YOSHITA Katsushi

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Sugimoto Campus

Research Areas 【 display / non-display

Hygiene and public health, Hygiene and public health

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Human Life Science   Human Life Science Course   Professor  

Career 【 display / non-display

  • 2010
     
     

    Osaka City University  

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    1987

    Tokyo University of Agriculture   Faculty of Agriculture  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Having few remaining teeth is associated with a low nutrient intake and low serum albumin levels in middle-aged and older Japanese individuals: findings from the NIPPON DATA2010

    Nakamura Mieko, Ojima Toshiyuki, Nagahata Tomomi, Kondo Imako, Ninomiya Toshiharu, Yoshita Katsushi, Arai Yusuke, Ohkubo Takayoshi, Murakami Keiko, Nishi Nobuo, Murakami Yoshitaka, Takashima Naoyuki, Okuda Nagako, Kadota Aya, Miyagawa Naoko, Kondo Keiko, Okamura Tomonori, Ueshima Hirotsugu, Okayama Akira, Miura Katsuyuki

    ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE  24 ( 1 ) 1 2019.01  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Time-Related Changes in Relationships Between the Keys Score, Dietary Lipids, and Serum Total Cholesterol in Japan - NIPPON DATA80/90/2010-

    Okami Yukiko, Ueshima Hirotsugu, Nakamura Yasuyuki, Kondo Keiko, Kadota Aya, Okuda Nagako, Okamura Tomonori, Miura Katsuyuki, Fujiyoshi Akira, Hozawa Atsushi, Kadota Aya, Kasagi Fumiyoshi, Nakagawa Hideaki, Toyoshima Hideaki, Yanagawa Hiroshi, Yoshita Katsushi, Kodama Kazunori, Ueda Kazuo, Sakata Kiyomi, Tamakoshi Koji, Okuda Nagako, Miyamatsu Naomi, Nishi Nobuo, Saitoh Shigeyuki, Tokudome Shinkan, Okubo Takayoshi, Hayakawa Takehito, Izumi Toru, Ojima Toshiyuki, Matsumura Yasuhiro, Miyamoto Yoshihiro, Kita Yoshikuni, Murakami Yoshitaka, Nakamura Yoshikazu, Kiyohara Yutaka

    CIRCULATION JOURNAL  83 ( 1 ) 147 - + 2019.01  [Refereed]

    DOI

  • The trends in total energy, macronutrients and sodium intake among Japanese: findings from the 1995-2016 National Health and Nutrition Survey - CORRIGENDUM.

    Saito A, Imai S, Htun NC, Okada E, Yoshita K, Yoshiike N, Takimoto H

    The British journal of nutrition  120 ( 5 ) 598 2018.09  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Associations of High-Density Lipoprotein Particle and High-Density Lipoprotein Cholesterol With Alcohol Intake, Smoking, and Body Mass Index: The INTERLIPID Study(和訳中)

    Zaid Maryam, Miura Katsuyuki, Okayama Akira, Nakagawa Hideaki, Sakata Kiyomi, Saitoh Shigeyuki, Okuda Nagako, Yoshita Katsushi, Choudhury Sohel R., Rodriguez Beatriz, Masaki Kamal, Willcox Bradley, Miyagawa Naoko, Okamura Tomonori, Chan Queenie, Elliott Paul, Stamler Jeremiah, Ueshima Hirotsugu, the INTERLIPID and INTERMAP Research Groups

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal  82 ( 10 ) 2557 - 2565 2018.09  [Refereed]

  • The trends in total energy, macronutrients and sodium intake among Japanese: findings from the 1995-2016 National Health and Nutrition Survey

    Saito Aki, Imai Shino, Htun Nay Chi, Okada Emiko, Yoshita Katsushi, Yoshiike Nobuo, Takimoto Hidemi

    BRITISH JOURNAL OF NUTRITION  120 ( 4 ) 424 - 434 2018.08  [Refereed]

    DOI PubMed

display all >>

Books etc 【 display / non-display

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 【栄養・食生活と循環器疾患update】 カルシウム摂取と循環器疾患

    由田 克士

    (有)科学評論社 循環器内科  83 ( 4 ) 347 - 354 2018.04  [Refereed]  [Invited]

  • 【食・栄養の最新の潮流(1)】 健康の保持増進につながる望ましい食のあり方 日本の食の現状を踏まえて

    由田 克士

    (株)保健文化社 健康管理  ( 727 ) 3 - 26 2015.01  [Refereed]  [Invited]

  • 【減塩運動の効果と今後の展望】 わが国における食塩摂取量の現状と推移

    由田 克士

    (株)ライフメディコム カレントテラピー  31 ( 10 ) 1005 - 1010 2013.10  [Refereed]  [Invited]

  • 【特定健診・特定保健指導と血圧管理】 血圧低下のための適正飲酒指導のポイント

    由田 克士

    (株)先端医学社 血圧  19 ( 11 ) 998 - 1002 2012.11  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    最近の十数年間をみると、わが国の全体的な飲酒量は減少傾向が認められるが、個別では依然として多量飲酒者が一定の割合で認められる。過剰飲酒は高血圧の要因であるため、高血圧者に過度の飲酒が疑われる場合には、適正な飲酒量を指導し、実践してもらうことが必要である。また、過度飲酒は食事や栄養素摂取にも悪い影響を与える。このため、成人男性では1日に日本酒1合程度の飲酒量とし、週に1〜2回の休肝日を設けることが望まれる。また、習慣化した飲酒量を減らすことは困難である場合が多いため、日常の飲酒にかかわる要因を確認し、可能な部分から改善・工夫をしながら飲酒量を減らし、血圧低下に結びつけることが求められる。(著者抄録)

  • 【健康日本21(第二次)地方計画の推進・評価のための健康・栄養調査の活用】 都道府県と市区町村との連携による調査の実施とデータ活用

    由田 克士

    国立保健医療科学院 保健医療科学  61 ( 5 ) 424 - 429 2012.10  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    本稿では、公衆栄養活動の質的向上を目指すうえで求められる、都道府県(主管部局・保健所)と市区町村との連携による各種調査の実施とデータ活用の必要性について、既存の調査結果等を参考としながら、いくつかの視点により整理・提案を試みた。地域保健法の施行以降、対人業務は市町村の役割となり、都道府県型の保健所では、地域住民に対する個別対応を行うことはなく、単独で管轄地域内での健康・栄養問題を調査することは難しい状況にある。一方、市町村においては、業務量に比して栄養士の配置が少ないため、客観的なデータを十分に把握・評価する時間的なゆとりがない。また、一部ではデータを収集したり評価するスキルが十分ではない者も散見される。保健所管理栄養士と市町村行政栄養士が連携することで、互いの強みと弱みを補完し合いながら、既存のデータを活用したり、通常の行政対応の中に新たな調査を入れ込むことによって、地域における健康・栄養問題を客観的に把握することが可能となり、マネージメントサイクルに基づく公衆栄養活動に結びつくものと考察される。市町村に勤務する行政栄養士の80%以上は、保健所管理栄養士との連携強化や業務支援に期待感をもっている。特に保健所管理栄養士と間で、意見交換、勉強会、研修会などを強化して、互いの理解を深め、スキルアップにつなげることを望んでいる者が多数認められている。(著者抄録)

display all >>