伊藤 和央 (イトウ カズオ)

ITO Kazuo

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

  • 理学修士

研究分野 【 表示 / 非表示

酵素化学, 構造生物化学, 機能生物化学, 糖鎖工学, 糖鎖生物学

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 酵素の構造と機能および生体内での機能とその調節

    (機関内共同研究)

    研究課題キーワード:  酵素、構造、機能

  • タンパク質分解系の生体内機能

    (機関内共同研究)

    研究課題キーワード:  タンパク質分解酵素

  • 酵素の応用開発

    (機関内共同研究)

    研究課題キーワード:  酵素、応用、複合糖質

  • 糖タンパク質糖鎖と糖質・糖鎖関連酵素の構造と機能(アスパラギン結合型糖鎖異化と糖鎖遊離酵素の発現機構)

    (機関内共同研究)

    研究課題キーワード:  アスパラギン結合型糖鎖、糖タンパク質、グリコシダーゼ

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本応用糖質科学会

  • 日本農芸化学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 1997年
    -
    現在

    日本生化学会   日本生化学会近畿支部幹事、評議員

  • 2006年
    -
    現在

    日本応用糖質科学会   糖質関連酵素化学シンポジウム運営委員

  • 2005年
    -
    現在

    日本応用糖質科学会   日本応用糖質科学会編集委員

  • 2005年
    -
    現在

    日本応用糖質科学会   日本応用糖質科学会近畿支部幹事、評議員

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • フィリピン農業賞

    1988年  

  • 国際蘭会議奨励賞

    1994年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   生物地球系専攻   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年

    大阪市立大学  理学研究科  生物学  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年

    大阪市立大学  理学部  生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Transglycosylation of Asparagine-linked Complex-type Oligosaccharides from Gycoproteins by Endo-β-N-acetylglucosaminidase HS

    K. Miyagawa, M. Matsumoto, S. Yabuno, N. Kawakami, K. Ito et al

    J. Appl. Glycosci.  54 ( 2 ) 139 - 146 2007年

  • A Recombinant Cyclodextrin Glycosyltransferase Cloned from Paenibacillus sp. strain RB01 Showed Improved Catalytic Activity in Coupling Reaction between Cyclodextrins and Disaccharides

    R. Charoensakdi, M. Iizuka, K. Ito, V. Rimphanitchayakit, and T. Limpaseni

    J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem.  57   53 - 59 2007年

  • Evidence for the Transglycosylation of Complex type Oligosaccharides of Glycoproteins by Endo-β-N-acetylglucosaminidase HS

    K. Ito, K. Miyagawa, M. Matsumoto, S. Yabuno, N. Kawakami et al

    Arch. Biochem. Biophys.  454 ( 1 ) 89 - 99 2006年

  • Isolation of Cyclodextrin Producing Thermotolerant Paenibacillus sp. from Waste of Starch Factory and Some Properties of the Cyclodextrin Glycosyltransferase

    P. Yampayont, M. Iizuka, K. Ito, and T. Limpaseni

    J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem.  56 ( 1 ) 203 - 207 2006年

  • Some Properties of Levansucrase of Bacillus natto Stabilized with Periodate Oxidized Yeast Glucomannan

    Y. B. Ammar, T. Matsubara, K. Ito, M. Iizuka, and N. Minamiura

    Enzyme Microbial Tech.  30 ( 7 ) 875 - 882 2002年

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Endoglycosidases-Biochemistry, Biotechnology, Application-

    M. Endo, S. Hase, K. Yamamoto, K. Takagaki, K. Ito et al (担当: 共著 )

    Springer Verlag Ltd  2006年

  • 糖修飾による酵素蛋白の安定性付与-甘藷β-アミラーゼ活性単量体の調整-

    食品産業のためのマテリアル・イノベーション-新素材開発の新展開に向けて-(社)農林水産先端技術産業振興センターマテリアル・イノベーション事業部会編 食品化学新聞社刊  1997年

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Formation of Glycoisoforms of Human Salivary α-Amylase and Endo-β-N-acetylglucosaminidase HS

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology  18 ( 99 ) 53 - 64 2006年

  • エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼの構造と機能および応用

    日本応用酵素協会誌  ( 39 ) 1 - 10 2004年

  • Detection and Serological Relationships of Cymbisium Mosaic Potexvisus Isolates

    J. Biosci. Bioeng.  87 ( 2 ) 161 - 168 1999年

  • 学会見聞記-1999年度日本農芸化学会大会-糖鎖工学-

    バイオサイエンスとバイオインダストリー  57 ( 7 ) 38 - 41 1999年

  • Two kinds of Novels α-Glucosidases from Aspergillus awamori KT-11 : Their Purifications, Properties and Specificities.

    J. Ferment. Bioeng.  85 ( 5 ) 465 - 469 1998年

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 酵素化学特論

  • 生物学概論SI

    大学

  • 生物化学 I

    大学

  • 酵素化学

    大学

  • 食品酵素学特論

全件表示 >>

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 酸素、タンパク質の応用開発

    研究テーマ概要:概知あるいは未知酸素やタンパク質の特異的触媒作用や生物機能を利用した特異的化学反応の創製的開発

    交流可能な時期・期間: 

    キーワード: 

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:医療、食品、製造の改良

    中核となる知識・技術・情報等:酸素、タンパク質の取扱い