藤田 憲一 (フジタ ケンイチ)

FUJITA Ken-ichi

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(理学)

研究分野 【 表示 / 非表示

生物系薬学, 応用微生物学・応用生物化学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 真菌特異的抗生物質の探索およびその作用機序
    薬剤耐性を標的とする生理活性物質
    ポリグルタミン酸の生合成機構及びその生理活性

研究キーワード 【 表示 / 非表示

抗真菌、薬剤耐性、ポリグルタミン酸

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 抗真菌抗生物質の検索と作用機構

    (国内共同研究) 研究期間:

    1998年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  抗真菌

  • γポリグルタミン酸の構造・生合成機構・生理活性

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2005年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  粘性ポリアミド

  • 真菌における薬剤耐性の克服

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2000年01月
    -
    現在

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 生体は低分子から高分子まで様々な分子から構成されている。生体内では、それら分子が代謝により変換され、あるいは相互作用を受けることによって機能している。本科目では、生命活動の営みを理解する上で最も基本となる糖質の代謝とその調節機構に関して概説していく。 (1)解糖系 (2)糖の相互変換とペントースリン酸回路 (3)トリカルボン酸サイクル について概説する。 以上の糖質代謝に加えて、さらに原核生物から高等生物において活躍する多糖類について、その生合成系とその生体における役割について紹介する。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物工学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本生化学会

  • 酵母遺伝学フォーラム

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   生物地球系専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年
     
     

      大阪市立大学   講師

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    大阪市立大学  理学研究科  生物学  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    大阪市立大学  理学部  生物

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Deletion of the Golgi Ca2+-ATPase PMR1 gene potentiates antifungal effects of dodecanol that depend on intracellular Ca2+ accumulation in budding yeast.

    Oyama M, Tamaki H, Yamaguchi Y, Ogita A, Tanaka T, Fujita K

    FEMS Yeast Research  1 ( 20 ) - In press 2020年  [査読有り]

    DOI

  • Evaluation of fatty acid synthase as a molecular target for stress-dependent fungicidal activity of 1-geranylgeranylpyridinium

    Doi T, Miyuki S, Usuki Y, Yamaguchi Y, Fujita K, OgitaA , Tanaka T

    Global Journal of Medical Research  - In press 2020年  [査読有り]

  • Enhancement of paraben‐fungicidal activity by sulforaphane, a cruciferous vegetable‐derived isothiocyanate, via membrane structural damage in Saccharomyces cerevisiae

    W Murata, Y Yamaguchi, K‐I Fujita, K Yamauchi, T Tanaka, A Ogita

    Letters in Applied Microbiology, John Wiley & Sons, Hoboken  In press 2019年10月  [査読有り]

     概要を見る

    防腐剤としての生理活性を示すパラベン類とアブラナ科植物由来のイソチオシアネート・スルフォラファンを組み合わせた場合、出芽酵母に対するエチル、プロピル、ブチル、メチルパラベンの抗真菌活性を増強させた。メチルパラベンとスルフォラファンの併用によって増強された殺菌効果は、細胞膜の著しい損傷と酵母細胞からのヌクレオチドなど細胞内物質の漏出によって引き起こされたと見なされた。これらの成果は、機能解析生物学特論Cで主題として扱う生理活性物質およびその作用機構の実例である。
    本稿では、抗菌活性のアッセイの一部を担当した。

    DOI

  • 植物由来成分の安全・安心な防腐効力増強剤の探索

    藤田 憲一, 家中 可奈絵, 田中 克幸

    科学と工業、大阪工研協会、大阪  93 ( 4 ) 108 - 114 2019年04月  [招待有り]

     概要を見る

    食品における微生物の増殖を長期間にわたって抑制することは困難であり、そのため保存料が食品に添加されることが多い。本稿では、アニスオイルの主成分であるアネトールが示す相乗的な抗真菌作用の特徴、その作用が薬剤排出抑制に依存していること、さらには食品用保存料として使用した場合の問題点について概説した。これらの成果は、機能解析生物学特論Cで主題として扱う生理活性物質およびその作用機構の概説に該当する。
    本人担当部分:本稿では責任著者として執筆を担当した。

  • Curcumin potentiates the fungicidal effect of dodecanol by inhibiting drug efflux in wild-type budding yeast

