岩波 由香里 (イワナミ ユカリ)

IWANAMI Yukari

写真a

機関リポジトリ

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • University of Rochester -  Ph.D.

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 国際政治経済やゲーム理論の基礎を、日本語や英語で講義・指導している。

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   経済学研究科   現代経済専攻   准教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 平和維持活動の創設をめぐる国連と地域的機構の不完備情報ゲーム

    岩波 由香里

    一般財団法人 日本国際政治学会 国際政治  2015 ( 181 ) 181_45 - 181_59 2015年  [査読有り]

     概要を見る

    Since the late 1990s, the United Nations (UN) has begun to mount peacekeeping operations in the conflict zones where regional organizations had already deployed their peacekeepers. This paper employs a game-theoretic model to examine the reasons for the UN's decision to intervene in such conflicts rather than choosing disengagement or devolution, and its reasons for allowing regional organizations to intervene first. The results suggest that regional organizations intervene in regional conflicts to signal their inability to resolve the conflicts single-handedly. By showing the ineffectiveness of regional arrangements, they try to elicit cooperation from the UN, a more resourceful organization. However, I also find that when the cost of intervention is high, the UN is not likely to intervene in the conflict even after a regional organization dispatches peacekeepers. Knowing this, disputants are more likely to violate a cease-fire agreement and increase the burden of regional countries. Finally, when a regional organization anticipates that the UN is likely to pass the buck, it would refrain from dispatching peacekeepers and wait until the UN is embroiled in the conflict. I illustrate these findings through an example of the conflicts in Africa.

    DOI CiNii

  • The Selection and Signaling Effects of Third-Party Intervention

    Journal of Theoretical Politics  26 ( 1 ) 135 - 157 2014年

  • 国連安保理における日本の役割 -代表性の視点から見た日本のこれまでの活動-

    関西外国語大学 研究論集  ( 97号 ) 145 - 164 2013年

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Games of Conflict and Cooperation in Asia

    Motoshi Suzuki, Akira Okada (担当: 単著 )

    Springer  2017年

  • 国際紛争と協調のゲーム

    鈴木 基史, 岡田 章( 経済学), 岩波 由香里, 多湖 淳, 飯田 敬輔, 石黒 馨, 林 光, 石田 淳, 栗崎 周平 (担当: 単著 )

    有斐閣  2013年

    CiNii

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Powerplay: The Origins of the American Alliance System in Asia

    Iwanami Yukari

    INTERNATIONAL RELATIONS OF THE ASIA-PACIFIC  17 ( 2 ) 329 - 332 2017年05月

    DOI

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Aid Allocation and Burden-Shraing

    Yukari Iwanami

    日本経済学会  2017年06月 

  • Aid Allocation and Burden-Sharing

    Yukari Iwanami

    Midwest Political Science Association  2017年04月 

  • Asymmetric Burden-Sharing and the Reassurance Effect of Alliances

    Yukari Iwanami  [招待有り]

    the Watson Seminar, University of Rochester  2017年03月 

  • Aid Allocation and Burden-sharing

    日本国際政治学会  2016年10月 

  • The Integration of New Members and the Enforcement of Intellectual Property Law 

    American Political Science Association  2014年08月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • グローバルガバナンスの変容と国家政策の政治経済分析

    国際政治経済 分担者・その他

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2018年03月
     

  • 国際ガバナンスにおける提携形成と制度設計の政治経済分析

    国際政治経済 分担者・その他

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2014年03月
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 国際経済上級講義

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 専門演習(4年次)

    (2017年度)大学 専門科目

  • 国際協力論

    (2017年度)大学 専門科目

  • 国際協力論研究・同演習

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 専門演習(3年次)

    (2017年度)大学 専門科目

全件表示 >>