植松 千代美 (ウエマツ チヨミ)

UEMATSU Chiyomi

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

取得学位 【 表示 / 非表示

  • -東北大学 -  農学博士

  • -東北大学 -  農学修士

研究分野 【 表示 / 非表示

遺伝育種科学, 遺伝

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 果樹などの木本植物では枝変わり突然変異が育種に利用されているが、その機構はいまだ明らかでない。理学部附属植物園に植栽されているハナモモは、1個体内にピンク花と白地にピンクの斑の入った斑入り花を生じるが、この現象は枝変わり変異の一つのモデルシステムと考えられる。そこで花色の易変性変異が生じるメカニズムを探るとともに、関与が示唆されているトランスポゾンの単離を試みている。また日本には4種類のナシ属植物が自生するとされているが、減少の危機にある。一方栽培ナシの起源には大陸から伝播したとする説と、日本固有の種から生じたとする説があるが、いまだ明らかでない。岩手県を中心に分布するイワテヤマナシは二十世紀ナシの成立に関与した可能性も示唆されている。これらを解明すべく、東北地方のナシ属植物の分布を網羅的に調査し、形態やDNAマーカーを用いて遺伝的多様性を調査している。

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 木本植物における花色の斑入り変異機構の解明

    (国際共同研究) 研究期間:

    1997年04月
     
     

    研究課題キーワード:  枝変わり突然変異、ハナモモ、ツバキ

  • 緑色花を生じるサクラにおける花弁緑化の仕組みを探る

    (国際共同研究) 研究期間:

    2010年04月
     
     

    研究課題キーワード:  サクラ、緑色花、ABCモデル

  • 日本の代表的な11の森からなる植物園の教育資源としての利用に関する研究

    (国内共同研究) 研究期間:

    2009年04月
     
     

    研究課題キーワード:  森林の二酸化炭素固定機能、生物多様性、絶滅危惧種

  • 木本植物の遺伝的多様性の評価と保全

    (国際共同研究) 研究期間:

    1998年04月
     
     

    研究課題キーワード:  遺伝資源、ナシ属植物、ツバキ属植物

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本育種学会

  • 園芸学会

  • 日本植物学会

  • 日本環境学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月
    -
    2021年03月

    大阪市文化財保護審議会   委員

  • 2017年
    -
    2019年

    交野市環境審議会   委員

  • 2016年
    -
    2018年03月

    大阪市文化財保護審議会   委員

  • 2014年12月
    -
    2016年11月

    交野市環境審議会   委員

  • 2013年02月
    -
    2015年02月

    大阪市文化財保護審議会   委員

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞

    2018年07月02日   日本学術振興会

    受賞者:植松千代美

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   生物地球系専攻   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年

    東北大学  農学研究科  農学  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年

    東北大学  農学部  農学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Isolation and Expression Analysis of Floral Homeotic Genes in Four Flowering Cherries, Prunus lannesiana.

    Hosokawa K., Uematsu C., Katayama H.

    Acta Horticulturae  ( 1087 ) 121 - 127 2015年06月  [査読有り]

  • Population Structure of and Conservation Strategies for Wild Pyrus ussuriensis Maxim. in China.

    Wuyun T., Amo H., Xu J., Ma T., Uematsu C., Katayama H.

    PLOS ONE  10 ( 8 ) e0133686,1-20 2015年  [査読有り]

    DOI

  • Peace, a MYB-like transcription factor, regulates petal pigmentation in flowering peach ‘Genpei’ bearing variegated and fully pigmented flowers.

    Uematsu C., Katayama H., Makino I., Inagaki A., Arakawa O., Martin C.

    Journal of Experimental Botany  65   1081 - 1094 2014年03月  [査読有り]

    DOI

  • A phylogenetic network of wild Ussurian pears (Pyrus ussuriensis Maxim.) in China revealed by hypervariable regions of chloroplast DNA.

    Wuyun T., Ma T., Uematsu C., Katayama H.

    Tree Genetics and Genomes  9   167 - 177 2013年02月  [査読有り]

    DOI

  • Phylogenetic utility of structural alterations found in the chloroplast genome of pear: hypervariable regions in a highly conserved genome.

    Katayama H., Tachibana M., Iketani H., Zhang SL., Uematsu C.