    Yamawaki C, Oyama M, Yamaguchi Y, Ogita A, Tanaka T, Fujita K

    Letters in Applied Microbiology, John Wiley & Sons, Hoboken  68 ( 1 ) 17 - 23 2019年01月  [査読有り]

     概要を見る

    ウコン由来のクルクミンが、直鎖アルコール・ドデカノールと組み合わせた場合、真菌の多剤耐性薬剤排出遺伝子のうち、最も主要なPDR5の発現を抑制し、さらに、薬剤排出ポンプの排出を抑制し、その結果、出芽酵母の野生株に対して相乗的抗真菌作用を発揮するとともにその作用持続時間を大幅に延長することを明らかにした。これらの成果は、機能解析生物学特論Cで主題として扱う生理活性物質およびその作用機構に該当する。
    本稿では実験を計画・総括し、責任著者として論文の執筆を担当した。

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 第1章第2節:[9]防腐剤/抗菌剤の効果増強剤としての天然由来成分の活用法

    荻田 亮、田中俊雄、藤田憲一 (担当: 分担執筆 )

    「食品・化粧品・医薬品への保存料・防腐剤の最適な配合法」, (株)技術情報協会  2014年

     概要を見る

    近年、注目されている天然由来成分による様々な生理活性について解説した。特に本稿では、筆者らにより見いだされた天延由来成分と既存の防腐剤および抗菌剤を併用したときに出現する新たな生理活性と抗菌効果の増強作用メカニズムについて、これまでの研究により見いだされた研究成果を元に解説した。

  • 第4章第7節:植物由来の薬剤排出ポンプ阻害剤による抗菌剤・防腐剤の使用量低減化への試み

    藤田憲一 (担当: 分担執筆 )

    「食品・化粧品・医薬品への保存料・防腐剤の最適な配合法」, (株)技術情報協会  2014年

     概要を見る

    薬剤耐性菌は真菌においても近年問題となっている。薬剤排出ポンプの亢進は真菌における薬剤耐性化の主要な要因の一つである。本稿においては、植物由来天然成分を中心とするフェニルプロパノイド類が示す薬剤排出抑制効果について、真菌に対する構造活性相関を行った結果や、その作用機序について概説した。

  • Anti-Salmonella agents from the Brazilian medicinal plant Tanacetum balsamita and their applications

    Kubo I, Fujita K, Shimizu K. (担当: 分担執筆 )

    Natural Antioxidants and Biocides from Wild Medicinal Plants (eds C.L. Cespedes et al.) CAB International  2013年

     概要を見る

    ブラジルのコショウ農場で養鶏場由来のサルモネラ汚染が問題となっている。本稿では、ブラジルの薬用植物 Tanacetum balsamita に含まれる抗サルモネラ活性成分について概説するとともに、最も効果的であったトランス・ヘキセナールについてその応用性を概説した。

  • Naturally Occurring antifungal agents and their modes of action

    Kubo I, Shimizu K, Fujita K. (担当: 共著 )

    Fungicides for Plant and Animal Diseases. Edited by: D. Dhanasekaran, N. Thajuddin and A. Panneerselvam Publisher: InTech  2012年

     概要を見る

    免疫抑制剤や抗がん剤の投与に加えて、加齢による免疫力が低下したヒトが増加しており、真菌の日和見感染が問題となってきている。本稿では、臨床で用いられる抗真菌性抗生物質と比較しながら、植物由来天然物の抗真菌活性の特徴(抗生物質に比べて概して活性は弱い)およびその作用機序(細胞膜障害作用を示す物質が多い)について概説した。

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • アネトールが示す相乗的抗真菌作用の発現メカニズム

    藤田憲一

    Aroma Research  15 ( 4 ) 362 - 363 2014年04月  [依頼有り]

     概要を見る

    アニスオイルの主成分であるトランス・アネトールは物性や作用機構が異なる他の物質と組み合わせた場合相乗的な抗真菌作用を示す。その作用は真菌の薬剤排出ポンプ抑制に依存している。本稿では、薬剤排出ポンプの抑制機構を真菌のカルシウム代謝との関連から、これまで得られた研究成果を基盤として、その可能性について議論した。

