YAMADA Kouichi

写真a

Search Institutional Repository


Title

Lecturer

Laboratory location

Abeno Campus

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Medicine   Clinical Medicine Course   Lecturer  

  • Osaka City University   University Hospital  

Graduating School 【 display / non-display

  •  
     
     

    Kagoshima University   Faculty of Medicine  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Incidental finding of neurosyphilis with intracranial hemorrhage and cerebral infarction: A case report

    Imoto Waki, Arima Hironori, Yamada Koichi, Kanzaki Toshiyuki, Nakagawa Chihiro, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Goto Takeo, Kakeya Hiroshi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY  27 ( 3 ) 521 - 525 2021.03  [Refereed]

    DOI

  • 心臓血管外科手術時の手術部位感染予防抗菌薬変更に伴う影響調査 アンピシリン/スルバクタムからクリンダマイシンへ

    西浦 広将, 櫻井 紀宏, 中村 安孝, 山田 康一, 藤井 弘通, 柴田 利彦, 掛屋 弘, 永山 勝也

    (一社)日本病院薬剤師会 日本病院薬剤師会雑誌  57 ( 2 ) 209 - 213 2021.02  [Refereed]

     View Summary

    従来、心臓血管外科手術では、手術部位感染予防抗菌薬としてアンピシリン/スルバクタム(ampicillin/sulbactam:以下、ABPC/SBT)が使用されていたが、抗菌薬供給不足により2019年5月1日からクリンダマイシン(clindamycin:以下、CLDM)が使用された。そこで、予防抗菌薬変更前の2019年3〜4月に手術を受けた28例をABPC/SBT群、変更後の同年5〜6月に手術を受けた20例をCLDM群とし、予防抗菌薬変更が及ぼす影響を調査した。手術部位感染発生例数はABPC/SBT群0例、CLDM群1例で、両群間に統計学的な有意差はなかったが、他剤への変更例数はCLDM群で有意に高かった。本検討よりCLDM群は、抗菌スペクトラムに該当しない原因菌による術後感染症が発生したため、CLDMを使用せざるを得ない場合は、これらの菌種による術後感染症の発生に注意する必要がある。(著者抄録)

  • Three-year epidemiological analysis of Clostridioides difficile infection and the value of hospital-infection control measures in a tertiary-care teaching hospital in Japan using PCR-based open-reading frame typing

    Nakaie Kiyotaka, Yamada Koichi, Kuwabara Gaku, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Niki Makoto, Sakurai Norihiro, Nonose Yuka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY  27 ( 2 ) 179 - 184 2021.02  [Refereed]

    DOI

  • Congenital bronchial atresia complicated by a lung abscess due to Aspergillus fumigatus: a case report

    Kuwabara Gaku, Sone Risa, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Yamada Koichi, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Nishiyama Noritoshi, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi

    BMC PULMONARY MEDICINE  21 ( 1 )  2021.01  [Refereed]

    DOI

  • Invasive pulmonary aspergillosis caused by Aspergillus terreus diagnosed using virtual bronchoscopic navigation and endobronchial ultrasonography with guide sheath and successfully treated with liposomal amphotericin B

    Yoshii Naoko, Yamada Koichi, Niki Makoto, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Sakatoku Kazuki, Sato Kanako, Nakai Toshiyuki, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kakeya Hiroshi, Kawaguchi Tomoya

    INFECTION  2021.01  [Refereed]

    DOI

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 【ICTから現場へ!感染対策のよい伝え方 普通の伝え方 悪い伝え方 あなたの熱意を現場のやる気につなげよう!】(第2章)急性期ケア病院の課題 (第22話)カルバペネム系の使用量が減らない!

    山田 康一, 掛屋 弘

    (株)メディカ出版 INFECTION CONTROL  ( 2020夏季増刊 ) 152 - 158 2020.08  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    <スタッフに必ず伝えるべきポイント>●まず、カルバペネム系抗菌薬の使用を否定しない。主治医が使用するのには理由があることに共感する。●カルバペネム系抗菌薬の適応に対する感染対策チーム(ICT)の考え方を伝える。●「カルバペネム系抗菌薬は広域だから安心」という考えの医療従事者も存在する。万能薬ではなく、弱点もあることを説明する。●カルバペネム系抗菌薬を使用する場合には、その前に微生物検査を確実に行うことを伝える。検査がされていないと、薬剤変更や中止ができない。●菌種判明後に薬剤の狭域化(デ・エスカレーション)を依頼するときは低姿勢を貫き、その必要性を説く。ICTは高圧的な態度をとってはならない。主治医が抗菌薬中止に難色を示す場合は、折衷案を提示してもよい。抗菌薬の中止・変更後も経過をフォローする。●使用量のみならず、耐性菌やClostridioides difficile(CD)感染症の発生率などのデータを併せて提示し、関連性を示す方法もある。(著者抄録)

  • 薬剤の使用動向の指標を用いて薬剤師がすべき薬剤耐性菌対策

    中村 安孝, 山田 康一, 掛屋 弘, 永山 勝也

    (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌  68 ( 1 ) 125 - 131 2020.01  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    抗菌薬使用に関するサーベイランスは、薬剤師の大きな役割の一つである。抗菌薬の使用量(Antimicrobial usage:AMU)は、1日使用量、使用期間、使用人数の3つの要素から構成され、Defined daily dose(DDD)によるAntimicrobial use density(AUD)、Days of therapy(DOT)、AUD/DOT等が評価指標として臨床応用されている。これら3つの指標を相互に判断することで、AMU変化の要因について明確にすることが可能であると考えられている。本稿では、大阪市立大学医学部附属病院(以下、大阪市大病院)で算出したAUD、DOT、AUD/DOTを例に挙げてその考え方について解説し、また、抗菌薬適正使用支援チーム(Antimicrobial stewardship team:AST)活動のアウトカム評価におけるAUD、DOT、AUD/DOT評価事例について報告する。1日使用量、使用期間、使用人数は、薬剤耐性菌対策の評価項目であるが、本結果のみで抗菌薬適正使用の是非を決めることはできない。ただし、これまで主流であったAUDにDOTを組み合わせて解析することで、ASTの介入効果がより適切に評価されると同時にAUD、DOT、AUD/DOTの情報が臨床現場と共有され、抗菌薬の適正使用に役立つと考えられる。(著者抄録)

  • 【「意味がわからない」「今さら聞けない」が勢ぞろい!"初心者さん"のためのAST活動Q&A】AST活動の対象がわからない

    掛屋 弘, 山田 康一, 仁木 誠, 小林 由佳

    (株)メディカ出版 INFECTION CONTROL  28 ( 7 ) 672 - 677 2019.07  [Refereed]  [Invited]

  • 【血液疾患に合併する感染症とその対策】クロストリジオイデス(クロストリジウム)・ディフィシル感染症に対する新たな治療戦略

    掛屋 弘, 山田 康一, 吉井 直子

    (有)科学評論社 血液内科  78 ( 3 ) 338 - 344 2019.03  [Refereed]  [Invited]

  • 【日常診療における感染防止対策】抗菌薬適正使用支援の現状と課題

    山田 康一, 掛屋 弘

    (株)メディカルレビュー社 Pharma Medica  36 ( 9 ) 49 - 52 2018.09  [Refereed]  [Invited]

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

display all >>

 

Other educational activity and Special note 【 display / non-display

  • Extra-Curricular Activities

    (2020)