KUSABU Hisatsugu

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Sugimoto Campus

Degree 【 display / non-display

  • The University of Chicago, USA -  PhD in History

Research Areas 【 display / non-display

European History

Research Interests 【 display / non-display

Byzantine History, Medieval History , Medieval Christianity, Heresiology, Intellectual History

Association Memberships 【 display / non-display

  • Association Internationale des Études Byzantines

  • JAPAN ASSOCIATION FOR BYZANTINE STUDIES

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Literature and Human Sciences   Philosophy and History Course   Professor  

Career 【 display / non-display

  • 2016.04
    -
    2016.09

    Nara Women's University   Faculty of Letters   Adjunct Lecturer

  • 2015.04
    -
    2019.03

    Osaka City University   Graduate School of Literature and Human Sciences   Associate Professor

  • 2013.10
    -
    2014.03

    Osaka University   Graduate School of Letters   Adjunct Lecturer

  • 2011.04
    -
    2015.03

    Osaka City University   Graduate School of Literature and Human Sciences   Lecturer

Graduate School 【 display / non-display

  • 2001.10
    -
    2013.12

    The University of Chicago  Division of Social Sciences   History  

  • 1995.04
    -
    1997.03

    The University of Tokyo  Graduate School, Division of Humanities and Social Sciences 

Graduating School 【 display / non-display

  • 1991.04
    -
    1995.03

    University of Tsukuba   First Cluster of College  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • The Publication Date of Euthymius Zigabenus’s Dogmatic Panoply

    G. Parpulov, H. Kusabu

    Revue d'Histoire des Textes  n.s. 14   63 - 67 2019  [Refereed]

     View Summary

    博士論文において展開した『パノプリア・ドグマティケー』の成立年代における仮説について、美術史家との共同研究によって補強、それを1112年から1114年の間に成立したものとし、文献学的な知見として国際専門誌に採択されたもの。共著者のGeorgi Parpulovは、英国を拠点に教育・研究で活動するコムネノス期ビザンツ書物美術の専門家であり、草生が調査した写本における装飾画および現筆者含む写字生の記入について精査し、草生のテキスト分析と合わせて学説とした。

    DOI

  • Hairesis of Titles for Thnic Groups: The Paulicians Reconsidered

    Hisatsugu KUSABU

    Medieval European Studies  10   72 - 86 2018

  • Heresiological Labeling in Ecumenical Networking from the Ninth to Thirteenth Centuries : The Byzantine Oikoumene Reconsidered

    草生久嗣

    Asian Review of World Histories  4 ( 2 ) 207 - 229 2016.07  [Refereed]

     View Summary

    ビザンツ異端学書のもつ民族誌的側面を取り上げ、その読み解きがビザンツ正教世界(オイクメネー)理解に貢献することを論じたもの。この発想は、大阪市立大学国際学術シンポジウムのキー概念としての「オイクメネー」を、東地中海史学上に展開している。中世13-14世紀ユーラシアにモンゴル勢力を起点とする世界帝国が現出するが、それは紀元前のヘレニズム帝国や15世紀以降のオスマン帝国と同じ合同生活圏であった位置付けることができることを論じたもの。

  • Romans in Byzantium : A Debated Identity

    Hisatsugu KUSABU

    西洋中世学会 ; 2009-, 西洋中世研究  ( 7 ) 5 - 24 2015  [Refereed]

    CiNii

  • Comnenian Orthodoxy and Byzantine Heresiology in the Twelfth Century: A Study of the "Panoplia Dogmatica" of Euthymios Zigabenos

    Hisatsugu KUSABU

    ProQuest, UMI Dissertations Publishing  2013.12  [Refereed]

     View Summary

    米国シカゴ大学社会科学科よりビザンツ学者Water E. Kaegi教授の指導の下提出し口頭試問を経て、学位を認められた博士論文。ProQuest社からの刊行物として学位承認と同時に発行されている。ビザンツ異端学について神学者エウティミオス・ジガベノスの『ドグマティケー・パノプリア』を歴史学の検討対象として初めて取り上げた成果である。従来、中世の神学アンソロジーとして歴史史料としての価値を疑われていた同書について、テキストのち密な分析を経て史料的意義を示している。

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • Radical Traditionalism: The Influence of Walter Kaegi in Late Antique, Byzantine, and Medieval Studies

    H. Kusabu, Ch. Raffensperger, D. Olster, 他 (Part: Contributor )

    Lexington Books  2019

     View Summary

    ビザンツ世界の異端論駁書は、異端者の信条・教義を列挙しその神学的論駁を目的としているにとどまらず、ビザンツ正教会世界において様々な形で存在していた反コンスタンティノープル総主教座への立場をとるキリスト教諸派の民族誌的側面のあったことを指摘する。米国ビザンツ研究の展開期を支え、米国ビザンツ学会の創設功労者であったウォルター・ケーギシカゴ大学名誉教授の退職を期して同教授のもとで博士号を取得した元学生たちによる献呈論文集に寄稿したもの。

  • New Approaches to the Later Roman Empire, edited by Takeshi Minamikawa

    草生 久嗣、南川 高志 他 (Part: Joint Work )

    University of Kyoto  2015

     View Summary

    ビザンツ正統教会の抱いていた世界主義が、政治状況の変遷によってその理念的ありかたまで変容していく様を論じたもの。地域教会管区の格付けの変遷をたどり、また民間に跋扈した聖者Holy Menたちの存在を論証している。東方戦線の悪化、イスラムの侵出は教会歴史地理を変動させ、古代末期研究において東方キリスト教社会のキーワードとなった「聖者」も12世紀の中世にあっては、それ自体で政治性をともない自称して売り込む遍歴者を産んでいた。

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • Intercultural Approach to the De Ceremoniis - A Preliminary project report

    Hisatsugu KUSABU

    The Forty-Fourth Byzantine Study Conference  (Belgrade)  2018.10  International Congress of Byzantine Studies

     View Summary

    博士論文による成果を、学術振興会基盤B科学研究補助金によって展開させたのち、その過程で本邦ビザンツ学が国際的な認知をうけるテーマが発見された。その「ユーラシア前近代諸帝国における儀典研究の諸相」について、大阪市立大学を拠点に「ビザンツ研究連絡会」を主宰し、研究を開始、そのキックオフを米国学会において紹介したもの。

  • The Byzantine Manichee: Revisited

    草生久嗣

    Workshop Byzantine Religious Controversy Revisited  2017.07 

     View Summary

    オックスフォード大学のMarek Jankowiak氏とのワークショップにおける報告。Jankowiak氏の専門の一つ古代末期神学論争のテーマを引き継いだ形で、中世の二元論異端(マニ教徒)論争について、その実在への懐疑を論じたもの。

  • "Medieval Heretics" in the East: A Heresiological Label for Bosnian Bogomils/Patarenes in the Thirteenth Centur

    草生久嗣

    International Symposium: Medieval Papacy, Governance, Communication, Cultural Exchange  2017.02 

  • Byzantine Editors and Publishers: Text, Works, and Reading - A case study of the Dogmatike Panoplia of Euthymios Zigabenus.

    草生久嗣

    The 23rd International Congress of Byzantine Studies  (The University of Belgrade, Republic of Serbia)  2016.08 

  • The Bogomil Narration and Heresiologists

    草生久嗣

    Decoding the Historical Sources on Byzantium  2016.07 

display all >>

 

Other international activities 【 display / non-display

  • Period :

    2017.03
    -
    Today

    Contents of activities : Exchange Symposium OCU/UCRC-CEAPS/UIUC

    United States