    Tree Genetics and Genomes  8   313 - 326 2012年04月  [査読有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 都市 森 人をつなぐ〜森の植物園からの提言

    植松千代美(編),伊東明他 (担当: 編者 )

    京都大学学術出版会  2014年12月

  • 食の安全事典

    山口英昌(編著) (担当: 分担執筆 )

    旬報社  2009年10月

  • 環境事典

    日本科学者会議(編集) (担当: 分担執筆 )

    旬報社  2008年10月

  • つくろう いのちと環境優先の社会 市民の環境安全白書

    大阪から公害をなくす会・大阪自治体問題研究所(編) (担当: 分担執筆 )

    自治体研究社  2006年05月

  • 食環境科学入門 食の安全を環境問題の視点から

    山口英昌,加藤不二男、西川禎一 (担当: 分担執筆 )

    ミネルヴァ書房  2006年

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学理学部附属植物園における樹木管理

    植松千代美,竹下博文

    樹木医学研究  23 ( 1 ) 61 - 64 2019年02月  [査読有り]  [依頼有り]

  • 植物園は宝石箱

    植松千代美

    Beeber(大阪市立大学基礎教育実験棟情報誌)  14   7 - 7 2018年  [依頼有り]

  • 大阪市立大学理学部附属植物園におけるイチヤクソウの生育状況について

    福武淑子,植松千代美

    日本植物園協会誌  ( 52 ) 51 - 56 2017年  [査読有り]

  • Genetic structure and diversity of the wild Ussurian pear in East Asia.

    Katayama H., Amo H., Wuyun T., Uematsu C., Iketani H.

    Breeding Science  66 ( 1 ) 90 - 99 2016年  [査読有り]  [依頼有り]

    DOI

  • 大阪市立大学理学部附属植物園に野生する植物とその特徴

    岡崎純子,山下純,濱崎弥生,植松千代美

    大阪教育大学紀要 第Ⅲ部門  61 ( 2 ) 23 - 37 2013年  [査読有り]

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Genetic relationships among Camellia species collected from Southern Vietnam.

    Nguyen T. L., Katayama H., Uematsu C.

    日本育種学会 第134回講演会 2018年秋季 岡山大学  2018年09月 

  • ツバキ属遺伝資源の評価と系統関係の解明

    福山 敬, 片山 寛則, 植松 千代美

    日本育種学会 第134回講演会 2018年秋季 岡山大学  2018年09月 

  • 植物園とそのコレクションを利用した研究の可能性

    植松千代美

    平成29年度 産官学連携ウィメンズイノベーションフェア・イノベーション創造の新しい形〜女性研究者が切り拓く未来〜  (大阪産業創造館)  2018年03月  大阪市立大学 女性研究者支援室

  • In order to conserve three endemic Camellia species in Lam Dong province (Vietnam).

    Luong V. D., Uematsu C.  [招待有り]

    第23回 自然保護助成基金助成成果発表会  (東京)  2017年11月  公益財団法人自然保護助成基金

  • Description of wild Camellia genetic resources collected from Southern Vietnam.

    Nguyen T.L., Luong V.D., Fukuyama K., Katayama H., Uematsu C.

    日本育種学会 第132回講演会  2017年秋季 岩手大学  (盛岡)  2017年10月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ベトナム中部がツバキ属植物の新たな起源地か?その遺伝的多様性評価と保全

    研究課題/領域番号:16K07239  基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    分担者・その他:片山 寛則