  • ニンニク成分の新たな機能性 ─アリシンによって増幅されるアンホテリシンBの抗真菌活性─

    荻田 亮、藤田 憲一、田中 俊雄

    食品と開発  46 ( 8 ) 12 - 14 2011年  [査読有り]  [依頼有り]

     概要を見る

    ニンニクは古くから種々のベネフィット効果が知られている天然由来植物である。健康体力の維持向上のみならず、治療薬としてもその効果が期待されている。本研究では食品の防腐剤および抗菌剤としての天然植物であるニンニク由来成分の新たな活用方法について、ニンニクの添加による抗真菌剤アンホテリシンBの抗真菌活性増幅効果およびグラム陰性細菌剤ポリミキシンBの抗真菌活性増幅効果を解説した。

  • Molecular design of multifunctional anti-Salmonella agents based on natural products

    Kubo I, Fujita K, Nihei K, Kubo A.

    Advances in Phytomedicine  2   353 - 372 2006年  [依頼有り]

     概要を見る

    ブラジルのコショウ農場で養鶏場由来のサルモネラ汚染が問題となっている。本稿では、植物由来天然成分に含まれる抗サルモネラ活性の特徴やそれらの作用機序について概説した。抗サルモネラ成分として、直鎖のアルコールやアルデヒドに加えてトランス・アルケナール類を見いだした。それらのほとんどは細胞膜障害作用を示したが、アルデヒドやトランス・アルケナール類はその反応性の高さから細胞質の様々な成分と反応する可能性が指摘された。

  • Molecular design of antioxidative anti-Salmonella agents

    Kubo I, Fujita K, Nihei K

    Revista Latinoamericana de Quimica  33 ( 2 ) 60 - 75 2005年  [査読有り]  [依頼有り]

     概要を見る

    ブラジルのコショウ農場でサルモネラの汚染が問題となっている。抗サルモネラ剤を抗酸化作用を示す没食子酸エステルを中心にデザインした。すなわち、抗サルモネラ活性を最適化するためにそのエステル類のアルキル鎖長を変化させた。その結果、炭素数8および9の没食子酸エステルは最も効果的であった。またそれらのエステルは膜障害作用を示した。

  • 新しい微小管阻害剤を発見-チューブリン消失を伴うフェニルアラニン誘導体とは-

    藤田憲一

    化学と生物  42   782 - 784 2004年  [依頼有り]

     概要を見る

    フェニルアラニン誘導体の抗真菌活性の特徴について概説した。これまでの研究成果から、本誘導体はアスペルギルス属の真菌に対して、細胞骨格・微小管の単量体分子であるチューブリンの消失を伴う、これまでに報告例のない新奇な作用を示すことが判明した。

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 梨幼果の水およびエタノール抽出成分が出芽酵母の寿命延長およびその関連遺伝子の発現に及ぼす影響

    村田和加惠, 長谷川真梨菜, 藤井雄三, 藤田憲一,山口良弘, 田中俊雄, 荻田亮

    第71回日本生物工学会大会  (岡山大学)  2019年09月 

     概要を見る

    ヒト細胞の寿命延伸についての関心は高まり、また、その研究は多岐にわたり進められておいる。その一つとして寿命延長効果を付与する成分の探索とその応用が期待されている。本研究では、ヒトの寿命決定機構と共通性を有することから寿命・老化研究に適したモデル細胞であるとされている出芽酵母を用いて、梨幼果の水およびエタノール抽出成分による細胞寿命の延長効果を生化学的および遺伝学的に検討した。梨の幼果における、水抽出成分およびエタノール抽出成分では、異なる成分がそれぞれに異なる機序によって出芽酵母の寿命延伸に関与している可能性が示唆された。これらの成果は、機能解析生物学特論Cで主題として扱う生理活性物質およびその作用機構に該当する。
    本稿では、生化学実験の一部を担当した。

  • ナギラクトン E とアネトールの併用によって生じる相乗的抗真菌メカニズム

    上田裕貴, 山口良弘, 荻田亮, 田中俊雄, 藤田憲一

    第71回日本生物工学会大会  (岡山大学)  2019年09月  日本生物工学会

     概要を見る

    天然由来成分が示す生理活性は健康や運動などの身体機能向上や病気の治療など多岐にわたる活用が期待されている。本研究では、ナギ由来のナギラクトン E とアニスオイルの主成 分であるアネトールを併用した際に見られる相乗的抗真菌作用の仕組みを探ることを目的とした。ヒト細胞のモデルとして用いられる出芽酵母をモデルとして生化学的および遺伝学的に解析した結果、両物質の併用によっておこる相乗的抗真菌作用にはアネトールによる PDR5 の発現抑制が関わっている可能性が示唆された。これらの成果は、機能解析生物学特論Cで主題として扱う生理活性物質およびその作用機構に該当する。
    本稿では、研究を統括するとともに、抗菌活性のアッセイに関わる実験の一部を担当した。

