鶴田 大輔 (ツルタ ダイスケ)

Tsuruta Daisuke

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

阿倍野キャンパス

プロフィール

平成4年 大阪市立大学医学部卒業
平成10−12年 生登会寺元記念病院皮膚科医長
平成11年 大阪市立大学大学院医学研究科博士課程修了、医学博士
平成12−15年 米国ノースウエスタン大学細胞分子生物学教室ポストドクトラル・リサーチフェロー
平成15−17年 大阪市立大学病院講師
平成18−23年 大阪市立大学大学院講師
平成23年 久留米大学准教授
平成23年ー平成25年 大阪市立大学大学院講師、久留米大学客員准教授
平成25年ー現在 大阪市立大学大学院教授、久留米大学客員教授兼任
平成27年—平成30年 大阪市立大学医学部附属病院病院長補佐
平成28年 和歌山県立医科大学非常勤講師兼任
平成29年—現在 近畿大学医学部非常勤講師兼任
平成29年—31年 大阪市立大学大学院医学研究科長補佐(全学国際交流委員・医学部国際交流委員長)
平成30年―31年 大阪市立大学国際センター副所長
平成31年―現在 大阪市立大学国際センター所長
平成31年―現在 大阪市立大学特命副学長


受賞歴
日本皮膚科学会西部支部学術集会学会長賞、日本接触皮膚炎学会ポスター賞、日本皮膚科学会基礎医学研究費(資生堂寄付)、Society for Cutaneous Ultrastructure Research Best Oral Presentation Award、日本臨床分子形態学会学術奨励賞、大阪市医学会市長賞、大阪市立大学ベストテキスト賞、日本臨床分子形態学会優秀演題賞

社会活動
日本皮膚科学会理事、日本皮膚科学会大阪地方会副運営委員長、日本研究皮膚科学会理事、日本乾癬学会理事、日本皮膚免疫アレルギー学会理事、日本皮膚病理組織学会理事、皮膚かたち研究学会理事、日本フォトダーマトロジー学会理事、日本光医学・光生物学会理事、日本皮膚科心身医学会理事・事務局長、独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門委員、加齢皮膚医学研究会幹事、日本皮膚悪性腫瘍学会評議員、日本白斑学会評議員、日本褥瘡学会評議員、日本結合組織学会評議員、日本組織細胞化学会評議員、日本アレルギー学会代議員、日本抗加齢医学会プログラム委員、水疱症研究会世話人、分子皮膚科学フォーラム世話人、分子病理学研究会世話人、日本小児皮膚科学会世話人、日本病巣疾患研究会顧問

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  医学博士

研究分野 【 表示 / 非表示

自己免疫性水疱症、乾癬、創傷治癒

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫性水疱症特に水疱性類天疱瘡の発症機序解明
    毛髪再生科学
    創傷治癒促進
    光力学療法による感染症制御

研究キーワード 【 表示 / 非表示

自己免疫性水疱症, 乾癬, 感染制御, ヘミデスモゾーム

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 表皮免疫

    (機関内共同研究) 研究期間:

    1994年04月
    -
    1999年03月

    研究課題キーワード:  ランゲルハンス細胞ー樹枝状表皮T細胞相互作用

  • ヘミデスモソーム蛋白の動態

    (国際共同研究) 研究期間:

    2000年04月
    -
    現在

  • フォーカルコンタクト(アドヒージョン)の動態

    (国際共同研究) 研究期間:

    2000年04月
    -
    現在

  • ヘミデスモソームーフォーカルアドヒージョン相互作用

    (国際共同研究) 研究期間:

    2003年04月
    -
    現在

  • 水疱性類天疱瘡発症機序の解明

    (国際共同研究) 研究期間:

    2010年04月
    -
    現在

全件表示 >>

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 基礎皮膚形態学
    皮膚科総論(肉眼解剖、肉眼診断、ダーモスコープ診断)
    皮膚血管炎と薬疹
    湿疹・皮膚炎

