柵山 徹也 (サクヤマ テツヤ)

SAKUYAMA Tetsuya

写真a

機関リポジトリを検索

職名

准教授

研究室所在地

杉本キャンパス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(理学)

研究分野 【 表示 / 非表示

火成岩岩石学,マグマ学、地球化学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

マグマ,火成岩岩石学,マントル

研究歴 【 表示 / 非表示

  • プレート沈み込み開始期の火成活動とテクトニクス

    (国内共同研究) 研究期間:

    2014年04月
    -
    2016年03月

    研究課題キーワード:  プレート沈み込み、火成活動、岩石学

  • プレート内火山の成因

    (個人研究) 研究期間:

    2003年04月
    -
    2015年03月

    研究課題キーワード:  プレート内火山、岩石学、地球化学

担当教育概要 【 表示 / 非表示

  • ・火成岩岩石学
    ・火成岩地球化学
    ・溶岩流形成過程

受賞歴 【 表示 / 非表示

  • 日本火山学会研究奨励賞

    背弧~超背弧域火成活動の成因に関する岩石学的・地球化学的研究

    2015年05月26日   日本火山学会

現在の職務 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学   理学研究科   生物地球系専攻   准教授  

職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年
     
     

      公立大学法人 大阪市立大学  

  • 2009年
    -
    2014年

      独立行政法人 海洋研究開発機構  

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Drilling to Gabbro in Intact Ocean Crust

    Douglas S. Wilson, Damon A. H. Teagle, Jeffrey C. Alt, Neil R. Banerjee, Susumu Umino, Sumio Miyashita, Takashi Sano, Tetsuya Sakuyama (40番目), et al. (他44名)

    Science  312   1016 - 1020 2006年  [査読有り]

     概要を見る

    中米沖太平洋,ガラパゴス諸島付近に位置するココスプレート上において行われた掘削(IODP309次航海,掘削孔1256D)により,典型的な海洋地殻玄武岩・はんれい岩試料を採取することに成功した.この掘削により,従来提案されていた海洋地殻モデル通り,玄武岩溶岩の下位にはんれい岩層があること,海洋底拡大速度の速い海底では薄い海洋地殻が形成されていることが証明された.柵山は船上での地球化学分析を担当し,堆積物・海洋地殻玄武岩試料の,化学組成分析・データ処理を行った.

  • Mantle upwelling with progressive melt extraction constrained by the Kita-Matsuura basalt, the northwestern Kyushu, southwestern Japan

    Kazuhito Ozawa, Hirochika Sumino, and Keisuke Nagao

    Journal of Petrology  50   725 - 779 2009年03月  [査読有り]

     概要を見る

    長崎県松浦半島に分布する,新第三紀北松浦玄武岩類の溶岩層序確立,偏光顕微鏡を用いた岩石記載,K-Ar年代測定,蛍光X線分析装置(XRF)を用いた全岩化学組成分析(主成分および微量成分)を行い,玄武岩類の岩石学的成因を議論した.溶岩組成の時空間分布から,直径70km程度のマントルダイアピルの上昇に伴う火成活動であることを明らかにした.

  • K-Ar ages of the Quaternary basalts in the Jeongok area, the central part of Korean Peninsula

    Sunyoung Ryu, Miho Oka, Koshi Yagi, Tetsuya Sakuyama, Tetsumaru Itaya

    Geoscience Journal  15   1 - 8 2011年  [査読有り]

     概要を見る

    韓半島中央部に分布する,第四紀火山である歓寄(チュガ)嶺(リョン)火山から噴出した玄武岩溶岩流の地質調査を行い,岩石試料を採取した.そして採取した岩石試料の,偏光顕微鏡を用いた岩石記載,玄武岩溶岩のK-Ar年代測定を行い,溶岩層序を確立した.従来溶岩層序の区分がなされていなかった地域で,明瞭な溶岩同士の境界を発見し,それら二枚の異なる溶岩のK-Ar年代,岩石記載,全岩化学組成が系統的に異なることから,新たに異なる2枚の溶岩であることを認定した.

  • Petrological relationships among lavas, dikes, and gabbros from Integrated Ocean Drilling Program Hole 1256D: Insight into the magma plumbing system beneath the East Pacific Rise

    Takashi Sano, Tetsuya Sakuyama, Stephanie Ingle, Sedelia Rodriguez, Toru Yamasaki

    Geochemistry Geophysics Geosystems  12   doi:10.1029/2011GC003548 2011年  [査読有り]

     概要を見る

    中米沖太平洋,ガラパゴス諸島付近に位置するココスプレート上において海洋掘削(IODP309次航海,掘削孔1256D)により採取された海洋地殻玄武岩試料の,偏光顕微鏡を用いた岩石記載, EPMAを用いた鉱物組成分析,XRFやICP-MSを用いた全岩化学組成分析(主成分,微量成分)を行い,特に海洋底玄武岩溶岩の噴出過程について明らかにした.斑晶量の大小に応じて変化するバルクマグマ密度の違いを熱力学的に推定した結果,マグマ密度の違いが上昇過程に影響し,より軽いマグマが噴出しやすかったことを示した.

