吉中 進 (ヨシナカ ススム)

YOSHINAKA SUSUMU

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

建築構造・材料

研究歴 【 表示 / 非表示

  • シェル・空間構造の応答制御に関する研究

    (個人研究) 研究期間:

    2008年04月
     
     

    研究課題キーワード:  シェル・空間構造、振動制御、TMD

  • シェル構造の形状決定に関する研究

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  吊り下げ実験 最適設計

  • 吊り天井の開発

    (国内共同研究)

    研究課題キーワード:  吊り天井 振動 ケーブル

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会奨励賞

    2008年  

  • 前田工学賞

    2008年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   都市系専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年
     
     

      大阪市立大学   特任講師

  • 2005年
    -
    2008年

      東京大学生産技術研究所  

  • 1995年
    -
    2004年

      鹿島建設株式会社  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年

    東京大学  工学系研究科  建築学  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年

    早稲田大学  理工学部  建築学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 鉛直荷重下単層ラチスドームの静的および動的応答における弾塑性挙動の比較

    谷口 与史也, 松井 知也, 吉中 進

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集  83 ( 747 ) 709 - 716 2018年  [査読有り]

     概要を見る

    &nbsp;This paper focuses on the elasto - plastic behavior of static and dynamic responses for single layer lattice domes, which are subjected to vertical loads. The purpose is to make clear the relationship between seismic responses and static responses such as static absorbed energy properties after and before yielding, and to estimate bearable seismic levels with the information of static elasto - plastic behaviors. The two responses compared are shown in Fig. 14. The dimensions of both figures are equal in multiplying or dividing by circular frequency.<br>&nbsp;The single layer lattice domes are shown in Fig. 1. Half open angle of members and self-weight are adopted as numerical parameters as shown in Table 3. The static elasto - plastic behaviors are shown in Fig. 3. In the figure, The solid lines are the equivalent velocity of strain energies, the dotted and dashed lines are that of static absorbed energies and the dashed lines are that of potential energy performed by the product of self-weight and vertical displacements. These relationships obtained are simplified into bi-linear relationships as shown in Fig. 4 to obtain the static elasto - plastic property coefficient j. The obtained results of coefficient j are shown in Table 4.<br>&nbsp;Secondary, the dynamic elasto - plastic behaviors are estimated against 4 seismic waves of Fig. 5. The dynamic behavior obtained is the relationships between maximum ground acceleration PGA and strain energies. The obtained results are shown in Figs. 6-9 and simplified into bi-linear relationships to obtain the dynamic elasto - plastic property coefficient q, as shown in Fig. 14(b). The obtained results are shown in Table 5.<br>&nbsp;In comparing the two property coefficients j and q as shown in Fig. 10, BCJ wave is relatively large about the dynamic effect. On the contrary, El Centro wave is the smallest among the four waves. This reason is made clear in considering the input acceleration power history as shown in Fig. 11. BCJ wave of Fig. 11(a) has many peaks during the motions, but El Centro wave of Fig. 11(b) has a few peaks during the first half of motions. These strong characteristics of seismic waves can be considered with the input energy spectrum V<sub>E</sub> as shown in Fig. 12. Then the ratios q/j are compared with the ratios V<sub>E</sub>/S<sub>V</sub>. The ratio q/j decreases as the ratio V<sub>E</sub>/S<sub>V</sub> increases.<br>&nbsp;The Eqn. 5 is the regression formula obtained by the data distributed in the quadrangle of Fig. 13, expressed as dotted and dashed line in the figure. The PGA corresponding to the limit state deformations can be estimated with Eqns. 4 and 5. The predicted results are shown in Fig. 15 and Table 6.<br>&nbsp;The following conclusions are obtained in the present study: (1) The relationship of maximum earthquake input acceleration PGA and strain energies of domes shows bi-linear type such as the relationships of static absorbed energies and displacements. (2) In comparing the preceding two relationships as for dynamic and static responses, the change ratios among elastic and plastic ranges are dependent upon the seismic waves. The distribution tendencies are able to be explained with the information of input acceleration power history of seismic waves. (3) The ratios of dynamic property q against static property j becomes smaller, as the ratios of energy spectrum V<sub>E</sub> against velocity response spectrum S<sub>V</sub> becomes larger. (4) The present estimation method of PGA corresponding to limit state deformations shows a relatively good accuracy.

