重松 孝昌 (シゲマツ タカアキ)

SHIGEMATSU Takaaki

写真a

機関リポジトリ

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

海岸工学, 環境流体輸送, 都市防災工学, 環境修復技術, 自然災害科学・防災学, 数値流体力学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

内湾環境工学, 固液混相流, 波力発電, 都市防災工学

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 防波堤を利用した波力発電システムの開発

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2010年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  波力発電,防波堤,サボニウス水車

  • 投下土砂粒子群の沈降挙動と濁りの拡散過程

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  個別要素法、数値流体力学、沈降粒子群

  • 多孔質体による乱流生成・伝播に関する研究

    (国内共同研究) 研究期間:

    2000年
    -
    現在

    研究課題キーワード:  多孔質体,乱流,流れの可視化

  • 感潮河川の環境修復

    (個人研究) 研究期間:

    2006年04月
     
     

    研究課題キーワード:  感潮河川、環境構造

  • 地滑り津波の生成・伝播機構に関する研究

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  津波、数値計算、固液混相流

全件表示 >>

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 全学共通教育では,「大阪の都市づくり」「コミュニティと防災」を通して都市の水辺空間とアメニティ,水防災についての基礎知識を講義している.専門教育では,2年生に提供している「基礎流体力学」,「水理学」を担当して,流体に関する基礎知識を享受するとともに,3年生に提供している「水防災工学」においてはこれらの知識の実務レベルの活用法について教授している.また,1年生に提供している「都市学入門」においては文章の読み方・書き方・プレゼンテーションなどの学び方・伝え方を教授し,2年生提供の「都市学演習Ⅲ」ではプログラミングを通じて論理的思考能力の養成に努めている.大学院では,川や海の防災や環境に関わる高度かつ実践的な知識の習得に向けた講義・演習科目を担当している.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 土木学会

  • 国際航路協会

  • 国際航路協会 日本部会

  • 日本沿岸域学会

  • 日本混相流学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2009年12月
    -
    現在

    土木学会海岸工学委員会沿岸域研究連携推進小委員会   委員長

  • 2017年07月
    -
    現在

    日本沿岸域学会   理事

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   都市系専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
     
     

      大阪市立大学   教授

  • 2004年04月
     
     

      大阪市立大学   助教授

  • 2000年04月
     
     

      大阪市立大学   講師

  • 1988年
     
     

      大阪市立大学工学部  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年

    大阪市立大学  工学系研究科  土木工学専攻  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年

    大阪市立大学  工学部  土木工学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • An Experimental Study on the Interaction between Oscillatory Flow and Idealized Porous Bed

    Takaaki Shigematsu, Sota Nakajo, and Yuya Okada

    Journal of Coastal Research  85 ( 2 ) 981 - 985 2018年05月  [査読有り]

  • 降雨予測の確からしさに関する基礎的研究

    重松孝昌,中條壮大

    大阪市立大学都市防災教育研究センター,都市防災研究論文集  4   15 - 18 2017年11月  [査読有り]

  • 揺動する固体周りの高精度気液二流体運動解析手法に関する研究

    松本 弘史, 重松 孝昌

    土木学会論文集B2(海岸工学)   73 ( 2 ) I_865 - I_870 2017年10月  [査読有り]

  • 多孔質体間隙部の微細流動計算と部材欠損が流動及び作用流体力に及ぼす影響の検討

    中條 壮大, 渡辺 友哉, 重松 孝昌

    土木学会論文集B2(海岸工学)   73 ( 2 ) I_877 - I_882 2017年10月  [査読有り]

  • 砕波を伴う波が鉛直壁に作用する際に発生する飛沫に関する研究

    安平 悠紀, 重松 孝昌, 武田 将英

    土木学会論文集B2(海岸工学)  73 ( 2 ) I_835 - I_840 2017年10月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 生活現場で学ぶアクティブラーニング型防災教育(2017年度板)

    生田英輔,大阪府立大学COC研究所,河本ゆう子,佐伯大輔,重松孝昌,三田村宗樹,森永速男,吉田大介 (担当: 共著 )

    大阪市立大学都市防災教育研究センター  2018年03月

  • コミュティ防災の基本と実践

    公立大学連携地区防災教室ワークブック編集委員会・大阪市立大学都市防砂教育研究センター 編 (担当: 共著 )

    大阪公立大学共同出版会  2018年03月

  • 東北地方太平洋沖地震津波から学ぶ 南海・東南海地震津波対策に関する共同研究

    重松 孝昌, 京都大学防災研究所 (担当: 単著 )