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本乾癬学会

  • ベトナム皮膚科性病学会

  • 日本アレルギー学会

  • 日本フォトダーマトロジー学会

  • 日本光医学・光生物学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    現在

    日本アレルギー学会   代議員

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学優秀テキスト賞

    2018年11月03日  

  • 日本臨床分子形態学会学術奨励賞

    2013年  

  • 資生堂基礎医学研究費

    2011年  

  • 日本皮膚科学会西部支部学術集会学会長賞

    2005年  

  • 日本接触皮膚炎学会ボスター賞

    2004年  

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   医学研究科   臨床医科学専攻   教授  

  • 大阪市立大学   学長・副学長等   国際センター   特命副学長  

  • 大阪市立大学   国際化戦略本部国際センター   所長  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院医学研究科   研究科長補佐

  • 2017年
    -
    現在

      近畿大学   医学部 皮膚科   非常勤講師

  • 2016年
     
     

      和歌山県立医科大学   皮膚科   非常勤講師

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

      大阪市立大学医学部附属病院   病院長補佐

  • 2013年04月
    -
    現在

      久留米大学   医学部 皮膚科学教室   客員教授

全件表示 >>

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    大阪市立大学  医学系研究科  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年

    大阪市立大学  医学部 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Local Epidermal Endocrine Estrogen Protects Human Melanocytes against Oxidative Stress, a Novel Insight into Vitiligo Pathology.

    Yamamoto A, Yang L, Kuroda Y, Guo J, Teng L, Tsuruta D, Katayama I

    International journal of molecular sciences  22 ( 1 )  2020年12月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • A Case of Dapsone-induced Mild Methemoglobinemia with Dyspnea and Cyanosis.

    Hayama Y, Imanishi H, Yoshimoto N, Sugawara K, Tsuruta D

    Acta dermatovenerologica Croatica : ADC  28 ( 4 ) 249 - 250 2020年12月  [査読有り]

    PubMed

  • Successful long-term treatment with pazopanib after prior interleukin-2 therapy in patients with metastatic cutaneous angiosarcoma of the scalp.

    Watanabe M, Nakai K, Iwaki Y, Ozawa T, Kamo R, Tsuruta D

    Dermatologic therapy  33 ( 6 ) e14007 2020年11月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • Bacteremic cellulitis mimicking erythema nodosum caused by Streptococcus sanguinis endocarditis.

    Nishida M, Imanishi H, Sowa-Osako J, Umeda S, Ito A, Yasumizu D, Yoshiyama M, Tsuruta D

    International journal of dermatology  59 ( 11 ) e425 - e427 2020年11月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • 血清TARC値が病勢評価に有用であった尋常性乾癬に合併した抗ラミニンγ1類天疱瘡の1例

    川島 秀介, 宮地 秀明, 松岡 悠美, 立石 千晴, 鶴田 大輔, 松江 弘之

    (株)医学書院 臨床皮膚科  74 ( 11 ) 871 - 876 2020年10月  [査読有り]

     概要を見る

    <文献概要>63歳,男性.53歳時から尋常性乾癬あり.初診1ヵ月前より下肢を中心に緊満性水疱が多発するようになり当科を受診した.血清抗BP180抗体,抗デスモグレイン1および3抗体は陰性,血清TARC値は高値であった.病理組織学的に表皮下水疱を認め,蛍光抗体直接法で表皮真皮境界部にC3とIgGの線状沈着があり,蛍光抗体間接法でIgG抗表皮基底膜部抗体を認めた.1M食塩水剥離ヒト皮膚を基質とした蛍光抗体間接法では真皮側にIgGの線状沈着があり,正常ヒト真皮抽出液を用いた免疫ブロット法にて,患者血清中のIgGは200kDa蛋白質に陽性であった.以上から,抗ラミニンγ1類天疱瘡と診断した.治療はステロイド全身投与とメトトレキサートで行い,現在メトトレキサート単剤で抗ラミニンγ1類天疱瘡と尋常性乾癬の両疾患を寛解維持している.経過中の皮膚症状の増悪と血清TARC値の増減が一致しており,病勢との相関が示唆された.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 租税上の先端課題への挑戦

