稗田 健志 (ヒエダ タケシ)

HIEDA Takeshi

写真a

機関リポジトリ

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 欧州大学院大学 -  政治社会学博士

研究分野 【 表示 / 非表示

政治学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 先進工業諸国の政治経済、社会保障システムの比較政治学的分析

研究キーワード 【 表示 / 非表示

比較政治経済学, 福祉国家, 政党政治

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • より専門的な政治学サブディシプリン(政治学史、行政学、国際政治学、比較政治学、欧州政治外交史、公共政策)への導入として「政治学」の講義を担当している。

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学南部陽一郎記念若手奨励賞

    先進民主主義諸国の政治経済・社会保障政策

    2017年11月   大阪市立大学

  • 大阪市立大学教育後援会優秀テキスト賞

    『政治学の第一歩』(有斐閣ストゥディア, 2015年)

    2015年11月   大阪市立大学教育後援会

     概要を見る

    大阪市立大学での授業に使用する目的で優れた教科書を出版した教員を顕彰することにより、大阪市立大学の教育レベルの向上に資することを目的とした賞。法学部専門科目「政治学」(半期4単位)で使用するために執筆した『政治学の第一歩』(有斐閣ストゥディア, 2015年)に対して授与された。

  • 若手研究者奨励賞(Social Policy&Administration誌)

    "Comparative Political Economy of Long-Term Care for Elderly People: Political Logic of Universalistic Social Care Policy Development"

    2012年07月   Social Policy&Administration, Wiley-Blackwell

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   法学研究科   教授  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Politics of Childcare Policy beyond the Left–Right Scale: Postindustrialization, Transformation of Party Systems, and Welfare State Restructuring

    Hieda, Takeshi

    European Journal of Political Research  52 ( 4 ) 483 - 511 2013年06月  [査読有り]

    DOI

  • 重複立候補制度は二大政党制を阻害するのか

    大塚成美, 稗田健志

    法学雑誌  63 ( 4 ) 59 - 77 2017年12月

  • 政治理論と実証研究をつなぐ環──経験的分析における概念分析の役割

    稗田健志

    年報政治学  ( 2015-I ) 13 - 36 2015年06月  [招待有り]

  • 新自由主義か、非能力主義的平等主義か:瑞蘭独仏英伊における家計データの時系列分析

    稗田健志

    社会政策  6 ( 2 ) 28 - 40 2015年01月  [招待有り]

  • 左派・右派を超えて?:先進工業21ヵ国における育児休業制度の計量分析

    稗田健志

    レヴァイアサン  55   87 - 117 2014年10月  [招待有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 政治学の第一歩

    砂原庸介, 稗田健志, 多湖淳 (担当: 共著 )

    有斐閣  2015年10月

    ASIN

  • Political institutions and elderly care policy: Comparative politics of long-term care in advanced democracies

    Hieda, Takeshi (担当: 単著 )

    Palgrave Macmillan  2012年07月

     概要を見る

    本書は、先進民主主義国において高齢者介護政策がなぜ異なるのかという問いに歴史的制度論の観点から答える試みである。本書の主張するところでは、選挙制度と政党システムが構成する国家-社会関係が高齢者介護政策の発展経路の違いを説明する。公的介護制度のような普遍主義的社会政策は集合行為問題に直面するため、個別利益集団から相対的に自律した国家がその負担と便益を公平な形で市民に配分しない限り発展し得ないからである。そして、国家がどの程度社会関係から自律し得るかは、それぞれの国の政党内競争と政党間競争のあり方に依存する。
    政党内競争の次元では、個人票重視の選挙制度が分権的で利益誘導による恩顧主義的な政党組織を形成するのに対し、政党票重視の選挙制度は集権的で政党綱領を軸にした政党組織を形成する。一方、政党間競争の次元では、支配的な政党連合が宗教・言語・民族といった社会的亀裂にそって断片化した政党システムでは個々の与党が個別の利益誘導に走るのに対し、一党優位制は、支配政党自身が集権的であれば、福祉プログラムの負担と便益をその幅広い支持層の間で内部化することができる。それゆえ、政党票中心の選挙制度の下での一党優位制が高齢者介護制度のような普遍主義的社会政策の発展を促進するのである。
     以上の主張を検証するため、本書は定量的分析と定性的分析を組み合わせた実証分析を行った。計量分析では、先進工業民主主義国の時系列国家間比較データを分析し、選挙制度が人口変動の影響と高齢者介護向け公的支出の規模との間を媒介していることを明らかにした。一方、ケーススタディではスウェーデン、日本、米国の高齢者介護政策の政治プロセスを比較し、国家が高齢者向け福祉プログラムの発展・変容に決定的な役割を果たしてきたことを明らかにした。

  • 回帰分析: 規定要因に関するマクロデータの分析

    稗田健志 (担当: 分担執筆 )

