植松 千代美 (ウエマツ チヨミ)

UEMATSU Chiyomi

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

取得学位 【 表示 / 非表示

  • -東北大学 -  農学博士

  • -東北大学 -  農学修士

研究分野 【 表示 / 非表示

遺伝育種科学, 遺伝

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 果樹などの木本植物では枝変わり突然変異が育種に利用されているが、その機構はいまだ明らかでない。理学部附属植物園に植栽されているハナモモは、1個体内にピンク花と白地にピンクの斑の入った斑入り花を生じるが、この現象は枝変わり変異の一つのモデルシステムと考えられる。そこで花色の易変性変異が生じるメカニズムを探るとともに、関与が示唆されているトランスポゾンの単離を試みている。また日本には4種類のナシ属植物が自生するとされているが、減少の危機にある。一方栽培ナシの起源には大陸から伝播したとする説と、日本固有の種から生じたとする説があるが、いまだ明らかでない。岩手県を中心に分布するイワテヤマナシは二十世紀ナシの成立に関与した可能性も示唆されている。これらを解明すべく、東北地方のナシ属植物の分布を網羅的に調査し、形態やDNAマーカーを用いて遺伝的多様性を調査している。

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 木本植物における花色の斑入り変異機構の解明

    (国際共同研究) 研究期間:

    1997年04月
     
     

    研究課題キーワード:  枝変わり突然変異、ハナモモ、ツバキ

  • ツバキ属植物の遺伝的多様性の評価と保全に関する研究

    (国際共同研究) 研究期間:

    2015年05月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  遺伝資源、ツバキ属植物、集団遺伝学的解析

  • 緑色花を生じるサクラにおける花弁緑化の仕組みを探る

    (国際共同研究) 研究期間:

    2010年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  サクラ、緑色花、ABCモデル

  • 日本の代表的な11の森からなる植物園の教育資源としての利用に関する研究

    (国内共同研究) 研究期間:

    2009年04月
     
     

    研究課題キーワード:  森林の二酸化炭素固定機能、生物多様性、絶滅危惧種

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本育種学会

  • 国際園芸学会(International Society for Horticultural Science)

  • 園芸学会

  • 実験生物学会(The Society for Experimental Biology)

  • 日本植物学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2020年03月
     
     

    大阪市東成区「子どもたちと体験するSDGs」事業業務委託事業者選定会議   委員

  • 2019年03月
    -
    2021年03月

    大阪市文化財保護審議会   委員

  • 2019年
    -
    2020年

    交野市環境審議会   委員(副議長)

  • 2017年
    -
    2019年

    交野市環境審議会   委員

  • 2016年
    -
    2018年03月

    大阪市文化財保護審議会   委員

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞

    2018年07月02日   日本学術振興会

    受賞者:植松千代美

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   生物地球系専攻   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年

    東北大学  農学研究科  農学  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年

    東北大学  農学部  農学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Isolation and Expression Analysis of Floral Homeotic Genes in Four Flowering Cherries, Prunus lannesiana.

    Hosokawa K., Uematsu C., Katayama H.

    Acta Horticulturae  ( 1087 ) 121 - 127 2015年06月  [査読有り]

  • Population Structure of and Conservation Strategies for Wild Pyrus ussuriensis Maxim. in China.

    Wuyun T., Amo H., Xu J., Ma T., Uematsu C., Katayama H.

    PLOS ONE  10 ( 8 ) e0133686,1-20 2015年  [査読有り]

    DOI

  • Peace, a MYB-like transcription factor, regulates petal pigmentation in flowering peach ‘Genpei’ bearing variegated and fully pigmented flowers.

    Uematsu C., Katayama H., Makino I., Inagaki A., Arakawa O., Martin C.

    Journal of Experimental Botany  65   1081 - 1094 2014年03月  [査読有り]

    DOI

  • A phylogenetic network of wild Ussurian pears (Pyrus ussuriensis Maxim.) in China revealed by hypervariable regions of chloroplast DNA.

    Wuyun T., Ma T., Uematsu C., Katayama H.

    Tree Genetics and Genomes  9   167 - 177 2013年02月  [査読有り]

    DOI

  • Phylogenetic utility of structural alterations found in the chloroplast genome of pear: hypervariable regions in a highly conserved genome.

    Katayama H., Tachibana M., Iketani H., Zhang SL., Uematsu C.

