宮原 郁子 (ミヤハラ イクコ)

MIYAHARA Ikuko

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

  • 大阪市立大学 -  修士(理学)

研究分野 【 表示 / 非表示

構造生物化学, 物理化学

研究歴 【 表示 / 非表示

  • タンパク質のX線結晶構造解析

    (国内共同研究) 研究期間:

    1994年
    -
    現在

    研究課題キーワード:  X線構造解析、酵素

  • 有機および有機金属化合物の構造化学

    (国内共同研究) 研究期間:

    1990年
    -
    現在

    研究課題キーワード:  有機結晶、X線構造解析

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • 大学1年次理系学生のための化学実験の基礎的な指導、および理学部化学科3年次のための固体化学の講義および物理化学実験においてX線回折法をもちいた構造解析の実習教育。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本結晶学会

  • 日本ビタミン学会

  • 日本化学会

  • 日本生化学会

  • 日本生物物理学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2018年03月

    日本結晶学会   編集委員

  • 2016年04月
    -
    現在

    日本ビタミン学会   代議員

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   物質分子系専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年
     
     

      大阪市立大学   助教授

  • 1998年
     
     

      大阪市立大学   講師

  • 1994年
     
     

      大阪市立大学   助手

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年

    大阪市立大学  理学研究科  化学  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年

    大阪市立大学  理学部  化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Crystal Structures of Nonoxidative Zinc-dependent 2,6-duhidroxybenzoate (g -resorcylate) Decarboxylase from Rhizobium sp. Strain MTP-100005.

    M. Goto, H. Hayashi, I. Miyahara, K. Hirotsu, T. Oikawa, et al.

    J. Biol. Chem  281   34365 - 34373 2006年

  • The crystal structure of homoserine dehydrogenase complexed with L-homoserine and NADPH in a closed form

    Akai Shota, Ikushiro Hiroko, Sawai Taiki, Yano Takato, Kamiya Nobuo, Miyahara Ikuko

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY  165 ( 2 ) 185 - 195 2019年02月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • Heme-dependent Inactivation of 5-Aminolevulinate Synthase from Caulobacter crescentus

    Ikushiro Hiroko, Nagami Atsushi, Takai Tomoko, Sawai Taiki, Shimeno Yuki, Hori Hiroshi, Miyahara Ikuko, Kamiya Nobuo, Yano Takato

    SCIENTIFIC REPORTS  8 ( 1 ) 14228 2018年09月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • ADP-Ribose Pyrophosphatase Reaction in Crystalline State Conducted by Consecutive Binding of Two Manganese(II) Ions as Cofactors

    Furuike Yoshihiko, Akita Yuka, Miyahara Ikuko, Kamiya Nobuo

    BIOCHEMISTRY  55 ( 12 ) 1801 - 1812 2016年03月  [査読有り]

    DOI

  • 5.アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼとマロン酸の複合体による超閉構造について(第442回研究協議会研究発表要旨,ビタミンB研究委員会)

    村川 武志, 宮原 郁子, 林 秀行

    公益社団法人 日本ビタミン学会 ビタミン  90 ( 1 ) 43 - 44 2016年  [査読有り]

    DOI CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • タンパク質工学 = Protein Engineering

    老川 典夫, 大島 敏久, 保川 清, 三原 久明, 宮原 郁子 (担当: 単著 )

    講談社  2018年

    CiNii

  • Dual substrate recognition of aminotransferases

    K.Hirotsu, M. Goto, A. Okamoto and I.Miyahara (担当: 共著 )

    Chem. Rec  2005年

  • Expression, purification and preliminary X-ray characterization of histidinol phosphate phosphatase

    Omi R., Goto M., Nakagawa N., Miyahara I., Hirotsu K. (担当: 共著 )

    Acta Crystallographica  2004年

  • Silicon-Carbon Unsaturated Compounds. 69. Reactions of silenes produced thermally from pivaloyl- and admantoyltris(trimethylsilyl)silane with silyl-substituted butadienes and enynes.

    A. Naka, I. Miyahara, K. Hirotsu, Y. Shiota, K. Yoshizawa et.al (担当: 共著 )

    Organometallics  2004年

  • Stereochemistry of disilanylene-containing cyclic compounds. Synthesis and reactions of cis- and trans-3,4-benzo-1,2-di(tert-butyl)-1,2-dimethyl-1,2- disilacyclobut-3-ene.

    , A. Naka, J. Ikadai, J. Sakata, I. Miyahara, K. Hirotsu et.al (担当: 共著 )

    Organometalics  2004年

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Structure of Thermus thermophilus HB8 Aspartate Aminotrans-ferase and Its Complex with Maleate

    Biochemistry  38 ( 8 ) 2413 - 2424 1999年

  • Superoxide Dismutase Mimetic Comples of Mn(Ⅱ)/N, N-Bis(2-Prytidylmethyl)-(S)-Histidine

    Chem, Lett.    295 1999年

  • The Birch Reduction of Heterocyclic Compounds (]G0004[)[1], Birch Reduction of 3-Acylfurans. Competition between Ring Reduction, Carbonyl Reduction, and Dimer Formation

    J. Heterocyclic Chem.  ( 35 ) 1285 1998年

  • Potential Host Compounds : 1, 1"-Bis(diaryl hydroxymethyl)ferrocenes(共著)

    #HJ. Chem. Soc. Perkin. Trans. 2.(/)-┫DB    85 - 88 1997年

  • Structural and Mechanistic Studies on D-Amino Acid Oxidase・Substrate Complex : Implications of the Crystal Structure of Enzyme・Substrate Analog Complex. (共著)

    #HJ. Biochem.(/)-┫DB  122   825 - 833 1997年

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 後期特別研究

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 前期特別研究

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 機能分子科学演習

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 化学概論

    (2018年度)大学 教職科目

  • 固体化学

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>

 

外国人受入実績 【 表示 / 非表示

  • 外国人受入年度:2018年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    0名
  • 外国人受入年度:2017年度

     詳細を見る

    外国人研究者受入数
    0名