    鎮目真人, 近藤正基 編『比較福祉国家:理論・計量・各国事例』ミネルヴァ書房  2013年12月

  • 高齢者介護政策の比較政治学:共有された構造要因と多様な政策対応

    稗田健志 (担当: 分担執筆 )

    宮本太郎編『福祉+α 福祉政治』ミネルヴァ書房  2012年10月

  • 福祉国家の危機と持続性:『福祉国家の従属変数問題』を通して考える

    稗田健志 (担当: 分担執筆 )

    井手英策, 菊地登志子, 半田正樹(編)『交響する社会:『自律と調和』の政治経済学』ナカニシヤ出版  2011年04月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Book Review: Miura Mari “Welfare through Work: Conservative Ideas, Partisan Dynamics, and Social Protection in Japan” (Cornell University Press, 2012)

    Hieda, Takeshi

    Japanese Journal of Political Science   15 ( 3 ) 518 - 520 2014年09月  [依頼有り]

  • 書評論文:日本政治研究における歴史的制度論のスコープと課題

    稗田健志

    『レヴァイアサン』木鐸社  ( 51 ) 174 - 180 2012年10月  [依頼有り]

  • 書評:Johannes Lindvall著『Mass Unemployment and the State』

    稗田健志

    海外社会保障研究  ( 177 ) 97 - 101 2011年12月  [依頼有り]

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Comparing the Class Bases of Left-wing and Right-wing Populist Parties.

    Hieda, Takeshi  [招待有り]

    日本政治学会2018年度研究大会  (関西大学千里山キャンパス)  2018年10月  日本政治学会

  • Comparing the Class Bases of Left-wing and Right-wing Populist Parties.

    Hieda, Takeshi

    114th Annual Meeting of the American Political Science Association  (Boston, MA, USA)  2018年09月 

  • Do Populists Support Populism? An Examination through an Online Survey following the 2017 Tokyo Metropolitan Assembly Election

    Masaru Nishikawa, Takeshi Hieda, Masahiro Zenkyo

    114th Annual Meeting of the American Political Science Association  (Boston, MA, USA)  2018年08月 

  • Do Populists Support Populism? An Examination through an Online Survey following the 2017 Tokyo Metropolitan Assembly Election

    Takeshi Hieda, Masahiro Zenkyo, Masaru Nishikawa

    日本比較政治学会2018年度研究大会  (東北大学)  2018年06月  日本比較政治学会

  • 西欧諸国における右派ポピュリスト政党:比較の視点から

    稗田健志  [招待有り]

    日本政治学会2017年度研究大会  2017年09月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 政党システム再編成とその政策的帰結に関する研究:比較福祉国家論の観点から

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 家族政策の比較政治学ー国家間の多様性と規定要因の解明

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

  • 民主主義活性化のための政治理論と実証研究の共生成的政治学の研究

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

  • 新しい社会的リスクの比較政治経済学: 党派性に着目した子育て・労働市場政策の分析

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

  • 社会政策の変容に関する研究-欧州4ヶ国の長期失業者に対する政策から

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 政党システムの再編成とその政策的帰結に関する研究

    制度名:  戦略的研究(若手研究) (学内研究費)  代表者

    研究期間:

    2017年07月
    -
    2018年03月

  • 都市化の下での政党政治の変容と労働市場政策

    制度名:  戦略的研究(若手研究) (学内研究費)  代表者

    研究期間:

    2015年07月
    -
    2016年03月

  • 先進工業諸国における普遍主義的社会政策の発展要因の比較政治経済学的研究

    制度名:  早稲田大学特定課題研究助成費 (学内研究費)  代表者

    研究期間:

    2010年06月
    -
    2011年03月

  • 現代アメリカにおける高齢者介護政策の政治過程:「改革」なき漸進的制度変化の一事例として

    制度名:  家計経済研究所研究助成 代表者

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2010年03月

     概要を見る

    研究助成

  • 現代スウェーデンにおける医療と高齢者福祉改革のリンケージ:エーデル改革を中心に

    制度名:  松下国際財団研究助成 代表者

    研究期間:

    2008年10月
    -
    2009年09月

     概要を見る

    研究助成

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 比較政治

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 政治学

    (2017年度)大学院 専門科目

  • 外国語演習(英語)

    (2017年度)大学 専門科目

  • 政治学演習論文

    (2017年度)大学 専門科目

  • 政治学演習

    (2017年度)大学 専門科目

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • オフィスアワー

    (2017年度)

     概要を見る

    政治学演習履修者に対して、講義時間とは別に週1回2時間20分(12:10~14:30)オフィスアワーを設定し、演習論文作成の支援を行った。

  • FD活動への貢献

    (2017年度)

     概要を見る

    FD集会への参加