    Tree Genetics and Genomes  8   313 - 326 2012年04月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 都市 森 人をつなぐ〜森の植物園からの提言

    植松千代美(編),伊東明他 (担当: 編者 )

    京都大学学術出版会  2014年12月

  • 大阪市立大学創立140周年 大阪市立大学理学部附属植物園創立70周年を記念して

    植松千代美,厚井聡,山田敏弘他 (担当: 編者 )

    大阪市立大学理学部附属植物園創立70周年記念誌編集委員会  2021年03月

  • 食の安全事典

    山口英昌(編著) (担当: 分担執筆 )

    旬報社  2009年10月

  • 環境事典

    日本科学者会議(編集) (担当: 分担執筆 )

    旬報社  2008年10月

  • つくろう いのちと環境優先の社会 市民の環境安全白書

    大阪から公害をなくす会・大阪自治体問題研究所(編) (担当: 分担執筆 )

    自治体研究社  2006年05月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 生物学実験室 / 生物学実験A (植物の花弁に含まれる色素の分析 )

    植松千代美

    Beeber(大阪市立大学基礎教育実験棟情報誌)  17   6 - 6 2021年03月  [依頼有り]

  • 大阪市立大学理学部附属植物園における樹木管理

    植松千代美,竹下博文

    樹木医学研究  23 ( 1 ) 61 - 64 2019年02月  [査読有り]  [依頼有り]

  • 植物園は宝石箱

    植松千代美

    Beeber(大阪市立大学基礎教育実験棟情報誌)  14   7 - 7 2018年  [依頼有り]

  • 大阪市立大学理学部附属植物園におけるイチヤクソウの生育状況について

    福武淑子,植松千代美

    日本植物園協会誌  ( 52 ) 51 - 56 2017年  [査読有り]

  • Genetic structure and diversity of the wild Ussurian pear in East Asia.

    Katayama H., Amo H., Wuyun T., Uematsu C., Iketani H.

    Breeding Science  66 ( 1 ) 90 - 99 2016年  [査読有り]  [依頼有り]

    DOI

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ツバキに斑を生じる原因ウイルスの究明

    寺田健人,片山寛則、植松千代美

    園芸学会2021年度春季大会 オンライン  2021年03月 

  • Plant virus causing variegation in camellia

    Terada K., Katayama H., Uematsu C.

    IV International Symposium on Woody Ornamentals of the Temperate Zone 2020, Online Symposium 3-5 March 2021  2021年03月 

  • Genetic features of the subgenus Protocamellia in Vietnam revealed by population analysis using SSR markers.

    Nguyen T.L., Luong V.D., Le N.H.N., Katayama H., Fukuyama K., Uematsu C.

    日本育種学会 第137回講演会 2020年春季 東京大学〔新型コロナにより中止)  2020年03月 

  • ツバキ属植物の系統関係の再検討

    植松千代美

    第2回 産官学連携ウィメンズイノベーションフェア〔新型コロナにより中止)  2020年03月  大阪市立大学 女性研究者支援室

  • Population analysis for the subgenus Protocamellia distributing in the Southern area of Vietnam based on SSR analysis.

    Nguyen T.L., Luong V.D., Katayama H., Fukuyama K., Uematsu C.

    The International Camellia Congress, Goto, Japan 〔新型コロナにより中止)  2020年03月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 台風により攪乱をうけた植物園の森で自然再生のプロセスを学ぼう

    研究課題/領域番号:19HT0159  研究成果公開促進費 (研究成果公開発表) 代表者

    研究期間:

    2019年05月
    -
    2020年03月
     

  • ベトナム中部がツバキ属植物の新たな起源地か?その遺伝的多様性評価と保全

    研究課題/領域番号:16K07239  基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    分担者・その他:片山 寛則