  • ポリ-γ-グルタミン酸の発酵生産においてカルシウムイオンが分子量に与える影響

    岩本 七虹, 山口 良弘, 荻田 亮, 田中 俊雄, 藤田 憲一

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

     概要を見る

    納豆の粘性成分の一つであるポリ-γ-グルタミン酸 (PGA) は、長期間室温にて放置すると分子量が徐々に低下していき、また 100°C の熱処理によってその低分子量化は加速され、様々な効果が失活する。本研究ではPGAの低分子量化、さらには生合成されるときに起こる高分子量化とCa2+の関わりについて醗酵学的および分析化学的に解析した。Ca2+不含の合成培地を用いて PGA を発酵生産させ取得した PGA について調べたところ、本来の粘性が確認できず、また、低分子量を示すことがわかった。これらの成果は、機能解析生物学特論Dで主題の一部として扱うバイオポリマーの構造と機能に該当する。
    本稿では、研究を統括するとともに、PGAの発酵生産に関わる実験の一部を担当した。

  • スルフォラファンによるパラベン類の抗菌作用の増幅効果

    村田 和加惠,岩敷 里奈,藤田 憲一,田中 俊雄,荻田 亮

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

     概要を見る

    パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)類は広い菌種に対して抗菌作用を示すことが知られており、食品や化粧品の防腐剤として広く使用されている。しかしながら、パラベン類にはアレルギーや接触性皮膚炎、発がん等健康被害の可能性が報告されており、添加量の低減が求められている。ブロッコリーに微量に含まれ、がん抑制作用、抗酸化作用、肝機能向上、高血圧および心臓病の予防効果などのベネフィット効果を示すといわれているスルフォラファンが、出芽酵母に対するメチルパラベン、エチルパラベンの抗菌作用を増幅する活性を有することを見出した。これらの成果は、機能解析生物学特論Cで主題として扱う生理活性物質およびその作用機構に該当する。
    本稿では、抗菌活性のアッセイに関わる実験の一部を担当した。

  • 梨幼果抽出成分が出芽酵母の寿命延長およびその関連遺伝子の発現に及ぼす影響

    長谷川 真梨菜, 藤井 雄三, 藤田 憲一, 田中 俊雄, 荻田 亮, 村田 和加惠

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

     概要を見る

    本研究では、ヒト寿命の決定機構と共通性を有することから寿命・老化研究に適したモデル細胞であるとされている出芽酵母を用いて、梨の抽出成分による細胞寿命の延長効果を生化学的および遺伝学的に検討した。梨幼果成分の添加により、ヒト長寿遺伝子 (SIRT1) の相同遺伝子とされている SIR2および SIR4、さらには、ビタミン生成に関与しているとされる VHR1および VHR2 の発現量の増加が認められた。これらの成果は、機能解析生物学特論Cで主題として扱う生理活性物質およびその作用機構に該当する。
    本稿では、出芽酵母の培養に関わる実験の一部を担当した。

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • アレルギー抑制剤、抗アレルギー性医薬組成物、及びTh2サイトカイン阻害剤 [特許]

    特願 特願2015-140690 

    発明(考案)者名: 臼杵克之助、藤田憲一

  • γーポリグルタミン酸の製造方法 [特許]

    特願 特願2014-170682 

    発明(考案)者名: 冨山 敬史、藤田 憲一、荻田 亮、田中 俊雄

  • γ-ポリグルタミン酸産生に関与する新規ポリヌクレオチド及びその利用 [特許]

    特願 特願2012-209652 

    発明(考案)者名: 藤田 憲一、田中 俊雄、信田 晃佑

  • 防腐剤又は抗菌剤の効果増強剤 [特許]

