大島 昭彦 (オオシマ アキヒコ)

OSHIMA Akihiko

写真a

機関リポジトリ

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

ホームページ

http://geo.civil.eng.osaka-cu.ac.jp/~jibanken/

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

地盤工学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 2011年の東日本大震災では,東北・関東地方で砂地盤の液状化現象によって数多くの戸建住宅が被災しました。この原因は埋立,埋戻し,盛土,干拓などによる人工改変地に対して適切な地盤改良・補強を施していなかったことにありますが,そもそも宅地に対する地盤調査の重要性や液状化対策の認識が低かったことが素因と考えられます。これまで宅地に対して地盤調査結果に基づく液状化判定は行われていませんでした。しかし,近い将来想定される大地震から国民の財産である戸建住宅を守るために,液状化予測可能な地盤調査法の開発は社会的要請であり,国民生活にとって喫緊の課題となっています。そこで,宅地の地盤調査として使われるスウェーデン式サウンディング試験と大型・中型動的コーン貫入試験を対象とし,高精度に地盤強度と土質判定が得られるように改良・開発し,宅地の液状化判定のための最適な地盤調査法を開発する研究を行っています。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

地盤調査, 液状化, 地下水地盤環境, 地盤情報データベース, 圧密沈下予測, 土のせん断試験

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 地盤情報データベースを用いた関西地盤の地盤特性に関する研究

    (国内共同研究) 研究期間:

    2001年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  地盤情報データベース、土質特性、関西地盤

  • 沖積平野の地震時の揺れやすさ推定に関する研究

    (国内共同研究) 研究期間:

    2014年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  揺れやすさ、地震応答解析、常時微動観測

  • 地盤・地下水環境保全のための地下水位低下による沈下予測と液状化対策に関する研究

    (国内共同研究) 研究期間:

    2004年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  地下水、液状化、地盤沈下

  • 戸建住宅地盤の液状化判定のための地盤調査法の開発に関する研究

    (国内共同研究) 研究期間:

    2006年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  地盤調査、サウンディング、サンプリング

  • 粘土の圧密特性と一次元圧密解析に関する研究

    (機関内共同研究) 研究期間:

    1981年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  圧密特性、圧密解析、粘土

全件表示 >>

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  •  学部では「土質力学1」,「地盤基礎工学」を単独で,「都市学入門」,「安全防災工学」,「地圏環境工学」を分担で担当している。また,工学部共通科目「技術経営論」及び全学共通科目「コミュニティと防災」を分担で担当している。「土質力学1」と「地盤基礎工学」では専用教科書を作成し,これを基に講義と演習を行っている。  大学院では「地盤工学特論」,「前期特別演習」を単独で担当している。また,工学研究科共通科目「グローバル経営特論」を分担で担当している。「地盤工学特論」では土のせん断試験論,砂地盤の液状化,宅地の基礎設計を講義している。「前期特別演習」では均質地盤に対する微小変形理論から有限変形理論,及び圧密特性が不連続に変化する層状地盤と連続に変化する不均質地盤を扱い,数値計算で理論解を得る方法を修得させている。特に,実務に即した基礎から応用の圧密問題を課題として与え,学生自ら数値解析プログラムが作成できるように努めている。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 地盤工学会

  • 国際土質工学会(ISSMGE)

  • 土木学会

  • 日本材料学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    現在

    地盤工学会   地盤調査規格・基準委員会WG4(サウンディング)グループリーダー

  • 2012年04月
    -
    現在

    地盤工学会   地盤工学表記法委員会

  • 2012年04月
    -
    現在

    地盤工学会   地盤調査規格・基準委員会WG5( 動的コーン貫入試験方法基準化)グループリーダー

  • 2009年04月
    -
    現在

    地盤工学会   室内試験規格・基準委員会WG10(土質試験-基本と手引き-)グループリーダー

  • 2007年04月
    -
    2013年03月

    地盤工学会   室内試験規格・基準委員会WG3(透水・圧密)グループリーダー

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 地盤工学会関西支部平成27年度学術賞

    2015年  

  • 日本材料学会平成23年度論文賞

    2012年  

  • 地盤工学会関西支部平成23年度地盤技術賞

    2012年  

  • 大阪市立大学学友会平成23年度優秀テキスト賞

    2011年  

  • 地盤工学会功労章

    2014年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   都市系専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
     
     

      大阪市立大学   教授

  • 2002年04月
     
     

      大阪市立大学   助教授

  • 1998年04月
     
     

      大阪市立大学   講師

  • 1988年04月
     
     

