藤田 憲一 (フジタ ケンイチ)

FUJITA Ken-ichi

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(理学)

研究分野 【 表示 / 非表示

生物系薬学, 応用微生物学・応用生物化学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 真菌特異的抗生物質の探索およびその作用機序
    薬剤耐性を標的とする生理活性物質
    ポリグルタミン酸の生合成機構及びその生理活性

研究キーワード 【 表示 / 非表示

抗真菌、薬剤耐性、ポリグルタミン酸

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 抗真菌抗生物質の検索と作用機構

    (国内共同研究) 研究期間:

    1998年04月
     
     

    研究課題キーワード:  抗真菌

  • γポリグルタミン酸の構造・生合成機構・生理活性

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2005年04月
     
     

    研究課題キーワード:  粘性ポリアミド

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 生体は低分子から高分子まで様々な分子から構成されている。生体内では、それら分子が代謝により変換され、あるいは相互作用を受けることによって機能している。本科目では、生命活動の営みを理解する上で最も基本となる糖質の代謝とその調節機構に関して概説していく。 (1)解糖系 (2)糖の相互変換とペントースリン酸回路 (3)トリカルボン酸サイクル について概説する。 以上の糖質代謝に加えて、さらに原核生物から高等生物において活躍する多糖類について、その生合成系とその生体における役割について紹介する。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物工学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本生化学会

  • 酵母遺伝学フォーラム

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   生物地球系専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年
     
     

      大阪市立大学   講師

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    大阪市立大学  理学研究科  生物学  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    大阪市立大学  理学部  生物

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 植物由来成分の安全・安心な防腐効力増強剤の探索

    藤田 憲一, 家中 可奈絵, 田中 克幸

    科学と工業  In press 2019年04月  [招待有り]

  • Curcumin potentiates the fungicidal effect of dodecanol by inhibiting drug efflux in wild-type budding yeast

    Yamawaki C, Oyama M, Yamaguchi Y, Ogita A, Tanaka T, Fujita K

    Letters in Applied Microbiology  68 ( 1 ) 17 - 23 2019年01月  [査読有り]

    DOI

  • Evaluation of inhibitory activities of UK-2A, an antimycin-type antibiotic, and its synthetic analogs against the production of anti-inflammatory cytokine IL-4

    Usuki Y, Ishii S, Ijiri M, Yoshida K, Satoh T, Horigome S, Yoshida I, Mishima T, Fujita K

    Journal of Natural Products  81 ( 11 ) 2590 - 2594 2018年11月  [査読有り]

    DOI

  • Unripe pear fruit extract induces the transcriptional activity of sirtuin-related genes to extend the chronological lifespan of Saccharomyces cerevisiae

    Wakae Murata, Marina Hasegawa, Seiru Sakasegawa, Ken-ichi Fujita, Toshio Tanaka, Akira Ogita

    Advancement in Medicinal Plant Research  6 ( 4 ) 64 - 69 2018年11月  [査読有り]

    DOI

  • Dehydrozingerone exhibits synergistic antifungal activities in combination with dodecanol against budding yeast via the restriction of multidrug resistance

    Yamawaki C, Yamaguchi Y, Ogita A, Tanaka T, Fujita K

    Planta Medica International Open  5 ( 2 ) e61 - e67 2018年10月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 第1章第2節:[9]防腐剤/抗菌剤の効果増強剤としての天然由来成分の活用法

    荻田 亮、田中俊雄、藤田憲一 (担当: 分担執筆 )

    「食品・化粧品・医薬品への保存料・防腐剤の最適な配合法」, (株)技術情報協会  2014年

  • 第4章第7節:植物由来の薬剤排出ポンプ阻害剤による抗菌剤・防腐剤の使用量低減化への試み

    藤田憲一 (担当: 分担執筆 )

