白藤 立 (シラフジ タツル)

SHIRAFUJI Tatsuru

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

プラズマプロセス工学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 半導体プロセスに代表される従来の減圧プラズマプロセスとは異なる高密度媒質(大気圧ガスや液体中)が関与するプラズマの生成とその材料プロセスへの応用(薄膜堆積,表面処理,ナノ材料合成,ナノ粒子表面修飾,水処理技術など)に関する研究.

研究キーワード 【 表示 / 非表示

プラズマ, 材料プロセシング, モデリングとシミュレーション, プラズマ液界面, 液体処理, 表面処理, 薄膜形成

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 多相ミクロ不均質媒質中におけるプラズマ創成とその応用に関する研究

    (個人研究) 研究期間:

    2009年04月
    -
    2013年03月

    研究課題キーワード:  マイクロプラズマ、多相媒質、不均質媒質

  • 液体が関与するプラズマ化学反応過程の解明

    (個人研究) 研究期間:

    2009年04月
    -
    2011年03月

    研究課題キーワード:  プラズマ、化学反応、液体

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 電気回路学基礎: 交流回路の基礎理論に関する講義 / 電気・電子材料学: 電気・電子デバイスに用いられる材料に関する講義 / プラズマプロセス工学特論: プラズマによる材料プロセシングに関する抗議 / オムニバス形式(技術と生命,電子・物理工学概論)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会

  • IEEE

  • 日本MRS

  • 日本表面真空学会

  • 電気学会

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 日本表面真空学会会誌賞

    液体が関与するプラズマ材料プロセシング

    2019年10月29日   日本表面真空学会

    受賞者:白藤 立

  • 応用物理学会 関西支部 第1回関西奨励賞

    2013年  

  • Best Poster Presentation Award, ISPlasma 2013

    2013年  

  • 日本学術振興会プラズマ材料科学第153委員会 プラズマ材料科学賞 奨励部門賞

    2009年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   電子情報系専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年
     
     

      大阪市立大学  

  • 2009年
    -
    2010年

      名古屋大学  

  • 2001年
    -
    2009年

      京都大学  

  • 1991年
    -
    2001年

      京都工芸繊維大学  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年

    京都大学  工学研究科  電気工学第二専攻  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年

    京都工芸繊維大学  工芸学部  電子工学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The dependence of nonlinear electrical properties of yeast suspensions on temperature and electrode shape

    K. Tamura, M. Muraji, K. Tanaka, and T. Shirafuji

    IEEJ. Trans. Fundament. Mater.  139 ( 8 ) 339 - 344 2019年08月  [査読有り]

    DOI

  • Reaction kinetics of active species from an atmospheric pressure plasma jet irradiated on the flowing water surface

    T. Shirafuji, J.-S. Oh

    J. Photopolym. Sci. Technol.  32   535 - 540 2019年06月  [査読有り]

  • Rethinking surface reactions in nanoscale dry processes toward atomic precision and beyond: a physics and chemistry perspective

    K. Ishikawa, T. Ishijima, T. Shirafuji, S. Armini, E. Despiau-Pujo, R. A. Gottscho, K. J. Kanarik, G. J. Leusink, N. Marchack, T. Murayama, Y. Morikawa, G. S. Oehrlein, S. Park, H. Hayashi, K. Kinoshita

    Jpn. J. Appl. Phys.  58   SE0801-1 - SE0801-14 2019年05月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

  • Tailoring the chemistry of plasma-activated water using a DC-pulse-driven non-thermal atmospheric-pressure helium plasma jet

    J.-S. Oh, E. J. Szili, A. Hatta, M. Ito, T. Shirafuji

    Plasma  2   127 - 137 2019年04月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

  • Semi-analytical model for a static sheath including a weakly collisional presheath

    T. Shirafuji, K. Denpoh

    Jpn. J. Appl. Phys.  57   06JG02 - 8pp 2018年05月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 最新 実用真空技術総覧:第1部真空工学の基礎:第5章低圧放電とプラズマ

    白藤 立 (担当: 単著 )

    NTS  2019年02月

  • プラズマCVDにおける成膜条件の最適化に向けた成膜機構の理解とプロセス制御・成膜事例

    白藤 立,松田 彰久 (担当: 共著 )

    サイエンス&テクノロジー  2018年09月

  • 電気回路学基礎

    白藤 立 (担当: 単著 )

    プレアデス出版  2018年07月

  • プラズマプロセス技術 - ナノ材料作製・加工のためのアトムテクノロジー 第3章プラズマ気相反応とナノ表面反応の基礎

    白藤 立 (担当: 分担執筆 )

    森北出版  2017年01月

  • 水の応用工学 第1部水の科学 第1章水と文明

    白藤 立 (担当: 分担執筆 )

    日刊工業新聞  2011年04月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 液面でのフリースタンディング薄膜の形成-液面に印刷!-

    白藤 立

    日本印刷学会誌  56 ( 4 ) 181 - 187 2019年08月  [査読有り]  [依頼有り]

  • 液体が関与するプラズマ材料プロセシング

    白藤 立

    表面と真空  61 ( 3 ) 119 - 130 2018年03月  [査読有り]  [依頼有り]