     概要を見る

    2016年度までにベトナム全土で採集したツバキ属植物は4亜属17節59種(未同定の16種を含む)の84集団577個体で、Cheng & Bartholomew (1984)が中国を中心に記載した4亜属20節と比較しても多様である。2017年度はベトナム全土から採集した59種について形態形質の評価を、また中南部の34種についてDNAマーカーを用いた評価を行った。花の直径はC. gibertiの1.3cm からC. krempfiiやC. pleurocarpaの11.9cm 、葉身長はC.sp24(未同定)の4.7cm からC. cattienensisの40.7cm、葉身幅はC.sp24の1.5cm からC. hamyenensisの15.7cm まで幅広い多様性を示した。花色も白、ピンク、赤、紫、黄色と多様だった。
    一方中南部の 332個体についてSSR解析を試みた。チャで開発されたマーカーからツバキ属の染色体基本数n=15に等しい15連鎖群に対応する15マーカーを用いた。ところでツバキ属植物では2倍体から8倍体まで様々な倍数性や種内倍数性が報告されている。フラグメント解析の結果2倍体の他3から8倍体の存在が示唆され、18種で種内倍数性が観察され、集団の遺伝構造の複雑さが予想された。
    この知見に基づき2倍体と判定した個体のみを用いて系統樹を作成したところ、亜属あるいは節単位が一つのクレードにまとまらず、従来の形態分類を反映していなかった。ブートストラップ値も低く、今回用いたSSRマーカーはツバキ属の種間関係を推定するには適さなかった。ただし同種の複数集団については適用可能と考えられた。
    遺伝的多様性の評価のためには高次倍数性出現のメカニズム解明と、倍数性種を含む場合の評価方法検討が新たな課題である。これは倍数性種を含む他の分類群にも共通する重要で興味深い問題と考える。
    葉と花の形態調査は採集全個体について、また中南部から採集した個体については予定していた15のSSRマーカーでの増幅、解析を終了することができた。
    集団の遺伝構造を解析し、急ぎ保全の必要な集団を明らかにするためにSSRマーカーを用いたが、今回用いたマーカーは解像度が高すぎて必ずしも適当ではなかった。またSSRマーカーで解析できるのは基本的に2倍体種であり、予想外に倍数体種が多かったことから、適用できる種と集団が限られてしまうと言う問題が生じた。
    中南部の個体を用いて、これらの問題点が存在することを明らかにできた点は成果であるが、当初の目的である集団の遺伝的多様性の評価と、起源地の推定を達成するためには、マーカーや解析方法の検討が必要と考える。この問題の解決方法を検討した上で、北部の個体についてもDNA抽出と解析を進めたい。
    本研究では形態形質と分子マーカーを用いて、①ベトナムのツバキ属植物の多様性を評価し、②相互の系統関係を明らかにし、③多様性の中心がベトナム北部か中南部かを明らかにすることを目指す。また④緊急に保全の必要な単位(集団)を選定し、⑤in situならびにex situでの保全を図ることを目指している。
    これまでに葉と花の形態調査と計測は終了しており、得られたデータに基づいて主成分分析を行い、各分類群(亜属や節、集団)を特徴づける形質を明らかにする。自生地の地形・地質や気象の条件と形態的特徴の関係を検討し、ツバキ属植物における形態形質の進化要因を考察する。
    分子マーカーを用いた遺伝的多様性の評価については前述の通り、調査種の半数以上にのぼる倍数体種の存在や種内倍数性が、SSR解析の適用を妨げる問題点として浮上してきた。そこで次のアプローチでこの問題の解決を試みる。(1)ベトナムのツバキ属植物については倍数性未同定の種が多いことから、フローサイトメーターを用いて核DNA量を測定し、倍数性を判定する。(2)核SSRマーカーに代わるものとして葉緑体DNAのSSRマーカーやホットスポット領域を用いて集団間ならびに集団内の遺伝的多様性を評価し、集団構造を比較する。
    これらによりベトナムのツバキ属植物の遺伝的多様性を評価し、系統樹を構築して系統関係を明らかにするとともに、多様性中心を明らかにする。また集団の遺伝子構造に基づいて緊急に保全の必要な単位(集団)を選定し、保全を図る。
    高次倍数体と種内倍数性を有する分類群の遺伝的多様性をどのように評価するか、集団構造をどのように比較するかについて、ツバキ属以外にも適用可能な知見が得られることを期待している。

  • 東アジアのナシの起源をさぐる: 秋子梨・沙梨野生個体の集団構造の把握と多様性

    研究課題/領域番号:25430191  基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

    分担者・その他:植松 千代美, ウーユン タナ

     概要を見る

    東アジアのナシ属植物の起源地である中国では砂漠化、人為的な環境破壊などから野生ナシは急速に減少している。日本の東北地方に自生するイワテヤマナシと同種の秋子梨は中国東北部で個体数が激減しており保全計画の策定が急務である。またニホンナシ栽培品種の起源種とされる沙梨野生個体の探索調査、DNA分析を行った。秋子梨野生集団の探索、形態調査、遺伝的多様性、集団遺伝構造の把握、系統解析より絶滅の恐れのある集団の保全計画を策定した。イワテヤマナシと秋子梨との系統関係について両者は遠縁だった。また中国中部の山脈にて沙梨野生集団の探索を行い6集団をDNA分析を試みたところ、多くはマメナシとの雑種化個体だった。

  • 再発見された絶滅種アイナエ(マチン科)の保全のための生活史と遺伝的多様性の解明

    研究課題/領域番号:25440237  基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

    分担者・その他:植松 千代美, 山下 純

     概要を見る

    大阪市立大学理学部付属植物園で発見された絶滅種アイナエ(マチン科)の保全を図るため,分布状況、生活史、環境条件、交配様式および遺伝的多様性の解明を行った。その結果大阪府では4地点で分布が確認された。野外集団では5月末に実生が出現し成長して8月~10月に開花結実した。種子は光発芽種子で、発芽・生育には十分な光が必要であることが判明した。交配実験からこの植物は自家和合性で自家受粉の割合が高いことが推定された。地理的遺伝構造はみとめられず植物園の集団の由来は不明瞭であった。この植物の保全には発芽成長期の光環境の確保が重要であり、フェノロジーに対応させた除草の実施が有効であると考えられる。

  • 市民参加による大学附属植物園を利用した環境教育プログラムの開発

    研究課題/領域番号:21601004  基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2009年
    -
    2011年
     