    特願 特願2012-234161 

    発明(考案)者名: 荻田亮、藤田憲一、田中俊雄

  • 薬物排出抑制剤、抗菌活性増強剤、及び抗癌活性増強剤 [特許]

    特願 2011-091645  特許 5935201

    発明(考案)者名: 藤田 憲一

     概要を見る

    薬剤排出ポンプ亢進を抑制し、薬剤の効果を増強する物質に関する発明

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 薬剤誘導型酸化ストレスによる薬剤排出ポンプの活性および遺伝子発現の制御

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

  • 薬剤排出ポンプ遺伝子群の発現制御へのカルシウムシグナルの関与

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

  • ミトコンドリア障害作用物質が示す薬効増強効果発現メカニズム

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2008年04月
    -
    2011年03月
     

  • 真菌におけるチューブリン代謝機構の解析

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2006年04月
    -
    2008年03月
     

  • 糸状菌におけるフェニルアラニンアナログが引き起こすチューブリン関与の形態異常

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2004年04月
    -
    2006年03月
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • フェニルプロパノイド類を用いる薬剤排出ポンプ調節機構の解析

    制度名:  戦略的研究 基盤研究 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月

  • 微生物由来粘性物質を利用した米粉パン用増粘安定剤の開発への試み

    制度名:  戦略的研究 萌芽研究 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2015年03月

  • 植物由来成分の安全・安心な防腐効力増強剤の開発

    制度名:  大阪市イノベーション創出支援補助金 (受託研究)  代表者

    研究期間:

    2013年
    -
    2014年

  • 新たな天然系薬剤排出ポンプ抑制剤による食品・化粧品用防腐剤の低減化

    制度名:  研究成果最適展開支援プログラム (A-STEP) (受託研究)  代表者

    研究期間:

    2012年
    -
    2013年

  • 薬剤排出ポンプ亢進を抑制する薬の開発

    制度名:  JST研究成果展開事業 研究成果展開支援プログラム フィージビリティスタディ【FS】ステージ 探索タイプ (補助金)  代表者

    研究期間:

    2011年08月
    -
    2012年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生物学実験S

    (2019年度)大学 教職科目

  • 特別研究

    (2019年度)大学 専門科目

  • 前期特別研究

    (2019年度)大学院 専門科目

  • 微生物化学特論I

    (2019年度)大学院 専門科目

  • 生物分子機能学演習

    (2019年度)大学院 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • オフィスアワー

    (2019年度)

     概要を見る

    オフィスアワー(月~金10:00-18:00)を設定している。

  • オフィスアワー

    (2018年度)

     概要を見る

    オフィスアワー(月~金10:00-18:00)を設定している。

  • オフィスアワー

    (2017年度)

     概要を見る

    オフィスアワー(月~金10:00-18:00)を設定した。

  • FD活動への貢献

    (2017年度)

     概要を見る

    第15回FD研究会「学生の自律的学修を促進する学修評価・支援システムを考える」に出席した。

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 身近な植物に含まれる抗菌成分

    (大阪市立大学文化交流センター)

    役割:出演, 講師

     対象:社会人・一般 

    2018年12月
     
     

    主催者・発行元: 大阪市立大学文化交流センター  大阪市立大学公開講座 

     概要を見る

    身近な植物に含まれる抗菌成分について抗生物質と比較しながらその効果と作用機序について概説した。

  • くらしとコウジカビ

    (大阪市立大学)

    役割:出演, 講師

     対象:中学生, 高校生 

    2018年08月
     
     

    主催者・発行元: 大阪市立大学  大阪市立大学オープンキャンパス 

     概要を見る

    コウビカビについて概説し、人畜無害でヒトに利用価値のあるコウビカビと、ヒトに病気を引き起こすコウビカビについて紹介した。

  • 納豆のネバネバの秘密

    (大阪市立東高等学校)

    役割:出演, 講師

     対象:高校生 

    2018年07月
     
     

    主催者・発行元: 大阪市立東高等学校  レクチャー 生物編 

     概要を見る

    日本の伝統的な発酵食品の一つである納豆のネバネバの正体について概説し、その産業応用性や生理活性について紹介を行った。

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2018年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    0名
  • 外国人受入年度:2017年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    0名

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 活動期間:

    2017年04月
    -
    現在

    活動内容:国際化の一環として、修士論文を英語でまとめるように推奨している。