西垣 順子 (ニシガキ ジュンコ)

NISHIGAKI Junko

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(教育学)

研究分野 【 表示 / 非表示

発達心理学・大学教育学, 大学教育学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 青年期・大学生期の発達と教育のあり方について研究を行っている。思春期を越えた時期に学校教育とは異なる種類の学びを享受することが、個人の生涯発達にどのような意義を持つのかを明らかにしようとしている。
    また、学生の発達保障を基盤にした、学生と市民が参加できる大学評価のあり方も探求している。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

人間発達, 大学評価, 若者の学ぶ権利

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 大学教育のあり方に関する研究

     

    研究課題キーワード:  大学教育、大学教育、教育成果

  • 大学生の学びと発達に関する研究

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  大学生、発達、学び

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 大学生の発達する権利を保障するための1つの切り口は、学生自身が発達について学ぶことであると考えている。全学共通教育において発達と教育に関連する講義と演習を担当している。
    また、20歳前後の発達においては新しい質の書き言葉の獲得も重要であり、これに関連した授業も実施している。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 大学評価学会

  • 日本発達心理学会

  • 心理科学研究会

  • Society for Text and Discourse

  • 大学教育学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    現在

    大学評価学会   事務局長

  • 2018年03月
    -
    2020年02月

    大学評価学会   副代表理事

  • 2015年03月
    -
    現在

    大学評価学会   理事

  • 2015年03月
    -
    2018年02月

    大学評価学会   「現代社会と大学評価」編集委員会副委員長・編集幹事

  • 2014年01月
    -
    2016年12月

    教育心理学会   「教育心理学研究」常任編集委員

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 日本科学教育学会論文賞

    2017年08月  

  • 大阪市立大学「教員活動表彰」

    2017年05月  

  • 大学評価学会「田中昌人記念学会賞」

    2016年05月  

  • 大阪市立大学教育後援会「優秀教育賞」

    2015年11月03日  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   大学教育研究センター   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年
    -
    2005年

      信州大学  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年

    京都大学  教育学研究科  教育科学専攻  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    京都大学  教育学部  教育心理学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 『可逆操作の高次化における階層―段階理論』に基づく大学生の発達

    西垣 順子

    人間発達研究所  27   15 - 29 2014年03月  [査読有り]

  • 教養教育の到達目標に関する検討―『可逆操作の高次化における階層―段階理論』による青年期の発達保障の観点から―

    西垣 順子

    大学評価学会年報「現代社会と大学評価」  9-10合併号   143 - 161 2014年07月  [査読有り]

  • STEM領域における大学教育のジェンダー平等に寄与する教学IRの役割に関する考察

    西垣順子

    大阪市立大学 大学教育  17 ( 1 ) 12 - 19 2019年10月  [査読有り]

  • 2016年度実施学士課程上級生調査からみる女子学生の教育ニーズ : 調査結果の男女差に基づく検討

    西垣 順子

    大阪市立大学大学教育  16 ( 1 ) 1 - 7 2018年10月  [査読有り]

  • AAC&Uにおける大学教育の「公正」の追求:背景と概要

    西垣 順子

    大阪市立大学大学教育  15 ( 1 ) 10 - 14 2017年10月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • リテラシーと生涯発達─自己と世界を知りゆくための言葉

    西垣 順子 (担当: 単著 )

    ミネルヴァ書房『学習・言語心理学 支援のために知る「行動の変化」と「言葉の習得」』  2019年04月

  • 学習・言語心理学 : 支援のために知る「行動の変化」と「言葉の習得」

    郷式 徹, 西垣 順子 (担当: 単著 )

    ミネルヴァ書房  2019年

    CiNii

  • 教職教養第9巻「発達と学習」(第3章「発達期への視点」)

    西垣順子(子安増生・明和政子編著) (担当: 分担執筆 )

    協同出版  2017年12月

  • 本当は怖い自民党改憲草案(第4章「教育ー幸福追求権としての教育はどうなるのか」)

    西垣順子(伊地知紀子・新ケ江章友編) (担当: 分担執筆 )

    法律文化社  2017年07月

  • コラム『夜明け前の子どもたち』が語るもの

    西垣順子 (担当: 分担執筆 )

    「発達の光は時代に充ちたかー療育記録映画『夜明け前の子どもたち』から学ぶ」(クリエイツかもがわ)  2017年02月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 学ぶ権利の実質を保障しうる大学評価のあり方を探る(1)

    西垣順子

    大学教育とコロナ危機(現代社会と大学評価第17号)  17   64 - 74 2021年07月

  • 教学IR推進チーム報告(大阪市立大学AP事業「OCU指標導入による学修成果の質保証・向上」総括シンポジウム)

    西垣順子

    大阪市立大学大学教育  18 ( 1 ) 46 - 54 2020年10月  [依頼有り]

  • 書評『当事者研究ー等身大の<わたし>の発見と回復』『生きづらいでしたか?ー私の苦労と付き合う当事者研究入門』

    西垣順子

    大阪市立大学大学教育  18 ( 1 ) 90 - 93 2020年10月

  • 全体討論まとめ(第17回FD研究会「本学の学習成果保証スキーム・教学IRの現状と課題②ー部局での内部質保証の取り組み」

    西垣順子

    大阪市立大学 大学教育  17 ( 2 ) 52 - 55 2020年04月  [依頼有り]