    分担者・その他:谷垣 岳人, 小南 裕志, 西川 喜朗

     概要を見る

    大阪市立大学理学部附属植物園の森をフィールドとして、ほぼ同じ立地条件にある森でも構成する樹種が異なるとCO_2 固定能が異なることを明らかにした。またそれらの森に生息する昆虫相、クモ相、鳥類相を調べ、人為的に造成された森でも造成から60年を経過すると絶滅危惧種を含む多様な種が生息する豊かな生態系が再現されていることを明らかにした。これらの研究成果に基づいて環境教育プログラムを作成し、市民や子ども向けの環境講座や森の教室として実施した。

  • ナシ属における史前帰化植物と自生植物との交雑・野生化に関する研究

    研究課題/領域番号:21510251  基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2009年
    -
    2011年
     

    分担者・その他:片山 寛則, 植松 千代美, 山本 俊哉

     概要を見る

    マイクロサテライト遺伝子座の解析により、北上山地に分布する絶滅危惧植物であるミチノクナシ(イワテヤマナシ)と史前帰化植物であるヤマナシが浸透交雑した結果、雑種個体が自然的環境にも広く生育する一方で、遺伝的に真の自生と推定される植物は個体数がごく限られることが判明した。しかし一方では、真の自生植物の本来の遺伝子型、分布域及び生育環境を推定することもできたため、今後の保全対策の指標となりうる。

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 倍数性種や種内倍数性を示す種を含むツバキ属植物の系統関係の解明

    制度名:  「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」連携型共同研究助成 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2018年05月
    -
    2019年03月

  • 森の植物園で樹木のCO2吸収を測定し、地球環境を考えよう!

    制度名:  ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI (受託事業)  代表者

    研究期間:

    2018年05月
    -
    2018年11月

  • 形態形質と分子マーカーを利用したツバキ属植物の多様性の評価と系統関係の解明

    制度名:  「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」連携型共同研究助成 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2017年11月
    -
    2018年03月

  • 森の植物園で学ぶ生物多様性

    制度名:  ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI (受託事業)  代表者

    研究期間:

    2017年05月
    -
    2017年11月

  • 森の植物園で森の機能を学ぼう!−地球温暖化防止と生物多様性−

    制度名:  ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI (受託事業)  代表者

    研究期間:

    2016年05月
    -
    2016年11月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 博物館実習

    (2018年度)

  • 人と自然の共生学

    (2018年度)大学院

  • 専門生物学実験A

    (2018年度)大学 専門科目

  • 21世紀の植物科学と食糧・環境問題

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

  • 植物と人間(演習)

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 国際化への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    他大学の留学生クラスの植物園利用授業に協力し、講師を勤めた。

  • 国際化への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    海外での共同セミナーで大学院生が研究発表を行う機会を積極的に設けた。

  • 課外活動

    (2018年度)

     概要を見る

    学生サークル・生物研究会の植物園での活動や合宿をサポートした。

  • 学部・研究科横断型教育プログラムへの貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    本学AP事業によるサポートを得て4回生もSAとして実習のサポートを務めることにより、経験値を高める事ができた。

  • 教育方法の改善

    (2018年度)

     概要を見る

    専門科目においても実物を観察する機会を増やし、植物に関する興味を喚起できるような授業構成とした。

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 植物園主催「サクラの観察会」

    (附属植物園)

    役割:講師, 企画, 運営参加・支援, 実演

     対象:幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 社会人・一般 

    2018年04月
     
     

    主催者・発行元: 植物園  サクラの観察会 

     概要を見る

    植物園の桜山を利用した観察会

  • 植物園主催「ウメの観察会」

    (附属植物園)

    役割:講師, 企画, 運営参加・支援, 実演

     対象:幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 社会人・一般 

    2019年02月
     
     

    主催者・発行元: 植物園  ウメの観察会 

  • 森のサマースクール

    (附属植物園)

    役割:司会, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援, 実演

     対象:小学生 

    2018年08月
     
     

    主催者・発行元: 植物園  森のサマースクール 

  • かたの環境講座2018全5回

    (附属植物園)

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 実演

     対象:幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 保護者, 社会人・一般 

    2018年04月
    -
    2019年03月

    主催者・発行元: 交野市  かたの環境講座2018全5回 

     概要を見る

    植物園内を利用したフィールドワーク

  • 森の教室 第26〜28回

    (附属植物園)

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

     対象:幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 保護者, 研究者, 社会人・一般 

    2018年08月
    -
    2019年03月

    主催者・発行元: 都市と森の共生をめざす研究会  手作り巣箱の利用調査・早春の虫の観察会 ほか 

全件表示 >>

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2018年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    12名
    外国人留学生受入数
    1名

    Taiwan, China, etc

  • 外国人受入年度:2017年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    12名
    外国人留学生受入数
    2名

    Vietnam, Indonesia