SHUTO Taichi

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Abeno Campus

Degree 【 display / non-display

  • Osaka City University -  Doctor of Medicine

Research Areas 【 display / non-display

Medical education, General surgery, Digestive surgery

Research subject summary 【 display / non-display

  • Medical Education

Research Career 【 display / non-display

  • Medical education

    (Collaboration in Organization) Project Year :

    2004.04
    -
    Today

    Keyword in research subject:  Medical education

  • Gastroenterogical surgery

    (Individual)

Association Memberships 【 display / non-display

  • The Japan Society for Medical Education

  • Japan Primary Care Association

  • Japanese Society of Hospital General Medicine

  • Japanese Society of Gastroenterology

  • The Japan Society of Hepatology

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2005.01
    -
    Today

    Japanese Society of Gastroenterology   councilor

  • 2004.01
    -
    Today

    Japan Surgical Saaociation   councilor

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Medicine   Clinical Medicine Course   Professor  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1994

    Osaka City University  Graduate School, Division of Medicine  Surgical Course 

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    1988

    Osaka City University   Faculty of Medicine  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • Prognostic factors after recurrence of resected hepatocellular carcinoma associated with hepatitis C virus

    J Hepatobiliary Pancreat Surg  8   81 - 86 2001

  • Physical health complaints among healthcare workers engaged in the care of critically ill COVID-19 patients: A single tertiary-care center prospective study from Japan.

    Namikawa H, Tochino Y, Okada A, Ota K, Okada Y, Fujioka K, Yamada K, Watanabe T, Nakagama Y, Kido Y, Takemoto Y, Mizobata Y, Kakeya H, Kuwatsuru Y, Shibata T, Shuto T

    Journal of infection and public health  14 ( 9 ) 1263 - 1267 2021.08  [Refereed]

    DOI PubMed

  • EFFECTS OF SMOKING CESSATION ON ENDOTHELIAL FUNCTION EVALUATED SIMULTANEOUSLY BY FLOW-MEDIATED DILATION AND REACTIVE HYPEREMIA PERIPHERAL ARTERY TONOMETRY

    Fukumoto K., Takemoto Y., Norioka N., Takahashi K., Okuyama N., Namikawa H., Tochino Y., Shintani A., Yoshiyama M., Shuto T.

    ATHEROSCLEROSIS  331   E228 - E228 2021.08  [Refereed]

  • Siderophore production as a biomarker for Klebsiella pneumoniae strains that cause sepsis: A pilot study.

    Namikawa H, Niki M, Niki M, Oinuma KI, Yamada K, Nakaie K, Tsubouchi T, Tochino Y, Takemoto Y, Kaneko Y, Kakeya H, Shuto T

    Journal of the Formosan Medical Association = Taiwan yi zhi  2021.07  [Refereed]

    DOI PubMed

  • Predictors of the effects of smoking cessation on the endothelial function of conduit and digital vessels(和訳中)

    Fukumoto Kazuo, Takemoto Yasuhiko, Norioka Naoki, Takahashi Kanae, Namikawa Hiroki, Tochino Yoshihiro, Shintani Ayumi, Yoshiyama Minoru, Shuto Taichi

    Nature Publishing Group Hypertension Research  44 ( 1 ) 63 - 70 2021.01  [Refereed]

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 医療シミュレーションスペシャリストの現状と課題

    吉川 有葵, 奥 幸子, 高岡 奈緒美, 佐藤 直, 狩野 賢二, 栩野 吉弘, 首藤 太一

    日本シミュレーション医療教育学会 日本シミュレーション医療教育学会雑誌  7   72 - 77 2019.08  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    スキルスラボの管理ならびに運営の問題を共有し解決する機会として第5回シミュレーションスペシャリスト(SS)セミナーを開催した。多くのスキルスラボでシミュレータの購入・修理といった金銭的な問題を抱えていた。スキルスラボの活用を広げて財源を拡充することが必要である。また、SSとしてのキャリア形成のためにもSSの育成が今後の課題であり、そのためにもSSの積極的な学会や勉強会の参加が必要である。(著者抄録)

  • 喘息-COPD重複症候群 高齢患者における慢性閉塞性肺疾患と喘息の共存および鑑別のためのパラメータ(Asthma-COPD overlap syndrome-Coexistence of chronic Obstructive pulmonary disease and asthma in elderly patients and parameters for their differentiation)

    Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Shuto Taichi, Hirata Kazuto

    (一社)日本プライマリ・ケア連合学会 Journal of General and Family Medicine  18 ( 1 ) 5 - 11 2017.03  [Refereed]  [Invited]

  • 次世代の良医育成を目指して 最近の若者気質と本学の取り組みから

    首藤 太一

    (一社)大阪府内科医会 大阪府内科医会会誌  25 ( 2 ) 163 - 172 2016.10  [Refereed]  [Invited]

  • 医学教育の現在 現状と課題(Vol.9) シミュレーション教育 本学スキルスシミュレーションセンターの取組みを中心に

    首藤 太一, 栩野 吉弘

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ  256 ( 13 ) 1299 - 1307 2016.03  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    シミュレーション医療教育(SME)成功のポイントは、"ハード面"の体裁を整えることよりも、それらを活用して"いかに質の高い医療教育を提供・展開するか"という"ソフト面"の立案や実践である。本学スキルスシミュレーションセンター(SSC)での取組みから、SMEにおけるTeachingのコツとスキルスラボ運営の工夫についても言及した。利用者数は年間12,000名で、医学生、研修医、看護師、他職種連携、ならびに入学前教育とさまざまなSMEを行っている。これには常在スタッフが必須である。SMEにおけるteachingのコツは"失敗できること"を活かした"教えないこと"である。失敗体験が他者の行為への繊細な観察へつながる。もうひとつ、"かぶること"をおそれない繰り返しが学習効果を高める。競争意識を活かした実・講習の質の担保、"Teaching is Learning"の理念による指導者確保、ならびに、院外講習会の有料化による維持費の確保も質の高いSMEを長期的に実践するスキルスラボ運営の工夫である。(著者抄録)

  • プライマリ・ケアと心身医療 女性医学におけるプライマリ・ケアと心療内科

    森村 美奈, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 奥 幸子, 竹本 恭彦, 首藤 太一, 廣橋 一裕

    (NPO)日本心療内科学会 日本心療内科学会誌  18 ( 3 ) 125 - 130 2014.08  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    プライマリ・ケアにおける女性の心身医療を考えるとき、女性のライフサイクルや女性ホルモンの関与を考えなければならない。女性に周期的に起こる原因不明の愁訴の中には、女性ホルモンによる機能的な疾患が隠れている可能性がある。また、その女性ホルモンの恩恵が無くなる更年期以降は、心身の変化に特に留意する必要がある。一方で、産婦人科医以外の医療者が確認しづらい性生活の問題が疾患の原因であることもまれではない。女性特有の悩みに対峙するときには、女性ホルモンの変化がもたらす身体的特徴を念頭に、女性の気持ちに配慮した診療が望まれる。(著者抄録)

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • 診療参加型臨床実習におけるOSCEの導入とその意義について

    豊田 宏光, 栩野 吉弘, 吉田 寿子, 鎌田 紀子, 並川 浩己, 福本 一夫, 幕内 安弥子, 岡田 明子, 首藤 太一

    第53回日本医学教育学会大会  (Web開催(栃木))  2021.07  (一社)日本医学教育学会、自治医科大学

     View Summary

    【目的】国際水準確保に向けた医学教育改革が全国的に進む中で、学生評価の質と量の充実ならびにデータの蓄積と解析が求められるようになった。
    学生評価の充実は重要な課題であるが、学内システム構築は容易ではない。大阪市立大学では、これまで、臨床実習中の評価は、知識、技能、態度に関する概略評価を診療科ごとに形成的に行うことが主流であったが、2018年度より臨床実習中に客観的臨床能力試験(OSCE)を年5回、2021年度より簡
    易版臨床能力評価法(Mini CEX)を年10回行うこととした。本学独自の臨床実習中OSCEの結果を他の試験結果と比較し、その特性や意義について考察した。【方法】各診療科の教育担当を5つのチームに分け、チームごとに共用試験実施評価機構が “診療参加型臨床実習で学生が行う行為”として提示した14の臨床能力が評価可能な5分程度の課題を作成するように依頼した。評価方法は共用試験OSCEに倣い、細目/概略評価を作成し評価した。本試験の特性を評価するため、国家試験の成績が把握できた167名の学生のデータを使用し、本試験と、共用試験CBT、実習前OSCE、本学卒業総合試験、Post CC OSCE、国家試験との関連を解析した。【結果】教育担当者の協議の上、“適切な身体診察ができる、基本的臨床手技ができる”、“インフォームドコンセントを得ることができる“、”正しい診療記録を記載できる“、”患者の申し送りを行うことができる“、”緊急性を評価し適切な初期対応ができる“に対応した課題を作成した。本試験結果は、CBT、国家試験、Post CC OSCEの成績とほとんど相関せず、実習前OSCEに弱い相関を示した。【考察】医師として重要なアウトカムを設定した試験であったが他の試験結果との相関性が低いことから、多様な医学生の能力が評価できたのではないかと考える。本試験を導入することで、学生評価の充実のみならず、教員の学生評価に対する意識を高めることにも寄与できたと考える。

