宮本 佳明 (ミヤモト カツヒロ)

MIYAMOTO KASTUHIRO

写真a

機関リポジトリ

職名

教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士

研究分野 【 表示 / 非表示

建築史・意匠

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 建築設計

    (個人研究)

    研究課題キーワード:  土建空間、環境ノイズエレメント

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人 日本建築設計学会

委員歴等 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

  • 2014年04月
    -
    現在

    一般社団法人 日本建築設計学会   理事

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    審議会・政策研究会等の委員会

全件表示 >>

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • グッドデザイン賞2013【東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク(アーキエイド)】

    2013年  

  • 日本建築学会作品選集2013入賞 [birdhouse]

    2012年  

  • 第44回中部建築賞入選 [birdhouse]

    2012年  

  • 第20回愛知まちなみ建築賞大賞 [birdhouse]

    2012年  

  • 災害復興公営住宅(釜石市牡鹿半島部全浜)設計候補選定簡易プロポーザル最優秀賞

    2012年  

全件表示 >>

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   工学研究科   都市系専攻   教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年
    -
    2016年

    名古屋工業大学/非常勤講師  

  • 2002年
    -
    2008年

    宮本佳明建築設計事務所・代表  

  • 1995年
    -
    2008年

    大阪芸術大学/専任講師・助教授  

  • 1988年
    -
    2002年

    アトリエ第5建築界/代表  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    東京大学  工学系研究科  修士課程

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    東京大学  工学部  建築学科

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 建築家の想像力 私の失敗

    新建築社・新建築住宅特集  ( 42278 )  2015年10月

  • いま建築を設計するとはどういうことか?-進歩と無縁な愛の術-

    日本建築設計学会・建築設計01  2015年05月

  • パーキング・グリッド上の浮島

    新建築社・新建築住宅特集  ( 2014年8月号 )  2014年08月

  • 「記憶」が持つふたつの意味

    新建築社・新建築2013  2013年3月号 2014年03月

  • 土建空間、東京

    宮本 佳明

    一般社団法人日本建築学会 建築雑誌  124 ( 1595 )  2009年10月  [査読有り]

    CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Katsuhiro Miyamoto & Associates

    宮本 佳明, Katsuhiro Miyamoto & Associates (担当: 単著 )

    Nemo Factory  2016年

    CiNii

  • 空間自体の力

    (担当: 共著 )

    彰国社・まちに大学が、まちを大学に  2014年06月

  • Who is the Architect

    (担当: 共著 )

    Damdi Publishing  2014年04月

  • 3.11/After 記憶と再生へのプロセス

    五十嵐太郎、青井哲人、隈研吾、中谷礼仁他 (担当: 共著 )

    LIXIL出版  2012年08月

  • HOW TO MAKE A JAPANESE HOUSE

    Cathelijine Nuijsink編集 (担当: 共著 )

    Nai publisher  2012年06月

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 前網浜五十鈴神社(宮城県石巻市)再考プロジェクト完了

    公益財団法人 日本ナショナルトラスト・日本ナショナルトラスト 報  ( 510 )  2015年11月

  • 総括と展望 建築2013/2014

    石山修武, 岸和郎, 隈研吾, 小嶋一浩, 他

    A.D.A. EDITA Tokyo・GA JAPAN  ( 126 )  2014年01月

  • 「斜面」のはじまりの仕事

    新建築社・新建築住宅特集  ( 2013年12月 )  2013年12月

  • 原発を鎮める

    福島県立博物館・会津・漆の芸術祭2012事業報告書    92 - 99 2013年04月

  • 日本の現代建築が今までに失った何か

    石山修武 伊東豊雄, 岸和郎, 工藤和美, 隈研吾, 小嶋一浩, 妹島和世, 西沢立衛, 内藤廣, 原広司, 藤森照信, 古市徹雄, 古谷誠章,槇文彦 他

    A.D.A.EDITA Tokyo・GA JAPAN  ( 121 )  2013年03月

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 斜面住宅計画の可能性 東日本大震災における造成地地すべりデータベースの作成と総合的な街区耐震化モデルの提案

    京都大学防災研究所 研究発表講演会  2014年02月 

  • カタストロフィーと建築論

    日本建築学会建築歴史・意匠委員会 建築論・建築意匠小委員会  2013年03月 

その他研究活動(Works) 【 表示 / 非表示

  • 香林寺改修Ⅱ期計画 タカラブネ (基本計画中)

    芸術活動 

    2017年01月
     
     
  • SHIP増築 (基本設計中) 

    芸術活動 

    2016年02月
     
     
  • 寄磯浜地区防災集団移転促進事業基本計画

    芸術活動 

    2016年01月
    -
    2016年09月
  • スケルトン定借プロジェクト「垂直の地面」(基本計画中) 

    芸術活動 

    2016年01月
     
     
  • SHIP増築 (基本計画中) 

    芸術活動 

    2015年12月
    -
    2016年01月

全件表示 >>

その他資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「根浜・牡鹿・フクシマ」-東日本大震災の被災3県を横断した生活環境再建のための調査研究

    制度名:  平成27年度ユニオン造形文化財団調査研究助成 代表者

    研究期間:

    2015年05月
    -
    2016年04月

  • 前網浜五十鈴神社再興プロジェクト

    制度名:  公益財団法人日本ナショナルトラスト「東日本大震災 自然・文化遺産復興支援プロジェクト支援事業」 分担者・その他

    研究期間:

    2014年12月
    -
    2015年12月

     概要を見る

    東日本大震災により被災した自然・文化遺産の復旧・復興に対する助成金。

  • 東日本大震災における造成地地すべりデータベースの作成と総合的な街区耐震化モデルの提案

    制度名:  京都防災研究所 一般共同研究 (共同研究)  分担者・その他

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2014年03月

  • 人のアイデンティティ形成に関わる「記憶の器」としての都市景観についての研究

    制度名:  都市研究プラザ 都市問題研究助成 (学内研究費)  代表者

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2012年03月

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 卒業論文

    (2015年度)大学

  • 卒業設計

    (2015年度)大学

  • 建築設計演習III

    (2015年度)大学

  • 卒業設計演習II

    (2015年度)大学

  • 建築デザインII

    (2015年度)大学

全件表示 >>

その他教育活動 【 表示 / 非表示

  • FD活動への貢献

    (2013年度)

     概要を見る

    卒業設計、建築設計演習など設計教育プログラムの改善

  • FD活動への貢献

    (2012年度)

     概要を見る

    卒業設計、建築設計演習など設計教育プログラムの改善

  • FD活動への貢献

    (2011年度)

     概要を見る

    卒業設計、建築設計演習など設計教育プログラムの改善

教育活動実績 【 表示 / 非表示

  • 担当年度:2013年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    7名
    卒業論文審査数
    7件
    博士課程学生指導数(前期)
    11名
    博士課程学生指導数(後期)
    0名
    修士論文審査数(主査)
    2件
    修士論文審査数(副査)
    4件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2012年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    3名
    卒業論文審査数
    3件
    博士課程学生指導数(前期)
    11名
    博士課程学生指導数(後期)
    0名
    修士論文審査数(主査)
    3件
    修士論文審査数(副査)
    6件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2011年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    3名
    卒業論文審査数
    3件
    博士課程学生指導数(前期)
    10名
    博士課程学生指導数(後期)
    0名
    修士論文審査数(主査)
    2件
    修士論文審査数(副査)
    6件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    1件
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • マスメディア活動

    2015年04月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    「災後考6年目の先に 点灯・消灯 アートが問う」朝日新聞2016年3月16日, 朝日新聞社【福島第一原発神社】【福島第一さかえ原発】

  • マスメディア活動

    2015年04月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    五十嵐太郎「震災に関わる3つの展覧会を通じて考えたこと」ArchiAid Annual Report2014, ArchiAid【福島第一さかえ原発】

  • マスメディア活動

    2015年04月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    「見聞録 開かれた現代寺院建築 宮本佳明の澄心寺庫裏」山形新聞2015年5月21日,山形新聞社【澄心寺庫裏】

  • マスメディア活動

    2015年04月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    「国内外から多数参加『CCA北九州』現代アート八幡拠点に幕 若松へ移転 最後は建築ワークショップ」西日本新聞2015年9月15日、西日本新聞社【八幡市民会館コンバージョンプロジェクト】

  • マスメディア活動

    2015年04月
    -
    2016年03月

     概要を見る

    「日曜カルチャー 相次ぐ「保存を」の声 建築ワークショップ 解体危機 八幡市民会館 市立八幡図書館」毎日新聞2015年9月27日, 毎日新聞社【八幡市民会館コンバージョンプロジェクト】

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 活動期間:

    2016年03月
     
     

    活動内容:3月29日、レクチャー「Architecture as a Vessel of Memory」(会場:南京大学)

  • 活動期間:

    2016年03月
     
     

    活動内容:「上海国際デザインワークショップ2016(2016年3月24日~4月2日開催)」に講師として参加した。その他の講師:Zhang Jianlong(同済大学教授),Xu Gan(同済大学教授), Li Yanbo(同済大学准教授), Wolf Reuter( シュトゥットガルト工科大学教授), Ashley Dunn(オーストラリアニューサウスウェールズ大学教授)、ワークショップ参加校:同済大学, 大阪市立大学、会場:同済大学(上海)
    また、同ワークショップに関連したレクチャー「Architecture as a Vessel of Memory」を行う。

  • 活動期間:

    2014年10月
     
     

    活動内容:神戸大学が主宰した天津大学(中華人民共和国)との合同公開講評会にてゲストクリティックを務めた。その他のゲスト:怱那裕樹, 張頎, 孔宇航、コーディネーター:遠藤秀平, 槻橋修, 福岡孝則

  • 活動期間:

    2014年01月
     
     

    活動内容:独立行政法人国際交流基金が主催し、モントリオール大学で開催された国際巡回展『3.11東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか』において東日本大震災における復興支援プロジェクト「基礎のまち」「宝来館の顔」「元気の種をまく」「鵜住居川河口堆積体」を紹介。また、同展に関連してカナダで企画された講演会「記憶をつなぐ建築」にて講演(会場:モントリオール大学、カールトン大学(オタワ)、トロント日本文化センター)。

  • 活動期間:

    2013年04月
     
     

    活動内容:2014年1月29日、「震災」をテーマにしたカールトン大学(オタワ/カナダ)建築学科学生の設計作品をクリティック。1月30日、講演会「Architecture as a Vassel of Memory」(会場:カールトン大学)で講演後、同大学建築学科学生と意見交換を行う。

全件表示 >>