    DOI CiNii

  • Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement

    Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    Proceedings of the IASS Annual Symposium 2017  ( ID 9205 ) 1 - 10 2017年09月  [査読有り]

     概要を見る

    TMDs (Tuned Mass Dampers) show superior control performance for harmonic responses, but have limited capacity for transient responses. To control transient responses effectively, we propose TMDs with initial displacement. In our previous study, we formulated an equation for initial conditions to release initial TMD displacement. This equation is based on the principle that, under a specific structural initial condition, by giving specific initial displacement to a TMD, the first modal response with low modal damping is eliminated while the the second modal response with high modal damping is only oscillated on a two-degree-of-freedom system. This paper describes a vibration test using an arch model under impulse loading to verify the control performance of the proposed method experimentally. From test results, we can see that the TMD model showed high control performance. On the other hand, the control performance is very sensitive to the length and the release moment of the TMD’s initial displacement.

  • Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement

    Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    Proceedings of the IASS Annual Symposium 2017  ( ID 9205 ) 1 - 10 2017年09月  [査読有り]

     概要を見る

    TMDs (Tuned Mass Dampers) show superior control performance for harmonic responses, but have limited capacity for transient responses. To control transient responses effectively, we propose TMDs with initial displacement. In our previous study, we formulated an equation for initial conditions to release initial TMD displacement. This equation is based on the principle that, under a specific structural initial condition, by giving specific initial displacement to a TMD, the first modal response with low modal damping is eliminated while the the second modal response with high modal damping is only oscillated on a two-degree-of-freedom system. This paper describes a vibration test using an arch model under impulse loading to verify the control performance of the proposed method experimentally. From test results, we can see that the TMD model showed high control performance. On the other hand, the control performance is very sensitive to the length and the release moment of the TMD’s initial displacement.

  • Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement

    Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    Proceedings of the IASS Annual Symposium 2017  ( ID 9205 ) 1 - 10 2017年09月  [査読有り]

     概要を見る

    TMDs (Tuned Mass Dampers) show superior control performance for harmonic responses, but have limited capacity for transient responses. To control transient responses effectively, we propose TMDs with initial displacement. In our previous study, we formulated an equation for initial conditions to release initial TMD displacement. This equation is based on the principle that, under a specific structural initial condition, by giving specific initial displacement to a TMD, the first modal response with low modal damping is eliminated while the the second modal response with high modal damping is only oscillated on a two-degree-of-freedom system. This paper describes a vibration test using an arch model under impulse loading to verify the control performance of the proposed method experimentally. From test results, we can see that the TMD model showed high control performance. On the other hand, the control performance is very sensitive to the length and the release moment of the TMD’s initial displacement.

  • Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement

    Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    Proceedings of the IASS Annual Symposium 2017  ( ID 9205 ) 1 - 10 2017年09月  [査読有り]

     概要を見る

    TMDs (Tuned Mass Dampers) show superior control performance for harmonic responses, but have limited capacity for transient responses. To control transient responses effectively, we propose TMDs with initial displacement. In our previous study, we formulated an equation for initial conditions to release initial TMD displacement. This equation is based on the principle that, under a specific structural initial condition, by giving specific initial displacement to a TMD, the first modal response with low modal damping is eliminated while the the second modal response with high modal damping is only oscillated on a two-degree-of-freedom system. This paper describes a vibration test using an arch model under impulse loading to verify the control performance of the proposed method experimentally. From test results, we can see that the TMD model showed high control performance. On the other hand, the control performance is very sensitive to the length and the release moment of the TMD’s initial displacement.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • いのちを守る都市づくり [アクション編]みんなで備える広域複合災害

