木村 義成 (キムラ ヨシナリ)

KIMURA Yoshinari

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 -  博士(学術)

研究分野 【 表示 / 非表示

地理情報科学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 地理情報科学の観点から医療問題や災害対応に関する研究を行っています。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

地理情報システム, 救急医療, 災害医療

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 大規模災害における衛星画像解析

    (国内共同研究) 研究期間:

    2016年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  人工衛星画像、大規模災害、地理情報システム

  • 口蹄疫の伝播リスクと防疫措置の評価に関する疫学的研究

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2012年04月
    -
    2014年03月

    研究課題キーワード:  口蹄疫、空間伝播、リスク管理

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 地理情報システム学会、人文地理学会、日本公衆衛生学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   文学研究科   人間行動学専攻   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年

    大阪市立大学  文学研究科  地理学専修  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年

    大阪市立大学  理学部  地球学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Geodemographics profiling of influenza A and B virus infections in community neighborhoods in Japan

    Kimura Y1, Saito R, Tsujimoto Y, Ono Y, Nakaya T, Shobugawa Y, Sasaki A, Oguma T, Suzuki H.

    BMC Infectious Diseases  2011年

  • Factors associated with the occurrence of injuries requiring hospital transfer among older and working-age pedestrians in Kurume, Japan

    Nagata Takashi, Abe Takeru, Takamori Ayako, Kimura Yoshinari, Hagihara Akihito

    BMC PUBLIC HEALTH  17 2017年06月  [査読有り]

    DOI

  • Potential risk associated with animal culling and disposal during the foot-and-mouth disease epidemic in Japan in 2010

    Hayama Yoko, Kimura Yoshinari, Yamamoto Takehisa, Kobayashi Sota, Tsutsui Toshiyuki

    RESEARCH IN VETERINARY SCIENCE  102   228 - 230 2015年10月  [査読有り]

    DOI PubMed J-GLOBAL

  • Potential Risk Associated With Animal Culling and Disposal During the Foot-And-Mouth Disease Epidemic in Japan in 2010

    Y Hayama, Y Kimura, T Yamamoto, S Kobayashi, T Tsutsui

    Research in Veterinary Science  2015年

  • ベトナムにおけるメンタルマップGISの開発

    木村 義成

    公益社団法人 日本地理学会 日本地理学会発表要旨集  2015 ( 0 )  2015年  [査読有り]

     概要を見る

    ベトナムの農村地域においては,地域住民が地形図をはじめとする正確な地図に触れる機会が少ない,あるいは地図そのものに馴染みがない状況で ある。このような背景のもと,日本とベトナムの大学と共同プロジェクトにおいてメンタルマップGISを開発した。このGISアプリケーション を利用して,地域住民に描いてもらったメンタルマップ(手書き地図)上のランドマークの位置を,地形図や航空写真などの正確な地図上で探し出 す,という簡単なゲームを行うことにより,同じ地域の中でも住民間でランドマークが異なることや,他人が描いたメンタルマップ上でランドマー クを発見する難しさを地域住民に理解してもらった。このGISアプリケーションにより,地域コミュニティの情報を共有するうえで,正確な地図 が便利であることを理解してもらうことが,我々のプロジェクトの目的である。本発表では,プロジェクトの概要,開発したメンタルマップGIS のデモンストレーション,今後のプロジェクトの課題について述べる。

    DOI CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 不搬送事案が重篤患者の現場到着・病院到着時間、および予後に与える影響の評価

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 人間行動学データ解析法IIb

    (2017年度)大学

  • ジオ・リテラシー入門

    (2017年度)大学 共通(教育)科目

  • 地図と地理情報

    (2017年度)大学 共通(教育)科目

  • 人間行動学Iデータ解析法V

    (2017年度)大学

  • 卒業論文演習

    (2017年度)大学 共通(教育)科目

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 夢ナビライブ

    (インテックス大阪)

    役割:講師

     対象:高校生, 教育関係者, 保護者 

    2013年06月
     
     

    夢ナビライブ 

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 地理情報システムの応用、空間データベース設計

    研究テーマ概要:GIS(地理情報システム)を利用した空間データモデルの構築、空間データ分析

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:受託研究, 受託研究

    交流可能な時期・期間:2010年4月~2011年3月

    キーワード:地理情報システム, 空間データベース, 公衆衛生学

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:GISを用いた大規模空間データベースの設計 GISを用いた公衆衛生学分野における利用