     概要を見る

    2016年度までにベトナム全土で採集したツバキ属植物は4亜属17節59種(未同定の16種を含む)の84集団577個体で、Cheng & Bartholomew (1984)が中国を中心に記載した4亜属20節と比較しても多様である。2017年度はベトナム全土から採集した59種について形態形質の評価を、また中南部の34種についてDNAマーカーを用いた評価を行った。花の直径はC. gibertiの1.3cm からC. krempfiiやC. pleurocarpaの11.9cm 、葉身長はC.sp24(未同定)の4.7cm からC. cattienensisの40.7cm、葉身幅はC.sp24の1.5cm からC. hamyenensisの15.7cm まで幅広い多様性を示した。花色も白、ピンク、赤、紫、黄色と多様だった。
    一方中南部の 332個体についてSSR解析を試みた。チャで開発されたマーカーからツバキ属の染色体基本数n=15に等しい15連鎖群に対応する15マーカーを用いた。ところでツバキ属植物では2倍体から8倍体まで様々な倍数性や種内倍数性が報告されている。フラグメント解析の結果2倍体の他3から8倍体の存在が示唆され、18種で種内倍数性が観察され、集団の遺伝構造の複雑さが予想された。
    この知見に基づき2倍体と判定した個体のみを用いて系統樹を作成したところ、亜属あるいは節単位が一つのクレードにまとまらず、従来の形態分類を反映していなかった。ブートストラップ値も低く、今回用いたSSRマーカーはツバキ属の種間関係を推定するには適さなかった。ただし同種の複数集団については適用可能と考えられた。
    遺伝的多様性の評価のためには高次倍数性出現のメカニズム解明と、倍数性種を含む場合の評価方法検討が新たな課題である。これは倍数性種を含む他の分類群にも共通する重要で興味深い問題と考える。
    葉と花の形態調査は採集全個体について、また中南部から採集した個体については予定していた15のSSRマーカーでの増幅、解析を終了することができた。
    集団の遺伝構造を解析し、急ぎ保全の必要な集団を明らかにするためにSSRマーカーを用いたが、今回用いたマーカーは解像度が高すぎて必ずしも適当ではなかった。またSSRマーカーで解析できるのは基本的に2倍体種であり、予想外に倍数体種が多かったことから、適用できる種と集団が限られてしまうと言う問題が生じた。
    中南部の個体を用いて、これらの問題点が存在することを明らかにできた点は成果であるが、当初の目的である集団の遺伝的多様性の評価と、起源地の推定を達成するためには、マーカーや解析方法の検討が必要と考える。この問題の解決方法を検討した上で、北部の個体についてもDNA抽出と解析を進めたい。
    本研究では形態形質と分子マーカーを用いて、①ベトナムのツバキ属植物の多様性を評価し、②相互の系統関係を明らかにし、③多様性の中心がベトナム北部か中南部かを明らかにすることを目指す。また④緊急に保全の必要な単位(集団)を選定し、⑤in situならびにex situでの保全を図ることを目指している。
    これまでに葉と花の形態調査と計測は終了しており、得られたデータに基づいて主成分分析を行い、各分類群(亜属や節、集団)を特徴づける形質を明らかにする。自生地の地形・地質や気象の条件と形態的特徴の関係を検討し、ツバキ属植物における形態形質の進化要因を考察する。
    分子マーカーを用いた遺伝的多様性の評価については前述の通り、調査種の半数以上にのぼる倍数体種の存在や種内倍数性が、SSR解析の適用を妨げる問題点として浮上してきた。そこで次のアプローチでこの問題の解決を試みる。(1)ベトナムのツバキ属植物については倍数性未同定の種が多いことから、フローサイトメーターを用いて核DNA量を測定し、倍数性を判定する。(2)核SSRマーカーに代わるものとして葉緑体DNAのSSRマーカーやホットスポット領域を用いて集団間ならびに集団内の遺伝的多様性を評価し、集団構造を比較する。
    これらによりベトナムのツバキ属植物の遺伝的多様性を評価し、系統樹を構築して系統関係を明らかにするとともに、多様性中心を明らかにする。また集団の遺伝子構造に基づいて緊急に保全の必要な単位(集団)を選定し、保全を図る。
    高次倍数体と種内倍数性を有する分類群の遺伝的多様性をどのように評価するか、集団構造をどのように比較するかについて、ツバキ属以外にも適用可能な知見が得られることを期待している。

  • 再発見された絶滅種アイナエ(マチン科)の保全のための生活史と遺伝的多様性の解明

    研究課題/領域番号:25440237  基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

    分担者・その他:植松 千代美, 山下 純

     概要を見る

    大阪市立大学理学部付属植物園で発見された絶滅種アイナエ(マチン科)の保全を図るため,分布状況、生活史、環境条件、交配様式および遺伝的多様性の解明を行った。その結果大阪府では4地点で分布が確認された。野外集団では5月末に実生が出現し成長して8月~10月に開花結実した。種子は光発芽種子で、発芽・生育には十分な光が必要であることが判明した。交配実験からこの植物は自家和合性で自家受粉の割合が高いことが推定された。地理的遺伝構造はみとめられず植物園の集団の由来は不明瞭であった。この植物の保全には発芽成長期の光環境の確保が重要であり、フェノロジーに対応させた除草の実施が有効であると考えられる。