    京都大学防災研究所  2014年

    CiNii

  • いのち守る都市づくり[アクション編] みんなで備える広域複合災害

    西澤良記・宮野道雄・森一彦・重松孝昌・加藤司・三田村宗樹ほか38名 (担当: 共著 )

    大阪公立大学共同出版会  2013年03月

  • 東北地方太平洋沖地震による津波災害から学ぶ ―南海・東南海地震による津波に備えて

    間瀬肇・重松孝昌編 (担当: 共著 )

    土木学会関西支部  2013年03月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • ケーブルで連結されたブロックによる底質制御に関する研究

    重松 孝昌

    海洋開発論文集  25   1275 - 1280 2009年  [査読有り]

  • 中空ブロックを用いたハイブリッド人工リーフに関する実験的研究

    重松 孝昌

    海洋開発論文集  25   617 - 622 2009年  [査読有り]

  • 大水深捨石投入における個別要素法を用いた堆積形状の予測

    重松 孝昌

    海洋開発論文集  25   1005 - 1010 2009年  [査読有り]

  • 都市気温へおよぼす大阪湾の海水温の影響

    重松 孝昌

    海洋開発論文集  25   1047 - 1052 2009年  [査読有り]

  • 高速ビデオカメラとMLSを用いた風波界面近傍での渦の時空間挙動の解明

    重松 孝昌

    海岸工学論文集  55   51 - 55 2008年  [査読有り]

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 波浪発電の現状と将来

    重松孝昌  [招待有り]

    TMC技術研修会  2018年03月 

  • 光ファイバを用いた有脚式離岸堤脚部の局所洗掘計測手法

    土木学会第72回年次学術講演会  2017年10月 

  • 不透過壁の前面に円柱が存在する波動場における飛沫の発生条件に関する実験的研究

    日本流体力学会 年会2017  2017年08月 

  • スロッシング挙動に及ぼすプレートの設置条件の影響に関する数値シミュレーション

    日本流体力学会 年会2017  2017年08月 

  • 波動場におかれた鉛直平板が洗掘特性に及ぼす影響に関する実験的研究

    日本流体力学会 年会2017  2017年08月 

全件表示 >>

知的財産権 【 表示 / 非表示

  • 波力発電堤体 [特許]

    発明(考案)者名: 重松孝昌,加藤健司,吉岡真弥,脇本辰郎

     概要を見る

     波のエネルギーを消散させるとともに、前記波のエネルギーから発電を行う波力発電システムであって、 水中に設置され、不透過壁を有するが、前記不透過壁の沖側に透過性の前壁を有さない防波堤と、 前記不透過壁の沖側において、平面視において前記不透過壁の延びる方向に沿って配列された複数の回転体からなる回転体列と、 前記複数の回転体の回転エネルギーを電力に変換する発電機とを備える、波力発電システムを開発した.

  • 波力発電システム [特許]

    特許 特許第6012011号

    発明(考案)者名: 重松孝昌・脇本辰郎・吉岡真弥・加藤健司

     概要を見る

    既設の縦スリット直立消波工に発電システムを設定することによって,港湾海域において波力発電を効率的にお来ぬ波力発電システムを提供する.

  • 閉鎖性水域における人工排熱処理システム [特許]

    発明(考案)者名: 中尾正喜・西岡真稔・鍋島美奈子・矢持進・重松孝昌・遠藤徹・貫上佳則・森信人

     概要を見る

    本発明は,家屋・発電所等の建物から発生する人工排熱を閉鎖性水域に排出する人工排熱処理システムである.本発明の人工排熱処理システムは,閉鎖性水域外の底層低温水を冷凍機用凝縮器や蒸気タービン用復水器等への冷却水等として活用することで,ヒートアイランド現象の加速に足止めをかけるとともに,熱交換後の温度上昇した海水を鉛直混合の促進に有効利用することで,閉鎖性水域内の低層部の貧酸素水を改善することを目的とするものである.

  • 濁りおよび流動を抑制する土砂の投入方法とその装置 [特許]

    発明(考案)者名: 重松孝昌・金澤剛・吉田泰雄・鶴ヶ崎和博・森田研志

     概要を見る

    本発明は,トレミー工法において土砂投入時に発生する流動を抑制すると共に濁りの発生・拡散を抑制することを目的とするものである.具体的には,トレミー管の下端部に水平又は酢田向きに膜又は薄版を取り付けることにより,土砂投入により誘起される浚渫窪地内の水塊の流動や濁水の舞い上がりを抑制しようとするものである.

