蕭 閎偉 (ショウ コウジ)

HSIAO Hongwei

写真a

機関リポジトリ

職名

講師

研究室所在地

杉本キャンパス

ホームページ

http://www.urban.eng.osaka-cu.ac.jp/groups/plan/index.html

メールアドレス

メールアドレス

旧氏名・ペンネーム等

SHO Koji、

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(工学)

研究分野 【 表示 / 非表示

都市計画・建築計画

研究概要 【 表示 / 非表示

  • まちづくりの効果に関する検証、都市デザイン・開発制度の実証的研究を中心(台湾の台北市、日本の大阪、東京が主な対象)に取り組んでいる。

研究キーワード 【 表示 / 非表示

まちづくり, 都市デザイン, 都市計画, 都市開発・市街地再開発制度

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 地震・津波に対するレジリエントな住まい・コミュニティづくり

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2018年05月
    -
    現在

  • 分極化する都市空間におけるレジリエントな地域再成と包容力ある都市論の構想

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2018年04月
    -
    現在

  • Walkable Cityコンセプトの健康都市計画への適用可能性に関する研究

    (機関内共同研究) 研究期間:

    2017年10月
    -
    2018年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 土木学会

  • 日本建築学会

  • 日本都市計画学会

  • 計画行政学会

  • 都市住宅学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    現在

    日本建築学会近畿支部 都市計画部会   部会委員

  • 2018年05月
    -
    現在

    土木学会 高橋裕22世紀国づくりプロジェクト   委員

  • 2018年04月
    -
    現在

    公益財団法人日本都市計画学会関西支部   研究発表委員会 委員

  • 2018年01月
    -
    現在

    東大阪「まちづくり政策研究会」   学識経験者

  • 2017年07月
    -
    現在

    土木学会 「ITSとインフラ・地域・まちづくり」小委員会   委員

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年日本建築学会奨励賞

    2018年09月01日  

  • 2017年度日本都市計画学会賞・論文奨励賞

    2018年06月01日   公益社団法人 日本都市計画学会

  • 2017年(第11回)台湾物業管理学会・優良論文奨

    2017年06月01日  

  • 2016年(第10回)台湾物業管理学会・佳作論文奨

    2016年06月01日  

  • 2013年台湾都市計画学会・日台都市計画奨励賞

    2013年08月  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   都市系専攻   講師  

  • 大阪市立大学   工学部   建築学科   講師  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年09月
    -
    2017年09月

      首都大学東京   大学院都市環境科学研究科建築学域   特任助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    2017年09月

    東京大学  工学系研究科  都市工学専攻  博士課程

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 文化財としてのスクォッターの保全・活用とそのプロセスに関する一考察:台北市・宝蔵巌集落における「宝蔵巌国際芸術村」の取り組みを事例に

    蕭 閎偉

    公益社団法人 日本都市計画学会 都市計画論文集  53 ( 2 ) 152 - 160 2018年  [査読有り]

     概要を見る

    本稿は、スクォッターの文化財としての価値に着目して、台北市のスクォッターである「宝蔵巖集落」を事例に取り上げ、その文化財としての保全・活用の実態を詳細に調査・分析した結果、下記の点が解明された。(1)保全:1997年文化資産保存法に基づく「宝蔵巖」の文化財指定に伴い、住民自身の団結による「宝蔵巖文化村協会」の活動に加え外部専門家の支援、更に台北市政府文化局の前向きな役割が非常に重要である。(2)活用:宝蔵巖集落が「宝蔵巖国際芸術村」に生まれ変わり、文化財としての価値のみならず、修復・整備工事により空間的に多くの特徴や機能が付加された。(3)保全、活用に至った要因と経緯:住民運動の強い働きかけを受けた台北市政府文化局が積極的に動き、その過程での住民の団結と住民団体としての自発的な参加が示唆される。台北市政府文化局の主導的な役割に加え、住民団体の宝蔵巖文化村協会が果たした多面的な役割が最も重要な要因である。

