瀧山 武 (タキヤマ タケシ)

TAKIYAMA Takeshi

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士

研究分野 【 表示 / 非表示

知能機械学・機械システム, 内燃機関の制御, 自動車の動力駆動系の最適化制御に関する研究

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 自動車の排出ガス浄化と燃料消費が最適になるような制御システムの構築や制御理論の適用方法などについて、実験とシミュレーションにより研究している

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 空燃比制御による排出ガス最適化制御

    (機関内共同研究)

    研究課題キーワード:  ガソリン機関、空燃比、排ガス浄化

  • 機関・CVT統合制御による燃料消費率改善に関する研究

    (機関内共同研究)

    研究課題キーワード:  ガソリン機関、無段変速機、燃料消費率

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • 自動車技術会(フェロー)

  • システム制御情報学会

  • 計測自動制御学会

  • ロボット学会

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   機械物理系専攻   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年

    大阪市立大学  工学研究科  機械工学  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    大阪市立大学  工学部  機械工学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 障害物回避自動走行のためのクロソイド曲線を用いた目標軌道生成と車両制御

    瀧山 武, 藤田 純一

    一般社団法人 日本機械学会 日本機械学会論文集  2020年  [査読有り]

     概要を見る

    <p>In order to avoid an obstacle automatically for an automated vehicle, this paper investigated a method to generate a target trajectory using a clothoid curve and to control the vehicle. Although a mathematical constraints or a potential methods are often used to generate the target trajectory for an obstacle avoidance, it requires trial and error and experience, and it is also necessary to consider the vehicle's drivability. The clothoid curve is often used for a road curve design, therefore, the curve is considered to be suitable for the characteristics of a vehicle driving. Although a clothoid curve passing through a target point is necessary for obstacle avoidance, such clothoid curve is often obtained by trial and error. Therefore, the numerical analyses were executed to obtain the characteristics of the clothoid curve, then, the method was investigated to generate the clothoid curve to pass through the target point. Furthermore, a method to generate a target avoidance trajectory was also investigated expanding the generated clothoid curve based on the traveling characteristics of a vehicle. For driving on the target trajectory satisfactory, both the position and turning angle of the vehicle are controlled by means of a steering manuplation. The controller was constructed using a 1-input 2-output system, therefore, it is very difficult to satisfy both value at the same time. Furthermore, it is also necessary to consider a nonholonomic characteristics of the vehicle. From these point, this paper investigated the optimal control using nonlinear least square probrem sequential quadratic programming(NLSSQP) by means of the time behaviour of input and output in the evaluation value. Well expected results are obtained and shown in the simulation and the experiment.</p>

    DOI CiNii

  • フィードフォワード制御系の適応化による過渡時エンジン回転速度制御の精度向上の検討

    瀧山 武

    公益社団法人 自動車技術会 自動車技術会論文集  50 ( 3 ) 963 - 969 2019年  [査読有り]

     概要を見る

    内燃機関のさらなる高効率化のために、過渡運転状態での使用頻度が多い自動車用ガソリン機関を、パラメータ変化しても精度良く制御することが望まれる。そこで速応性の優れたフィードフォワード制御系において、非線形計画法をオンライン実施して適応化を行い、過渡時のエンジン回転速度制御の精度向上を検討した。

    DOI CiNii

  • 整定時間指定サーボ系設計手法を用いたガソリン機関回転速度制御系の適応化の検討

    瀧山 武, 吉川 達哉, 野 仁人, 太田 有三

    一般社団法人 日本機械学会 日本機械学会論文集  2018年  [査読有り]

     概要を見る

    <p>In order to satisfy the setting settling time and overshoot, a new design method of controller was developed using a model parameter which was approximated as a second-order lag-time system. Then, an effectiveness was experimentally demonstrated as an engine speed controller. In order to operate wide conditions, however, an adaptive ability was required for parameter change. This paper investigated regarding an on-line execution of non-linear least square problem to obtain the changed controlled plant model parameter. A simulation study were carried out and a suitable adaption were experimentally demonstrated.</p>

    DOI CiNii

  • PI and Adaptive Model Matching Control System that Satisfies the Setting Settling Time, application to engine speed control

    Takeshi Takiyama, Tatsuya Yoshikawa, Jinto Noh, Yuzo Ohta

    IFAC Papers OnLine, 3rd IFAC Conference on Advances in Proportional-Integral-Derivative Control PID 2018  51 ( 4 ) 394 - 399 2018年  [査読有り]

  • 過渡時空燃比制御におけるモデル予測制御のオンライン適応化の検討

    瀧山 武, 東野 充宏

    公益社団法人 自動車技術会 自動車技術会論文集  48 ( 2 ) 569 - 574 2017年  [査読有り]

     概要を見る

    モデル予測制御において,制御対象を線形モデル化して設計した場合,モデルパラメータが設計時から変化すると制御性能は悪化するが,モデルパラメータが制御対象と一致していれば,常に最適制御が可能である.そこで,MPCを用いた過渡時空燃比制御において遺伝的アルゴリズムを用いたオンライン適応化について検討した.

    DOI CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • OHM 大学テキスト 制御工学

    太田有三(編著)小西啓治,安田寿彦,増淵泉,澤田祐一 (担当: 共著 )

    オーム社  2012年11月

  • 自動車触媒の最新技術および劣化対策と貴金属低減

    村木秀昭他23名

    情報機構  2010年12月

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • メカトロニクスの制御設計(PIDからロバスト制御)

    瀧山武

    日本マリンエンジニアリング学会メカトロニクス研究小委員会  2005年11月  [依頼有り]

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • クロソイド曲線と非線形計画法を用いた障害物回避軌道生成と車両制御

    藤田 純一, 瀧山 武

    第61回自動制御連合講演会  2018年11月 

  • フィードフォワード制御の適応化による過渡時エンジン回転速度制御の精度向上の検討

    瀧山武

    自動車技術会秋季大会  2018年10月 

  • PI and Adaptive Model Matching Control System that Satisfies the Setting Settling Time, application to engine speed control

    Takeshi Takiyama, Tatsuya Yoshikawa, Jinto Noh, Yuzo Ohta

    IFAC Papers OnLine, 3rd IFAC Conference on Advances in Proportional-Integral-Derivative Control PID 2018  2018年05月 

  • 整定時間指定サーボ系設計手法を用いたガソリン機関回転速度制御系の適応化の検討

    瀧山 武, 吉川 達哉, 野 仁人, 太田 有三

    自動制御連合講演会 自動制御連合講演会講演論文集  2017年11月 

  • 過渡時空燃比制御におけるモデル予測制御のオンライン適応化の検討

    瀧山武、東野充宏

    自動車技術会2016年秋季大会学術講演会  2016年10月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 制御工学I

    (2017年度)大学 専門科目

  • 動力システム工学特論

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 機械工学演習B

    (2017年度)大学 専門科目

  • 数値計算法

    (2017年度)大学 専門科目

  • 機械設計製作実習

    (2017年度)大学 専門科目

全件表示 >>