  • 書評「子ども・若者とともに行う研究の倫理ー研究・調査にかかわるすべてのひとのための実践的ガイド」

    西垣順子

    大阪市立大学大学教育  17 ( 1 ) 39 - 41 2019年10月

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 指定討論@大学生における社会間の発達ー青年期発達の一般性・時代的な特殊性・大学生個人の個別性という観点

    西垣順子(企画者:白井利明)

    日本心理学会第85回大会  2021年09月 

  • 指定討論@シンポジウム「学校適応はどのようにとらえられるのか(12)」

    西垣順子(企画者:半澤礼之、大久保智生、岡田有司)

    日本教育心理学会第63回総会  2021年08月 

  • コロナ禍の大学教育における「まなび」の現状と発達保障

    西垣順子  [招待有り]

    人間発達研究所第36回研究集会  2021年07月 

  • 課題研究「学ぶ権利の実質を保障しうる大学評価のあり方を探る(1)」

    西垣順子・早田幸政・中田晃・中井睦美

    大学評価学会第18回大会  2021年03月 

  • 公正な大学運営のための評価論形成の試み(gender equityと大学評価)

    西垣 順子

    大学評価学会第17回大会  2020年03月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 青年の発達推進力となる大学学習要求の充実過程とその支援実践研究および評価法開発

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 他者との学びの協働体としての大学教養教育システムのあり方の実践的・総合的研究

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2021年03月
     

  • トランス・サイエンス問題の解決に資する知識共創型アーギュメンテーションの教師教育

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 大学生の発達における飛躍的移行を支える発達認識の深化と発達教育のあり方

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

  • トランス・サイエンス問題の解決能力を育成する知識共創型アーギュメンテーション教育

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ジェンダー平等を基軸にした大学評価のあり方についての研究ー学生・院生のキャリアデザイン支援を中心に

    制度名:  ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)連携型共同研究助成 (補助金) (補助金)  代表者

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月

  • 青年・成人の発達要求と大学教育―学習・研究要求の具体化とその支援のあり方を中心に

    制度名:  ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)連携型共同研究助成 (補助金) (補助金)  代表者

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 大学生における民主主義意識と教育権意識の発達に関する教育実践・調査研究

    制度名:  ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)連携型共同研究助成 (補助金)  代表者

    研究期間:

    2017年10月
    -
    2018年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 教育と発達の心理学 演習

    (2020年度)大学 共通(教育)科目

  • 教育と発達の心理学

    (2020年度)大学 共通(教育)科目

  • 初年次セミナー

    (2020年度)大学 共通(教育)科目

  • 市民・学生のための大学評価論

    (2020年度)大学 共通(教育)科目

  • 大学院大学教育演習

    (2020年度)大学 共通(教育)科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • 学部・研究科横断型教育プログラムへの貢献

    (2017年度)

     概要を見る

    AP事業推進委員会委員・IRチームチーム長・学修支援推進室委員

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大学評価学会副代表理事

    役割:その他

     対象:学術団体 

    2018年03月
    -
    2022年02月
  • 大学評価学会理事

    役割:その他

     対象:研究者 

    2017年
     
     
  • 大学評価学会年報「現代社会と大学評価」編集委員会副委員長兼編集幹事

    役割:その他

     対象:研究者 

    2017年
     
     
  • その他活動

    2014年04月
    -
    2015年03月

     概要を見る

    人間発達研究所第29回研究集会 講演「発達研究の新しい地平を拓く―幼児期の発達診断・大学生期の発達―」にて講演。「可逆操作の高次化における階層-段階理論に基づく大学生の発達」(2014年6月8日 )

  • その他活動

    2014年04月
    -
    2015年03月

     概要を見る

    神戸大学学術講演会
    「可逆操作の高次化における階層-段階理論」に基づく青年期の発達保障
    (2014年7月28日月曜日 )

全件表示 >>

提供可能講座 【 表示 / 非表示

  • ご存知ですか、大学評価ー高等教育が基本的人権となる日のために

    形態:公開講座, 出前授業

    対象:高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 社会人・一般, 市民団体

  • ぼくの/わたしの発達心理学

    形態:出前授業

    対象:中学生, 高校生

    内容:日本で生まれた子ども達は現在、自分自身の発達について学ぶ機会がほとんどありません。10歳代、特に14歳前後は「新しい発達の力」が誕生してくる大事な時期でもあり、また「発達」という少し難しい概念を理解できるようになる時期であるにもかかわらずです。本講座では、10歳代の子ども・若者の発達を考えながら、みんなの生きる権利・発達する権利が守られる社会の仕組みを考えたいと思います。

    10歳代の発達について学び、自分自身とみんなの、生きる権利と発達する権利について考えます ・「習熟度別指導」を否定する内容を話します。「習熟度別指導」を取り入れている学校の生徒さんには辛いかもしれません。 ・映画の上映と併せて2回の講座にできると良いかと思いますが…。無理でしたら1回でも。

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 主に大学教育のあり方に関する調査研究

    研究テーマ概要:大学教育はいかにあるべきか,大学教育をどのように評価するべきかを実際に検討するための,調査の実施。さらには大学教育にとどまらず,キャリア教育等の方法論の検討や教材開発など。

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:受託研究, 共同研究, 講演, 共同研究, 受託研究, 講演

    交流可能な時期・期間:2006-

    キーワード:教育方法開発, 教材開発, 大学教育, キャリア教育, 高大接続

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:教育政策決定をする上で必要な基本データの収集と分析。また,様々な目的に即した教育活動の方法論や教材開発の支援