遠藤 徹 (エンドウ トオル)

ENDO Toru

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

ホームページ

http://sauron.urban.eng.osaka-cu.ac.jp/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

水圏環境工学, 環境動態解析, 環境影響評価, 自然共生システム

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 自然共生社会を目指した都市における水圏環境の保全・創出のため、大阪湾のように人間活動の影響を強く受ける沿岸域の物質循環や環境の動態を調査するとともに、水圏が有する生態系機能の評価とその活用方法について研究しています。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

沿岸域環境, 生態系機能, 炭素動態, 人工干潟, 大和川の自然再生, 大阪湾, 環境モニタリング

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 海底堆積物の酸素消費特性の解明

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  堆積物、酸素消費、貧酸素

  • 大阪湾の生態系サービスの指標化と沿岸環境ポテンシャル評価

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  生態系サービス、大阪湾

  • 流動促進による閉鎖性水域の成層緩和効果に関する研究

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  閉鎖性水域、密度成層

  • 都市河川大和川河口域における流下仔アユの分散特性と仔・稚アユの生息環境評価

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  都市河川、アユ

  • 大阪湾および流入河川におけるDIC濃度の時・空間分布特性の把握

    (国内共同研究)

    研究課題キーワード:  環境動態解析

全件表示 >>

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 経済発展に伴い我々の暮らしが豊かになる一方、都市沿岸域では人間活動の影響による様々な環境問題が発生しています。人間活動が沿岸域環境に及ぼす影響について理解し、現在の都市機能を維持しながら、沿岸域の生態系機能を有効に活用した豊かな都市社会の実現に貢献きるような人材を養成できるように教育しています。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人 土木学会

  • 一般社団法人 日本生態系工学会

  • 公益社団法人 日本水環境学会

  • 日本沿岸域学会

  • 日本海洋学会 沿岸海洋研究会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月
    -
    2022年02月

    大和川流域懇談会   委員

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 土木学会論文賞

    2018年06月08日  

  • (公社)日本水環境学会関西支部奨励賞

    2017年12月08日  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   都市系専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
    -
    2018年09月

      大阪市立大学   講師

  • 2011年04月
    -
    2012年09月

      大阪市立大学   助教

  • 2008年10月
    -
    2011年03月

      大阪市立大学   特任助教

  • 2007年04月
    -
    2008年09月

      大阪市立大学   日本学術振興会特別研究員DC2

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2008年09月

    大阪市立大学  工学研究科  都市系専攻  博士課程

  •  
    -
    2005年03月

    大阪市立大学  工学研究科  都市系専攻  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年

    大阪市立大学  工学部  環境都市工学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 干潟健全度指標を用いた大阪湾の干潟のサービスの定量化:東京湾と大阪湾の比較による干潟のサービスの特徴の把握

    岡田 知也, 上月 康則, 日下部 敬之, 大塚 耕司, 山中 亮一, 重松 孝昌, 中野 和之, 宇城 真, 桑江 朝比呂, 三戸 勇吾, 菅野 孝則, 高橋 俊之, 秋山 吉寛, 黒岩 寛, 遠藤 徹, 大谷 壮介, 矢持 進

    土木学会論文集B2(海岸工学)  74 ( 2 ) 1417 - 1422 2018年11月  [査読有り]

  • DICの空間分布調査による大阪湾,播磨灘および英虞湾のCO2フラックスの評価

    遠藤 徹, 嶋野 純平, 池永 健二, 国分 秀樹

    土木学会論文集B2(海岸工学)  74 ( 2 ) 1315 - 1320 2018年11月  [査読有り]

  • 堆積層への落ち葉散布が砂質化した人工干潟の底層生態系に及ぼす効果に関する研究

    遠藤 徹, 森田 司, 田村 陽, 大岡 宏行

    海洋開発論文集  34 ( 2 ) 492 - 497 2018年09月  [査読有り]

  • 大阪湾奥部におけるpCO2の鉛直分布と大気海水間のCO2交換の関係

    遠藤 徹, 嶋野 純平, 酒井 大樹, 藤原 隆一

    土木学会論文集B2(海岸工学)  73 ( 2 ) 1231 - 1236 2017年10月  [査読有り]

  • 大阪南港野鳥園北池の炭素動態における植物プランクトンの炭素吸収量の評価

    遠藤 徹, 川崎 太輝

    土木学会論文集B2(海岸工学)  73 ( 2 ) 1369 - 1374 2017年10月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Blue Carbon in Shallow Coastal Ecosystems Carbon

