三島 聡 (ミシマ サトシ)

MISHIMA Satoshi

写真a

機関リポジトリ

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 一橋大学 -  博士

  • 一橋大学 -  修士

研究分野 【 表示 / 非表示

刑事法学

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 裁判員裁判

    (国内共同研究)

    研究課題キーワード:  裁判員、評議

  • 刑事法における実体法と手続法の交錯

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  刑法、刑事訴訟法

  • 刑務所の処遇

    (国内共同研究)

    研究課題キーワード:  刑務所、受刑者、処遇

  • 刑の量定

    (国内共同研究)

    研究課題キーワード:  量刑

  • 警察捜査

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  警察、捜査

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本刑法学会

  • 日本犯罪社会学会

  • 民主主義科学者協会法律部会

  • 法と心理学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2021年10月

    法と心理学会   理事

  • 2015年05月
    -
    2018年05月

    日本刑法学会   理事

  • 2011年10月
    -
    2014年10月

    日本犯罪社会学会   理事

  • 2009年10月
    -
    2015年10月

    法と心理学会   理事

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   法学研究科   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院法学研究科   教授

  • 1995年10月
    -
    2007年03月

      大阪市立大学   法学部   助教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年

    一橋大学  法学研究科  刑事法学  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年

    一橋大学  法学部 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 性犯罪に関する2017年刑法改正――強制性交等罪と監護者わいせつ・性交等罪をめぐって

    三島 聡

    季刊刑事弁護  ( 94 ) 60 - 67 2019年04月  [査読有り]

  • 刑事施設独自の医療から社会共通的な医療へ――イングランド刑事施設医療の保険省移管をめぐって

    三島 聡

    矯正講座  ( 37 )  2018年03月

  • GPS装置による動静監視の解釈論的検討

    三島 聡

    季刊刑事弁護  ( 89 ) 116 - 122 2017年01月

  • 録音・録画技術と警察活動の透明化――警察官装着カメラをめぐって

    三島 聡

    浅田和茂先生古稀祝賀論文集下巻    159 - 189 2016年09月

  • 盗聴法(通信傍受法)「改正」――政府は国会論議で疑問に答えたのか

    三島 聡

    法と民主主義  ( 510 ) 21 - 23 2016年07月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 性表現の刑事規制

    三島 聡 (担当: 単著 )

    有斐閣  2008年

  • 2016年改正刑事訴訟法・通信傍受法条文解析

    川﨑 英明, 三島 聡, 渕野 貴生(編) (担当: 共著 )

    日本評論社  2017年02月

  • 裁判員裁判の評議デザイン

    三島 聡(編) (担当: 共著 )

    日本評論社  2015年09月

  • 刑事司法改革とは何か

    川崎 英明, 三島 聡(編) (担当: 共著 )

    現代人文社  2014年09月

  • 現代刑法学における「国家による保護」と「国家からの自由」

    三島 聡 (担当: 単著 )

    小田中聰樹古稀記念論文集下巻  2005年

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 再審請求審における証拠の明白性判断と供述心理学鑑定の意義――大崎事件第3次再審請求

    三島 聡

    法律時報  90 ( 10 ) 122 - 125 2018年09月

  • 共謀罪法案の提出に反対する刑事法研究者の声明〔解説〕

    三島 聡

    季刊刑事弁護  ( 90 ) 114 - 114 2017年04月

  • 裁判員裁判の量刑評議のあり方を考える――近時の最高裁の判断および模擬裁判をふまえて

    三島 聡, 本庄 武,  森本 郁代,  國井 恒志

    法と心理  16 ( 1 )  2016年10月

  • 裁判員制度

    三島 聡

    リーディングス刑事訴訟法    409 - 418 2016年04月

  • 取調べの録音・録画の法制化をめぐる諸問題

    三島 聡, 安田 恵美

    刑法雑誌  54 ( 3 ) 504 - 509 2015年07月

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 裁判員裁判における量刑評議の目標とその実現のための方策――刑の量定という法の営みにおける市民の経験的判断の扱いをめぐって

    三島 聡

    法と心理学会第19回大会ワークショップ  2018年10月 

  • Excellent Civilian Oversight?: The Case of Police Accountability in Low-Crime Japan

    三島 聡  [招待有り]

    National Association for Civilian Oversight of Law Enforcement 第24回大会  2018年10月 

  • 裁判員裁判の評議デザインと量刑評議をめぐる近時の動き

    法と心理学会第16回大会ワークショップ  2015年10月 

  • 被疑者・被告人の身体拘束のあり方

    民主主義科学者協会法律部会2014年度学術総会  2014年11月 

  • 死刑確定者 と再審請求弁護人の接見妨害に関する判例(広島高裁 2012〔平成 24 〕年 1月 27 日判決 )コメント

    国際人権法学会第25回研究大会  2013年11月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 裁判員裁判の評議デザイン-評議におけるストーリーの構築過程と法実践手法の解明

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2017年07月
    -
    2020年03月
     

  • 情報化社会における警察活動の透明性に関する研究

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

  • 矯正施設における医療・健康・人権の社会的構成に関する比較法政策学的研究

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

  • 量刑事情に関する実体法的・手続法的規制のあり方に関する研究

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

  • 官民協働刑務所の新たな展開と矯正・保護の社会的構成に関する政策法学的研究

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 裁判員裁判の評議におけるコミュニケーション・デザインの発展的研究

    制度名:  司法協会研究助成 (補助金)  代表者

    研究期間:

    2012年01月
    -
    2015年03月

  • 裁判員裁判において当事者の主張提示が評議および判決に与える影響の検討

    制度名:  日本証券奨学財団研究調査助成金 (補助金)  代表者

    研究期間:

    2012年01月
    -
    2012年12月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 刑法・刑事訴訟法演習

    (2017年度)大学 専門科目

  • 刑事訴訟法

    (2017年度)大学 専門科目

  • 刑法第2部

    (2017年度)大学 専門科目

  • 刑事法理論の展開

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 刑事訴訟法総合演習

    (2017年度)大学院 専門科目

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • その他活動

    2015年06月
    -
    2019年03月

     概要を見る

    大阪少年鑑別所視察委員会副委員長

  • その他活動

    2006年07月
    -
    2012年03月

     概要を見る

    大阪医療刑務所視察委員会副委員長