    DOI CiNii

  • 住民参加による中州地帯の開発計画づくりの特徴とその実態:−台北市社子島地区における「生態社子島」を事例に−

    蕭 閎偉

    日本建築学会 日本建築学会技術報告集  24 ( 58 ) 1239 - 1244 2018年  [査読有り]

     概要を見る

    <p>This study focus on the development planning of sandbank area utilizing the approach of public participation and picks up the case of "Eco Shezidao" of Shezidao area, Taipei city. This study aims at clarify the characteristics of ining extra floor area. Actually, developers use several institutions of "Eco Shezidao" especially focus on the aspect of urban plan and business plan. Besides, this study analyzes the process of public participation of the development planning of "Eco Shezidao". Finally, this study evaluate and summarize outcome of the planning process of "Eco Shezidao" from the aspect of public participation.</p>

    DOI CiNii

  • 歴史的街区における容積移転制度の導入の意義と課題の解明:台北市における容積移転諸制度の運用に関する研究 その2

    蕭 閎偉, 城所 哲夫, 瀬田 史彦

    日本建築学会 日本建築学会計画系論文集  82 ( 742 ) 3147 - 3157 2017年12月  [査読有り]

     概要を見る

    &nbsp;&ldquo;Transfer of development right (TDR)&rdquo; has been considered as an important institution for the urban regeneration since recently. The TDR system is first released in 1990 in Taipei city. Today, there are many TDR institutions in Taipei, Taiwan. The important point is that all of them could be utilized overall the Taipei city, so the integrity between TDR and existing urban plan is important.<br>&nbsp;We focus on the TDR institution for conservation of historical district in Dihua Street (DS), Taipei city, Taiwan. Previous studies have revealed the basic system and its historical background of the establishment of this institution. This study focuses on the analysis of the characteristic of sending site as well as receiving site of DS-TDR form the view of urban plan. Besides, we also analyze the meaning of the latest detail plan (revised) which is released Jun. 2016.<br>&nbsp;We estimate the achievement of DS-TDR from both the view of sending site and receiving site based on the latest data. We consider that bias of the amount of receiving site exists, most receiving sites are located in Zhongshan district. What' more, although Datong district is also designated as

    DOI CiNii

  • 台北市における都市更新の事業実施プロセスとその実態:竣工済みの実例に基づく実施範囲・方式別の特徴に関する分析

    蕭 閎偉, 瀬田 史彦

    日本建築学会 日本建築学会計画系論文集  82 ( 741 ) 2875 - 2883 2017年11月  [査読有り]

     概要を見る

    &nbsp;This study focuses on the &ldquo;urban renewal&rdquo; in Taipei city, Taiwan. Urban renewal system in Taiwan is similar to the system of Japan. However, it has been utilized for the recovery after the 1999 Jiji earthquake (also called 921 earthquake). After then, the urban renewal system in Taiwan, especially Taipei has developed and evolved hugely. However, most of the previous researches about the system in Taiwan focus on the cases of recovery of Jiji earthquake.<br>&nbsp;In this study, we first summarize and make clear the project execution process of urban renewal in Taipei city based on interview and literature review. We classify urban renewal projects into &ldquo;Urban renewal Area&rdquo; and &ldquo;Urban renewal Unit&rdquo; by their range and &ldquo;Rights Transformation&rdquo; and &ldquo;Joint Construction Agreement&rdquo; by the project execution method. What&rsquo;s more, the &ldquo;Right Transfer&rdquo; type can be further classified into 2 types by whether submitting the &ldquo;Right Transfer Plan&rdquo; or not. In order to realize the characteristic of each type of them, we pick up 70 practical completed projects.<br>&nbsp;We discovered that &ldquo;Urban renewa