    「食品・化粧品・医薬品への保存料・防腐剤の最適な配合法」, (株)技術情報協会  2014年

  • Anti-Salmonella agents from the Brazilian medicinal plant Tanacetum balsamita and their applications

    Kubo I, Fujita K, Shimizu K. (担当: 分担執筆 )

    Natural Antioxidants and Biocides from Wild Medicinal Plants (eds C.L. Cespedes et al.) CAB International  2013年

  • Naturally Occurring antifungal agents and their modes of action

    Kubo I, Shimizu K, Fujita K. (担当: 単著 )

    Fungicides for Plant and Animal Diseases. Edited by: D. Dhanasekaran, N. Thajuddin and A. Panneerselvam Publisher: InTech  2012年

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • アネトールが示す相乗的抗真菌作用の発現メカニズム

    藤田憲一

    Aroma Research  15 ( 4 ) 362 - 363 2014年04月  [依頼有り]

  • ニンニク成分の新たな機能性 ─アリシンによって増幅されるアンホテリシンBの抗真菌活性─

    荻田 亮、藤田 憲一、田中 俊雄

    食品と開発  46 ( 8 ) 12 - 14 2011年

  • Molecular design of multifunctional anti-Salmonella agents based on natural products

    Kubo I, Fujita K, Nihei K, Kubo A.

    Advances in Phytomedicine  2   353 - 372 2006年  [依頼有り]

  • Molecular design of antioxidative anti-Salmonella agents

    Kubo I, Fujita K, Nihei K

    Rev. Latinoamer. Quim  33 ( 2 ) 60 - 75 2005年  [依頼有り]

  • 新しい微小管阻害剤を発見-チューブリン消失を伴うフェニルアラニン誘導体とは-

    藤田憲一

    化学と生物  42   782 - 784 2004年  [依頼有り]

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ポリ-γ-グルタミン酸の発酵生産においてカルシウムイオンが分子量に与える影響

    岩本 七虹, 山口 良弘, 荻田 亮, 田中 俊雄, 藤田 憲一

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

  • スルフォラファンによるパラベン類の抗菌作用の増幅効果

    村田 和加惠,岩敷 里奈,藤田 憲一,田中 俊雄,荻田 亮

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

  • 梨幼果抽出成分が出芽酵母の寿命延長およびその関連遺伝子の発現に及ぼす影響

    長谷川 真梨菜, 藤井 雄三, 藤田 憲一, 田中 俊雄, 荻田 亮, 村田 和加惠

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

  • 出芽酵母における薬剤排出ポンプ遺伝子の発現に関わる新規因子の探索

    尾山 昌弘, 山口 良弘, 荻田 亮, 田中 俊雄, 藤田 憲一

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年03月 

  • The effect of Ca2+ on molecular mass and viscosity of poly-γ- glutamic acid in fermentation production

    IWAMOTO Nanako, YAMOGUCHI Yoshihiro, OGTA Akira, TANAKA Toshio , FUJITA Ken-ichi

    10th OCARINA International Symposium  2019年03月 

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • アレルギー抑制剤、抗アレルギー性医薬組成物、及びTh2サイトカイン阻害剤 [特許]

    特願 特願2015-140690 

    発明(考案)者名: 臼杵克之助、藤田憲一

  • γーポリグルタミン酸の製造方法 [特許]

    特願 特願2014-170682 

    発明(考案)者名: 冨山 敬史、藤田 憲一、荻田 亮、田中 俊雄

  • γ-ポリグルタミン酸産生に関与する新規ポリヌクレオチド及びその利用 [特許]

    特願 特願2012-209652 

    発明(考案)者名: 藤田 憲一、田中 俊雄、信田 晃佑

  • 防腐剤又は抗菌剤の効果増強剤 [特許]

    特願 特願2012-234161 

    発明(考案)者名: 荻田亮、藤田憲一、田中俊雄

  • 薬物排出抑制剤、抗菌活性増強剤、及び抗癌活性増強剤 [特許]