    大阪市立大学都市防災研究グループ (担当: 共著 )

    大阪公立大学共同出版会  2013年03月

  • いのちを守る都市づくり [アクション編]みんなで備える広域複合災害

    大阪市立大学都市防災研究グループ (担当: 単著 )

    大阪公立大学共同出版会  2013年03月

  • いのちを守る都市づくり [アクション編]みんなで備える広域複合災害

    大阪市立大学都市防災研究グループ (担当: 単著 )

    大阪公立大学共同出版会  2013年03月

  • いのちを守る都市づくり [アクション編]みんなで備える広域複合災害

    大阪市立大学都市防災研究グループ (担当: 単著 )

    大阪公立大学共同出版会  2013年03月

  • いのちを守る都市づくり [課題編]東日本大震災から見えてきたもの

    大阪市立大学都市防災研究グループ (担当: 共著 )

    大阪公立大学共同出版会  2012年03月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 「空間骨組構造の地震被害と耐震設計の新しい展開」 地震応答特性と耐震設計の新しい展開

    中澤祥二,吉中進

    日本建築学会大会(東北)構造部門(シェル・空間構造)パネルディスカッション資料    31 - 40 2019年09月

  • 「空間骨組構造の地震被害と耐震設計の新しい展開」 地震応答特性と耐震設計の新しい展開

    中澤 祥二,吉中 進

    日本建築学会大会(東北)構造部門(シェル・空間構造)パネルディスカッション資料    31 - 40 2019年09月  [依頼有り]

  • 21世紀の空間構造の現状と展望 第8回IASS2016東京シンポジウム報告(10)

    大野 正人,豊島 裕樹,松井 良太,吉中 進

    鉄構技術  31 ( 360 ) 21 - 27 2018年05月  [依頼有り]

  • 21世紀の空間構造の現状と展望 第8回IASS2016東京シンポジウム報告(8)

    吉中進,田村淳一,田川浩之,細見亮太,木村俊明

    鉄構技術  31 ( 358 ) 23 - 27 2018年03月  [依頼有り]

  • 21世紀の空間構造の現状と展望 第8回IASS2016東京シンポジウム報告(8)

    吉中進,田村淳一,田川浩之,細見亮太,木村俊明

    鉄構技術  31 ( 358 ) 23 - 27 2018年03月  [査読有り]

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Prediction Method of Bearable PGA for Single Layer Lattice Domes under Vertical Loading

    Yoshiya TANIGUCHI, Tomoya MATSUI, Susumu YOSHINAKA

    the 12th Asian Pacific Conference on Shell & Spatial Structures  2018年10月 

  • 斜材配置による懸垂型ラチスシェルの応力性状の比較

    村口 貴紀,吉中 進,谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)  2018年09月 

  • 単層ラチスドームにおける分散型TMD設計への順序統計量に基づく確率的最適化法の適用

    山川 誠,吉中 進

    日本建築学会大会(東北)  2018年09月 

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太,吉中 進,谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)  2018年09月 

  • 逆対称モード形状に着目したアーチ構造の振動制御

    吉中 進,谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)  2018年09月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 空間構造の地震応答制御のための複数TMDを用いた設計法の高度化

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    分担者・その他:山川誠 吉富信太

  • 空間構造の振動制御のための初期変位付与型TMD設計法の構築

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2015年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 逆対称モード形状に着目した骨組膜構造の振動応答低減技術

    制度名:  公益財団法人能村膜構造技術振興財団研究助成 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2019年02月
    -
    2021年02月

     概要を見る

    空間構造の振動性状の大きな特徴は,水平荷重を受けたときに鉛直方向に逆向きの位相で振動する逆対称モードが励起することにあるが,その点に着目した応答制御手法は現在のところ提案されていない。そこで本研究では,膜材を外装材として用いた場合のアーチ構造および3次元立体アーチ構造を対象モデルとして選択し,逆対称モードの形状に着目した振動制御手法を新たに提案することを目的とする。

