小長谷 一之 (コナガヤ カズユキ)

KONAGAYA Kazuyuki

写真a

機関リポジトリ

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス, 梅田サテライト

メールアドレス

メールアドレス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  文学修士

  • 東京大学 -  理学修士

研究分野 【 表示 / 非表示

理論経済学, 都市・地域経済, 都市・地域政策, 都市計画・建築計画

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 都市政策、都市づくり。   まちづくり・地域活性化・都市計画における経済・経営的諸問題。   地域商業と観光・集客によるまちづくり。   経済的立場からみた都市構造と土地利用・地価モデル、不動産問題。   ITや環境の新産業による地域振興。

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 都市構造と土地利用・地価モデル

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  都市、土地利用、地価

  • まちづくり・地域活性化・都市計画における経済・経営的諸問題

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  まちづくり、地域活性化、経済

  • インドネシア・マレーシア都市地域研究

    (国際共同研究)

    研究課題キーワード:  インドネシア、マレーシア、地域研究

  • GISと環境・都市分析

    (国内共同研究)

    研究課題キーワード:  GIS、環境、都市解析

  • ITや環境系の新産業による都市・地域振興

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  IT産業、環境産業、産業振興

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • ●大学院創造都市研究科  『ミクロ経済論』  『都市経済入門』  『創造都市論』  『都市振興・まちづくり論』  『都市立地・開発論』  『都市地域分析論』  『都市経済・地域政策ワークショップⅠⅡ』  『都市経済・地域政策課題研究ⅠⅡ』  『都市経済・地域政策修了論文演習ⅠⅡ』  『都市経済・地域政策修了論文特殊演習』  『都市政策特殊講義Ⅰ(博士)』  『都市政策演習AB(博士)』  『研究指導ⅠABⅡABⅢAB(博士)』 ●全学共通教育A「都市・大阪」  『都市の経済とビジネス』  『現代都市論』  『国際地域経済と都市』 ●CR副専攻科目  『地域実践演習Ⅰ(CR副専攻)』  『アゴラセミナーⅠ(CR副専攻)』

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本都市学会

  • 応用地域学会

  • 日本観光研究学会

  • 日本計画行政学会

  • 日本都市計画学会

全件表示 >>

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2009年
    -
    現在

    日本都市学会   年報担当編集長

  • 2005年
    -
    現在

    日本都市学会   常任理事

  • 1999年
    -
    2004年

    日本都市学会   理事

  • 1997年
    -
    現在

    日本都市学会   近畿支部編集長

  • 1997年
    -
    現在

    日本都市学会   近畿支部理事

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 日本都市学会特別賞

    2015年  

  • メディア政策参考図書100選

    2012年  

  • 日本都市学会特別賞

    2010年  

  • 毎日出版文化賞

    2005年  

  • 大阪大学全学共通教育賞

    2004年  

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   都市経営研究科   都市経営専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年
    -
    現在

      大阪市立大学大学院創造都市研究科/助教授・教授  

  • 2002年
    -
    現在

      東京大学空間情報科学研究センター(客員)/助教授・教授  

  • 1996年
    -
    2002年

      大阪市立大学経済研究所/助教授  

  • 1996年
    -
    2002年

      大阪市立大学大学院経営学研究科(兼担)/助教授  

  • 1989年
    -
    1995年

      大阪府立大学/助手・講師  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年

    京都大学  文学研究科  地理学専攻  修士課程

  •  
    -
    1985年

    東京大学  理学系研究科  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    京都大学  文学部  史学科人文地理学専攻

  •  
    -
    1982年

    京都大学  理学部  物理系

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Modelling Geographical Systems

    Richard Thomas, Atsuyuki Okabe

    Kulwer Publications    *** 2003年03月

  • Land Use and Cover Change

    Ram Baru Singh, Jafferson Fox, Yukio Himiyama, et al.

    Science Publication    *** 2000年

  • The Generalized Thunen-Alonso Model for Land Use Change in Sumatra Island

    Geographical & Environmental Modelling  3 ( 2 )  1999年

  • Thunen-Type Logistic Model

    Land Use for Environmental Conservation    30 - 41 1999年

  • Land Use Modeling based on bid rent Theory

    東アジアの土地利用・被覆変化のモデリングおよび情報ベース形成    110 - 117 1999年

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 角川インターネット講座 第10巻 第三の産業革命-経済と労働の変化(共著)

    山形浩生、ポールクル-グマン、エリックレイモンド 他 (担当: 共著 )

    株式会社KADOKAWA  2015年02月

  • クリエイティブ経済

    明石芳彦、中本悟、久末弥生 (担当: 共訳 )

    ナカニシヤ出版  2014年12月

  • 都市構造と都市政策(共著)

    (担当: 共著 )

    古今書院  2014年03月

  • 経済効果入門(編著書)

    (担当: 共著 )

    日本評論社  2012年06月

  • 地域活性化戦略(共著)

    (担当: 共著 )

    晃洋書房  2012年03月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • コミュニティ事典(項目「サバーバニゼーション(郊外化)と郊外のコミュニティ」担当)

