蕭 閎偉 (ショウ コウジ)

HSIAO Hongwei

写真a

機関リポジトリを検索

職名

講師

研究室所在地

杉本キャンパス

ホームページ

http://www.urban.eng.osaka-cu.ac.jp/groups/plan/index.html

メールアドレス

メールアドレス

旧氏名・ペンネーム等

SHO Koji、

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

都市計画・建築計画

研究概要 【 表示 / 非表示

  • まちづくりの効果に関する検証、都市デザイン・開発制度の実証的研究を中心(台湾の台北市、日本の大阪、東京が主な対象)に取り組んでいる。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

まちづくり, 都市デザイン, 都市計画, 都市開発・市街地再開発制度

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 地震・津波に対するレジリエントな住まい・コミュニティづくり

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2018年05月
    -
    現在

  • 分極化する都市空間におけるレジリエントな地域再成と包容力ある都市論の構想

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2018年04月
    -
    現在

  • Walkable Cityコンセプトの健康都市計画への適用可能性に関する研究

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2017年10月
    -
    2018年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 土木学会

  • 日本建築学会

  • 日本都市計画学会

  • 計画行政学会

  • 都市住宅学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月
    -
    現在

    日本建築学会海洋建築ローカルエリアネットワーク小委員会   委員

  • 2019年07月
    -
    現在

    日本建築学会海洋建築グローバルネットワーク小委員会   委員

  • 2019年06月
    -
    現在

    厚生労働省社会福祉推進事業 作業部会   主任研究員

  • 2019年06月
    -
    現在

    厚生労働省社会福祉推進事業「居住支援の在り方に関する調査研究事業」 検討委員会   委員

  • 2019年05月
    -
    現在

    日本建築学会都市計画委員会空地アーバニズム戦略小委員会   委員

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 第4回一般財団法人住総研博士論文賞

    2019年06月28日  

  • 大阪市立大学教員活動表彰:若手教員教育研究活動分野

    2019年06月24日  

  • 2019年(第13回)台湾物業管理学論文賞第2位

    2019年06月16日  

  • 2018年日本建築学会奨励賞

    2018年09月01日  

  • 2017年度日本都市計画学会賞・論文奨励賞

    2018年06月01日   公益社団法人 日本都市計画学会

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   都市系専攻   講師  

  • 大阪市立大学   工学部   建築学科   講師  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年10月
    -
    現在

      大阪市立大学   大学院工学研究科都市系専攻・工学部都市学科・建築学科   講師

  • 2016年09月
    -
    2017年09月

      首都大学東京   大学院都市環境科学研究科建築学域   特任助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    2017年09月

    東京大学  工学系研究科  都市工学専攻  博士課程

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Study of Actual Condition of Shop House and Local Community: Case Study of Tourist Site around Grand Palace in Bangkok, Thailand

    Makiko NAKAGAWA, Koich KANA, Hongwei HSIAO and Supagtra SUTHASUPA

    2019 International Conference of Asia-Pacific Planning Societies (ICAPPS 2019), 22-24th, Aug. 2019, University of Seoul, Seoul, Korea  2019年08月  [査読有り]

  • The Actual Residential Condition among Aging Suburban Residential Areas Based on Comparison Inside and Outside of District Plan Areas: Case Study in Osaka Metropolitan Area, Japan

    Ataka IWASAKI, Hongwei HSIAO and Koich KANA

    2019 International Conference of Asia-Pacific Planning Societies (ICAPPS 2019), 22-24th, Aug. 2019, University of Seoul, Seoul, Korea  2019年08月  [査読有り]

  • 行政主導による大規模住宅団地再開発事業の合意形成プロセスとその事業手法に関する研究: 台北市政府による蘭州・斯文里整建住宅の都市更新を事例に

    蕭 ?偉

    日本建築学会 日本建築学会技術報告集  ( 60 ) 887 - 892 2019年06月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>This study focuses on the public sector-led redevelopment of large scale housing complex. Urban regeneration project of the Lanzhou-Siwen resettlement housing, which is the first public sector-led regeneration project of resettlement housing in Taipei city is chosen as a case study. This study first clarifies the consensus building process based on community participation in the whole project. Besides, this study demonstrates the concrete method of urban regeneration focusing on the 3<sup>rd</sup> Siwen resettlement housing for realizing the 3 basic policy proposed by Taipei city government. This case study is considered to be an important experience and reference for similar case in the future.</p>

    DOI CiNii

  • 多文化共生施策と自治体行政 : 全国の動向を踏まえた三大都市圏の先進自治体に着目して

    蕭 閎偉

    都市計画(日本都市計画学会 編)  68 ( 1 ) 54 - 59 2019年01月  [招待有り]

  • 観光地化が進む大阪市道頓堀・戎橋筋周辺街路における歩行者行動の実態

    木村 優輝, 嘉名 光市, 蕭 閎偉

    公益社団法人 日本都市計画学会 都市計画論文集  54 ( 3 ) 975 - 982 2019年  [査読有り]