    日本租税理論学会 (担当: 単著 )

    日本租税理論学会  2020年

    CiNii

  • 皮膚科レジデントマニュアル

    鶴田 大輔編集 (担当: 編者 )

    医学書院  2018年04月

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Autophagy-related protein expression in granulomatous skin diseases(和訳中)

    Yanagihara Shigeto, Okazaki Hidenori, Sugawara Koji, Ozawa Toshiyuki, Sayama Koji, Yamamoto Osamu, Tsuruta Daisuke, Nakai Kozo

    John Wiley & Sons Australia, Ltd The Journal of Dermatology  47 ( 10 ) e364 - e366 2020年10月  [査読有り]

  • Your Diagnosis! 多中心性細網組織球症(MRH)

    鶴田 大輔

    (株)学研メディカル秀潤社 Visual Dermatology  19 ( 10 ) 1064 - 1065 2020年09月  [査読有り]

  • 【皮膚疾患をもつ高齢者を診る】類天疱瘡と天疱瘡 高齢者に多い自己免疫性水疱症

    林 大輔, 鶴田 大輔

    (株)ライフ・サイエンス Geriatric Medicine  58 ( 8 ) 703 - 709 2020年08月  [査読有り]

     概要を見る

    中高年に多い自己免疫性水疱症として、尋常性天疱瘡と落葉状天疱瘡、高齢者に多い水疱症として、水疱性類天疱瘡が存在する。尋常性天疱瘡は口腔粘膜に疼痛を伴う難治性びらんを認め、皮膚には弛緩性水疱、びらんを生じる。落葉状天疱瘡は脂漏部位、躯幹に薄い鱗屑、痂皮を有する紅斑と小型の浅い水疱を形成する。水疱性類天疱瘡は全身の皮膚に浮腫性紅斑や緊満性水疱を呈し、粘膜病変を認める場合もある。これらは標的抗原も異なり、尋常性天疱瘡はデスモグレイン1、3(Dsg1、3)、落葉状天疱瘡はDsg1、水疱性類天疱瘡はBP180を主な標的抗原としている。いずれもステロイド全身投与が主な治療法である。また近年、糖尿病の治療薬であるDipeptidyl Peptidase-4(DPP-4)阻害薬と関連する水疱性類天疱瘡が報告され、注目を集めている。(著者抄録)

  • 水疱性類天疱瘡における自己抗原内在化の機序

    廣保 翔, Granville David J., 鶴田 大輔

    (株)北隆館 アレルギーの臨床  40 ( 7 ) 583 - 586 2020年07月  [査読有り]

     概要を見る

    水疱性類天疱瘡は、そう痒を伴う全身の緊満性水疱を特徴とする自己免疫性水疱症である。標準治療は内服または外用ステロイドであるが、罹患患者の大半を占める高齢者における免疫抑制等の副作用や、標準治療に反応しづらい難治例が臨床上しばしば問題となる。このために、水疱性類天疱瘡の詳細な発症機序の理解と、それに基づいた新規治療法が求められている。これまでに水疱性類天疱瘡の発症には、表皮真皮間接着因子である17型コラーゲンに対する自己抗体が、補体やプロテアーゼを活性化することが重要であると考えられてきた。しかし近年、われわれを含む複数のグループが、自己抗体は17型コラーゲンを内在化させ表皮細胞の接着力を減弱させていることを明らかにした。本稿では、近年明らかになった水疱性類天疱瘡における自己抗原内在化の機序をまとめ、その疾患における意義を考察する。(著者抄録)

