吉田 隆之 (ヨシダ タカユキ)

YOSHIDA Takayuki

写真a

機関リポジトリ

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京芸術大学 -  博士(学術)

研究分野 【 表示 / 非表示

文化政策

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 文化資源を活用した都市・地域再生に関する研究

    (個人研究) 研究期間:

    2010年04月
     
     

    研究課題キーワード:  都市型芸術祭、アートプロジェクト、アウトカム

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本アートマネジメント学会

  • 文化経済学会

  • 日本スポーツ法学会

  • 自治体学会

  • 日本文化政策学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    滋賀県文化審議会評価部会   滋賀県文化審議会専門委員

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    大阪市地方独立行政法人大阪市博物館機構評価委員会   大阪市地方独立行政法人大阪市博物館機構評価委員会委員

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    大阪府市文化振興会議   大阪府市文化振興会議専門委員

  • 2016年04月
    -
    現在

    日本文化政策学会   監事

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   都市経営研究科   都市経営専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年10月
     
     

      大阪市立大学   准教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2013年

    東京芸術大学  音楽研究科  音楽文化学  博士課程

  •  
    -
    2010年

    京都大学  公共政策大学院  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年

    京都大学  法学部 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 芸術祭によるソーシャルキャピタルのプロアクティブ化―あいちトリエンナーレ2010・2013と2016の比較―

    吉田隆之

    文化経済学  15 ( 1 ) 102 - 117 2018年03月

  • 札幌国際芸術祭のアウトプット評価ー定性的分析

    吉田 隆之

    アートマネジメント研究  ( 17・18 ) 104 - 116 2018年03月

  • 国際展の地域コミュニティ形成への影響―水と土の芸術祭(新潟市)を事例に―

    吉田隆之

    文化政策研究  10   100 - 114 2017年05月

  • 国際展の課題と空知炭鉱の記憶アートプロジェクトの先駆性

    地方自治職員研修  49 ( 12 ) 15 - 17 2016年12月

  • 文化条例の望ましい制定手法―京都文化芸術都市創生条例を事例に

    文理シナジー  20 ( 2 ) 119 - 126 2016年10月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 文化条例政策とスポーツ条例政策

    吉田隆之,吉田勝光 (担当: 共著 )

    成文堂  2017年04月

  • トリエンナーレはなにをめざすのかー都市型芸術祭の意義と展望

    吉田隆之 (担当: 単著 )

    水曜社  2015年08月

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 「あいちトリエンナーレ」との出合い方

    中日新聞社  ( 20160805夕刊 ) 11 2016年08月

  • 外国人児童 不就学の解消を官民連携で

    朝日新聞  ( 200704 )  2007年04月

  • 道州制大いに論じ地方分権の力に

    朝日新聞  ( 20051221 ) 16 2005年12月

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 芸術祭は地域コミュニティ形成に寄与するのかーいちはらアート×ミックスを事例に

    吉田隆之

    日本アートマネジメント学会第19回全国大会<奈良>  2017年11月 

  • アートプロジェクトの可能性と未来-オリンピック・パラリンピック2020以降を見据えてー

    吉田隆之,辻大地,田島悠史,飯村有加,佐伯香菜

    日本アートマネジメント学会第19回全国大会<奈良>シンポジウム②  2017年11月 

  • 国際展がソーシャルキャピタル形成に寄与するのかーあいちトリエンナーレを事例に

    吉田隆之

    文化経済学会<日本>2017年度大分大会  2017年07月 

  • 文化条例の望ましい制定手法―京都文化芸術都市創生条例を事例に―

    第40回文理シナジー学会 平成28年度春の大会  2016年05月 

  • 水と土の芸術祭(新潟市)の地域づくりへの影響―アートプロジェクト的要素の検証―

    日本文化政策学会 第9回年次研究大会  2016年03月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 国際展は地域コミュニティ活性化に寄与するのか:定性的分析からのアプローチ

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 都市文化政策

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 文化資源論

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 創造都市論

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 都市・地域政策

    (2017年度)大学院 共通(教育)科目

  • 文化資源論

    (2016年度)

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • その他活動

    2016年04月
    -
    2017年03月

     概要を見る

    文化経済学会<日本>2016研究大会のシンポジウムでパネリストとして講演
    [タイトル]
    「文化資源を活用した都市・地域再生:アウトカム・インパクトを検証する」
    [事業プロジェクト/パネリスト]
    あいちトリエンナーレ/吉田隆之(大阪市立大学大学院創造都市研究科准教授)
    一般社団法人ノオトの歴史的建築物の活用/金野幸雄(一般社団法人ノオト代表理事)
    そらち産炭地域活性化戦略/NPO法人炭鉱の記憶遺産推進事業団理事長/吉岡宏高(札幌国際大学観光学部教授)
    食文化創造都市・鶴岡/太下義之(三菱UFJリサーチ&コンサルティング主席研究員)
    [モデレーター]
    野田邦弘(鳥取大学地域学部教授)
    [日時]
    2016年7月2日
    [場所]
    大阪樟蔭女子大学

  • その他活動

    2016年04月
    -
    2017年03月

     概要を見る

    シンポジウム「芸術祭に求められる様々な何か」にパネリストとして講演
    [モデレーター]
    岸井大輔(劇作家)
    [パネリスト]
    大澤寅雄(ニッセイ基礎研究所)×吉田隆之(大阪市立大学准教授)[日時]
    2016年7月4日
    [場所]
    冷泉荘(福岡市博多区)

  • その他活動

    2015年04月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    トークイベント「吉田隆之が斬る!いまどんな感じ長者町」で講師として講演[講師]吉田隆之[モデレーター]岸井大輔(劇作家)[日時]2015年5月24日[場所]PLACE LA BON(名古屋市中区丸の内)

  • その他活動

    2015年04月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    日本アートマネジメント学会中部部会第25回(平成27年度 第2回)研究会で講演 [タイトル]大阪と愛知のアートシーンの違い [日時] 2016年3月19日 [場所] 名古屋音楽学校ホール(名古屋市中区)

  • その他活動

    2015年04月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    トークイベント「トリエンナーレはなにをめざすのか」でパネリストとして講演 [司会] 石垣真帆(NHK名古屋放送局キャスター)[パネリスト]吉田隆之(愛知県職員)×服部浩之(あいちトリエンナーレ2016キュレーター) [日時] 2015年8月29日 [場所]MARUZEN名古屋本店

全件表示 >>