TAKADA Yogo

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Sugimoto Campus

Degree 【 display / non-display

  • Osaka City University -  Doctor of Engineering

  • Osaka City University -  Master of Engineering

Research Areas 【 display / non-display

Intelligent mechanics/Mechanical systems, Control engineering/System engineering, Dynamics/Control, Internal combustion engine

Research subject summary 【 display / non-display

  • We are researching and developing various robots such as small submersible mobile robotic fish and bridge inspection robots to investigate underwater creatures or to inspect the surface of structures such as bridge. In addition, we analyze a robot and fluid around the robot with a Computational Fluid Dynamics (CFD) and are studying ways to improve robot's performance.

Research Interests 【 display / non-display

Robot, Shooting machine to Aid Archery Athletes, Computer Simulation, Bridge Inspection Robot, Robotic Fish

Research Career 【 display / non-display

  • Study for achivement of fish robot for investigation

    (Individual) Project Year :

    2005.04
    -
    Today

    Keyword in research subject:  Aqua robot, Fish, Swim mechanism

  • Development research about shooting machine

    (Collaboration in Organization) Project Year :

    2018.04
    -
    Today

    Keyword in research subject:  robot, support for athletes

  • Blood flow simulation

    (Collaboration in Japan) Project Year :

    2008.04
    -
    2017.03

    Keyword in research subject:  Blood flow, CFD, Biofunction

Association Memberships 【 display / non-display

  • The Japan Society of mechanical Engineers

  • Society of automotive engineers of Japan

  • The Electrochemical Society of Japan

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2012.04
    -
    Today

    Society of automotive engineers of Japan  

Awards & Honors 【 display / non-display

  • ISABMEC 2018 Student Award

    Development of Small Robotic Fish Equipped with FPGA and CMOS Camera for Tracking Live Fish

    2018.09.01  

    Winner : Takuya Aritani

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Engineering   Mechanical and Physical Engineering Course   Professor  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1995

    Osaka City University  Graduate School, Division of Engineering 

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    1993

    Osaka City University   Faculty of Engineering  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Investigation of Rotors Imitating Bird Wings to Reduce Electricity Consumption of HORNET

    Yogo Takada, Tatsuki Kanada, Takahiro Tanaka, Yodai Matsumura

    Journal of Aero Aqua Bio-mechanisms  8 ( 1 ) 48 - 53 2019.08  [Refereed]

     View Summary

    橋や建物の劣化に対処するために、建物の壁を検査するロボットHORNETを開発した。走行時間を延長するため、ローターの断面形状を、遺伝的アルゴリズムにリンクした2次元数値解析を使用して消費電力を削減する形に設計した。さらに、鳥を模した数種類のローターを製作し、電力消費を削減するための理想的な形状を決めるための実験を行った。さらに、ローターをHORNETに取り付けたときのシミュレーションモデル作成と性能評価実験を実施した。結果、HORNETに本研究で得た最良のローターを取り付けて走行時間が長くなることを示した。ロボット工学、流体力学、数値解析、機械学習に関連する。

    DOI

  • Small Robotic Fish with Two Magnetic Actuators for Autonomous Tracking of a Goldfish

    Takuya Aritani, Naoki Kawasaki, Yogo Takada

    Journal of Aero Aqua Bio-mechanisms  8 ( 1 ) 69 - 74 2019.08  [Refereed]

     View Summary

    魚ロボットは、水棲生物にあまり警戒されないため、生態調査に適している。本研究では金魚を自動追跡する手のひらサイズの小型魚ロボットを開発した。ロボットによる生きた魚の自動追尾は、カメラで金魚を認識し、金魚に向かって泳ぐ方向を制御することで行う。金魚の機敏な動きに追尾するために、ロボットは2関節で作成して旋回能力を高くしている。実験の結果、このロボットが金魚を追尾できることを確認した。ロボット工学、メカトロニクス、制御工学、画像処理、電子情報学に関連する。

    DOI

  • Development of a Compact Wall-Climbing Robot Capable of Transitioning among Floor, Vertical Wall and Ceiling

    Yodai Matsumura, Koyo Kawamoto, Yogo Takada

    37 ( 6 ) 514 - 522 2019.07  [Refereed]

