阿部 昌樹 (アベ マサキ)

ABE Masaki

写真a

機関リポジトリを検索

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(法学)

  • ノースウエスタン大学 -  学術修士

  • 京都大学 -  法学修士

研究分野 【 表示 / 非表示

法社会学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 法実現過程の経験的研究、および自治体行政の経験的研究

研究キーワード 【 表示 / 非表示

地方自治, 市民参加, 法の実施

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 地方自治の法的側面に関する法社会学的研究

    (個人研究) 研究期間:

     
    -
    現在

    研究課題キーワード:  地方自治

  • 住民運動と法の動員に関する研究

    (個人研究) 研究期間:

     
    -
    現在

    研究課題キーワード:  住民運動、法の動員、都市問題

  • 人口減少社会における法の役割についての経験的研究

    (国内共同研究) 研究期間:

    2016年04月
    -
    現在

    研究課題キーワード:  人口減少社会

  • 近年のアメリカ合衆国における法理論の展開についての研究

    (個人研究) 研究期間:

     
    -
    現在

    研究課題キーワード:  法理論、批判法学、解釈主義的法社会学

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 法社会学とは、法や法制度は社会のなかでどのような役割を果たしているのか、そしてそれは何故なのかを、経験的社会科学の方法を用いて明らかにすることを目的とした学問である。授業では、我が国における紛争処理の実状、司法制度の実際の作動、法専門職の活動実態、司法制度改革の動向等に焦点を合わせて、法律や判例等の「書かれた法」のみに焦点を合わせた場合には見過ごされがちな、社会のなかで機能する法や法制度の実態を、具体的な事例に即して理解することに重点を置いている。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本法社会学会

  • Law and Society Association

  • 日本公共政策学会

  • 自治体学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月
    -
    現在

    日本法社会学会   理事長

  • 2016年08月
    -
    現在

    自治体学会   評議員

  • 1996年04月
    -
    現在

    日本法社会学会   理事

  • 2018年08月
    -
    現在

    自治体学会   理事

  • 2015年06月
    -
    2018年05月

    公共政策学会   学会賞選考委員

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 日本法社会学会奨励賞(著書部門)

    2003年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   法学研究科   教授  

  • 大阪市立大学   都市研究プラザ   都市研究プラザ   所長  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院法学研究科   教授

  • 2000年04月
    -
    2001年03月

      大阪市立大学   法学部   教授

  • 1992年04月
    -
    2001年03月

      大阪市立大学   法学部   助教授

  • 1989年04月
    -
    1992年03月

      京都大学   法学部   助手

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年

    ノースウェスタン大学  政治学研究科  法と政治学  修士課程

  •  
    -
    1985年

    京都大学  法学研究科  基礎法学  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年

    京都大学  法学部  法学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 地方の選択と自治の行方

    阿部 昌樹

    ガバナンス  ( 207 ) 35 - 37 2018年07月  [招待有り]

  • 合区・総合区導入の課題

    阿部 昌樹

    市政研究  ( 197 ) 38 - 47 2017年10月  [招待有り]

  • 「協働」の法言説

    大阪市立大学法学雑誌  62 ( 3・4 ) 702 - 660 2016年08月

  • 自治基本条例のインパクト (大阪市立大学法学部 創立六〇周年記念号 (上))

    阿部 昌樹

    大阪市立大学 大阪市立大學法學雜誌  60 ( 2 ) 856 - 814 2014年01月  [査読有り]

    CiNii

  • 法的正義と今ここでの正義

    法社会学  ( 78 ) 7 - 29 2013年03月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ローカルな法秩序

    (担当: 単著 )

    勁草書房  2002年

  • 争訟化する地方自治

    (担当: 単著 )

    勁草書房  2003年

  • 自治制度の抜本的改革 : 分権改革の成果を踏まえて

    阿部 昌樹, 田中 孝男, 嶋田 暁文 (担当: 共編者 )

    法律文化社  2017年

    CiNii

  • 法の経験的社会科学の確立に向けて

    ダニエル・フット、濱野 亮、太田 勝造、木下 麻奈子、阿部 昌樹、尾﨑 一郎、樫村 志郎、他 (担当: 分担執筆 )

    信山社  2019年03月

  • 縮減社会の合意形成 : 人口減少時代の空間制御と自治

    金井 利之, 阿部 昌樹, 礒崎 初仁, 内海 麻利, 北村 喜宣, 齋藤 純一, 嶋田 暁文, 名和田 是彦, 原島 良成, 村山 武彦 (担当: 単著 )

    第一法規  2019年01月

    CiNii

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 自治基本条例の制定経緯および施行状況に関する自治体アンケート調査

    大阪市立大学法学雑誌  59 ( 4 ) 642 - 588 2013年03月

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 超高齢社会を対象とする紛争経験調査の課題と方法

    阿部昌樹

    日本法社会学会学術大会  2017年05月 

  • 企画趣旨:《法》を見るとはどのようなことなのか

    日本法社会学会学術大会  2016年05月 

  • イギリスとオーストラリアにおける法専門職規制

    日本法社会学会学術大会  2015年05月 

  • リーガリティとそれに対する不満-日本における地方自治の事例から

    アメリカ法と社会学会  2012年06月 

  • 法的正義と今ここでの正義

    日本法社会学会  2012年05月 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 住民参加促進型条例のインパクトの法社会学的研究

    基盤研究(C) 代表者

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2013年03月
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 法社会学(法曹養成専攻)

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 法学入門

    (2018年度)大学 専門科目

  • 法社会学演習

    (2018年度)大学 専門科目

  • 法社会学

    (2018年度)大学 専門科目

  • 法社会学演習

    (2017年度)大学 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • FD活動への貢献

    (2018年度)

     概要を見る

    法学部および大学院法曹養成専攻のFD活動に参加した。

  • オフィスアワー

    (2018年度)

     概要を見る

    法曹養成専攻の授業につきオフィスアワーを設定した。