    伊藤守ほか編

    春風社  2016年09月

  • 新たな都市政策の提言-高度化した都市の構築を

    日刊建設産業新聞  2014年12月

  • ファッションタウンプロジェクト

    牛場智

    大阪市北区商業活性化協会  2013年03月

  • パークアベニュー活性化

    大阪市北区商業活性化協会  2012年03月

  • キタのむかし・いま・みらいを、感じる写真コンテスト調査分析

    大阪市北区商業活性化協会  2011年03月

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 商店街・各機関との包括提携による北区活性化のプロジェクトについて

    大阪市立大学地域連携センター第2回地域連携発表会  2015年03月 

  • これからの都市の変化と不動産・まちづくりの考え方

    日本不動産協会  2015年02月 

  • (コメンテータ)「Comments for the study ‘Consumer’s Visit Value and Shop Category Choice’ by Lee et.al. 」

    日本不動産学会  2014年11月 

  • 超小型モビリティによる都市観光活性化の可能性

    日本都市学会・日本都市学会近畿支部  2014年10月 

  • 空間ヘドニック法等による歴史的まちづくり効果の評価

    東京大学空間情報科学研究センター研究会  2012年11月 

全件表示 >>

その他研究活動(Works) 【 表示 / 非表示

  • 地球環境保全に関する土地利用・被覆変化研究(環境庁LU/GECプロジェクト)

    1998年
     
     
  • インドネシアにおける土地利用変化(環境庁LU/GECプロジェクト)

    1997年
     
     
  • インドネシアにおける土地利用変化の実態分析(環境庁LU/GECプロジェクト)

    1996年
     
     
  • インドネシア・ジョグジャカルタ市およびその周辺地域における都市の社会空間と街区構造に関する都市地理学調査

    1991年
     
     

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 消費者の親和性が旅行先選択に与える役割と影響―口コミサイトの分析を通して―

    基盤研究(C) 分担者・その他

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

  • 時空間可変性に対応した次世代型不動産情報の標準化

    科学研究費補助金(萌芽研究) 分担者・その他

    研究期間:

    2007年04月
    -
    2009年03月
     

  • EU諸国における自治体主導による「都市再生」の比較研究

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2005年04月
    -
    2008年03月
     

  • 創造産業クラスターの形成による都市・地域経済の再生に関する国際比較研究

    基盤研究(B) 分担者・その他

    研究期間:

    2004年04月
    -
    2007年03月
     

  • 大学間連携分散自律型・地理データ基盤システムの開発研究

    基盤研究(A) 分担者・その他

    研究期間:

    2003年04月
    -
    2005年03月
     

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 創造経済と都市地域再生

    制度名:  重点領域研究(創造都市研究科) (補助金)  分担者・その他

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2013年03月

  • 創造経済と都市地域再生

    制度名:  重点領域研究(大阪市立大) (補助金)  分担者・その他

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2012年03月

  • 創造経済と都市地域再生

    制度名:  重点領域研究(創造都市研究科) (補助金)  分担者・その他

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2011年03月

  • 3セクター協働の地域活性化教育プログラム-公共・市民・ビジネス部門連携の地域活性化コーディネータ人材育成-

    制度名:  教育推進本部経費(創造都市研究科) (補助金)  分担者・その他

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2016年03月

  • 創造都市を創造する

    制度名:  重点領域研究(大阪市立大) (補助金)  分担者・その他

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2010年03月

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 都市経済・地域政策ワークショップⅠ

    (2016年度)

  • ミクロ経済論

    (2016年度)

  • 都市地域分析論

    (2016年度)

  • 都市経済・地域政策課題研究Ⅰ

    (2016年度)

  • 都市経済・地域政策課題研究Ⅱ

    (2016年度)

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • FD活動への貢献

    (2016年度)

     概要を見る

    2016年度 大学院としてのFD研修の実施

  • FD活動への貢献

    (2015年度)

     概要を見る

    大学院としてのFD研修の実施

  • FD活動への貢献

    (2014年度)

     概要を見る

    大学院としてのFD研修の実施

  • FD活動への貢献

    (2013年度)

     概要を見る

    大学院としてのFD研修の実施

  • FD活動への貢献

    (2012年度)

     概要を見る

    大学院としてのFD研修の実施

全件表示 >>

教育活動実績 【 表示 / 非表示

  • 担当年度:2016年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(前期)
    35名
    博士課程学生指導数(後期)
    21名
    修士論文審査数(主査)
    5件
    修士論文審査数(副査)
    2件
    博士論文審査数(主査)
    3件
    博士論文審査数(副査)
    2件
  • 担当年度:2015年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(前期)
    23名
    博士課程学生指導数(後期)
    21名
    修士論文審査数(主査)
    5件
    修士論文審査数(副査)
    4件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    1件
  • 担当年度:2014年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(前期)
    28名
    博士課程学生指導数(後期)
    17名
    修士論文審査数(主査)
    7件
    修士論文審査数(副査)
    7件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2013年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(前期)
    36名
    博士課程学生指導数(後期)
    17名
    修士論文審査数(主査)
    7件
    修士論文審査数(副査)
    6件
    博士論文審査数(主査)
    1件
    博士論文審査数(副査)
    1件
  • 担当年度:2012年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    0名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(前期)
    33名
    博士課程学生指導数(後期)
    17名
    修士論文審査数(主査)
    9件
    修士論文審査数(副査)
    2件
    博士論文審査数(主査)
    2件
    博士論文審査数(副査)
    1件

全件表示 >>