阿久澤 麻理子 (アクザワ マリコ)

AKUZAWA Mariko

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス, 梅田サテライト

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

1998年より姫路工業大学(現・兵庫県立大学)環境人間学部教員、2011年より大阪市立大学創造都市研究科、2018年より同大学人権問題研究センター/都市経営研究科(社会人大学院)教員。専門は教育社会学。研究テーマ:①普遍的な人権の概念が市民社会に受容されるプロセスと、人権教育の役割 ②変容する現代社会における差別・排除(とくに部落差別を中心に) ③ローカル・リジョナル(アジア太平洋地域)なレベルでの人権保障システムと政策 ③通信制高校についての研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  人間科学博士

研究分野 【 表示 / 非表示

教育社会学, 人権教育

研究概要 【 表示 / 非表示

  •  普遍的とされる「人権」の概念が、市民社会にどのように浸透し、受容され、また葛藤を引き起こすのか、日本、および東アジアを中心に、研究している。 具体的には、各国、現場の人権教育の内容やプロセスが、学習者・コミュニティに与える影響に注目する。 また、その際、政府・自治体、学校教育、市民社会組織、国内人権機関、国連を中心とする国際人権レジームなどの諸アクターの役割と関係性に注目する。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

人権教育, 同和教育と部落差別, 量的質的調査を通じた市民意識(人権意識)の測定

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 部落差別と市民意識(教育・啓発・研修の役割)

    (個人研究) 研究期間:

    1993年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  部落差別 人権教育 啓発

  • 市民社会の人権概念の受容における、人権教育の役割

    (国内共同研究) 研究期間:

    1998年04月
     
     

    研究課題キーワード:  人権教育、市民社会

  • アジア・太平洋地域の学校における人権教育

    (国内共同研究) 研究期間:

    2007年04月
     
     

    研究課題キーワード:  human rights education、Asia-Pacific

  • アジア太平洋の大学院における人権教育・研究(人権プログラム)の意義と課題

    (国内共同研究) 研究期間:

    2006年04月
    -
    2010年03月

    研究課題キーワード:  人権教育・研究、アジア太平洋地域、大学院

  • 後期中等教育への権利保障と通信制高校・サテライト教育施の役割

    (国内共同研究) 研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月

    研究課題キーワード:  通信制高校、後期中等教育、技能教育施設

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本人権教育研究学会

  • 日本社会教育学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   人権問題研究センター   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年
    -
    1989年

      曹洞宗ボランティア会〔現(社)シャンティ国際ボランティア会〕  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年

    大阪大学  人間科学研究科  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    上智大学  法学部  国際関係法学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 「直しを支える『本校外の支援拠点』―広域制私立通信制高校と技能教育施設・サポート校等の『連携』から見えるもの―」

    大阪市立大学共生社会研究会『共生社会研究』  ( 10 ) 11 - 22 2015年03月

  • 「後退するシティズンシップ : ネオリベラリズムのなかの人権・市民意識」

    開発教育協会『開発教育』  ( 61 ) 81 - 89 2014年12月

  • 「後期中等教育における学習権保障の場としての通信制高校―社会的条件不利とともに学ぶ生徒を支える私学4校の取り組み―」

    大阪市立大学人権問題研究センター編『人権問題研究』  ( 14 ) 173 - 186 2014年03月

  • 「事業協同組合を活用した中小企業による障害者雇用―神奈川県建設総合サービス協同組合による精神障害者雇用を事例として―」

    阿部 寛

    『兵庫県立大学環境人間学部研究報告』  ( 13 ) pp..1-8 2011年03月

  • 「台湾における人権教育――北東アジアの文脈において――」

    『兵庫県立大学環境人間学部研究報告』  ( 12 ) pp..59-67 2010年03月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 『人権ってなに? Q&A』

    金子匡良 (担当: 共著 )

    (株)解放出版社  2006年

  • 『フィリピンの人権教育―ポスト冷戦期における国家・市民社会・国際人権レジームの役割と関係性の変化を軸として―』

    (担当: 単著 )

    解放出版社  2006年

  • 『人はなぜ権利を学ぶのか フィリピンの人権教育』

    (担当: 単著 )

    解放出版社  2002年

  • 丹波市人権に関する市民意識調査結果報告書

    阿久澤麻理子 (担当: 単著 )

    丹波市まちづくり部人権啓発センター  2019年03月

  • 人権ってなんだろう?

    アジア・太平洋人権情報センター, 金子 匡良, 白石 理, 阿久澤 麻理子, 三輪 敦子, 朴 君愛 (担当: 共著 )

    解放出版社  2018年12月

    CiNii

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 「全国部落調査」復刻版出版差し止め裁判に対する 意見書

    阿久澤麻理子

    大阪市立大学人権問題研究センター『人権問題研究』  16   71 - 95 2019年03月  [依頼有り]

  • 「2つの文献をてがかりに『インターネットと部落差別』を考える」

    阿久澤 麻理子

    『共生社会研究』  ( 13 ) 36 - 39 2018年03月  [依頼有り]

  • 「人権教育が向き合わなければならない現代的課題」

    阿久澤 麻理子

    (一財)アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)『国際人権ひろば』  ( 138 ) 8 - 9 2018年03月  [依頼有り]

  • 「インターネット上のことばと表現をめぐって」

    阿久澤 麻理子

    新英語研究会編集部『新英語研究』12月号    6 - 6 2017年12月  [依頼有り]

  • 差別に抗する教育の創造に向けて―「ヘイト」に抗し、マイノリティのエンパワメントに向き合うこと

    阿久澤 麻理子

    公益社団法人全国人権教育研究協議会『であい』4月号    2 - 11 2017年11月  [依頼有り]

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • New Patterns of Racial Discrimination in Japan

    Akuzawa, M.