  • 高難燃性発泡スチロール材を用いた吊り天井の開発

    制度名:  独立行政法人科学技術振興機構 研究成果事業マッチングプランナープログラム (受託研究)  代表者

    研究期間:

    2016年06月
    -
    2017年03月

  • 軽量天井材の落下時における安全性能の検証

    制度名:  吊り天井に関する共同研究 (共同研究)  代表者

    研究期間:

    2016年02月
    -
    2017年03月

  • 空間構造への適用を目的とした初期変位付与型TMDの地震力に対する設計法の確立の研究

    制度名:  一般社団法人免震構造協会研究助成 (補助金)  代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2016年03月

  • 初期変位付与型TMDを用いた空間構造の過渡応答の制御

    制度名:  (財)前田記念工学振興財団 研究助成 (補助金)  代表者

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2012年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 空間構造学

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 特別演習(建築構造学Ⅰ)

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 特別演習(建築構造設計演習)

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 建築構造力学Ⅲ

    (2018年度)大学 専門科目

  • 建築構造力学Ⅱ

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 教育方法の改善

    (2018年度)

     概要を見る

    可能な限り講義の中で小レポートを課し、学生の理解度をその都度確認しながら講義を改善し、進めるように工夫した。

  • クラス担任

    (2018年度)

     概要を見る

    留年生の相談委員を担当した。
    留年生は家庭環境に問題のある学生も多い。学業の進行状況や周りの環境をチェックしながら、確実な単位の取得やより良い学生生活をおくる上でのアドバイスを行った。

  • FD活動への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    建築学科FD委員を務め、学科での教育内容を向上させた。

  • クラス担任

    (2017年度)

     概要を見る

    3回生の相談委員を担当し、学生生活をおくる上でのアドバイスを行った。

  • 教育方法の改善

    (2017年度)

     概要を見る

    可能な限り講義の中で小レポートを課し、学生の理解度を確認しながら講義を進めるように工夫した。

全件表示 >>

教育活動実績 【 表示 / 非表示

  • 担当年度:2013年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    5名
    卒業論文審査数
    5件
    博士課程学生指導数(前期)
    5名
    博士課程学生指導数(後期)
    1名
    修士論文審査数(主査)
    2件
    修士論文審査数(副査)
    5件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2012年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(前期)
    7名
    博士課程学生指導数(後期)
    1名
    修士論文審査数(主査)
    1件
    修士論文審査数(副査)
    3件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2011年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    6名
    卒業論文審査数
    4件
    博士課程学生指導数(前期)
    4名
    博士課程学生指導数(後期)
    0名
    修士論文審査数(主査)
    2件
    修士論文審査数(副査)
    2件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 第71回オープンラボラトリー『大阪市立大学の「いのちを守る都市づくり」』

    (大阪産業技術創造館)

    役割:講師

     対象:研究者, 社会人・一般, 企業 

    2017年07月
     
     

     概要を見る

    「建築構造物の減災技術」という題目で講演を行った

  • 小中高生向け教育活動

    2011年04月
    -
    2012年03月

     概要を見る

    兵庫県立姫路南高校への出張講義
    「建築構造デザインについて学ぶ」

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2018年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    1名
    外国人留学生受入数
    0名

    CHINA

  • 外国人受入年度:2017年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    1名

    China

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 活動期間:

    2018年04月
    -
    現在

    活動内容:IASS(シェルと空間構造に関する国際学会)のワーキンググループのメンバーとして、空間構造の地震応答評価に関するガイドラインを作成している。

  • 活動期間:

    2017年09月
    -
    2018年03月

    活動内容:IASS(シェルと空間構造に関する国際学会)のワーキンググループのメンバーとして、空間構造の地震応答評価に関するガイドラインを作成している。