TOKORO Michihiko

写真a

Search Institutional Repository


Title

Professor

Laboratory location

Sugimoto Campus

Degree 【 display / non-display

  • University of York -  DPhil in Social Policy

Research Areas 【 display / non-display

Social Policy

Research Career 【 display / non-display

  • Social Policy

    (Individual)

    Keyword in research subject:  Social Policy, Social Security, Social Work

Association Memberships 【 display / non-display

  • JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF SOCIAL WELFARE

  • Social Policy Association

Current Career 【 display / non-display

  • Osaka City University   Graduate School of Human Life Science   Human Life Science Course   Professor  

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1999

    University of York (UK)  Dept. of Social Policy and Social Work 

 

Published Papers 【 display / non-display

  • 困窮度による子どもの健康格差 大阪府子どもの生活に関する実態調査より

    駒田 安紀, 嵯峨 嘉子, 小林 智之, 山下 剛徳, 所 道彦, 山野 則子

    (一財)厚生労働統計協会 厚生の指標  65 ( 11 ) 16 - 23 2018.09  [Refereed]

     View Summary

    目的 在宅医療は、医師が患者の居住地まで出向いて診療する医療形態であるが、昨今ではこの在宅医療を発展させることで医療費を抑制することが期待されている。そこで、2006年の診療報酬改定で新設された「在宅療養支援診療所」(以下、在支診)に注目し、「在支診」の増加率(以下、発展)と医療費の伸び率との関連について解明した。方法 まず、在支診の統計が公開された2008年から最新の公開年である2014年迄の6年間に着目して、国全体の「在支診」、「在支診」以外で在宅医療を提供する診療所(以下、在宅医療診療所)や病院(以下、在宅医療病院)の数と全医療費、入院医療費、外来医療費(以下、医療費3指標)の推移について概観した。次に、在宅医療施設と医療費の関係を明らかにするために、これらの指標を都道府県別に集計し、基本統計量(平均値、標準偏差)とスピアマンの相関行列を算出した。また、「在支診」の発展と医療費との関連を解明するために、医療費3指標を目的変数、在宅医療施設を説明変数とした重回帰分析を実施した。さらに、「在支診」の増加率が高い地域と低い地域に分類した上で、両地域の医療費および在宅医療費の伸び率の相違について分析した。結果 第一に、この6年間で「在支診」が26%増加する他方で、全医療費が10.8%増加し、さらには全医療費に占める在宅医療費が41.9%と大幅に増加した。第二に、「在支診」は医療費3指標と正の相関が認められた。「全医療費」が0.60、「入院医療費」が0.53、「外来医療費」が0.43であった。第三に、重回帰分析を実施した結果、「在支診」の増加率が「医療費」の伸び率に正の影響を及ぼしていた。「在支診」は「全医療費」に対して正に有意で、自由度調整済み決定係数が0.372であった。第四に、「在支診」の増加率が高い地域と低い地域では、「全医療費」の伸び率に1.4倍、「入院医療費」の伸び率に1.5倍、「外来医療費」の伸び率に2.9倍の差があった。これらの分析結果より、この6年間で「在支診」が急増した地域ほど医療費が大幅に上昇していることが明らかになった。結論 「在支診」の発展と医療費の伸び率には正の相関があり、「在支診」の増加率が高い地域ほど医療費の伸び率が大きい。それゆえ、「在支診」の発展が、医療費抑制に寄与するとはいえない。(著者抄録)

  • Social Services Reform and Local Government : Issues and Prospect(<Special Issue>Social Services Reform and Local Government in 2015)

    TOKORO Michihiko

    Japan Association for Social Policy Studies, Social Policy and Labor Studies  7 ( 3 ) 3 - 11 2016

     View Summary

    This paper aims to summarise the discussions and arguments made in four conference papers, which were originally contributed for the 130th annual JSPS meeting in 2015. Recent social security reforms aim to provide new social care and personal support system for those in complex social difficulties such as self-withdrawal and dementia. Local authorities are expected to provide these social services in the community, in corporation with various community sectors organisations. Although year 2015 is the very first year for implementation of these reforms, it has been supposed that many local authorities would struggle to conduct new system, as the various social and human resources are needed while the cutting back of social expenditures are conducted at the same time. It is an important challenge for social policy to provide social services to fulfil personalised human needs. Case study would provide many important lessons on this issues, but we should be cautious about handlings of limited numbers of so called best practice cases.

    DOI CiNii

  • 介護支援専門員による居宅サービス計画作成の実践とその関連要因 アセスメントにおける情報把握に焦点をあてて

    綾部 貴子, 岡田 進一, 所 道彦, 白澤 政和

    大阪市立大学大学院生活科学研究科 生活科学研究誌  13   101 - 109 2015.03  [Refereed]

  • 書評:大岡頼光著『教育を家族だけに任せない―大学進学保障を保育の無償化から』

    所 道彦

    福祉社会学会 福祉社会学研究  12 ( 0 ) 123 - 126 2015  [Refereed]

    DOI CiNii

  • Comparatarive analysis in social assistance system

      43 - 62 2014

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • Welfare State and Family Policy

    (Part: Single Work )

    Houritsu Bunka Sha  2012

  • 社会の理解

    石川 久展, 所 道彦 (Part: Single Work )

    ミネルヴァ書房  2010

    CiNii

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

Conference Activities & Talks 【 display / non-display