吉本 佳世 (ヨシモト カヨ)

YOSHIMOTO Kayo

写真a

機関リポジトリを検索

職名

助教

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(保健学)

  • 大阪大学 -  修士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

生体医工学・生体材料学, 医用システム, リハビリテーション科学・福祉工学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • ●複眼内視鏡に関する研究
    内視鏡は開腹することなく体内を診察するために有用なツールであるが,距離感がつかみにくい,触れないため情報が少ないなど内視鏡システム由来の問題点が残されている.本研究では,複眼光学系を持つ内視鏡を用い,内視鏡下における腫瘍の大きさや消化管の運動機能を評価するシステムを構築している.ステレオ法により生体組織内の3次元計測結果から腫瘍のサイズを,内臓の時系列3次元形状の変化から運動量の評価を行っている.また,これらの計測の精度を上げるために,内視鏡の自己位置推定についても取り組んでいる.
    ●生体計測に関する研究
    体位にロバストな低侵襲かつ連続的に血圧計測が可能なシステムを提案する.血圧は循環動態を観察する指標の一つであり,人体の持つ調整機能により適切に調整されている.本研究では,光電容積脈波に基づき,2点間の光電容積脈波信号と加速度センサから体位の変化を考慮に入れた血圧のリアルタイム推定を行うシステムの確立を目指している.

研究キーワード 【 表示 / 非表示

みまもりシステム, 内視鏡, 3次元計測

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 複眼内視鏡を用いた多機能診断システムの開発

    (国内共同研究) 研究期間:

    2012年04月
    -
    現在

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • IDW '18 最優秀論文賞

    2018年12月  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   電子情報系専攻   助教  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年10月
    -
    現在

      航空保安大学校   非常勤講師

  • 2014年05月
    -
    現在

      大阪大学大学院   医学系研究科   招へい教員

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

    大阪大学  医学系研究科  保健学専攻  博士課程後期

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    大阪大学  工学研究科  機械工学専攻  博士課程前期

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    大阪大学  工学部  応用理工学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Three-Dimensional Panorama Image of Tubular Structure Using Stereo Endoscopy

    Kayo Yoshimoto, Kenji Watabe, Mizuki Tani, Tetsuji Fujinaga, Hideki Iijima, Masahiko Tsujii, Hideya Takahashi, Tetsuo Takehara, Kenji Yamada

    International Journal of InnovativeComputing, Information and Control  16 ( 3 )  2020年06月  [査読有り]

  • Identifying Dominant Characteristics of Students’ Cognitive Domain on Clustering-based Classification

    Yuni Yamasari, Supeno Mardi Susiki Nugroho, Kayo Yoshimoto, Hideya Takahashi and Mauridhi Hery Purnomo

    International Journal of Intelligent Engineering and Systems  13 ( 1 ) 167 - 180 2020年02月  [査読有り]

  • Retinal image generation method for retinal projection type super multi-view 3D head-mounted display

    Junya Kohno, Kayo Yoshimoto, Hideya Takahashi

    Proc. SPIE  11304 ( Advances in Display Technologies X ) 1130413-1 - 1130413-11 2020年02月  [査読有り]

  • Control method of active parallax barrier and binocular image for glasses-free stereoscopic display according to viewing position

    Hiiro Nakamura, Tomoya Kitada, Goro Hamagishi, Kayo Yoshimoto, Kaoru Kusafuka, Hideya Takahashi

    Proc. SPIE  11304 ( Advances in Display Technologies X ) 130414-1 - 130414-11 2020年02月  [査読有り]

  • Development of vessel position estimation system based on pixel-wise refocusing using light field imaging

    Kayo Yoshimoto, Hideya Takahashi, Kohei Yamamoto, Kneji Yamada

    Proc. SPIE  11229 ( Advanced Biomedical and Clinical Diagnostic and Surgical Guidance Systems XVIII ) 112291N-1 - 112291N-4 2020年02月  [査読有り]

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • TOMBOデバイスの医療応用

    山田憲嗣, 吉本佳世

    Medical&Imaging  ( 1 ) 22 - 25 2014年05月

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Retinal image generation method for retinal projection type super multi-view 3D head-mounted display

    Junya Kohno, Kosuke Suga, Kayo Yoshimoto, Hideya Takahashi

    SPIE Photonics West 2020  2020年02月 

  • Control method of active parallax barrier and binocular image for glasses-free stereoscopic display according to viewing position

    Hiiro Nakamura, Tomoya Kitada, Goro Hamagishi, Kayo Yoshimoto, Kaoru Kusafuka, Hideya Takahashi

    SPIE Photonics West 2020  2020年02月 

  • Development of vessel position estimation system based on pixel-wise refocusing using light field imaging

    Kayo Yoshimoto, Hideya Takahashi, Kohei Yamamoto, Kneji Yamada

    SPIE Photonics West 2020  2020年02月 

  • 内視鏡画像を用いた管の3次元仮想展開に関する基礎研究

    山本航平,吉本佳世,髙橋秀也

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  2019年12月 

  • パララックスバリアを用いた虚像投影3次元ヘッドマウントディスプレイの設計手法

    須賀広介,吉本佳世,髙橋秀也

    令和元年電気関係学会関西連合大会  2019年11月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • リフォーカシングに基づく3次元血管イメージングシステム

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 複眼内視鏡を用いた消化管運動機能計測システムの開発

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2017年03月
     

  • 脈波伝播速度法を用いた体位変換中の血圧モニタリングに関する研究

    研究活動スタート支援 代表者

    研究期間:

    2014年08月
    -
    2016年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 工学研究科 医工・生命工学教育研究センター バイオデザイン教育

    制度名:  教育推進本部経費 分担者・その他

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月

  • 工学研究科 医工・生命工学教育研究センター

    制度名:  工学研究科 医工・生命工学教育研究センター経費 (学内研究費)  分担者・その他

    研究期間:

    2018年10月
    -
    2020年03月

  • プラズマプロセス技術と多機能OCT を応用した再生医療等製品の品質向上と支援機器の開発

    制度名:  戦略的研究(重点研究) (学内研究費)  分担者・その他

    研究期間:

    2018年
    -
    2019年03月

  • 医工産連携ハブ技術としての低コヒーレンス光干渉断層法(OCT)の多機能化

    制度名:  工学部プロジェクト研究 (学内研究費)  分担者・その他

    研究期間:

    2017年
    -
    2019年03月

  • 新規造影薬剤と光イメージング技術を駆使した脳外科術中システムの開発

    制度名:  知と健康のグローカル拠点事業推進研究 (学内研究費)  分担者・その他

    研究期間:

    2017年
    -
    2018年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 電気情報工学基礎演習B

    (2019年度)大学 専門科目

  • 電気情報工学応用演習

    (2019年度)大学 専門科目

  • オブジェクト指向プログラミング

    (2019年度)大学 専門科目

  • 電気情報工学基礎演習A

    (2019年度)大学 専門科目

  • オブジェクト指向プログラミング

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 出張講義

    役割:講師

     対象:高校生 

    2017年09月
     
     

    主催者・発行元: 北千里高校 

     概要を見る

    人間をはかる方法について,心電図及びパルスオキシメータを取り上げ,簡単な仕組みと必要な工学的知識・技術について紹介した.

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2019年度

     詳細を見る

    外国人留学生受入数
    1名

    Republic of Indonesia