      大阪市立大学   助手

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年

    大阪市立大学  工学研究科  土木工学  博士課程

  •  
    -
    1982年

    大阪市立大学  工学研究科  土木工学専攻  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年

    大阪市立大学  工学部  土木工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 熊本県益城町の地盤調査と常時微動観測結果

    大島昭彦,中村優孝,平井俊之

    都市防災研究論文集,大阪市立大学都市防災研究プロジェクト  4   1 - 6 2017年11月  [査読有り]

  • 大型コーン動的貫入試験による摩擦音を利用した細粒分含有率の評価と液状化判定の試み

    山田卓,水野建人,大島昭彦

    Kansai Geo-Symposium 2017,地盤工学会関西支部・地下水地盤環境に関する研究協議会    290 - 295 2017年11月  [査読有り]

  • 補強材を併用した表層地盤改良の液状化時沈下抑制効果に関する遠心加振模型実験

    斎藤愛,山田卓,寺尾卓真,大島昭彦

    Kansai Geo-Symposium 2017,地盤工学会関西支部・地下水地盤環境に関する研究協議会    222 - 227 2017年11月  [査読有り]

  • 2016年熊本地震における益城町の宅地被害の原因究明のための地盤調査結果

    高橋秀一,平田茂良,大島昭彦,平井俊之

    Kansai Geo-Symposium 2017,地盤工学会関西支部・地下水地盤環境に関する研究協議会    168 - 173 2017年11月  [査読有り]

  • 繰返し三軸試験と繰返し中空ねじり試験における液状化強度の比較

    深井晴夫,大島昭彦,久保田耕司,社城信弘

    Kansai Geo-Symposium 2017,地盤工学会関西支部・地下水地盤環境に関する研究協議会    150 - 155 2017年11月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 新規制定地盤工学会基準・同解説 動的コーン貫入試験方法 (JGS 1437-2014)

    大島昭彦,平林弘,伊藤義行,平田茂良,平出務,松本樹典 (担当: 共著 )

    地盤工学会  2016年02月

  • 新関西地盤 −近江盆地−

    五十嵐慎久,伊藤浩子,乾徹,井上直人,大島昭彦,他 (担当: 共著 )

    KG-NET・関西圏地盤研究会  2014年09月

  • 地盤改良の調査・設計と施工 -戸建住宅から人工島まで-

    大島昭彦,他43名 (担当: 共著 )

    地盤工学会  2013年03月

  • いのちを守る都市づくり【アクション編】~みんなで備える広域複合災害

    西澤良記,宮野道雄,森一彦,重松孝昌,加藤司,大島昭彦,他38名 (担当: 共著 )

    大阪公立大学共同出版会  2013年03月

  • 地盤調査の方法と解説

    大島昭彦,他多数 (担当: 共著 )

    地盤工学会  2013年03月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 2016年熊本地震での地盤被害報告

    都市防災研究論文集,大阪市立大学都市防災研究プロジェクト  3   65 - 74 2016年11月

  • 液状化に関する調査と対策の現状

    原田健二,村上恵洋

    日本材料学会,材料  65 ( 6 ) 687 - 693 2016年06月

  • 圧密工法の動向

    総合土木研究所,基礎工  44 ( 4 ) 7 - 10 2016年04月

  • 宅地の液状化判定のための地盤調査方法

    総合土木研究所,基礎工  44 ( 2 ) 101 - 104 2016年02月

  • 実務に役立つ地盤工学Q&A(第二巻)

    地盤工学会    103 - 105 2009年05月

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • うめきた帯水層の地下水位低下による粘土層の沈下量予測

    末吉拳一,大島昭彦,小坂慎一,久保田耕司,笹尾憲一

    土木学会第72回年次学術講演会,III-406  2017年09月 

  • 熊本県益城町における常時微動観測結果の評価

    平井俊之,大島昭彦,小坂慎一,中村優孝,平田茂良,高橋秀一,西塔純人

    土木学会第72回年次学術講演会,III-236  2017年09月 

  • 諏訪市上川・四賀の沖積層の土質特性と沈下予測

    中村優孝,大島昭彦,小坂慎一,京矢侑樹,久保田耕司,深井晴夫

    土木学会第72回年次学術講演会,III-002  2017年09月 

  • 諏訪市上川・四賀における地盤調査(その3:スウェーデン式サウンディング試験)

    安田賢吾,京矢侑樹,大島昭彦,小川正宏,野澤直樹,深井 公,松谷裕治,藤森徳雄,花岡聖明

    土木学会第72回年次学術講演会,III-317  2017年09月 

  • 諏訪市上川・四賀における地盤調査(その2:動的コーン貫入試験)