    特願 2011-091645  特許 5935201

    発明(考案)者名: 藤田 憲一

     概要を見る

    薬剤排出ポンプ亢進を抑制し、薬剤の効果を増強する物質に関する発明

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 薬剤誘導型酸化ストレスによる薬剤排出ポンプの活性および遺伝子発現の制御

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

  • 薬剤排出ポンプ遺伝子群の発現制御へのカルシウムシグナルの関与

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

  • ミトコンドリア障害作用物質が示す薬効増強効果発現メカニズム

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2008年04月
    -
    2011年03月
     

  • 真菌におけるチューブリン代謝機構の解析

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2006年04月
    -
    2008年03月
     

  • 糸状菌におけるフェニルアラニンアナログが引き起こすチューブリン関与の形態異常

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2004年04月
    -
    2006年03月
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • フェニルプロパノイド類を用いる薬剤排出ポンプ調節機構の解析

    制度名:  戦略的研究 基盤研究 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月

  • 微生物由来粘性物質を利用した米粉パン用増粘安定剤の開発への試み

    制度名:  戦略的研究 萌芽研究 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2015年03月

  • 植物由来成分の安全・安心な防腐効力増強剤の開発

    制度名:  大阪市イノベーション創出支援補助金 (受託研究)  代表者

    研究期間:

    2013年
    -
    2014年

  • 新たな天然系薬剤排出ポンプ抑制剤による食品・化粧品用防腐剤の低減化

    制度名:  研究成果最適展開支援プログラム (A-STEP) (受託研究)  代表者

    研究期間:

    2012年
    -
    2013年

  • 薬剤排出ポンプ亢進を抑制する薬の開発

    制度名:  JST研究成果展開事業 研究成果展開支援プログラム フィージビリティスタディ【FS】ステージ 探索タイプ (補助金)  代表者

    研究期間:

    2011年08月
    -
    2012年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 生物分子機能学ゼミナール

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 後期特別研究

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 専門生物学実験A

    (2018年度)大学 専門科目

  • 生物学実験B

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

  • 生体分子機能学

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • オフィスアワー

    (2018年度)

     概要を見る

    オフィスアワー(月~金10:00-18:00)を設定している。

  • オフィスアワー

    (2017年度)

     概要を見る

    オフィスアワー(月~金10:00-18:00)を設定した。

  • FD活動への貢献

    (2017年度)

     概要を見る

    第15回FD研究会「学生の自律的学修を促進する学修評価・支援システムを考える」に出席した。

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 身近な植物に含まれる抗菌成分

    (大阪市立大学文化交流センター)

    役割:出演, 講師

     対象:社会人・一般 

    2018年12月
     
     

    主催者・発行元: 大阪市立大学文化交流センター  大阪市立大学公開講座 

     概要を見る

    身近な植物に含まれる抗菌成分について抗生物質と比較しながらその効果と作用について概説した。

  • くらしとコウジカビ

    (大阪市立大学)

    役割:出演, 講師

     対象:中学生, 高校生 

    2018年08月
     
     

    主催者・発行元: 大阪市立大学  オープンキャンパス 

     概要を見る

    コウビカビについて概説し、人畜無害でヒトに利用価値のあるコウビカビと、ヒトに病気を引き起こすコウビカビについて紹介した。

  • 納豆のネバネバの秘密

    (大阪市立東高等学校)

    役割:出演, 講師

     対象:高校生 

    2018年07月
     
     

    主催者・発行元: 大阪市立東高等学校  レクチャー 生物編 

     概要を見る

    日本の伝統的な発酵食品の一つである納豆のネバネバの正体について概説し、その産業応用性や生理活性について紹介を行った。

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2018年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    0名
  • 外国人受入年度:2017年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    0名

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 活動期間:

    2017年04月
    -
    現在

    活動内容:国際化の一環として、修士論文を英語でまとめるように推奨している。