鶴田 大輔 (ツルタ ダイスケ)

Tsuruta Daisuke

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

阿倍野キャンパス

プロフィール

平成4年 大阪市立大学医学部卒業
平成10−12年 生登会寺元記念病院皮膚科医長
平成11年 大阪市立大学大学院医学研究科博士課程修了、医学博士
平成12−15年 米国ノースウエスタン大学細胞分子生物学教室ポストドクトラル・リサーチフェロー
平成15−17年 大阪市立大学病院講師
平成18−23年 大阪市立大学大学院講師
平成23年 久留米大学准教授
平成23年ー平成25年 大阪市立大学大学院講師、久留米大学客員准教授
平成25年ー現在 大阪市立大学大学院教授、久留米大学客員教授兼任
平成27年—平成30年 大阪市立大学医学部附属病院病院長補佐
平成28年 和歌山県立医科大学非常勤講師兼任
平成29年—現在 近畿大学医学部非常勤講師兼任
平成29年—31年 大阪市立大学大学院医学研究科長補佐(全学国際交流委員・医学部国際交流委員長)
平成30年―31年 大阪市立大学国際センター副所長
平成31年―現在 大阪市立大学国際センター所長
平成31年―現在 大阪市立大学特命副学長


受賞歴
日本皮膚科学会西部支部学術集会学会長賞、日本接触皮膚炎学会ポスター賞、日本皮膚科学会基礎医学研究費(資生堂寄付)、Society for Cutaneous Ultrastructure Research Best Oral Presentation Award、日本臨床分子形態学会学術奨励賞、大阪市医学会市長賞、大阪市立大学ベストテキスト賞、日本臨床分子形態学会優秀演題賞

社会活動
日本皮膚科学会理事、日本皮膚科学会大阪地方会副運営委員長、日本研究皮膚科学会理事、日本乾癬学会理事、日本皮膚免疫アレルギー学会理事、日本皮膚病理組織学会理事、皮膚かたち研究学会理事、日本フォトダーマトロジー学会理事、日本光医学・光生物学会理事、日本皮膚科心身医学会理事・事務局長、独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門委員、加齢皮膚医学研究会幹事、日本皮膚悪性腫瘍学会評議員、日本白斑学会評議員、日本褥瘡学会評議員、日本結合組織学会評議員、日本組織細胞化学会評議員、日本アレルギー学会代議員、日本抗加齢医学会プログラム委員、水疱症研究会世話人、分子皮膚科学フォーラム世話人、分子病理学研究会世話人、日本小児皮膚科学会世話人、日本病巣疾患研究会顧問

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  医学博士

研究分野 【 表示 / 非表示

自己免疫性水疱症、乾癬、創傷治癒

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫性水疱症特に水疱性類天疱瘡の発症機序解明
    毛髪再生科学
    創傷治癒促進
    光力学療法による感染症制御

研究キーワード 【 表示 / 非表示

自己免疫性水疱症, 乾癬, 感染制御, ヘミデスモゾーム

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 表皮免疫

    (機関内共同研究) 研究期間:

    1994年04月
    -
    1999年03月

    研究課題キーワード:  ランゲルハンス細胞ー樹枝状表皮T細胞相互作用

  • ヘミデスモソーム蛋白の動態

    (国際共同研究) 研究期間:

    2000年04月
    -
    現在

  • フォーカルコンタクト(アドヒージョン)の動態

    (国際共同研究) 研究期間:

    2000年04月
    -
    現在

  • ヘミデスモソームーフォーカルアドヒージョン相互作用

    (国際共同研究) 研究期間:

    2003年04月
    -
    現在

  • 水疱性類天疱瘡発症機序の解明

    (国際共同研究) 研究期間:

    2010年04月
    -
    現在

全件表示 >>

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 基礎皮膚形態学
    皮膚科総論(肉眼解剖、肉眼診断、ダーモスコープ診断)
    皮膚血管炎と薬疹
    湿疹・皮膚炎

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本乾癬学会

  • 日本皮膚病理組織学会

  • 日本研究皮膚科学会

  • 水疱症研究会

  • 皮膚かたち研究学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    現在

    日本アレルギー学会   代議員

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床分子形態学会学術奨励賞

    2013年  

  • 資生堂基礎医学研究費

    2011年  

  • 日本皮膚科学会西部支部学術集会学会長賞

    2005年  

  • 日本接触皮膚炎学会ボスター賞

    2004年  

  • 大阪市医学会市長賞

    1999年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   医学研究科   臨床医科学専攻   教授  

  • 大阪市立大学   学長・副学長等   国際センター   特命副学長  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院医学研究科   研究科長補佐

  • 2017年
    -
    現在

      近畿大学   医学部 皮膚科   非常勤講師

  • 2016年
     
     

      和歌山県立医科大学   皮膚科   非常勤講師

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

      大阪市立大学医学部附属病院   病院長補佐

  • 2013年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   皮膚病態学   教授

全件表示 >>

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    大阪市立大学  医学系研究科  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年

    大阪市立大学  医学部 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Nevus depigmentosus following the Blaschko lines with the robustly activated mTOR pathway.

    Oiso N, Yang L, Tsuruta D, Katayama I, Kawada A

    Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV  2020年03月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • Phospho-Ser727 triggers a multistep inactivation of STAT3 by rapid dissociation of pY705-SH2 through C-terminal tail modulation.