    野山優一・京矢侑樹,大島昭彦,平田茂良,市村仁志,野澤直樹,深井 公,松谷裕治

    土木学会第72回年次学術講演会,III-316  2017年09月 

全件表示 >>

その他研究活動(Works) 【 表示 / 非表示

  • 長野県諏訪市豊田・湖南における地盤調査一斉試験

    フィールドワーク 

    2017年08月
     
     
  • 千葉県浦安市高洲8における地盤調査一斉試験

    フィールドワーク 

    2017年07月
     
     
  • 尼崎市築地地区での地盤調査一斉試験

    フィールドワーク 

    2017年06月
     
     
  • 熊本県益城町における地盤調査一斉試験

    フィールドワーク 

    2016年09月
     
     
  • 長野県諏訪市上川・四賀における地盤調査一斉試験

    フィールドワーク 

    2016年07月
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 浚渫粘土埋立地盤に対する鉛直排水工と地下水位低下を併用した圧密促進工法の研究

    基盤研究(C)(2) 代表者

    研究期間:

    2002年04月
    -
    2004年03月
     

  • 重錘落下締固め球根基礎工法の適用性と実用化に関する研究

    基盤研究(B)(2) 分担者・その他

    研究期間:

    1997年04月
    -
    2000年03月
     

  • 重錘落下締固め球根基礎工法の開発と適用性に関する研究

    基盤研究(B)(2) 分担者・その他

    研究期間:

    1995年04月
    -
    1997年03月
     

  • 重錘落下による衝撃力の発生機構と地盤の締固め機構

    奨励研究(A) 代表者

    研究期間:

    1994年04月
    -
    1995年03月
     

  • 重錘落下による衝撃締固め機構の研究

    奨励研究(A) 代表者

    研究期間:

    1993年04月
    -
    1994年03月
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高圧噴射撹拌工法における地盤切削距離の測定方法に関する研究

    制度名:  共同研究 (共同研究)  代表者

    研究期間:

    2017年07月
    -
    2018年03月

  • PBDを用いた地下水位低下工法による液状化対策の検討

    制度名:  教育研究奨励寄附 (教育研究奨励寄附)  代表者

    研究期間:

    2017年05月
    -
    2018年03月

  • 熊本県益城町の常時微動観測による地盤特性

    制度名:  教育研究奨励寄附金 (教育研究奨励寄附)  代表者

    研究期間:

    2016年12月
    -
    2017年03月

  • 沖積粘土層の超鋭敏性と地震動に与える影響の検討

    制度名:  教育研究奨励寄附金 (教育研究奨励寄附)  代表者

    研究期間:

    2016年08月
    -
    2017年03月

  • 地盤改良に関する調査・評価技術についての研究

    制度名:  教育研究奨励寄附金 (教育研究奨励寄附)  代表者

    研究期間:

    2016年08月
    -
    2017年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • グローバル経営論特論

    (2017年度)大学院 共通(教育)科目

  • 前期特別演習

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 地盤工学特論

    (2017年度)大学院 専門科目

  • コミュニティと防災

    (2017年度)大学 共通(教育)科目

  • 地圏環境工学

    (2017年度)大学 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • FD活動への貢献

    (2017年度)

     概要を見る

    都市学科,工学部のFD集会に参加し,担当科目の改善を図った。
    学生授業アンケートを基に研究教育指導を改めている。

  • FD活動への貢献

    (2016年度)

     概要を見る

    都市学科,工学部のFD集会に参加し,担当科目の改善を図った。
    学生授業アンケートを基に研究教育指導を改めている。

  • FD活動への貢献

    (2015年度)

     概要を見る

    都市学科,工学部のFD集会に参加し,担当科目の改善を図った。
    学生授業アンケートを基に研究教育指導を改めている。

  • FD活動への貢献

    (2014年度)

     概要を見る

    2014.3.24の都市学科FD集会に参加し,FD活動を行った。
    学生授業アンケートを基に研究教育指導を改めている。

  • FD活動への貢献

    (2013年度)

     概要を見る

    2013.9.25の工学部FD集会に参加し,FD活動を行った。
    2013.9.28の都市学科FD集会に参加し,FD活動を行った。

全件表示 >>

教育活動実績 【 表示 / 非表示

  • 担当年度:2017年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    3名
    卒業論文審査数
    6件
    博士課程学生指導数(前期)
    1名
    博士課程学生指導数(後期)
    1名
    修士論文審査数(主査)
    1件
    修士論文審査数(副査)
    5件
    博士論文審査数(主査)
    1件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2012年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    3名
    卒業論文審査数
    6件
    博士課程学生指導数(前期)
    3名
    博士課程学生指導数(後期)
    1名
    修士論文審査数(主査)
    3件
    修士論文審査数(副査)
    2件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    1件
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • マスメディア活動