  • Melting of dehydrated oceanic crust from the stagnant slab and of the hydrated mantle transition zone: Constraints from Cenozoic alkaline basalts in eastern China

    Wei Tian, Jun-Ichi Kimura, Yoshio Fukao, Yuka Hirahara, Toshiro Takahashi, Ryoko Senda, Qing Chang, Takashi Miyazaki, Masayuki Obayashi, Hiroshi Kawabata, and Yoshiyuki Tatsumi

    Chemical Geology  359   32 - 48 2013年  [査読有り]

     概要を見る

    中国東部山東半島周辺に第四紀に噴出した玄武岩溶岩の偏光顕微鏡を用いた岩石記載, EPMAを用いた鉱物組成分析,XRF・ICP-MS・TIMSを用いた全岩化学組成分析(主成分,微量成分,および同位体比)を行い,本地域の火成活動の成因を明らかにした.従来の実験岩石学データと山東半島玄武岩との比較,微量元素組成パターン,放射性同位体比から海洋沈み込み帯で脱水した地殻玄武岩由来の玄武岩質マグマが噴出していることを証明した.

全件表示 >>

その他記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • ユーラシア大陸東縁部の新生代背弧域火山活動

    柵山徹也

    岩石鉱物科学  42   68 - 82 2013年  [査読有り]

     概要を見る

    ユーラシア大陸東縁部の新生代背弧域火山活動

  • 新生代北部九州のテクトニクス史と火山活動史:背弧火山岩区研究における重要性

    柵山徹也

    地学雑誌  119   224 - 234 2010年  [査読有り]

     概要を見る

    新生代北部九州のテクトニクス史と火山活動史:背弧火山岩区研究における重要性

  • 新生代日本列島の火山活動とマントルダイナミクス –この10年における進展-

    柵山徹也

    地学雑誌  119   1063 - 1078 2010年  [査読有り]

     概要を見る

    新生代日本列島の火山活動とマントルダイナミクス –この10年における進展-

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • The geochemical characteristics of melt inclusions hosted olivine phenocrysts in Quaternary potassic basalts around Wudalianchi area, NE China

    Yuma Hayashi, Tetsuya Sakuyama, Kenji Shimizu, Takayuki Ushikubo, Takeshi Hanyu, Jun-Ichi Kimura, Wei Tian

    American Geophysical Union Fall Meeting 2019  2019年12月 

  • 中国北東部五大連池市周辺域の新生代アルカリ玄武 岩に含まれるメルト包有物の地球科学的特徴

    林裕馬,柵山徹也,清水健二,牛久保孝之

    日本火山学会2019年秋季大会  2019年09月 

  • 北西九州、北松浦にある100m 厚の玄武岩質溶岩の形成過程

    荒木亮太郎,柵山徹也

    日本火山学会2019年秋季大会  2019年09月 

  • 清風海山玄武岩の岩石学的・地球化学的特徴

    足立勝美,柵山徹也,石井輝秋,栗谷豪,中川光弘

    日本火山学会2019年秋季大会  2019年09月 

  • 北西九州、北松浦玄武岩にある100m厚の玄武岩質溶岩の形成過程

    荒木亮太郎,柵山徹也

    日本地球惑星科学連合2019年大会  2019年05月 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 停滞スラブ上火成活動の成因の解明

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 背弧域上部マントルの熱・物質循環過程の解明

    若手研究(B) 代表者

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2016年03月
     

  • 背弧域上部マントルの熱・物質循環過程の解明

    若手研究(スタートアップ) 代表者

    研究期間:

    2009年04月
    -
    2011年03月
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 地球学演習I

    (2917年度)大学 専門科目

  • 地球学演習I

    (2019年度)大学 専門科目

  • 岩石学I実習

    (2019年度)大学 専門科目

  • 岩石学II

    (2019年度)大学 専門科目

  • 一般地球学B-II

    (2019年度)大学 共通(教育)科目

全件表示 >>

教育活動実績 【 表示 / 非表示

  • 担当年度:2018年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    3名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(前期)
    2名
    博士課程学生指導数(後期)
    0名
    修士論文審査数(主査)
    0件
    修士論文審査数(副査)
    0件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
  • 担当年度:2017年度

     詳細を見る

    卒業論文審査数
    2名
    卒業論文審査数
    0件
    博士課程学生指導数(前期)
    1名
    博士課程学生指導数(後期)
    0名
    修士論文審査数(主査)
    1件
    修士論文審査数(副査)
    0件
    博士論文審査数(主査)
    0件
    博士論文審査数(副査)
    0件
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 火山研究の最前線

    (雲仙災害記念館がまだすドーム)

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供

     対象:小学生, 中学生, 教育関係者, 保護者 

    2019年11月
     
     

    主催者・発行元: 雲仙災害記念館がまだすドーム  火山ジュニアマイスタースクール 

     概要を見る

    小学生・中学生向けに火山研究の授業や実験を行った.
    学芸員に実験指導を行った.

  • 大阪市立大学市大授業

    役割:講師

     対象:高校生 

    2019年04月
     
     

    主催者・発行元: 大阪市立大学 

     概要を見る

    高校生向けの模擬授業を行った

  • 大阪市立大学オープンキャンパス講師

    (大阪市立大学)

    役割:講師

     対象:高校生 

    2017年08月
     
     

    主催者・発行元: 大阪市立大学 

     概要を見る

    模擬講義を行った.

  • 日本テレビ「教科書で学べない災害」

    役割:出演, 取材協力, 助言・指導, 情報提供, 実演

     対象:社会人・一般 

    2016年03月
     
     

    主催者・発行元: 日本テレビ  教科書で学べない災害 

  • 関西テレビ「夕方LIVEワンダー」

    役割:出演, 取材協力, 情報提供

     対象:社会人・一般 

    2015年05月
     
     

    主催者・発行元: 関西テレビ  夕方LIVEワンダー 

全件表示 >>