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 波動場における多孔質体内の局所流動がエネルギー減衰および物質輸送に及ぼす影響

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 多孔質体間隙構造解析とそれに基づく乱れの生成メカニズムの解明に関する基礎研究

    基盤研究(B) 代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

  • 地域変容に対応した避難行動要支援者のための地区共助計画システムの構築に関する研究

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

  • 多孔質体生成乱流の三次元計測手法の開発とそれに基づく新たな乱流モデリングの提案

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

  • 海水の熱ポテンシャルを利用した臨海都市の水圏・気圏環境の再生

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2008年04月
    -
    2011年03月
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 膜体の変形抑制に関する実験的研究

    制度名:  共同研究 (共同研究)  代表者

    研究期間:

    2017年11月
    -
    2018年03月

  • スリット式防波堤用波力発電装置の開発研究

    制度名:  共同研究 (受託研究)  分担者・その他

    研究期間:

    2017年05月
    -
    2018年04月

  • 構造物による漂砂制御の試み

    制度名:  奨励寄附金 (教育研究奨励寄附)  代表者

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2018年03月

  • 大阪湾環境再生研究

    制度名:  奨励寄附金 (教育研究奨励寄附)  代表者

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月

  • 大阪市中央卸売市場における防災計画に関する検討

    制度名:  大阪市中央卸売市場における防災計画に関する検討 (共同研究)  代表者

    研究期間:

    2015年11月
    -
    2017年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 水理学

    (2017年度)大学 専門科目

  • 都市学入門

    (2017年度)大学 専門科目

  • 基礎流体力学

    (2017年度)大学 専門科目

  • 水防災工学

    (2017年度)大学 専門科目

  • 都市学演習Ⅲ

    (2017年度)大学 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • FD活動への貢献

    (2017年度)

     概要を見る

    工学部FD集会,学科FD集会に参加

  • 課外活動

    (2017年度)

     概要を見る

    大阪市立東高等学校:座談会「理系の大学で学ぶとはどういうことか,国内外で活躍する人たちから学ぶ将来の展望」(2時間)

  • 課外活動

    (2017年度)

     概要を見る

    大阪市立東高校:課題研究発表会審査委員(4時間)

  • 課外活動

    (2017年度)

     概要を見る

    大阪市立東高校:生徒研究活動発表会評価委員

  • FD活動への貢献

    (2017年度)

     概要を見る

    大阪府立大学工学域海洋システム工学科の外部評価委員を務めた.

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 住吉区総合防災訓練 防災講座

    (大阪市苅田南小学校)

    役割:講師

     対象:小学生 

    2017年11月
     
     

    主催者・発行元: 大阪市住吉区 

     概要を見る

    「水害と非難の流れ」についての授業

  • 防災士養成講座

    (大阪市立大学)

    役割:講師

     対象:大学生, 社会人・一般 

    2017年09月
     
     

    主催者・発行元: 大阪市立大学都市防災教育研究センター 

  • 大阪市立東高等学校

    (大阪市東高等学校)

    役割:助言・指導

     対象:高校生 

    2017年04月
    -
    2018年03月

     概要を見る

    「課題研究」に対するアドバイス・指導・評価を行った.

  • 体験型進路学習

    (大阪府立高津高校)

    役割:講師

     対象:高校生 

    2013年07月
     
     
 

交流可能研究 【 表示 / 非表示

  • 水域(かわ,うみ)の環境構造の改善

    研究テーマ概要:河川,港湾海域など,比較的身近な水域における環境(水質)を改善する.

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 共同研究, 受託研究, 技術相談

    交流可能な時期・期間:随時

    キーワード:溶存酸素, 密度, 流動

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:河川,港湾海域など,比較的身近な水域における環境(水質)を改善する.

  • 流体および混相流体の運動計測

    研究テーマ概要:高速度ビデオ画像撮影システムを用いた,高精度流体運動解析システムの開発

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:受託研究, 共同研究, 講演, 共同研究, 受託研究, 講演

    交流可能な時期・期間:随時

    キーワード:固気混相流, 固液混相流, 流体運動

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等:粉体のコーティング技術など,広く固気・固液混相流体に関わる産業分野で,利活用が可能.

  • 流体運動の可視化

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究

  • 粒状体の運動の数値的予測

    研究テーマ概要:多数の粒子によって構成される混相流場の数値的予測

    交流の種別:技術相談, 共同研究, 受託研究, 各種相談, 講演

    交流可能な時期・期間:いつでも可能

    キーワード:粉体工学, 固液混相流

     詳細を見る

    活用分野・応用方法等: 

    中核となる知識・技術・情報等:粉体工学,数値計算

    従来の研究との優位性、特徴:粒子の運動が現象に大きな影響を及ぼす場合に有用