    Yang J, Kunimoto H, Katayama B, Zhao H, Shiromizu T, Wang L, Ozawa T, Tomonaga T, Tsuruta D, Nakajima K

    International immunology  32 ( 2 ) 73 - 88 2020年02月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • Allergic contact dermatitis to abietic acid derivatives in an over-the-counter hydrocolloid dressing

    Omura Reina, Sowa-Osako Junko, Tateishi Chiharu, Okazaki Ayaka, Fukai Kazuyoshi, Kawakami Tsuyoshi, Tahara Maiko, Tsuruta Daisuke

    CONTACT DERMATITIS  2020年02月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • RBM10 regulates centriole duplication in HepG2 cells by ectopically assembling PLK4-STIL complexes in the nucleus

    Kunimoto Hiroyuki, Inoue Akira, Kojima Hirotada, Yang Junhao, Zhao Hong, Tsuruta Daisuke, Nakajima Koichi

    GENES TO CELLS  25 ( 2 ) 100 - 110 2020年02月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • Efficacy and safety of adalimumab in Japanese patients with psoriatic arthritis and inadequate response to non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs): A prospective, observational study

    Morita Akimichi, Okuyama Ryuhei, Katoh Norito, Tateishi Chiharu, Masuda Koji, Komori Toshifumi, Ogawa Eisaku, Makino Takamitsu, Nishida Emi, Nishimoto Shohei, Muramoto Kenzo, Tsuruta Daisuke, Ihn Hironobu

    MODERN RHEUMATOLOGY  30 ( 1 ) 155 - 165 2020年01月  [査読有り]

    DOI PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科レジデントマニュアル

    鶴田 大輔編集 (担当: 編者 )

    医学書院  2018年04月

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 水疱性類天疱瘡における炎症誘起機序の解明と新たな治療法の開発応用

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2018年
    -
    2020年
     

  • 緑膿菌に対するバイオフィルム低減と光感受性物質増加を目指した光線力学療法

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2017年
    -
    2019年
     

  • 水疱性類天疱瘡における抗BP180IgE抗体の動的解明

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2017年
    -
    2019年
     

  • 原発性瘢痕性脱毛症における上皮間葉転換の関与の解析

    研究活動スタート支援 分担者・その他

    研究期間:

    2015年08月
    -
    2017年03月
     

  • 多剤耐性菌皮膚潰瘍に対する5-ALA全身投与によるPDT研究

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2014年
    -
    2016年
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 特許出願を目指す自己免疫性水疱症の未知の皮膚自己抗原同定と網羅的自己抗体測定系の開発

    制度名:  日本医療研究開発機構(AMED) (補助金)  分担者・その他

    研究期間:

    2018年
     
     

  • 薬剤耐性菌に対する光線力学療法

    制度名:  日本医療研究開発機構(AMED) (受託研究)  分担者・その他

    研究期間:

    2017年
    -
    2019年

  • 皮膚の遺伝関連性希少難治性疾患群の網羅的研究

    制度名:  厚生労働科学研究補助金 (補助金)  分担者・その他

    研究期間:

    2017年
    -
    2019年

  • ユビキチン修飾系を標的とした新規抗炎症・抗癌剤の創出

    制度名:  戦略的研究 (学内研究費)  分担者・その他

    研究期間:

    2017年
     
     

  • 科学的根拠に基づいた大豆イソフラボンを用いたアレルギー関連皮膚疾患の新規予防法開発

    制度名:  知と健康のグローカル拠点事業推進研究 (学内研究費)  分担者・その他

    研究期間:

    2017年
     
     

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科Clinical Clerkship

    (2019年度)大学 共通(教育)科目

  • 皮膚科Clinical Clerkship

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

  • 皮膚科Clinical Clerkship

    (2017年度)大学 共通(教育)科目

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 教育方法の改善

    (2018年度)

     概要を見る

    皮膚科レジデントマニュアルを教育用に出版

教育活動実績 【 表示 / 非表示

  • 担当年度:2019年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(後期)
    12名
    修士論文審査数(主査)
    1件
    博士論文審査数(副査)
    1件
  • 担当年度:2018年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(後期)
    11名
    修士論文審査数(主査)
    0件
    修士論文審査数(副査)
    0件
    博士論文審査数(主査)
    3件
    博士論文審査数(副査)
    3件
  • 担当年度:2017年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(前期)
    0名
    博士課程学生指導数(後期)
    9名
    修士論文審査数(主査)
    0件
    修士論文審査数(副査)
    0件
    博士論文審査数(主査)
    2件
    博士論文審査数(副査)
    0件
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 市民医学講座「髪の毛のトラブル」

    (大阪市立大学医学部)

    役割:講師

     対象:社会人・一般 

    2013年09月
     
     

提供可能講座 【 表示 / 非表示

  • 円形脱毛症

    形態:公開講座

    内容:患者指導

  • アトピー性皮膚炎

    形態:公開講座, 出前授業

    対象:市民団体

    内容:患者指導

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 感染症の光力学的治療

    研究テーマ概要:難治性潰瘍の感染が起こっている場合に光力学的治療を行い治療する。

    交流の種別:受託研究, 共同研究, 講演

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2017年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    2名
    外国人留学生受入数
    15名

    Egypt

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 活動期間:

    2017年09月
    -
    現在

    活動内容:ベトナム皮膚科学会名誉会員

    Vietnam

  • 活動期間:

    2017年09月
    -
    現在

    活動内容:皮膚性病学アジアアカデミー

    Vietnam