川合 忠雄 (カワイ タダオ)

KAWAI Tadao

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学 -  工学博士

研究分野 【 表示 / 非表示

知能機械学・機械システム

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 機械の稼働状態の把握やそれに対する適切な対処の仕方を研究することによって、人間に優しい機械システムを追求します。具体的には、機械に埋め込んだ情報端末を介して機械の状態を遠隔で計測し、評価診断したり、故障や損傷を自己診断し長期にわたる安定した生産や事故のない社会を実現する機械や構造物の開発をめざします。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

診断, 評価

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 物理モデルを用いた機器に発生する異常の検知および余寿命診断への適用

    (個人研究) 研究期間:

    2010年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  物理モデル、診断、余寿命

  • パラメータ同定による街路灯の損傷検知

    (個人研究) 研究期間:

    2016年04月
     
     

    研究課題キーワード:  街路灯、パラメータ同定、損傷

  • 打撃試験によるコンクリート内部の浮き検出

    (個人研究) 研究期間:

    2015年04月
     
     

    研究課題キーワード:  浮き、コンクリート構造物、打撃試験

  • 振動モード解析を用いた橋梁の洗掘評価

    (国内共同研究) 研究期間:

    2015年02月
     
     

    研究課題キーワード:  洗掘、振幅比、橋梁

  • インフラ構造物に発生する損傷の画像処理を用いた定量化手法

    (個人研究) 研究期間:

    2014年04月
     
     

    研究課題キーワード:  画像、腐食、評価

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 振動系の解析方法について講義している。
    機械に使われている各種の部品が加わる力によって壊れないための設計方法を講義している。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本設備管理学会

  • 日本機械学会

  • 精密工学会

  • 自動車技術会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2008年05月
    -
    2010年

    日本設備管理学会   副会長

  • 2007年05月
    -
    2008年04月

    日本設備管理学会   会長

  • 2006年04月
    -
    2006年05月

    日本設備管理学会   副会長

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 日本設備管理学会論文賞

    2012年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   機械物理系専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年
    -
    現在

      大阪市立大学   工学研究科   教授

  • 1985年
    -
    2005年

      名古屋大学  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1982年

    名古屋大学  工学研究科  機械工学専攻 

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年

    名古屋大学  工学部  機械学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 振動モード解析を用いた橋梁の洗掘評価手法に関する研究

    石澤雅隆,川合忠雄,松村政秀, 山口隆司

    鋼構造論文集  25 ( 98 ) 67 - 79 2018年06月  [査読有り]

  • 物理モデルを用いた回転軸系の動的挙動の解析 ―実験データとの比較によるカップリングモデルの評価―

    新家誠広,川合忠雄,橋本武志

    日本設備管理学会誌  29 ( 2 ) 57 - 62 2017年07月  [査読有り]

  • 物理モデルを用いた回転軸系の動的挙動の解析 ―ミスアライメントを持つカップリングの評価―

    新家誠広, 川合忠雄

    日本設備管理学会誌  29 ( 2 ) 31 - 36 2017年07月  [査読有り]

  • データセンター用空調機を対象とする凝縮器の診断に関する研究

    川合 忠雄, 小林 隼也, 森永 洋喜, 月元 秀樹, 宇田川 陽介, 関口 圭輔

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会 論文集  41 ( 235 ) 1 - 8 2016年  [査読有り]

     概要を見る

    <p>本論文では,データセンター用空調機を対象とする凝縮器の洗浄時期を適正化するために,空調機の運転データを用いて凝縮器の汚損状態を診断する手法を検討する。運転データの取得実験は外気温15℃,35℃の環境下で行われた。凝縮器における冷媒-空気-凝縮器間の熱収支の関係式に基づき,実験により取得した運転データを入力と出力に分け,凝縮器が正常時のデータを用いて凝縮器をモデル化する。そのモデルに汚損状態を診断したいデータを入力し,実際の出力とモデルの出力との差を評価することで,凝縮器の汚損状態を診断する。結果,外気温によらず,凝縮器の汚損に伴い両出力の差が大きくなり,汚損状態を診断できることが分かった。</p>

    DOI CiNii

  • 微細エンドミル加工におけるxy平面内の 切削負荷計測手法の開発

    野中正和

    精密工学会誌  81 ( 1 ) 86 - 90 2015年01月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • モデルに基づくコージェネレーションシステムの診断(第1報、モデルの構築)

    川合 忠雄

    日本設備管理学会誌  19 ( 2 ) 76 - 81 2007年  [査読有り]

  • レシプロ型コンプレッサの異常診断

    川合 忠雄

    日本設備管理学会誌  19 ( 2 ) 47 - 52 2007年  [査読有り]

  • モデルに基づくコージェネレーションシステムの診断(第2報、診断手法の提案)

    川合 忠雄

    日本設備管理学会誌  19 ( 2 ) 82 - 87 2007年  [査読有り]

  • 画像処理を用いたはりのパラメータ同定(第6報、直交関数系を用いた手法における同定精度の向上)

