Sustainable Partnerships 

  • The Association for Overseas Technical Cooperation and Sustainable Partnerships

    Role : Lecturer

     Audience : General, Company, Governmental agency 

    2017.09