  • 東アジアのナシの起源をさぐる: 秋子梨・沙梨野生個体の集団構造の把握と多様性

    研究課題/領域番号:25430191  基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

    分担者・その他:植松 千代美, ウーユン タナ

     概要を見る

    東アジアのナシ属植物の起源地である中国では砂漠化、人為的な環境破壊などから野生ナシは急速に減少している。日本の東北地方に自生するイワテヤマナシと同種の秋子梨は中国東北部で個体数が激減しており保全計画の策定が急務である。またニホンナシ栽培品種の起源種とされる沙梨野生個体の探索調査、DNA分析を行った。秋子梨野生集団の探索、形態調査、遺伝的多様性、集団遺伝構造の把握、系統解析より絶滅の恐れのある集団の保全計画を策定した。イワテヤマナシと秋子梨との系統関係について両者は遠縁だった。また中国中部の山脈にて沙梨野生集団の探索を行い6集団をDNA分析を試みたところ、多くはマメナシとの雑種化個体だった。

  • 市民参加による大学附属植物園を利用した環境教育プログラムの開発

    研究課題/領域番号:21601004  基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2009年
    -
    2011年
     

    分担者・その他:谷垣 岳人, 小南 裕志, 西川 喜朗

     概要を見る

    大阪市立大学理学部附属植物園の森をフィールドとして、ほぼ同じ立地条件にある森でも構成する樹種が異なるとCO_2 固定能が異なることを明らかにした。またそれらの森に生息する昆虫相、クモ相、鳥類相を調べ、人為的に造成された森でも造成から60年を経過すると絶滅危惧種を含む多様な種が生息する豊かな生態系が再現されていることを明らかにした。これらの研究成果に基づいて環境教育プログラムを作成し、市民や子ども向けの環境講座や森の教室として実施した。

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 台風による攪乱を経た植物園で生き物の不思議を学ぶデジタルコンテンツの開発

    制度名:  「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」連携型共同研究助成 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2021年03月

  • ツバキ属植物の系統関係の再検討

    制度名:  「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」連携型共同研究助成 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2019年05月
    -
    2020年03月

  • ベトナム北部でほぼ野生絶滅とされているツバキ属植物の実態の解明

    制度名:  アジア・太平洋地域の途上国における研究者育成支援プログラム(通称:CGF プロ グラム) (研究助成)  分担者・その他

    研究期間:

    2019年03月
    -
    2021年02月

  • 倍数性種や種内倍数性を示す種を含むツバキ属植物の系統関係の解明

    制度名:  「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」連携型共同研究助成 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2018年05月
    -
    2019年03月

  • 森の植物園で樹木のCO2吸収を測定し、地球環境を考えよう!

    制度名:  ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI (受託事業)  代表者

    研究期間:

    2018年05月
    -
    2018年11月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 人と自然の共生学

    (2020年度)大学院 専門科目

  • 前期特別研究

    (2020年度)大学院 専門科目

  • 自然誌機能生物学演習

    (2020年度)大学院 専門科目

  • 専門生物学演習

    (2020年度)大学 専門科目

  • 博物館実習

    (2020年度)

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 教育方法の改善

    (2020年度)

     概要を見る

    新型コロナウィルス対応で授業は通年遠隔での実施となった。対面に劣らない授業内容を提供するために、オンデマンド方式で授業動画を作成し、配信した。授業資料は空欄を設けて作成し、授業動画を視聴しながら空欄を埋めてゆくことにより、受け身になりがちなオンライン授業を主体的に受講してもらえるように工夫した。受講生には好評だった。

  • 教育方法の改善

    (2020年度)

     概要を見る

    遠隔授業でアクティブラーニングを取り入れるために工夫した。従来植物園や杉本での開講時に園内やキャンパス内の植物を採集、観察したり、教員が用意する植物サンプルの観察を行っていた。遠隔授業では観察するサンプルの配布に工夫が必要だった。身のまわりにある入手の容易なサンプルを使う事で、遠隔授業であっても受講生の興味を引き出せる実物観察は重要と思われた。受講生のレポートが充実していたことからも教育効果が大きかったと判断した。