    Tomohiro Kuwae, Masakazu Hori (担当: 分担執筆 )

    Springer  2018年09月

  • いのちを守る都市づくり [アクション編] みんなで備える広域複合災害

    (担当: 共著 )

    大阪公立大学共同出版会  2013年03月

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 大阪湾、播磨灘および英虞湾と大阪南港野鳥園人工干潟における測定事例

    遠藤 徹  [招待有り]

    ブルーカーボン研究会ワークショップ  2019年01月 

  • Estimation on spatial distribution and ecosystem network of ayu Plecoglossus altivelis altivelis in the inner part of Osaka Bay

    Toru Endo, Kentaro Hirano, Sosuke Otani, Ryoichi Yanagawa, Yasunori Kozuki

    12th International Conference on the Environmental Management of Enclosed Coastal Seas  2018年11月 

  • 都市沿岸域におけるブルーカーボン機能の解明ー大阪湾におけるpCO2とCO2フラックスの実態把握ー

    遠藤 徹  [招待有り]

    近畿大学理工学研究科学際研究・学術セミナー  2018年07月 

  • 大和川における難分解性有機物の実態把握

    原田範子, 遠藤 徹, 年見寛和

    平成30年度土木学会関西支部年次学術講演会  2018年06月 

  • 炭素・窒素安定同位体分析による大和川遡上アユの起源推定に関する基礎研究

    平野健太郎, 遠藤 徹, 大谷壮介

    平成30年度土木学会関西支部年次学術講演会  2018年06月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 都市沿岸域に存在する人工湿地のCO2収支における基礎生産者の寄与の定量評価

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

  • 貧酸素海域環境下における海底堆積物の生物・化学的酸素消費に関する基礎的研究

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2014年03月
     

  • 都市型人工塩性湿地における生物圏と環境圏間の炭素フラックスの実態と機序解明研究

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

  • 海の熱ポテンシャルを利用した臨海都市の水圏・気圏環境の再生

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2008年04月
    -
    2010年03月
     

  • 貧酸素海域の環境特性を考慮した酸素収支モデルの構築

    特別研究員奨励費 代表者

    研究期間:

    2007年04月
    -
    2008年09月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 大和川由来のCDOM(有色溶存有機物)の由来および特性

    制度名:  河川基金一般助成 (研究助成)  分担者・その他

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2020年03月

  • 干潟堆積層の炭素貯留効果に着目した国内研海域におけるカーボンストック量の推定

    制度名:  平成30年度工学研究科若手研究 (学内研究費)  代表者

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 大和川遡上アユの起源推定による近隣河川との生態系ネットワーク解析

    制度名:  河川基金助成 研究者・研究機関部門(一般的助成) (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2019年03月

  • 大都市を抱える内湾における全炭酸濃度の動態調査による炭素循環機構の把握

    制度名:  ニッセイ財団環境問題研究 若手研究・奨励研究助 代表者

    研究期間:

    2015年10月
    -
    2016年09月

  • 大和川河口域における流下仔アユの分布エリアの推定と生息環境評価

    制度名:  河川整備基金助成事業 調査・研究部門(一般的助成) 代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2016年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 都市学入門

    (2018年度)大学 専門科目

  • 特別演習(沿岸環境工学)

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 測量学Ⅰ実習および製図

    (2018年度)大学 専門科目

  • 都市学実験

    (2018年度)大学 専門科目

  • 環境生態学

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大和川天然アユ研究会の開催

    (大阪市立大学工学部G201)

    役割:企画

     対象:高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 企業, 行政機関 

    2019年03月
     
     
  • 地域維持管理連携プラットフォーム交流会

    役割:パネリスト

     対象:行政機関 

    2019年02月
     
     
  • 大阪ブルーカーボン研究会

    (大阪市立大学梅田サテライト)

    役割:企画

     対象:大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者 

    2018年09月
     
     
  • 大阪南港野鳥園現地RT

    役割:情報提供

     対象:市民団体, 行政機関 

    2018年04月
    -
    2019年03月
  • 大阪市博物館協会, 大阪市立大学

    (大阪市立難波市民学習センター)

    役割:講師

     対象:社会人・一般 

    2018年02月
     
     

    ミュージアム連続講座2017「海をめぐる歴史・文化・自然」 

     概要を見る

    大阪市立大学と連携協定を結んでいる大阪市博物館協会が主催する、ミュージアム連携講座において、講師として「大阪湾の自然再生~大阪南港野鳥園の機能と役割~」について講義した。

全件表示 >>