    DOI CiNii

  • 容積バンクの成立要因及び課題の解明:台北市における容積移転諸制度の運用に関する研究 その1

    蕭 閎 偉, 城所 哲夫, 瀬田 史彦

    日本建築学会 日本建築学会計画系論文集  82 ( 740 ) 2649 - 2659 2017年10月  [査読有り]

     概要を見る

    &nbsp;&ldquo;Transfer of development right (TDR)&rdquo; has been considered as an important institution for the urban regeneration since recently. The TDR system is first released in 1990 in Taipei city. Today, there are many TDR institutions in Taipei, Taiwan. The important point is that all of them could be utilized overall the Taipei city, so the integrity between TDR and existing urban plan is important.<br>&nbsp;In this study, we first summarize several TDR institutions including Monument TDR, Urban plan TDR and Dihua Street TDR in Taipei city. Then we make clear the position and characteristic of TDR within the existing urban plan system. Then, we focus on compare the difference of new type of Urban plan TDR called Floor area bank (FAB) started in Taipei since 2014 with previous TDR. We first clarify the system of Floor area bank in Taipei city and the reason why it was established as the substitute of existing TDR institution. The difference between FAB-TDR and existing urban plan TDR is that, by donating land for public facility to Taipei city government, developers can get floor area same as the value of that land in the past. However, developers should pay the &ldquo;Floo

    DOI CiNii

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 台北市における公的住宅政策の現状について

    蕭 閎偉  [招待有り]

    建築学会住宅需給構造小委員会  2018年07月 

  • 人口減少時代の地域主体による空き家を活用したまちづくり

    蕭 閎偉  [招待有り]

    高砂市公共施設マネジメント研修  2018年07月 

  • 台北市における都市計画及び開発制度の動向について-実証的な研究成果から-

    蕭 閎偉  [招待有り]

    群馬施設管理研究会(MoGRE:Management of Gunma Real Estate)  2018年06月 

  • 台湾・台北市における都市計画及び開発制度の動向

    蕭 閎偉  [招待有り]

    大阪市立大学都市計画研究会  2018年03月 

その他研究活動(Works) 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人日本都市計画学会関西支部研究発表委員会 委員

    その他 

    2018年04月
    -
    現在
  • 大阪市立大学Walkable City研究会 発起人

    その他 

    2018年03月
    -
    現在

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 分極化する都市空間におけるレジリエントな地域再成と包容力ある都市論の構想

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 地域参加に基づくファシリティマネジメントによる団地再生の展開及び評価手法に関する研究

    制度名:  平成30年度都市再生研究助成事業 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2018年11月
    -
    2020年10月

  • 分譲住宅団地における大規模修繕の実態に関する研究:東京、大阪、名古屋、札幌、福岡などの主要都市を対象として

    制度名:  公益財団法人 LIXIL住生活財団 若手研究助成(若手研究者) (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2018年01月
    -
    2018年12月

  • walkable cityコンセプトの健康都市計画への適用可能性に関する研究

    制度名:  知と健康のグローカル拠点事業 (学内研究費)  分担者・その他

    研究期間:

    2017年10月
    -
    2018年03月

  • 社会的弱者集住地域に対する社会的包摂支援による共生と協働コミュニティの構築の可能性

    制度名:  28年度研究助成 (研究助成)  代表者

    研究期間:

    2017年01月
    -
    2017年12月

  • 都市更新を活用した台北市整建住宅の事例から見る大規模住宅団地の更新・改修に関する研究

    制度名:  アジア高度研究 代表者

    研究期間:

    2016年09月
    -
    2017年09月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 前期特別研究(都市系専攻)

    (2018年度)大学院 専門科目

  • 都市学入門

    (2018年度)大学 共通(教育)科目

  • 都市論

    (2018年度)大学 専門科目

  • 計画・デザイン演習 II

    (2018年度)大学 専門科目

  • 都市デザイン総合演習

    (2018年度)大学 専門科目

全件表示 >>