  • 国際化への貢献

    (2020年度)

     概要を見る

    ベトナムからの博士課程留学生が、母国の勤務校(大学)の都合により一時帰国を希望したが、新型コロナウィルスの感染拡大で、ベトナム大使館への帰国希望申請から5ヶ月以上待機を余儀なくされた。この間、奨学金もなく、物心両面からのサポートを行うとともに、有効期限がきれるビザの再申請など、感染対策をしつつ、可能な限りのサポートを行った。約半年後にようやく帰国が実現した。

  • 国際化への貢献

    (2019年度)

     概要を見る

    インドネシア・アンダラス大学の学生と教員、計20名の25日間の日本におけるコミュニティサービスプログラムの研修をサポートし、体験メニューを立案・調整した。

  • 国際化への貢献

    (2019年度)

     概要を見る

    上海自然博物館他の小中学生むけ講座で「地球環境問題」について講演。

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 高齢者大学「自然文化を深める科」講義「都市と森の共生をめざす①」

    (大阪市教育会館(アネックスパル法円坂))

    役割:講師

     対象:社会人・一般 

    2020年09月
     
     

    主催者・発行元: NPO法人大阪府高齢者大学校  「都市と森の共生をめざす①」 

     概要を見る

    都市と森の共生のために森の植物園が果たす役割について、(1)樹木によるCO2の吸収・固定と(2)森に生息する動植物の多様性に焦点をあてて紹介した。

  • 高齢者大学「自然文化を深める科」講義「都市と森の共生をめざす②」

    (大阪市教育会館(アネックスパル法円坂))

    役割:講師

     対象:社会人・一般 

    2020年09月
     
     

    主催者・発行元: NPO法人大阪府高齢者大学校  「都市と森の共生をめざす②」 

     概要を見る

    都市に暮らす私たちにとって森や自然がなぜ、どのように大切なのかを考えるために、食糧自給率の問題や、自然エネルギーと林業の問題などを提起すると共に、日本各地での先進的な取り組みも紹介して、各自の問題として考えるきっかけを提供した。

  • 植物園から学ぶ持続可能な森づくり

    (交野市役所別館3階)

    役割:講師

     対象:社会人・一般 

    2021年01月
     
     

    主催者・発行元: 交野里山ゆうゆう会主催・交野市後援  令和2年度 新・里山保全推進員養成講座 

     概要を見る

    今後、里山保全をになってゆく皆さんに、植物園で明らかになった森の二つの役割、樹木による二酸化炭素固定と、森が多様な生き物のサンクチュアリになっている事を紹介。SDGsとも関連して、里山保全の重要性を再確認。

  • 高齢者大学「自然文化を深める科」講義と実験「春に先駆けて咲く梅の観察」

    (大阪市教育会館(アネックスパル法円坂))

    役割:講師

     対象:社会人・一般 

    2021年02月
     
     

    主催者・発行元: NPO法人大阪府高齢者大学校  「春に先駆けて咲く梅の観察」 

     概要を見る

    例年は植物園にてウメの観察会と講義を行っていたが、今回は新型コロナウィルス対策で、植物園で開催できず、大阪市教育会館での開催となった。事前に植物園で撮影したウメ観察の動画を視聴、ウメについての講義ののち、家庭にある薬品等を使ってできる花弁に含まれる色素の簡易分析実験を行った。講師が用意した紅梅、白梅の他、受講生が持参した様々な花の花弁について分析を行った。

  • 高齢者大学「自然文化を深める科」講義「春に先駆けて咲く梅の観察」

    (附属植物園)

    役割:講師

     対象:社会人・一般 

    2020年02月
     
     

    主催者・発行元: NPO法人大阪府高齢者大学校  「春に先駆けて咲く梅の観察」 

全件表示 >>

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2020年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    1名
    外国人留学生受入数
    1名

    Vietnam

  • 外国人受入年度:2019年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    3名
    外国人留学生受入数
    1名

    Vietnam, Indonesia, China

  • 外国人受入年度:2018年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    12名
    外国人留学生受入数
    1名

    Taiwan, China, etc

  • 外国人受入年度:2017年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    12名
    外国人留学生受入数
    2名

    Vietnam, Indonesia