    DOI

  • Development of Magnetic Bridge Inspection Robot Aimed at Carrying Heavy Loads

    Yodai Matsumura, Takehiro Shiba, Satoshi Ito, Yuya Kawase, Yogo Takada

    International Journal of Robotic Engineering  3 ( 2 ) 1 - 10 2018.09  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    鋼製ヨークとネオジム磁石で構成される駆動輪を左右に配置した橋梁検査ロボットを開発した。車輪が鋼板に接触すると、磁気回路を形成し、強い力を生成するため、ロボットは重い物体を搭載したまま移動できる。ただし、吸着力が強すぎて車輪が立体内側直角部でロボットは移動できなくなる。強い磁力を排除するため、ロボットに押し出し機構を装備した。このロボットが重量物を載せたまま立体直角部を含む様々な経路を走行できる能力があることを示した。ロボット工学、制御工学、電気工学、メカトロニクスに関連する。

    DOI

  • Wall Inspection Robot with Maneuvering Assist Control System Against Crosswind

    Takada Yogo, Tokura Yuhei, Matsumura Yodai, Tanaka Takahiro, Kanada Tatsuki

    富士技術出版株式会社 Journal of Robotics and Mechatronics  30 ( 3 ) 416 - 425 2018.06  [Refereed]

     View Summary

    コンクリート橋や建物の壁を自由に移動するロボットHORNETを開発した。このロボットは、2つのローターで壁に沿って走行できる。ただし、プロペラの揚力で移動するロボットは、強風にさらされると壁から落下する可能性がある。本研究ではロボットにジャイロセンサを取り付けて、ロボットの姿勢を安定化させる操縦支援制御を構築した。結果、横風に対してHORNETの耐性が向上することが示された。ロボット工学、制御工学、メカトロニクスに関連する。

    DOI CiNii

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • Primer of Robotics

    Yogo Takada (Part: Single Work )

    Morikita Publishing Co., Ltd.  2017.10

    CiNii

  • Biped Robots

    Y. Takada, T. Tajiri, K. Ogawa, T. Wakisaka他、1~14章の著者 (Part: Joint Work )

    Intech: Biped Robots  2011.03

     View Summary

    高齢者の介護を支援するためにヒューマノイドロボットに注目されている。本研究では複数の市販ロボットに独自の歩行制御プログラムを書き込み、歩行の安定化を図っている。CPG (Central Pattern Generator)を用いて歩行パターンの生成を行い、ZMP(Zero Moment Position)を用いることで、8 mm程度の段差を含む凹凸床面上の歩行を実現した。機械工学全般、制御工学、ロボット工学に関連する。

  • Bio-mechanisms of Swimming and Flying

    Yogo Takada 他、各章の著者ら (Part: Joint Work )

    Springer : Bio-mechanisms of Swimming and Flying  2008.01

     View Summary

    本研究では遊泳時間の延長を目的として、高分子電解質燃料電池(PEFC)を搭載した魚ロボットを開発した。魚の推進メカニズムを調査するために、計算流体力学(CFD)用GTTコードを用い、同時に粒子画像流速測定法(PIV)によって魚周り流速を測定した。両方の結果から、尾ひれが逆カルマン渦を生成することが確認できた。また、PEFCを搭載した2つの魚ロボットを作成し、遺伝的アルゴリズムを使用してより速くまたはより効率的に泳ぐように動作モードを求めた。電気工学、数値解析、ロボット工学、計測工学流体力学に関連する。

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 小型魚ロボット

    高田 洋吾

    The Robotics Society of Japan 日本ロボット学会誌  33 ( 1 ) 16 - 20 2015  [Refereed]  [Invited]

    DOI CiNii

  • Robotics Fish

    Y. Takada, K. Koyama, T. Usami

    Journal of Robotics and Mechatronics  26 ( 3 ) 391 - 393 2014.06

  • 酵母を利用したバイオ燃料電池の発電特性と性能向上策

    脇坂 知行, 高田 洋吾, 東 雅之

    高温学会 高温学会誌  35 ( 5 ) 283 - 290 2009.09  [Refereed]  [Invited]

    CiNii

  • Bio-robotics and fuel cells

    Function&materials  29 ( 5 ) 64 - 75 2009.05

  • Effect and Limitation of Tuning Accelerator Pedal Sensitivity by DBW((Multiple Authorship))

    JSAE Technical Notes  20 ( 1 ) 120 - 122 1999

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

display all >>

 

Other educational activity and Special note 【 display / non-display

  • Contribution to FD activities

    (2019)

  • Office hours

    (2019)

  • Extra-Curricular Activities

    (2019)

  • Extra-Curricular Activities

    (2019)

  • Contribution to University-wide Cross-training program

    (2018)

display all >>

 

Foreigner acceptance 【 display / non-display

  • Academic year : 2019

     View Details

    Number of foreigners accepted
    0
    Number of International Students
    3
  • Academic year : 2018

     View Details

    Number of International Students
    1
  • Academic year : 2017

     View Details

    Number of International Students
    1