  • 私の視点 皮膚科医が円形脱毛症になったら

    鶴田 大輔

    (株)協和企画 皮膚病診療  42 ( 4 ) 365 - 365 2020年04月  [査読有り]

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 水疱性類天疱瘡における炎症誘起機序の解明と新たな治療法の開発応用

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2018年
    -
    2020年
     

  • 緑膿菌に対するバイオフィルム低減と光感受性物質増加を目指した光線力学療法

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2017年
    -
    2019年
     

  • 水疱性類天疱瘡における抗BP180IgE抗体の動的解明

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2017年
    -
    2019年
     

  • 原発性瘢痕性脱毛症における上皮間葉転換の関与の解析

    研究活動スタート支援 分担者・その他

    研究期間:

    2015年08月
    -
    2017年03月
     

  • 水疱性類天疱瘡における水疱維持・治癒機構に関する動的解明研究

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2014年
    -
    2016年
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 薬剤耐性菌対策に資する診断法・治療法等の開発研究

    制度名:  日本医療研究開発機構(AMED) (補助金)  分担者・その他

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2023年03月

  • 皮膚の遺伝関連性希少難治性疾患群の網羅的研究

    制度名:  厚生労働科学研究費補助金 (補助金)  分担者・その他

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月

  • 特許出願を目指す自己免疫性水疱症の未知の皮膚自己抗原同定と網羅的自己抗体測定系の開発

    制度名:  日本医療研究開発機構(AMED) (補助金)  分担者・その他

    研究期間:

    2018年
     
     

  • 薬剤耐性菌に対する光線力学療法

    制度名:  日本医療研究開発機構(AMED) (受託研究)  分担者・その他

    研究期間:

    2017年
    -
    2019年

  • 皮膚の遺伝関連性希少難治性疾患群の網羅的研究

    制度名:  厚生労働科学研究補助金 (補助金)  分担者・その他

    研究期間:

    2017年
    -
    2019年

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 共通教育

    (2020年度)大学 共通(教育)科目

  • 皮膚科Clinical Clerkship

    (2019年度)大学 共通(教育)科目

  • 皮膚科Clinical Clerkship

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

  • 皮膚科Clinical Clerkship

    (2017年度)大学 共通(教育)科目

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 教育方法の改善

    (2018年度)

     概要を見る

    皮膚科レジデントマニュアルを教育用に出版

教育活動実績 【 表示 / 非表示

  • 担当年度:2019年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(後期)
    12名
    修士論文審査数(主査)
    1件
    博士論文審査数(副査)
    1件
  • 担当年度:2018年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(後期)
    11名
    修士論文審査数(主査)
    0件
    修士論文審査数(副査)
    0件
    博士論文審査数(主査)
    3件
    博士論文審査数(副査)
    3件
  • 担当年度:2017年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(前期)
    0名
    博士課程学生指導数(後期)
    9名
    修士論文審査数(主査)
    0件
    修士論文審査数(副査)
    0件
    博士論文審査数(主査)
    2件
    博士論文審査数(副査)
    0件
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 市民医学講座「髪の毛のトラブル」

    (大阪市立大学医学部)

    役割:講師

     対象:社会人・一般 

    2013年09月
     
     

提供可能講座 【 表示 / 非表示

  • 円形脱毛症

    形態:公開講座

    内容:患者指導

  • アトピー性皮膚炎

    形態:公開講座, 出前授業

    対象:市民団体

    内容:患者指導

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 感染症の光力学的治療

    研究テーマ概要:難治性潰瘍の感染が起こっている場合に光力学的治療を行い治療する。

    交流の種別:受託研究, 共同研究, 講演

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2017年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    2名
    外国人留学生受入数
    15名

    Egypt

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 活動期間:

    2017年09月
    -
    現在

    活動内容:ベトナム皮膚科学会名誉会員

    Vietnam

  • 活動期間:

    2017年09月
    -
    現在

    活動内容:皮膚性病学アジアアカデミー

    Vietnam