    2017年11月
     
     

    主催者・発行元: 読売テレビ  「かんさい情報ネットten」 

     概要を見る

    「深さ5mの穴 運動場の下には」堺市市立平井中学校グラウンドの陥没事故で取材を受け,出演した。

  • その他活動

    2011年04月
    -
    2012年03月

     概要を見る

    重点研究「都市環境の再生に向けた戦略的新展開」の研究分担者

  • マスメディア活動

    2008年04月
    -
    2009年03月

     概要を見る

    セメント新聞(2009年3月23日):戸建て住宅における地盤改良の現状に記事が掲載

提供可能講座 【 表示 / 非表示

  • 地震による液状化発生のメカニズム 〜大阪の液状化危険度の予測と対策〜

    形態:公開講座

    対象:中学生, 高校生, 社会人・一般

    内容:まず,2011年3月11日に発生した東日本大震災での千葉・茨城県の関東地方で砂地盤の液状化被害の状況を紹介し,その原因を考察します。次に,大阪地域の250m区画ごとの地盤モデルを用いて東南海・南海地震を想定した液状化危険度を予測した結果,および地下水位低下による液状化対策効果を紹介します。

    東日本大震災での液状化被害をふりかえり,東南海・南海地震を想定した大阪地域の液状化危険度について考えます。 講演内容は講演対象者(一般市民,中高生,専門家)に合わせて対応します。

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 浚渫粘土の埋立技術と沈下予測

    研究テーマ概要:浚渫粘土による埋立処分場の減容化のための新たな地盤改良方法およびその沈下予測手法の開発について研究である。

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演, 共同研究, 受託研究, 技術相談, 講演

    交流可能な時期・期間:2003年から可能

    キーワード:プラスチックボードドレーン, 浚渫粘土, 自重圧密, 遠心模型実験, 数値計算

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:圧密沈下予測のための圧密理論の構築、廃棄物として扱われる浚渫粘土の処分方法、有効利用などに活用できる。

    中核となる知識・技術・情報等:圧密理論、圧密による地盤改良工法

    予測される波及効果:技術的、経済的に最適な埋立方法の構築

    交流可能な研究テーマに関する詳細:日本の臨海部埋立地は,航路や河川の整備・維持のために生じる浚渫粘土で埋め立てられる場合が多く,埋め立てられた浚渫粘土は超軟弱地盤となる。この超軟弱地盤を速やかに沈下させて安定した地盤とするために,プラスチックボードドレーンを打設し,地下水位低下工法,大気圧工法などを併用した新しい圧密促進工法が開発されている。その圧密のメカニズムを調べるために遠心模型実験を行い,要因分析を行うい,また同時に、それらの結果が説明でき,沈下予測が可能な解析手法を開発する。

    従来の研究との優位性、特徴:浚渫粘土のような超軟弱地盤では自重圧密が主体となる。従来の研究ではこのような場の改良効果の検証が不十分であった。

  • 地下水の有効利用に関する研究

    研究テーマ概要:地下水を有効に利用するために,熱利用,液状化対策利用,災害時利用を行う手法を開発する。

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:受託研究, 共同研究

    交流可能な時期・期間:2010-

    キーワード:地下水, 熱利用, 液状化対策, 災害時利用

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:土木分野から建築分野,地盤環境分野も

  • 地盤情報データベースの基づく関西地域の沖積層・洪積層の地盤特性

    研究テーマ概要:地盤情報データベース及び地盤調査結果に基づいて関西地域の沖積層・洪積層の地盤特性を250m区画で明らかにする。

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演

    交流可能な時期・期間:2005-

    キーワード:液状化, 地盤沈下, 地下水環境, 震動特性

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:沖積砂層に対しては地震時液状化危険度の把握,沖積粘土層に対しては地盤沈下の把握につながる。

  • 戸建住宅の地盤調査法と基礎工法

    研究テーマ概要:戸建住宅の地盤の性状を低コスト・高精度で求めるために地盤調査法を開発し,その結果を基に液状化判定,液状化対策を行う手法を開発する。

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演

    交流可能な時期・期間:2007-

    キーワード:戸建住宅, 地盤調査法, 液状化, 基礎工法

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:土木分野に限らず,建築分野も含む

シーズ 【 表示 / 非表示

  • 地下水制御による都市の地盤防災と環境保全に関する研究

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2013年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    1名
    外国人留学生受入数
    1名

    中国