    DOI

  • プラズマと液体との相互作用

    白藤 立, 竹内 希

    プラズマ・核融合学会誌  92 ( 9 ) 693 - 699 2016年09月  [査読有り]  [依頼有り]

  • 気液界面および液中プラズマシミュレーションの現状

    杤久保 文嘉, 白藤 立

    プラズマ・核融合学会誌  91 ( 5 ) 307 - 313 2015年05月  [査読有り]  [依頼有り]

  • 集積化多相混合プラズマ源

    白藤 立

    プラズマ・核融合学会誌  90 ( 7 ) 392 - 397 2014年  [査読有り]  [依頼有り]

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 誘電体プレート越しのプラズマ弾丸の伝播を用いた骨再生スキャフォールドの親水化

    白藤 立;呉 準席;的場 諒;濱本 悠希;洲鎌 亮;折田 久美;豊田 宏光

    第67回応用物理学会春季学術講演会  (上智大学四谷キャンパス, 東京)  2020年03月 

  • Tunneling of plasma bullets through a dielectric plate and its application to quick hydrophilicity enhancement of bone-regeneration scaffolds

    T. Shirafuji; Y. Hamamoto; R. Matoba; J.-S. Oh; R. Sugama; K. Orita; H. Toyoda

    12th International Symposium on Advanced Plasma Science and its Applications for Nitrides and Nanomaterials / 13th International Conference on Plasma-Nano Technology & Science  (Nagoya University, Nagoya)  2020年03月 

  • プラズマ弾丸トンネリング現象の骨再生スキャフォールド親水化への応用

    的場 諒;濱本 悠希;白藤 立;呉 準席;洲鎌 亮;折田 久美;豊田 宏光

    BioMedical Forum 2020  (大阪市立大学, 大阪)  2020年02月 

  • プラズマ弾丸トンネリングを用いた骨再生スキャフォールドの親水化

    白藤 立;呉 準席;的場 諒;濱本 悠希;洲鎌 亮;折田 久美;豊田 宏光

    電気学会 誘電・絶縁材料/放電・プラズマ・パルスパワー/高電圧合同研究会  (三菱電機健康保険組合 湯布郷館, 大分)  2020年01月 

  • Spatial distribution of He in a porous scaffold irradiated with He APPJ

    T. Shirafuji, J.-S. Oh, R. Sugama, K. Orita, and H. Toyoda

    The 11th Asia-Pacific International Symposium on the Basics and Applications of Plasma Technology  (The Kanazawa Chamber of Commerce and Industry, Kanazawa)  2019年12月 

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 液中プラズマ発生法,液中プラズマ発生装置,被処理液浄化装置及びイオン含有液体生成装置 [特許]

    特許 6008359

    発明(考案)者名: 白藤 立,高井 治,齋藤 永宏,西村 芳実,堀部 博志,杉原 雅彦,柿谷 真一,荒木 学

     概要を見る

    液中プラズマ発生法,液中プラズマ発生装置,被処理液浄化装置及びイオン含有液体生成装置

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • プラズマと液体の界面反応場を利用した機能性複合材料薄膜の合成

    研究課題/領域番号:19H01888  基盤研究(B) 代表者

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

  • マイクロ流路内輸送型液中プラズマの生成と制御

    基盤研究(B) 代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

  • プラズマ液界面プロセスの計算機シミュレーション

    挑戦的萌芽研究 代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2017年03月
     

  • 液中レーザ誘起マイクロプラズマの化学反応解析

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2014年03月
     

  • プラズマとナノ界面の相互作用に関する総括研究

    新学術領域研究 分担者・その他

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2014年03月
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ソリューションプラズマ反応装置の大容量化

    制度名:  CREST (受託研究)  分担者・その他

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2012年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 電子・物理工学概論/第6回プラスマの話

    (2019年度)大学 専門科目

  • 特別演習(電子・物理工学 II)

    (2019年度)大学院 専門科目

  • 電気回路学基礎

    (2019年度)大学 専門科目

  • 電気・電子材料学

    (2019年度)大学 専門科目

  • プラズマプロセス工学特論

    (2019年度)大学院 専門科目

全件表示 >>

 

提供可能講座 【 表示 / 非表示

  • プラズマを用いた材料プロセシング技術

    形態:その他

    対象:研究者, 企業

    内容:プラズマを用いた薄膜堆積,エッチング,表面処理,材料合成に関する講習

    産業界でプラズマを使ったプロセス技術を利用している方は多いが,その部署を担当することになった人が必ずしもプラズマを勉強した人とは限らない.その人達が学習する機会として位置づけられる.

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • プラズマを用いた材料合成・改質

    研究テーマ概要:プラズマによる薄膜堆積,表面改質など

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演

    交流可能な時期・期間:2011-

    キーワード:プラズマ,薄膜,表面

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:電気・電子材料成膜,各種機能性表面改質・コーティング

  • 液体が関与するプラズマの生成と応用

    研究テーマ概要:液体が関与するプラズマの生成と応用

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演

    交流可能な時期・期間:2011-

    キーワード:プラズマ,液体

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:粉体表面改質,液体改質,機能材料合成