中野 英一 (ナカノ エイイチ)

NAKANO Eiichi

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学 -  博士(理学)

研究分野 【 表示 / 非表示

高エネルギー物理学

研究概要 【 表示 / 非表示

  • 電子陽電子衝突型加速器を用いたB-factory実験を行い、CP対称性の破れの研究を通して、物質の起源や宇宙の起源に迫ることを目的としている。

研究歴 【 表示 / 非表示

  • Belle実験

    (国際共同研究)

    研究課題キーワード:  CP対称性の破れ、標準模型、質量の起源

  • マイクロパターンガス検出器の開発

    (国内共同研究)

    研究課題キーワード:  検出器

  • Belle II実験

    (国際共同研究)

    研究課題キーワード:  CP対称性の破れ

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2008年05月
    -
    2009年04月

    日本物理学会   領域世話人

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   数物系専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
     
     

      大阪市立大学   准教授

  • 2008年04月
     
     

      大阪市立大学   講師

  • 2007年04月
     
     

      大阪市立大学   助教

  • 1995年04月
     
     

      大阪市立大学   助手

  • 1995年
     
     

      大阪市立大学  

全件表示 >>

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年

    名古屋大学  理学研究科  物理学  博士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    名古屋大学  理学部  物理学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • MEASUREMENT OF THE BRANCHING FRACTIONS FOR B- ---> D(*)+ PI- L - ANTI-NEUTRINO-LEPTON AND ANTI-B0 ---> D(*)0 PI+ L- ANTI-NEUTRINO-LEPTON

    D. Liventsev et al.

    Phys.Rev.D  72   51109 2005年

  • SEARCH FOR TAU ---> E GAMMA DECAY AT BELLE

    K. Hayasaka et al.

    Phys.Lett.B  613   20 - 28 2005年

  • BRANCHING FRACTION, POLARIZATION AND CP-VIOLATING ASYMMETRIES IN B0 ---> D*+ D*- DECAYS

    H. Miyake et al.

    Phys.Lett.B  618   34 - 42 2005年

  • OBSERVATION OF ANTI-B0 ---> D0 ETA-PRIME AND ANTI-B0 ---> D*0 ETA-PRIME

    J. Schumann et al.

    Phys.Rev.D  72   11103 2005年

  • IMPROVED MEASUREMENTS OF PARTIAL RATE ASYMMETRY IN B -- H H DECAYS

    Y. Chao et al.

    Phys.Rev.D  71   31502 2005年

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Measurement of the jet width in γγ collisions and e+e- annihilation process at TRISTAN

    Physics Letters  B451   256 - 266 1999年

  • A search for non-random cosmic ray time series by a cluster analysis

    Nuovo Cim.  21C   299 - 316 1998年

  • Study of baryon production mechanism in e+e- annihilationinto hadrons

    Physics Letters  B440   386 - 392 1998年

  • Performance of endcap RPC for the BELLE at KEK

    IEEE Trans. Nucl. Sci.  45   322 - 326 1998年

  • The TOPAZ Muon Detector

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research  A384   248 1997年

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Belle KLM RPCのAgingの研究

    日本物理学会第67回年次大会  2012年03月 

  • Belle KLMに対する中性子バックグラウンドの評価

    日本物理学会2011年秋季大会  2011年09月 

  • Belle KLMを用いたKEKB中性子環境の評価

    日本物理学会第65回年次大会  2010年03月 

  • Belle KLMに対する中性子バックグラウンドの影響

    日本物理学会2009年秋季大会  2009年09月 

  • Belle KLMに対する中性子シールドの効果

    日本物理学会第62回年次大会  2007年09月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Bファクトリー実験におけるエキゾチックハドロンの研究

    新学術領域研究 分担者・その他

    研究期間:

    2009年10月
    -
    2014年03月
     

  • レプトン包含事象による小林・益川行列要素Vubの系統的な精密測定

    若手B 代表者

    研究期間:

    2004年04月
    -
    2007年03月
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 宇宙・素粒子実験物理学I

    (2015年度)

  • 専門物理学実験

    (2015年度)大学

  • 基礎物理学実験I

    (2015年度)大学 共通(教育)科目

  • 基礎物理学実験I

    (2014年度)大学 共通(教育)科目

  • 宇宙・素粒子実験物理学I

    (2014年度)

全件表示 >>