    川合 忠雄, 野寄 哲史

    日本機械学会論文集  72 ( 717 ) 1500 - 1505 2006年  [査読有り]

    DOI CiNii J-GLOBAL

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Modeling of Rotating Shaft with Partial Rubbing

    Tatsuro Ishibashi,Tadao Kawai

    13th International Modelica Conference 2019  2019年03月 

  • 転がり軸受の損傷進展に関する基礎データの取得

    青木亮太,川合忠雄, 梅沢修一, 杉田勝彦, 山田翼

    第17回 評価・診断に関するシンポジウム  2018年12月 

  • 振動モード解析を用いた橋梁の洗掘評価手法に関する研究

    石澤雅隆,川合忠雄,松村政秀,山口隆司

    第17回 評価・診断に関するシンポジウム  2018年12月 

  • 打撃試験によるコンクリートの浮き検査

    川合忠雄, 廣藤貴浩

    D&D2018  2018年08月 

  • Modelling of Oil Film Bearings

    Tatsuro Ishibashi,Tadao Kawai

    The 2nd Japanese Modelica Conference  2018年05月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • マイクロフォンアレイを用いたコンクリート構造物に発生する損傷の検知

    基盤研究(C)一般 代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

  • 橋梁用マット型亀裂診断装置の開発

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月
     

  • 学習型モデルベース診断手法の開発

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2008年04月
    -
    2011年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 回転機械の診断をするための基礎技術の開発

    制度名:  東京電力ホールディングス株式会社 (共同研究)  代表者

    研究期間:

    2018年07月
    -
    2019年03月

  • 回転機械の診断をするための基礎技術の開発

    制度名:  東京電力ホールディングス株式会社 (共同研究)  代表者

    研究期間:

    2017年11月
    -
    2018年03月

  • 機械振動のモデル化の為の技術指導

    制度名:  沐エンジニアリング合同会社 (共同研究)  代表者

    研究期間:

    2017年11月
    -
    2018年04月

  • ポンプ(液体)に於ける振動の物理モデル化

    制度名:  沐エンジニアリング合同会社 (共同研究)  代表者

    研究期間:

    2017年11月
    -
    2018年04月

  • 振動モード解析に基づく街路灯の損傷評価手法の開発

    制度名:  研究助成 (教育研究奨励寄附)  代表者

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2018年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 機械設計

    (2018年度)大学 専門科目

  • 振動工学特論

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 機械工学演習B

    (2018年度)大学 専門科目

  • 振動工学

    (2018年度)大学 専門科目

  • 基礎力学Ⅰ

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • サイエンスカフェ

    役割:講師

     対象:大学院生, 研究者 

    2017年06月
     
     
  • 産学官連携活動

    役割:講師, 助言・指導

     対象:行政機関 

    2014年04月
    -
    現在

     概要を見る

    大阪市立大学工学研究科と大阪府都市整備部との包括協定締結
    泉北地域維持管理連携プラットフォームの設立

 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 加工状態の計測システムの開発

    研究テーマ概要:機械加工をするときに工具にかかる負荷を計測するシステムの開発

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 共同研究, 受託研究, 技術相談

    交流可能な時期・期間:2005-

    キーワード:モニタリング, オンライン計測

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:機械加工分野、特に金型加工等 ツールホルダーに計測システムを組み込むことにより加工中にリアルタイムで加工状態を計測する。

    予測される波及効果:加工条件の最適化、工具損傷の検知

    交流可能な研究テーマに関する詳細:ツールホルダー等に負荷計測システムを組込み、加工中に負荷を計測するシステムを開発、適用する。計測方法の開発(ハード、ソフト)とデータ処理手法の開発を行う。

    従来の研究との優位性、特徴:実機に組込み可能な負荷計測システムは開発されていない。

  • インフラ構造物のモニタリング手法

    研究テーマ概要:画像処理や振動診断技術を利用して構造物に生じる腐食等の損傷を検知する

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 共同研究

    交流可能な時期・期間:随時

    キーワード:インフラ, 診断, 画像, 振動

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:橋梁やコンクリート構造物の診断

  • 機械のモニタリングシステムの開発

    研究テーマ概要:静機械や動機械の稼働状態をモニタリングし、稼働状態を評価診断するシステムの開発

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 共同研究, 受託研究, 技術相談

    交流可能な時期・期間:2005-

    キーワード:モニタリング, メンテナンス, 評価, 診断

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:状態監視型のメンテナンスシステムに適用 センシングシステムを機器に組み込み、遠隔で情報を収集し、状態を評価する

    交流可能な研究テーマに関する詳細:機械の状態を計測するシステム、取得した情報を処理して機械の状態を評価する手法、評価結果に基づいてメンテナンスにつなげる技術を開発する。

    従来の研究との優位性、特徴:実際の生産現場等にはモニタリングし、診断するシステムがほとんど導入されていない。開発するシステムによって実ニーズに応じた、効率化、安全性の向上が見込める。

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2018年度

     詳細を見る

    外国人留学生受入数
    1名

    China

  • 外国人受入年度:2017年度

     詳細を見る

    外国人留学生受入数
    2名

    China