  • 新型コロナウイルス感染症のパンデミック下における医学科4年生の採血実習の試み

    奥 幸子, 栩野 吉弘, 北田 諒子, 冨永 法子, 谷 修介, 岩瀬 真由美, 首藤 太一

    第53回日本医学教育学会大会  2021.07  (一社)日本医学教育学会、自治医科大学

  • プロの医者になるってことは?-病でなく人を診るために-

    首藤太一

    令和3年度新入生オリエンテーション  (久留米大学(福岡))  2021.04  久留米大学

  • Covid-19 患者の従事者に対する身体的健康管理の取り組み

    並川 浩己, 栩野 吉弘, 岡田 明子, 太田 恵子, 岡田 恵代, 藤岡 一也, 山田 康一, 渡辺 徹也, 中釜 悠, 城戸 康年, 竹本 恭彦, 溝端 康光, 掛屋 弘, 桑鶴 由美子, 柴田 利彦, 首藤 太一

    第22回日本病院総合診療医学会学術総会  (Web開催(群馬))  2021.02 

  • 医学部入学はスタートライン

    首藤太一

    学校法人河合塾 高校教員対象講演会  (学校法人河合塾 大阪北キャンパス東大・京大・医進館)  2020.10  学校法人河合塾

display all >>

 

Educational activity record 【 display / non-display

  • Academic year : 2021

     View Details

    Number of instructed the graduation thesis
    2
    Number of graduation thesis reviews
    4
    Number of instructed the Master course
    1
    Number of instructed the Doctoral course
    0
    Number of master's thesis reviews (chief)
    1
    Number of master's thesis reviews (vice-chief)
    0
    Number of doctoral thesis reviews (chief)
    0
    Number of doctoral thesis reviews (vice-chief)
    4
  • Academic year : 2020

     View Details

    Number of instructed the graduation thesis
    1
    Number of instructed the Master course
    0
    Number of instructed the Doctoral course
    1
    Number of doctoral thesis reviews (chief)
    1
    Number of doctoral thesis reviews (vice-chief)
    2
  • Academic year : 2019

     View Details

    Number of instructed the graduation thesis
    0
    Number of graduation thesis reviews
    9
    Number of instructed the Master course
    0
    Number of instructed the Doctoral course
    1
    Number of master's thesis reviews (chief)
    0
    Number of master's thesis reviews (vice-chief)
    0
    Number of doctoral thesis reviews (chief)
    0
    Number of doctoral thesis reviews (vice-chief)
    9
  • Academic year : 2018

     View Details

    Number of instructed the graduation thesis
    1
    Number of graduation thesis reviews
    6
    Number of instructed the Master course
    1
    Number of instructed the Doctoral course
    0
    Number of master's thesis reviews (chief)
    0
    Number of master's thesis reviews (vice-chief)
    0
    Number of doctoral thesis reviews (chief)
    0
    Number of doctoral thesis reviews (vice-chief)
    6
  • Academic year : 2017

     View Details

    Number of instructed the graduation thesis
    1
    Number of graduation thesis reviews
    7
    Number of instructed the Master course
    1
    Number of instructed the Doctoral course
    1
    Number of master's thesis reviews (chief)
    0
    Number of master's thesis reviews (vice-chief)
    0
    Number of doctoral thesis reviews (chief)
    1
    Number of doctoral thesis reviews (vice-chief)
    7