鶴田 滋 (ツルタ シゲル)

TSURUTA Shigeru

写真a

機関リポジトリ

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(法学)

研究分野 【 表示 / 非表示

民事法学

研究概要 【 表示 / 非表示

  •  民事訴訟法について主に研究しています。これまでは、必要的共同訴訟を中心とする多数当事者訴訟を研究していましたが、最近では、訴訟追行権や判決効についても研究しています。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

共同訴訟, 必要的共同訴訟

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 必要的共同訴訟の研究

    (個人研究) 研究期間:

    2004年
    -
    現在

  • 判決効の研究

    (個人研究) 研究期間:

    2015年
    -
    現在

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 法学部・大学院法学研究科において、民事訴訟法の講義を主に行っています。

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2016年08月
    -
    2017年03月

    共通到達度確認試験第3回(平成28年度)試行試験民事訴訟法作問委員   委員

  • 2011年10月
    -
    2015年03月

    福岡県労働委員会   公益委員

  • 2010年05月
    -
    2013年05月

    日本民事訴訟法学会   理事

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学教育後援会「優秀テキスト賞」

    2017年11月03日  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   法学研究科   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院法学研究科   教授

  • 2008年04月
    -
    2015年03月

      九州大学   法学(政治学)研究科(研究院)   准教授

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

      福岡大学   法学部   (専任)講師

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    大阪市立大学  大学院法学研究科  博士課程

  •  
    -
    1998年03月

    熊本大学  大学院法学研究科  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年03月

    九州大学  法学部 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 訴訟行為(特集 条文にない民訴法の原則・理論)

    法学教室(有斐閣)  ( 434 ) 25 - 29 2016年11月

  • 判決効拡張・訴訟承継における承継人概念-実体適格と訴訟追行権

    法律時報  88 ( 8 ) 26 - 31 2016年07月

  • 固有必要的共同訴訟における実体適格と訴訟追行権

    松本博之先生古稀記念論文集『民事手続法制の展開と手続原則』(弘文堂)  2016年04月

  • 共同相続人のうち自己の相続分の全部を譲渡した者と遺産確認の訴えの当事者適格

    判例時報  ( 2277 ) 197 - 203 2016年02月

  • 口頭弁論終結後の承継人への既判力拡張の意味 (九州大学法学部創立九十周年記念論文集)

    法政研究  81 ( 4 ) 817 - 861 2015年03月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 共有者の共同訴訟の必要性―歴史的・比較法的考察 (九州大学法学叢書 3)

    (担当: 単著 )

    有斐閣  2009年08月

  • 日中民事訴訟法比較研究

    吉村 徳重, 上田 竹志, 小嶋 明美, 白出 博之, 韓 寧, 池田 辰夫, 川嶋 四郎, 鶴田 滋, 濵﨑 録, 安西 明子, 堀野 出, 宮永 文雄, 西川 佳代 (担当: 単著 )

    九州大学出版会  2017年03月

    ASIN

  • 民事訴訟法 (日評ベーシック・シリーズ)

    渡部美由紀, 鶴田 滋, 岡庭 幹司 (担当: 単著 )

    日本評論社  2016年11月

    ASIN

  • 民事手続法制の展開と手続原則 : 松本博之先生古稀祝賀論文集

    徳田 和幸, 上野 泰男, 本間 靖規, 高田 裕成, 高田 昌宏 (担当: 単著 )

    弘文堂  2016年

    CiNii

  • 山本和彦=小林昭彦=浜秀樹=白石哲編『新基本法コンメンタール 民事執行法』

    鶴田滋 (担当: 単著 )

    日本評論社  2014年04月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 家事事件手続法における職権主義と手続保障

    鶴田滋

    第17回日韓家族法学会  2012年06月 

  • 共有者の共同訴訟の必要性と共有者の訴権の保障

    鶴田滋

    日本民事訴訟法学会  2010年05月 

  • 共有の対外的主張における固有必要的共同訴訟の柔構造化

    鶴田滋

    九州法学会  2007年06月 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 必要的共同訴訟人間の牽制関係と判決効に関する比較法的研究

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    民事訴訟法40条1項の規律が必要的共同訴訟人間に牽制関係を付与しているという視点から、必要的共同訴訟においては具体的にはどのような手続規律であるべきかについて、および、この視点から必要的共同訴訟人間に判決効を認めることの可否について、比較法的考察により研究する。

  • 必要的共同訴訟人間の牽制権の保障に関する歴史的・比較法的研究

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

  • 共有者の内部紛争における固有必要的共同訴訟の構造・手続規律

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

  • 共同訴訟の成立要件と審判規律の関連性をめぐる歴史的・比較法的研究

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2011年03月
     

  • 固有必要的共同訴訟の柔構造化に関する比較法的研究

    若手研究(スタートアップ) 代表者

    研究期間:

    2006年04月
    -
    2008年03月
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 法学入門(共同担当)

    (2017年度)大学 専門科目

  • 民事訴訟法演習

    (2017年度)大学 専門科目

  • 民事訴訟法第2

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 民事訴訟法1(法科大学院)

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 民事訴訟法2(法科大学院)

    (2017年度)大学院 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • オフィスアワー

    (2017年度)

     概要を見る

    法曹養成専攻担当の講義においてオフィスアワーを設置し、学生からの質問に応じた。

  • クラス担任

    (2017年度)

     概要を見る

    法曹養成専攻においてクラス担任を行っており、本年度は2回個別面談を行った。