     概要を見る

    <p>観光地化が進む都市では、来訪者の増加によって、近隣の人々による利用が低下している地域がある。本研究では、大阪市道頓堀・戎橋筋周辺の街路において追跡調査を行い、街路上の歩行者の行動を把握した。それにより得られた結果を用いてクラスター分析を行うことで、対象地の街路を歩行者の行動の観点から9タイプ、歩行者の属性の観点から6タイプに類型化することができた。これらの街路類型を街路の空間特性と比較することによって、歩行者行動に影響を与える要素を把握することができた。結論として、観光地化が進む都市において、近隣の人々と旅行者が快適に共存し、調和のとれた歩行環境を実現するためには、地区内における歩行者を、地区全体で上手く分担することが求められると考えられる。</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 3章 台北市における社会的弱者が集住する整建住宅団地の更新に伴う居住支援について:台北市斯文里三期整建住宅を事例として

    蕭 閎偉 (担当: 共著 )

    【東アジア都市の居住と生活:福祉実践の現場から】(全泓奎編):東信堂  2019年06月

  • 若者と農村・大学と地域をつなぐ知識縁

    張 聖琳、蕭 閎偉 (担当: 共著 )

    【ランドスケープからの地域経営2植物を活用した地域づくり~農業・景観・学び~】(中瀬 勲:監修、林まゆみ:編集):神戸新聞総合出版センター  2019年05月

  • 提言「22 世紀の国づくり」報告書

    沖 大幹、浅沼 順、有川 太郎、上野 俊司、風間 聡、小松 利光、佐々木 葉、蕭 閎偉、塚田 幸広、土井 勉、中村 晋一郎、沼田 淳紀、室町 泰徳、目黒 公郎 (担当: 共著 )

    公益財団法人 土木学会  2019年05月

  • 第2章 脱路上生活および地域移行のセーフティネット―台湾・台北市

    蕭 閎偉 (担当: 共著 )

    【都市の包容力 セーフティネットシティを構想する】(水内 俊雄,福本 拓:編):法律文化社  2017年04月

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 台北市における公的住宅政策の現状について

    蕭 閎偉  [招待有り]

    建築学会住宅需給構造小委員会  2018年07月 

  • 人口減少時代の地域主体による空き家を活用したまちづくり

    蕭 閎偉  [招待有り]

    高砂市公共施設マネジメント研修  2018年07月 

  • 台北市における都市計画及び開発制度の動向について-実証的な研究成果から-

    蕭 閎偉  [招待有り]

    群馬施設管理研究会(MoGRE:Management of Gunma Real Estate)  2018年06月 

  • 台湾・台北市における都市計画及び開発制度の動向

    蕭 閎偉  [招待有り]

    大阪市立大学都市計画研究会  2018年03月 

その他研究活動(Works) 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人日本都市計画学会関西支部研究発表委員会 委員

    その他 

    2018年04月
    -
    現在
  • 大阪市立大学Walkable City研究会 発起人

    その他 

    2018年03月
    -
    現在
  • 東大阪まちづくり政策研究会 学識経験者

    その他 

    2018年01月
    -
    現在
  • 公益社団法人 土木学会土木計画学研究委員会 ITSとインフラ・地域・まちづくり小委員会 委員

    芸術活動 

    2017年06月
     
     

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • エリアマネジメント団体による景観マネジメント活動の実態とその効果に関する研究

    研究課題/領域番号:19H02317  基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月
     

  • 都市公園での利用者実態にみるPPP型再生手法の効果とサードプレイス機能

    研究課題/領域番号:19K15174  若手研究 代表者

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

  • 分極化する都市空間におけるレジリエントな地域再成と包容力ある都市論の構想

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 歴史的市街地における空き家物件活用型宿泊施設の改修・活用プロセス及び周辺地域に対する影響・効果に関する研究

    制度名:  2018年度募集(2019年度採択) 自然科学系「研究奨励」第三分野 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2021年03月

  • 歩行者アクティビティへの分析に基づく災害弱者の避難に寄与する歩きやすい市街地整備手法に関する研究

    制度名:  2019年度公募助成(研究) (研究助成)  分担者・その他

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月

  • 地域参加に基づくファシリティマネジメントによる団地再生の展開及び評価手法に関する研究

    制度名:  平成30年度都市再生研究助成事業 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2018年11月
    -
    2020年10月

  • 梅田スノーマンフェスティバル来街者調査

    制度名:  グランフロント大阪委託研究 (受託研究)  分担者・その他

    研究期間:

    2018年11月
    -
    2019年02月

  • 分譲住宅団地における大規模修繕の実態に関する研究:東京、大阪、名古屋、札幌、福岡などの主要都市を対象として

    制度名:  公益財団法人 LIXIL住生活財団 若手研究助成(若手研究者) (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2018年01月
    -
    2018年12月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 前期特別研究(都市系専攻)

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 特別演習(都市デザイン)

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 都市デザイン総合演習

    (2018年度)大学 専門科目

  • 計画・デザイン演習 II

    (2018年度)大学 専門科目

  • 都市論

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>