    9th International Conference on Human Rights Education  2018年11月 

  • Changing forms and discourse of Buraku Discrimination in Japan: Focusing on “modern” racism and internet

    Akuzawa, M.  [招待有り]

    Workshop on Minority Rights  2018年10月 

  • 部落差別の現代的位 相を問う―各地の人権意 識調査の結果にみる市民 の部落問題認識・意識の変 化

    阿久澤 麻理子

    日本社会教育学会第64回研究大会  (埼玉大学)  2017年09月  日本社会教育学会

     概要を見る

    近年の人権意識調査において、結婚などにおける部落出身者=人に対する忌避意識よりも、土地に対する忌避意識のほうがより強く現れる背景について分析した。

  • 地対財特法後の都市 部落と『周縁化』に抗する 取り組み

    阿久澤 麻理子  [招待有り]

    日本社会教育学会第64回研究大会  (埼玉大学)  2017年09月  日本社会教育学会

     概要を見る

    プロジェクト研究「地域づくりと社会教育」として、都市部落とまちづくり、学習活動についてとりあげた。

  • 変容する差別・排除―民意識調査を通して みた部落差別若者世代の 教育を考えるために―

    阿久澤 麻理子

    日本人権教育研究学会第18回研究大会  (姫路大学)  2017年08月  日本人権教育研究学会

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 現代社会における部落差別の変容に関する研究―差別意識とその表出形態に焦点を当てて

    研究課題/領域番号:18K02034  基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

  • 社会的条件不利地域の母子支援活動実践と連携した心理学的介入

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2017年03月
     

  • 「新たな社会問題」空間としての被差別部落と都市下層の再編過程の研究

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2017年03月
     

  • 通信制高校の実態と実践例の研究――若者の総合的支援の場としての学校のあり方

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2015年03月
     

  • 国連グローバルコンパクトの課題

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2012年03月
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 人権についての姫路市民意識調査

    制度名:  人権についての姫路市民意識調査 (受託研究)  代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月

  • 第7回堺市人権意識調査

    制度名:  第7回堺市人権意識調査 (受託研究)  分担者・その他

    研究期間:

    2015年
    -
    2016年03月

  • 丹波市人権に関する市民意識調査

    制度名:  丹波市人権に関する市民意識調査 (受託事業)  代表者

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2014年03月

  • 人権についての姫路市民意識調査(受託調査)

    制度名:  人権についての姫路市民意識調査(受託調査) (受託研究)  代表者

    研究期間:

    2011年04月
     
     

  • 草の根コミュニティに「普遍的人権」の概念を伝え、人権に対するリテラシー を構築する、国内人権機関の取り組みとその課題—フィリピン、マレーシアを例として—

    制度名:  日本財団アジアフェローシップ(APIフェローシップ) 代表者

    研究期間:

    2005年03月
    -
    2005年09月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • イノベーション経営演習

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 医療福祉イノベーション経営課題演習I・II

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 共生社会と医療倫理

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 地球市民と人権

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

  • 共生社会創造演習 A・B

    (2018年度)大学院 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • FD活動への貢献

    (2013年度)

     概要を見る

    学内FD活動への参加等

教育活動実績 【 表示 / 非表示

  • 担当年度:2013年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(前期)
    25名
    博士課程学生指導数(後期)
    1名
    修士論文審査数(主査)
    2件
    修士論文審査数(副査)
    3件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪府人権総合講座

    役割:講師

     対象:社会人・一般, 行政機関 

    2019年02月
     
     

    主催者・発行元: 大阪府人権協会  大阪府人権総合講座 

  • 日本学術会議社会学委員会社会福祉学分科会(講師)

    役割:講師, 情報提供

     対象:研究者, 学術団体 

    2018年12月
     
     

    主催者・発行元: 日本学術会議社会学委員会社会福祉学分科会 

  • 第55回全国隣保館職員近畿ブロック研修会

    役割:講師

     対象:教育関係者, 市民団体, 行政機関, その他 

    2018年10月
     
     

    主催者・発行元: 全国隣保館職員研修会近畿ブロック研修実行委員会 

  • 長崎県人権・同和教育指導者専門講座講師

    (長崎県庁)

    役割:講師

     対象:教育関係者, 行政機関 

    2018年08月
     
     

    主催者・発行元: 長崎県県民生活部人権・同和対策課  人権・同和教育指導者専門講座 

  • 平成30年度社会教育主事講習

    (子くりつぃう教育政策研究所)

    役割:講師

     対象:教育関係者 

    2018年08月
     
     

    主催者・発行元: 国立教育政策研究所社会教育実践研究センター 

     概要を見る

    社会教育主事講習のうち、社会教育特講(人権教育)を担当した。

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 活動期間:

    2018年10月
     
     

    活動内容:東呉大学張仏泉人権研究センター主催,Working group Meeting of Asian Human Rights Court Simulationに招聘を受け参加。

    Taiwan