有吉 欽吾 (アリヨシ キンゴ)

ARIYOSHI Kingo

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

研究概要 【 表示 / 非表示

  • リチウムイオン電池

研究キーワード 【 表示 / 非表示

リチウムイオン電池, リチウムインサーション材料

研究歴 【 表示 / 非表示

  • リチウムイオン含有遷移金属酸化物の固体化学と電気化学

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  リチウムイオン蓄電池、リチウムインサーション材料

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ電気化学会

  • 日本セラミックス協会

  • 日本化学会

  • 電気化学会

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 電池技術委員会賞

    2003年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   化学生物系専攻   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2004年

    大阪市立大学  工学研究科  応用化学  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1999年03月

    大阪市立大学  工学部  応用化学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Electrochemical impedance analysis of Li[Li0.1Al0.1Mn1.8]O-4 used as lithium-insertion electrodes by the diluted electrode method<bold> </bold>

    Ariyoshi Kingo, Mizutani Satoshi, Yamada Yusuke

    JOURNAL OF POWER SOURCES  435 2019年09月  [査読有り]

    DOI

  • Comparative Measurements of Side-Reaction Currents of Li[Li1/3Ti5/3]O-4 and Li[Li0.1Al0.1Mn1.8]O-4 Electrodes in Lithium-Ion Cells and Symmetric Cells

    Ariyoshi Kingo, Fukunishi Yuki, Yamada Yusuke

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY  166 ( 14 ) A3314 - A3318 2019年09月  [査読有り]

    DOI

  • Rate capability of carbon-free lithium titanium oxide electrodes related to formation of electronic conduction paths observed by color change

    Ariyoshi Kingo, Ino Takaya, Yamada Yusuke

    JOURNAL OF POWER SOURCES  430   150 - 156 2019年08月  [査読有り]

    DOI

  • Li2Ni0.2Co1.8O4 having a spinel framework as a zero-strain positive electrode material for lithium-ion batteries

    Ariyoshi Kingo, Orikasa Yuki, Kajikawa Kensuke, Yamada Yusuke

    JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY A  7 ( 22 ) 13641 - 13649 2019年06月  [査読有り]

    DOI

  • Measurement of Side-Reaction Currents on Electrodes of Lithium-Ion Cells Using a Battery Cycler with a High-Precision Current Source

    Ariyoshi Kingo, Fukunishi Yuki, Yamada Yusuke

    公益社団法人 電気化学会 ELECTROCHEMISTRY  87 ( 3 ) 188 - 192 2019年  [査読有り]

     概要を見る

    <p>Capacity fading mainly caused by state-of-charge deviations between the positive and negative electrodes of lithium-ion batteries (LIBs) can be accurately predicted if the rates of side reactions occurring on these electrodes are known. Herein, we show that the rates of side reactions on LIB electrodes can be determined using an in-house-built high-current-precision battery cycler comprising galvanostat, charge/discharge control, and current switching units. An Li[Li<sub>1/3</sub>Ti<sub>5/3</sub>]O<sub>4</sub>/Li[Li<sub>1/3</sub>Ti<sub>5/3</sub>]O<sub>4</sub> (LTO/LTO) symmetric cell is used to verify that the battery cycler provides currents accurate enough to determine side-reaction rates, and the rates of side reactions on LTO (negative) and LiNiMO (positive) electrodes in an LTO/LiNiMO cell are compared with intrinsic values obtained for the symmetric cell.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • スピネル類縁構造を持つ新規Li2NiMnO4の合成とキャラクタリゼーション

    梶川謙介、山田裕介、有吉欽吾

    第44回固体イオニクス討論会  2018年12月 

  • Hydrogen reduction synthesis of lithium titanium oxides as a high rate electrode without conductive additive

    Kingo Ariyoshi, Takaya Ino, Yusuke Yamada

    第59回電池討論会  2018年11月 

  • 粒子サイズの異なるリチウムインサーション材料を用いた希薄電極の電気化学インピーダンス挙動

    谷本真望、山田裕介、有吉欽吾

    第59回電池討論会  2018年11月 

  • 無歪正極材料Li2Co1.8Ni0.2O4 の合成とインサーション反応機構

    梶川謙介、折笠有基、山田裕介、有吉欽吾

    第59回電池討論会  2018年11月 

  • 酸処理によるMgMn2O4のMg脱離機構の検討

    増田俊平、山田裕介、有吉欽吾

    2018年電気化学秋季大会  2018年09月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 下水汚泥焼却工程における閉塞トラブル発生メカニズムの解明と発生抑制対策の提言

    研究課題/領域番号:19H02277  基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    分担者・その他:有吉 欽吾

     概要を見る

    本研究では、一部の下水汚泥焼却工程で冬期を中心に発生しているダクトや熱交換器での閉塞トラブルの発生メカニズム、すなわち低融点化合物の生成メカニズムを解明するため、実際の下水汚泥焼却灰や下水汚泥を長期間採取し、示差熱分析や熱重量分析、硬度測定、無機成分の組成分析、試料の微細粒子の表面分析(元素組成、結晶構造)、および熱力学平衡計算を行う。また、これらの知見を元に、閉塞トラブル発生の合理的な評価指標とトラブル防止の判定基準値を見出すとともに、薬品添加や下水汚泥からのリンの抽出除去による閉塞トラブル防止効果について、実験と熱力学平衡計算の両面から解明する。

  • バイオフィルム環境の空間時間的定量イメージングによる微生物腐食機構の解明

    研究課題/領域番号:18H01755  基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

    分担者・その他:北村 昌也, 中西 猛, 辻 幸一, 有吉 欽吾

  • リチウムインサーション材料の電位に関する基礎研究

    研究課題/領域番号:15K06491  基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    分担者・その他:岸田 逸平

     概要を見る

    リチウムインサーション材料とは、リチウムイオン蓄電池の電極に用いられる材料のことで、近年の急速な携帯電子機器の普及に大きな役割を果たしてきた。本研究は、リチウムインサーション材料における固相酸化・還元反応の電位に関係する因子を明らかにすることを目的として行った。理論計算および電気化学測定による検討から、リチウムインサーション材料の電極電位は、結晶構造の違いよりも、酸化・還元反応を担う遷移元素の種類に依存することを明らかにした。

  • リチウム二次電池材料の分極測定に関する研究

    研究課題/領域番号:20750154  若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2008年
    -
    2009年
     

     概要を見る

    本研究では、リチウム二次電池用電極材料の分極測定を目的として、新たな分極測定用電気化学セルの考案ならびにリチウム二次電池材料の分極挙動を描き出すことが可能な電気化学測定手法を確立した。さらにこの分極測定法を用いて種々のリチウム二次電池材料の定常分極測定を行い、リチウム二次電池材料の分極では抵抗分極のみがみられることを明らかにし、またこれら単極の分極挙動からリチウム二次電池の入出力特性を予測することが可能であることを実証した。さらに、リチウム二次電池材料の入出力特性において、材料の結晶性が重要な因子であり、高結晶化させることで優れた入出力特性が得られることを見出した。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 情報化学演習

    (2018年度)大学 専門科目

  • 応用化学実験Ⅱ

    (2018年度)大学 専門科目

  • 無機工業化学

    (2018年度)大学 専門科目

  • 電気化学

    (2018年度)大学 専門科目

  • 無機化学Ⅲ

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>